Archives by Month:
Archives by Category:
Entry: main  << >>

ほっぺにひまわり * 三田織

ちょっと事件ですよこの本は…。とにかくこれ…!!この本!!最高で!!
三田織さんと言えばサイドにもずっとリンク貼ってるこの本↓↓↓ですが、この本ものすっっっごくよかったですよね。
 

私の感想はこちら→ 白のころ * 三田織

ほんとすばらしいデビュー作で、この人は凄い、絶対に凄い、光ってる!ってめちゃくちゃ注目していた作家さんでした。
その三田織さんのやっと出た二冊目が今回の『ほっぺにひまわり』。

これほんと…なんて言ったらいいの、とにかく最高だったんです。可愛くて優しくていじらしくて愛おしくて、本当にすばらしかったんです、最高だったんです。
こんな話をこんな風に描けるなんて本当に凄い。きらめく才能とセンスを感じる…。
三田織さん、凄い!

内容は、なんと珍しいおでぶちゃんが主人公です。この表紙のとおり、帯に「体重90キロのぽちゃかわ男子!」って書いてあるけどその通り。主人公、おでぶです。ごまかしのないおでぶです。きっちり、その通り、おでぶに描いてあります!
その!おでぶが!かわいい!!ゲキかわいい!!どうしてくれよう!!泣ける!!
私ね、もう何百回と書いたかもしれませんが、痩せフェチです。痩せた男、痩せた絵、骨、筋、そういうものが好きなんです。なので、いつもの好みから言えばまったく引っかからないんです。
その、私をしてですよ。こんなにも愛おしいと言わせるものが、このキャラとマンガにはあるんです。自分の好み云々は超えているんです完全に。

体重90キロ、けど優しくて素直で純真で、毒のないのんびりぽやっとした主人公のヨネちゃんと、同級生の子のラブが書いてあるんだけど、泣けるんですよ〜。きゅんきゅんしすぎてほんと私、大泣きしました。あんまりにもいじらしくって可愛いので。
けど、全体的にはなんか笑っちゃう。ヨネちゃんのまったく自分を飾らないのどかさにくすくすきて、癒されちゃう。これぞ本物の癒し系ですよ。心温まるったらないよ。

とにかくね、ほんと愛らしいから!
私、全力でオススメします!三田織先生バンザイ!!

ちなみにこの本には、このおデブの子の話と、甥×叔父シリアスという、私的にあまりにど真ん中すぎる長めの話と、二本入ってます。こっちもとってもよかったんですよ〜!


では以下ネタバレます。

 


おデブのヨネちゃんは性格の良さといつもニコニコぽよぽよしている雰囲気から、同級生男子から愛されるキャラクター。けど、太ってて胸があるので、欲求不満の男子校生たちに、女子の代わりにしょっちゅう胸を揉まれまくっちゃう。拒絶はしないけど、内心ちょっと困ってるヨネちゃんを助けてくれるのは、野球部の部長のアライ君。かっこよくて大人っぽいアライ君は密かにヨネちゃんの憧れで…。

ってとこから始まる話。
ほんとね、さっきも書いたけどこのヨネちゃんってのが可愛いんだー!ほんっとに可愛いの。
太ってるから夏は苦手って感じで汗を拭いているとこも、フーって荒い息を吐き出してるところも、暑苦しそうな描写でさえ、とにかく全部可愛い!ゴーヤを見て豚肉と合うっていいながらヨダレ垂らしてるところもトマトを綺麗だって見てるところもね、なにもかも全部全部可愛いの!愛らしいの!
だってこの子、ほんっとうに生まれたてみたいなんだもん。心がすっごく綺麗。素朴で他人に悪感情持たなくて、食べ物のことしか考えてないような純真無垢さなんだもんー!赤ちゃんみたい!
夏休みにしたいことが「一日に何本アイス食べれるか挑戦しよう!」…とかアホか!でもそんなこと考えてる顔も可愛い〜。歩く擬音がぽのぽのぽの…ってぴったりすぎて笑える。
でももちろん、赤ちゃんじゃないんだから、心に陰がないわけじゃないんですよ、十代の悩みみたいなものや、寂しさも持ってて、それは読んでくとちゃんとわかるしそこがまた泣けるんだけど。

