Archives by Month:
Archives by Category:

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

拍手する
Catergory in - - -
Entry: main  << >>

リスタート * 日高ショーコ

ひさしぶりに読み直したので書き直します。

ほんとすっごく久しぶりに読み返したのですが、なんか不思議な感覚…。さらっとしていてあまり熱さのない話なので、私はたぶんあんまり好きな部類じゃないと思うんだけど、当時も今も、なんでか好きなんですよね。
なんでだろう…と思ったんだけど…もしかして受のモデルが割と長髪気味だからかも…。えー!!!

以下ネタばれます。



表題作はモデルたちの話の年上受で、設定からして相当好きな感じです。
受の匡はかつては割と売れっ子だったんだけど、今はあんまり売れてなくて、攻のアキは匡が全盛期に同じ事務所に入ってきた年下で、しかも匡の人気が翳っていくのと同時に人気が出て、今や事務所のトップモデル。立場が逆転した先輩後輩の仲なので、匡的にアキに色々複雑な感情があって、なかなかすんなりとは付き合えない。がしかし、アキの方は実はずっとずっと匡の事が好き。彼に憧れてモデルの世界に入って、リスペクトしているし、恋愛感情も抱いている。酒に酔った勢いで、一回匡とはセックスした仲なのに、それから余計に匡に避けられるようになってしまい、匡とアキの仲は今や膠着状態。

という話なんですね。
攻の年下、アキも、口が重たいというか、ギリギリまで感情を表に出さなくて何考えてんだか分かりにくい、ぼや〜っとした男なんだけど、匡の方も、常になんか中途半端というか…熱い思いを抱いているのか抱いてないのか…冷めているっていうより、常になんか脱力している感じがする。二人ともがそんな感じなので、恋愛感情もあるし、セックスもしている二人でお互いを意識しているのに、不思議なほど、恋愛の切羽詰った感が薄いような気がする。恋愛の切羽詰った感、というよりは、モデルの仕事に対する切羽詰った感なら割とある、そこがお話の中心なので。アキの、匡に対するモデルとしてのリスペクトぶりと、一人の男として恋愛感情を抱いている部分が、どっちがどっちか、二つとも一緒に語られているからだろうか、"恋愛"って感じが、薄い話です。
でも不思議とつまんなくはなくて、私割りと好きなのは…匡が面白いからじゃないだろうか。
見た目も綺麗なんだけど、セックスしといてほとんど何も覚えてないとか、自分の仕事を奪うように人気者になったアキに対する色んな感情があるんだろうに、表向き物凄く飄々としてるとことか、読んでていやじゃないんですよね、なんか可愛いなって思う。
あと、やっぱ髪の長い感じがいいよな…色っぽくて。あ〜あたしは本当に長髪好きだなあ!

あとアキも可愛いんですよね、ほとんどずーっと無表情で何考えてるかわかんないのに、突然可愛くなる瞬間があって、それは匡と一緒にいる時なんだけど、そういう時いきなり年下なんですよね。そういう瞬間がちょいちょいあるので、ちょっとキュンとする。全体的にさら〜っとしている仲にあるから余計、アキのこの可愛い表情が相当いい味出してるんだと思う。

あと日高さんは、どんなにエロシーンを書いても、なんかエロくないなあ…というのを、私ずーっと昔から思ってるんですが、このリスタートは、そんな中でも割りと、セックスがセックスらしい気がして、そういうとこも好きなんですよね。
匡とアキというほんと見た目の綺麗な男たちが、熱いか冷めてんのかわかんないような、言葉の少ない中で何となく恋人同士になってしまう…。この二人を見てるのが、気持ちいいのかもしれないなあ、好きです。

同時収録のカメラマンと高校生のモデルの話。
これ当時読んだ時は、やっぱこんな大人と子供の話で子供受なんて凄い嫌いだったので、なかなか受け入れがたかったんですが、今読むと普通にいいなあと思えた。
高校生の子の、口唇の端をキッと噛んだ表情が凄くよかったです。なんか、訴えてくるような表情をしている。こういう大人がいきなりこの子を好きだとか言って、こんな風に口説く話なんて、ほんとあんま好きじゃないんですが、この受の子の表情と台詞と存在感が凄く良かったので、割といい感じで読めてしまった。
カメラマンの人、最後のコマ髪伸びてて、凄いカッコよかった。

最後の話。
好きだった友人が、事故で死んでから彼の事を好きだったと気付いた受の子が、数年後その人の弟と知り合う。行き場のなくなった恋心をずっと引き摺っている受の子は、性格は全然違うけど、顔と声が似ている弟に、毎日のように会いに行く。
という話。
こういうストーリー凄く好きなんですけど、もうちょっとページ数あったらきっともっとよかっただろうなあと思う。けど、この短いページでこの内容を描けたんだと思ったら、それはそれで凄いような気もする。凄く雰囲気あるし。
自分の気持ちに気付いた時には、好きな人はもう帰らない。自分の宙ぶらりんの気持ちを埋めるみたいに、彼の弟とセックスをする。そしていつしか自分の気持ちは、兄ではなく弟の方へ。
……という…やっぱもうちょっとページ数あって、もうちょっとじっくり読みたい内容だったなあ、色々性急すぎる気がするから。
しかし弟の背中や腕がカッコいいんだよな、無口で無愛想なんだけど、凄い情熱を持っていそう。

ほんと久しぶりにこの本読み返してみたんですが、前読んだ時よりも好きになってる気がします。
何よりもう、日高さんの絵が凄い魅力的で…。これが出た当時は、特にそんな風には思っていなくて、同人時代と比べて少しBLっぽくなったなあっていうのを凄く思ってたんですよね。…そうよ思い出した、リスタート読んで、"凄くBLっぽくなった"って思ってたんですよ当時。日高さんってもっとなんつうかなあ、もっともっと乾いた感じの、冷めた感じの作風だったんですよね。すっごくスタイリッシュというか。でもこの本を読んだ時に、その辺…日高さんの突っ張ったところ…(と私が感じているところ)が、凄くナリを潜めてしまって、いい部分もあるけど、味がなくなった気がする…みたいなことを、あたし思ったんですよね、これ読んだ時に。
だけど今読むと…うーんどうかな、あっさりしている印象だなあ。
もう今となってはその頃感じたそういう事を、実感を持っては思い出せない気がする。年月が経ってしまって、今は日高さんほんといい恋愛マンガ描かれるので。
しかし、当時思ったそういう印象は、凄く大事な気がする。ずーっと昔から読んでたから、そういう感想抱いたんだと思うし、その時の自分の印象は、割といいとこ突いてたんじゃないかと思います。もう戻ってこない感覚なので、大事に覚えておきたい。



拍手する
Catergory in [comics : は]日高ショーコ comments(0) -

スポンサーサイト


拍手する
Catergory in - - -
Comment
Leave a Reply








Submit
with Ajax Amazon