Archives by Month:
Archives by Category:

Call me,Call * 梶本レイカ

あ〜感想書くのが凄く遅くなってしまった〜。なかなかたくさん読んだり書いたりできない日々なんですけども、そんな中でもこの梶本レイカさんの新刊は凄く読みたくて、出てすぐ買って読んで感動して直ちに感想書かなきゃと思っていた一冊だったのです。結局何、一ヶ月くらいたっちゃった気がするけど…。
本当はあれですよね〜。もっと色々書かなきゃいけないものが目白押しなんだけども…あれとかあれとかあれとかですよね、読んでますよ全部読んで感激してます、けどとにかくこの一冊がよかったってことを言いたいのです、まずこれです。

梶本レイカさんといえば、あの伝説の『高3限定』。
なんですけども、その一個前のこれ→  ミ・ディアブロ * 梶本レイカ 
これも相当痛々しい話ではあったのですが、この話のラブい部分というか、甘い部分の描写が凄くストレートで情熱的で、凄く好きだったんです。なのでこの方の恋愛の甘い話が読みたいって、この時からずっと思ってたんですよね。
だから私にとっては待ちに待ったこの『Call me,Call』なんです。
そんで読んだわけですが……。ね?ね?
って感じよ〜!!だから絶対、恋愛に特化した話を描かれたら最高に甘い、甘いはず!!って思ってたの、当たりましたよ〜!!

このお話は、二人の男の紆余曲折を経た恋愛物語で、なんて言ったらいいんだろ、表現はやっぱりドギツイというか、腹の底にぐっとくるやりきれなさみたいなのがあるんですけど、やっぱり人を好きになったり、好かれたりすることで全てがなんとかなっていく…っていう、恋愛ものの良さがあると思うんですよね、それって一番安心する。理解できるし、そういう思いって意外に凄く強いし、未来を見られるから。
ひたむきすぎる思いが痛々しかったり、過去が悲しくて寂しかったりしても、その全部があって今、好きな人を思えているなら、それから先があると思えるじゃないですか。幸福の形が見えるというか。
やっぱり私、恋愛の話好きだなあって、改めて思ったよね…。
あとやっぱ巣我ですよね、巣我。途中から、これはもしや……と思ってたけど……だよねやっぱね〜〜!!!っていう…。
一件強そうに見える大人が、実はぐっずぐずの弱虫だったりする瞬間、たまんないですよね。たまんなかったわ〜。いや〜…もう、…よかった〜!

以下できるだけ簡潔に感想を。
ネタばれます。

 


