Archives by Month:
Archives by Category:
Entry: main  << >>

捨て猫のカルテ * ハルコ

これずっと読みたかったのに今日本屋で見かけるまですっかり忘れてました。どんな話を描かれるのかさっぱり分からず、今日初めて読みました。で、すっごい面白かった…!!!表題作が凄い好きでした、他のも面白かったんですが、他二つは年下受だったので…でも年下受なのに結構面白かった、なんかちょっと泣いてしまった。

以下ネタばれます。



読みやすかったなあ、感情の描き方も分かり易くって、恋心も読み取りやすく、話の流れもスムーズで、抑えるべきところを抑えてあるっていうか、少なくとも私のツボは抑えてありました。特に表題作の年上受がやっぱり自分の好みでもあり、お話的にも凄く好きな感じで、ちょっと泣いた。キュンとしました。
表題作の内容は、自分の気持ちを素直に言えず、態度にもなかなか表すことができないので、恋人にすぐにふられてしまうゲイの男の人が、ふとした事でノンケの年下の男と知り合って、恋人に振られたばかりで自棄になっていたせいもあり、初心で素直な感じの年下ノンケに手を出してしまう。冷静になってすぐに自分の行為を反省するんだけど、年下の子の方はちょっかいを出された事で、このゲイの人に恋してしまい…
という話で、初めの話は短編だしとても単純なお話なのですが、単純なお話いいじゃん。この単純でありがち…描かれがちな恋の始まりのマンガが、なんかとても胸にぐぐぐっと来るんですよ。
なんつってもこの年上の人、性格可愛かったなあ。初めは私服姿だったので、途中でスーツになった時には、サラリーマンだったのかーっっていう感激が。若く見えたので、割りに大人だったんだって思った時に嬉しかった。会社員でそれなり社会人しているにも関わらず、ゲイで、恋で悩んでいたんだなあという背景を窺い見る事ができる…もしくは私の頭の中でお話を想像できる、その余地があるくらい、キャラに愛着があったように思います。年下の奴はちょっと都合がいいんですが、まあそれはいいや、年下だから…えー… 都合よく年上の人を真摯に好きになってくれるんですが、でも必死な言動に切実さがあって、カッコつけてない感じが凄く好きでした。年上の人も、素直になかなかなりきれないところはあるが、意地を張り過ぎないので可愛いです。意地を張りすぎるキャラがとにかく物凄くイラつくので、適度がいいよ。
で、この年上受の話はもう一個入ってて、こっちがやっぱ泣いてしまった。今まであんまり恋がうまく行った事がなかったし、年下のノンケ相手の恋なので、主人公の受の人もいろいろ不安になってしまうんですよね。不安な姿がいじらしく、可愛かった。
書き下ろしでもう一本入ってたんですが、これも可愛かったです。ネコ耳…。ネコ耳アイテムが出てくると微妙にガッカリするのは一体何故なんだろう、あたし。ちょっとだけガッカリするんですよね、なんていうか…あ、そっち逃げちゃったの…って、どの話に対しても思う。あまりにもリアリティに欠けるアイテムなんだと思うんだよね、あくまであたしにとって。なんか邪魔なのよ、恋物語にネコ耳は。たぶん私は、私に理解できる恋心しか、恋と認めていないのかもね。あたし自身が物凄い恋愛体質なので、逆にちょっとそういう、思い込みみたいなんもあるかもしれない、恋愛に対して。ネコ耳萌え〜…とかそういう問題じゃないのよ、萌えじゃなく、恋心を読みたいわけ。恋にネコ耳はナイんです、あたしにとってはあたしがルールなのでそれでいいの。
……まあそんな事置いといて、とにかくネコ耳にはちらーっとガッカリしたのは確かなんですが、とにかくこの作家さんは、なんだか凄くキャラに愛着が沸くというか、この受の人可愛いのよ、恥ずかしがってるところが。意地を張り切れずに年下の奴に絆されちゃう感じがなんとも可愛かったです、好みです。

あと短編が二つ入って居て、二つとも年下受で、でも二つとも面白かったです。サラリーマンの話は、なんか描き方が優しくってちょっと感動した。やっぱりカッコつけてない感じがいいです、台詞やモノローグやキャラの目線なんかが、必要以上に着飾ってない感じが凄くいい。
それはもう一個の話もそうで、これも最も嫌いな年上のカッコいい人が攻な感じだったんですが、でも年下の子のj恋心が切なくて、大人のカッコいい人の気持ちの葛藤もよく見えて、面白く読めた。これもちょっと泣いてしまった。

全体的に、とにかくストレートに分かりやすく表現される方だなあという印象です。凄い好感がある。
読みやすいっていいことだと思う。
凄く面白いマンガでした。何で★一個減らしているのかと言えば…やっぱ年下受…?あぁ〜…狭いなああたし…。

あ、書き忘れた!
ネコマンガ面白かった!!しかしそれにも増してカバー下の犬マンガがものすっごい面白かった、特に網目に挟まった犬の話に爆笑してしまった。

拍手する
Catergory in [comics : は]その他 comments(0) -
Comment
Leave a Reply








Submit
with Ajax Amazon