そんなキユーピーちゃんみたいな子の胸を、周りの男子が女子の代わりにもみもみもみもみするっていう…。なんかシュールな絵なんだよ〜、めっちゃ揉まれとる。汗でヨネちゃんのおっぱいが透けて見える!って叫ぶ男子校生とかもう…バカで…!くだらないんだけどなんだろう、このシュール感故か、微妙にタブー感があるような。なんか見ちゃいけないもの見てるような…え、そんな直に?みたいな…恥ずかしいような、でもあっけらかんとした表現に笑っちゃうような…。なんとも言えない気持ちを感じつつも、最終的に笑っちゃった。

とにかくそんなヨネちゃんを、どうやらアライ君は好きみたいなの。人が触ってると助けにくる。助けはするんだけど、自分も触るっていう…その触り方が明らかに他の奴と違ってむっつり。ぱっと見はカッコいいけど、アライ君も相当おバカだよ。けどそのかっこよくない、おバカなとこが高校生らしくていいんだよね。
アライ君だけじゃなくて、他の脇キャラもみんな等身大っていうのかなあ、できすぎた子がいなくて、キラキラしてて本当に魅力的だった。
笑顔でパンチの女先生にも笑ったわ、この野球部の坊主もほんと可愛い、こいつバカ一等賞だった。

女装するヨネちゃんも笑った〜!でも可愛いの〜。
なんていうんだろ、この可愛いって感覚。滑稽なのよ、全然似合ってないし、セーラー服からでっぷりした腹がでんって出てるんだもん。ついでにヨネちゃん、ちゃんとすね毛もあるからね!なのに、可愛いんだよ〜。
たぶんヨネちゃん、表情が可愛いんだよなあ。なにやるのも自然体…ってまあマンガなんだけどさ、でもそういう顔してるの。いっつものほほんとした、優しい顔してる。作ってない、いつもありのままの自分なの。こんな、人を疑わないまっすぐで優しいヨネちゃんに、アライ君は惚れたのね…。
アライ君の告白もよかったなあ、ストレートさにぐっと来た。そんな告白にまたヨネちゃんの裏のない返事…。
「デブなのにこんなほめてもらったの生まれてはじめて」
とかにこにこしながら言ってんだもんヨネちゃん、どんだけ愛らしいの。
素直に単純に、これまでそんな風に思われたことがないから、その気持ちがうれしいから出たありがとうって言葉にもヨネちゃんらしさがあふれてたよね。

ところでユーレイにおっぱい揉ませるとかって上着をばっとめくっておっぱい出したヨネちゃん、なんかやけにエロかったよね…。ドキッとしちゃった。
…そもそもユーレイにおっぱい揉ませるっていう、そんなこと考えるアライ君相当アホだね…。アライ君も可愛いね。

二話目では何とかつきあい始めたヨネちゃんとアライ君の話になりますが…これが…泣けた…。
ヨネちゃん、あまりの未経験ゆえにつきあうとかなんとか言われてもよくわかってなくて、はじめは言われるままなんだよね。でもアライ君と一緒にいるうちに、アライ君の側にいる自分を客観的に眺めるようになる。デブってる自分じゃ似合わないって。だから、痩せようって思い始めるの。アライ君を好きになってくの。
アライ君の側にいる女の子に嫉妬したり、誰かにとられたくないって思ったりして、あんな赤ちゃんみたいだったヨネちゃんが、凄く人間的になるんだよ〜。それって成長だと思う!
それに、のほほんとしてるようで、実は傷ついている過去もあって、でもきっといちいち傷ついてられないから、傷つかないように心にぼんやりバリヤー張ってるような状態だったんだと思うんだよね、これまでの年月って。もちろんヨネちゃんの元々の資質もあるだろうけど。
けど、恋をして、バリヤーがはがれていくヨネちゃんを見てたらもう、切なくて…泣けて…。

ひまわりの種をあげようってアライ君に持ってくとこも可愛くてきゅんと来たんだけど…だってひまわりの種よ?…い、いらないし…。でもヨネちゃん、野球選手が食べてるって聞いてすぐにそれを持って行こうと考えるこの真っ直ぐさが、何ともいじらしいじゃないですか。全然自分を飾らない。
でも、可愛い女子が目の前で、アライ君に綺麗なもんを渡そうとしているわけ。それを目の当たりにした時、純粋な気持ちで持って行ってあげようと思ったひまわりの種が、ヨネちゃんの手から落ちていく。
か、悲しい…。もの凄く悲しかった。その瞬間、ヨネちゃんにとってすばらしいものだったひまわりの種が、途端に価値のないものになってしまった…。ヨネちゃんの真っ直ぐな優しい気持ちに、人間らしい嫉妬や卑屈さのシミができたみたいな。
けど、それは誰もがきっと避けて通れない感情よね。それを知らないヨネちゃんも可愛かったけど、それを知ったヨネちゃんはよりすばらしいと思うの。ヨネちゃんならきっと、女子があげるラッピングされたお菓子より、やっぱりひまわりの種をあげようと思うヨネちゃんでいてくれると思うし。