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : か]その他 comments(0) -

10DANCE 2 * 井上佐藤

これ!出ましたねようやく〜!!!ほんとこんなに待った二巻がここ最近あっただろうかと思うほどに待ち遠しくて待ち遠しくてたまんなかったです、ああ嬉しい。
この10DANCEを何故こんなに待ちわび、どこがそんなに面白かったかというのはこの辺に→10DANCE 1 * 井上佐藤 書いたのですが、とにかくなかなか珍しいくらいにごわわわわ~~~っっっと興奮した一冊だったのですよ。
ところがこの一巻の時にも書いたんだけど、何がそんなに?って、なかなか人に説明しづらいですよね、だってそんな恋愛恋愛した話じゃないし、言ってみれば男二人がダンスを踊っているだけ!なんだもんな〜。だのにこの興奮。この面白さ。ワクワク感。ドキドキ感。
友達に、これが面白いんだ〜って話をするのに、内容の説明を凄くしづらくて、とにかくこれは読まなきゃ分からないんだ、と。
んでこの間別の友達と話したんだけど、その友達が言うにはですよ。私じゃないですよ。友達がいうことには、どうやらBL読みつくしている層が大抵飛びついているそうなんです。散々読んで読んで読みつくした大人のお姉さん方が興奮しているのを見る率が高い、と。
それを聞いて何となくなるほどな、と感じたというのは、今、ここへ来ての『新鮮さ』。これがかなり効いているんじゃないか、とちらっと思ったんですよね。
井上佐藤さんというのは元々物凄く独特なマンガを描く方だと私は思っているんですが、悪い言い方するととにかく分かりづらい(今はそんなこともないですけども、特に初期ね)。コマ運びなのかセリフ運びなのか、とにかく数コマでたくさんのことを理解しなきゃいけなくて、似たような感じって私はほんとあんまり知らないなって思うんですけども、その分かりづらさって、裏を返せば理解した時の快感にもつながっていて、隠してある答えを見つけるような、見つけてみると分かりやすく置いてある答えよりも何倍も面白く感じる、というような、そういう効果もあるんじゃないかなって思うんですよね。
んで、その独特なマンガに、肉感的な男の体が乗っていて、あとユーモアっていうのか、そういうの効いてますよね。凄く賢げなユーモアセンスを感じる…。考えないと分からないようなことが書いてありますよね。それで一応恋愛してますよね。…オモシロイよね〜。
元々井上佐藤さんって方自体、新鮮は新鮮だったと思うんですよね。そこへ来て今度はこのダンスマンガじゃないですか。
まずこの、ダンスをするっていう、BLで、リアルに、画面上で踊っているっていう。その踊っている描写が本格的だから、全然ダンスをしている設定が浮いてないんですよね、空々しく感じない。ずっしり響きますよね。
しかも、キスしたりセックスしたり、愛の言葉を囁いたりしないの。ただダンスしてるの。喧嘩しながら。
もうこの、新鮮さ。なんか新しいのキターーー!!!っていう、ぞわぞわする興奮が、大人のお姉さん方の心臓にズガーンっときたのではないだろうか…。
と、私が思っているだけですけどもね。そんな話を友達としたのでした。

また前置きがまた長くなっちゃったけど、とにかく二巻もほんっとに何コレ何ゴト!?ってくらい面白くて面白くてほんっとに面白かったんです。
もうあたし元々鈴木信也が大好きでむしろ彼にしか興味がないくらいだったんですけど(これがまた偏っていて申し訳なくなってくるくらい…)今回、鈴木信也が……可愛くて…!これまでも可愛かったけど更に!可愛くて!
どうしよう、鈴木が攻だったらー!!!


では以下ネタばれます。

 


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : あ]井上佐藤 comments(8) -

SEX PISTOLS 8 * 寿たらこ

今月は待ち遠しい新刊が目白押しで、いくつか読んだし大興奮してずーっと手元から離せないものもあったりするんですけども、とりあえずこれから。
セクピスー!
面白かったー!
面白くってよかった〜…。もう7巻の時はあまりのSFチックな展開に、どこに向かっていくのだろうか…でも私はいつのまにか一押しになってしまっている志信さんの行く末を絶対に見届ける…!!!
という意気込みだったんだけども、いや〜…ノリ夫出てきましたね〜。ノリ夫と国政の話になると、ちゃんと従来のセクピス臭がするっていうのが、やっぱ主役のすごいところですね。
私の好きキャラ度で言えばノリ夫はずっとかなり下の方だったんだけども、やっぱりこう重い人間関係ばかり読んでると、ノリ夫の明るさ、凄く効きます。明るくてちょっといやらしくて、きゅんと切ない。それって最初のセクピスの雰囲気ですよね。
6巻以降ぐっと話が暗いから、ノリ夫が出てきてくれたおかげでお話がかなり明るいところに引き戻された気がして、ノリ夫の威力恐るべしって思いました。
うん、やっぱノリ夫はすごい。前よりも相当ノリ夫を好きになっちゃったな。かわいいしな!

私が今一押しの志信の方もかなりドキドキな展開だし、それにあのコミックス未収録のクリスマスの話も入ってるー!
これ、かなり楽しい一冊でした。
夢中になって読んじゃいました。楽しかった。

では以下ネタばれます。

 


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : か]寿たらこ comments(0) -

囀る鳥は羽ばたかない 2 * ヨネダコウ

四月にヨネダコウさんの待ちに待った嬉しすぎるコミックスが出ると知り、これはその前に囀る〜2巻の感想を書いておかねばとなりました。

一巻の感想はこちら→
囀る鳥は羽ばたかない 1 * ヨネダコウ

これもこの間やっと読んだのですが、面白かったですね〜。
このできあがった世界にゾクゾクしますね、男たち全員一見無表情に見えるんだけど、物言わない顔の皺一個に全部意味があるような気がして、含みだらけで物凄い雰囲気が重い。
けどこれもいつも言ってるけど、ヨネダコウさんって、意味のない沈黙がないんですよね。その沈黙の一個一個にちゃんと意味があって、その伝えたい意志みたいのが、はっきり言葉にできないまでも何となく伝わっていて、それがこっちが受け取る作品の雰囲気になってますよね。
やっぱりすごい演出家というか、うまいな〜って今更ながら唸ります。
これ特に言葉の少ないマンガだし、主人公たちが強烈なトラウマ持ちで、自分の本音を言わないというより、本音に気付いてないようなところがあって…気付いていたとしても絶対にそれを認めようとしない、みたいな。
なので、主人公が言わない気持ちを読み取らないといけない…逆に言えば表現しないとこっちには伝わらない、みたいな難しさがあるような気がするんだけど、ところがよく表現されてありますよねえ。でも言い過ぎてなくて、やっぱり想像の余地がある。

こういうのってセンスなのかなあ。ヨネダコウさん凄いよな〜。
はー…四月の新刊……小野田出口!!!!


では以下内容についてネタバレます。

 


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : や]ヨネダコウ comments(2) -

ほっぺにひまわり * 三田織

ちょっと事件ですよこの本は…。とにかくこれ…!!この本!!最高で!!
三田織さんと言えばサイドにもずっとリンク貼ってるこの本↓↓↓ですが、この本ものすっっっごくよかったですよね。
 

私の感想はこちら→ 白のころ * 三田織

ほんとすばらしいデビュー作で、この人は凄い、絶対に凄い、光ってる!ってめちゃくちゃ注目していた作家さんでした。
その三田織さんのやっと出た二冊目が今回の『ほっぺにひまわり』。

これほんと…なんて言ったらいいの、とにかく最高だったんです。可愛くて優しくていじらしくて愛おしくて、本当にすばらしかったんです、最高だったんです。
こんな話をこんな風に描けるなんて本当に凄い。きらめく才能とセンスを感じる…。
三田織さん、凄い!

内容は、なんと珍しいおでぶちゃんが主人公です。この表紙のとおり、帯に「体重90キロのぽちゃかわ男子!」って書いてあるけどその通り。主人公、おでぶです。ごまかしのないおでぶです。きっちり、その通り、おでぶに描いてあります!
その!おでぶが!かわいい!!ゲキかわいい!!どうしてくれよう!!泣ける!!
私ね、もう何百回と書いたかもしれませんが、痩せフェチです。痩せた男、痩せた絵、骨、筋、そういうものが好きなんです。なので、いつもの好みから言えばまったく引っかからないんです。
その、私をしてですよ。こんなにも愛おしいと言わせるものが、このキャラとマンガにはあるんです。自分の好み云々は超えているんです完全に。

体重90キロ、けど優しくて素直で純真で、毒のないのんびりぽやっとした主人公のヨネちゃんと、同級生の子のラブが書いてあるんだけど、泣けるんですよ〜。きゅんきゅんしすぎてほんと私、大泣きしました。あんまりにもいじらしくって可愛いので。
けど、全体的にはなんか笑っちゃう。ヨネちゃんのまったく自分を飾らないのどかさにくすくすきて、癒されちゃう。これぞ本物の癒し系ですよ。心温まるったらないよ。

とにかくね、ほんと愛らしいから!
私、全力でオススメします!三田織先生バンザイ!!

ちなみにこの本には、このおデブの子の話と、甥×叔父シリアスという、私的にあまりにど真ん中すぎる長めの話と、二本入ってます。こっちもとってもよかったんですよ〜!


では以下ネタバレます。

 


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : ま]その他 comments(2) -
with Ajax Amazon