でも、アライ君に誤解されたくだりは泣けたなあ〜。
ダイエットするって頑張ってたのに、デブでいいもんって膝を抱えた姿が、なんともいたいけで…。こんな風に卑屈になっちゃうヨネちゃんも居たんだ…。そりゃいるよね。恋したらこんな自分にも出会うことになるんだよね。ああ…ヨネちゃん…がんばれ…。
落ち込んでるヨネちゃん見てるだけで本当に悲しいよ。ぽよぽよ笑っててほしい…。

でも、ヨネちゃんは頑張るんですよ。このままじゃダメだってちゃんと自分から動く。
あの子にとられる前にってメール打つとこも健気で必死でいじらしかったなあ。そういうとこでかっこつけないのもヨネちゃんの魅力ですね。
そんで告白の格好も笑えるやらなにやらで…。だって着ぐるみだし…!!!
も〜!やることなすこと可愛い〜!
ひまわりの頭取った次の瞬間なんてもう私ほんっとに号泣だったよ、ひまわりの間抜けな笑顔とのギャップがまんまと私の胸を撃って、鷲掴みにして、捻り潰しましたよ…。ヨネちゃん愛らしいよぉぉ…。

なんか可愛い可愛い可愛いしか言ってないけどほんとその言葉しか出て来ないんですよ、読んだら分かる。
初めてキスした後にうろたえたヨネちゃんも可愛いし…のほほんとしてるヨネちゃんも傷ついてるヨネちゃんも走ってるヨネちゃんも怯えてるヨネちゃんもお菓子食ってるヨネちゃんも、どのヨネちゃんも最っっ高に可愛かった。
アライ君と付き合い始めた時の幸せ太りのヨネちゃんなんて、お肉触られてプふぅ〜…って…!!わ、笑える…可笑しい。肉肉しい身体から発するよく分からない擬音すら全部可愛かった。
あそうだ、ゴリマッチョ!何故かゴリマッチョの特訓を受けているヨネちゃんには笑ったわ、ヨネちゃん間違ってるよぉぉ〜!ゴリマッチョよりぽっちゃりのがかわいいよぉ〜。

はー…表題作の感想だけで疲れてしまったけど、実はこれより少し長めに甥×叔父のシリアス目の話が入ってて、こっちも静かで切ないいい話でした。
好きになってはいけない人、叔父を好きになってしまって、苦しいあまりに彼を遠ざけようとする大学生の主人公、遥と、一人きりの彼の側にいてあげようとする優しい叔父のりっちゃん。
親との確執があって遠ざけられていたりっちゃんも可哀想すぎるし、その呪いにかかったみたいに叔父を好きになり、その気持ちに苦しみ続けた遥もなんだか可哀想で、二人とも辛そうだったな。
今、二人しかいない家族なら、彼らがくっついても誰にも怒られないじゃん…と思いながら読んでたんだけど、年月と、血のつながりは誰かに怒られるからどうのこうの…のところではどうにもならないよね。問題は自分たちの心だから。

逃げ場所みたいに使われてしまった女性が可哀想すぎて、遥を叱りつけてやりたい気持ちだったけど、でもきっと遥にもどうにもならなかったんだ。不誠実なことをして彼女を傷つけることはきっとよくわかってたはず。でも、りっちゃんへの気持ちが強すぎて、好きすぎて、他の人のことが考えられない。傷つく彼女のことまで頭が回らない。結局こんな風に自分の気持ちを誤魔化すと、どこかで誰かが傷つくんだよ、今じゃなくてもいつか。

りっちゃん結局遥を受け入れたけど…。りっちゃんの気持ちはなんとなく…罪滅ぼしみたいな…そういう感じがした。遥のことを恋愛の意味で受け入れただろうか。その辺は怪しいなと思った。
ただ、その気持ちがどんなものであろうと、遥と一緒にいたいという愛情は強く強く持ってくれている。その気持ちだけで、家族であり恋人であることはできるんじゃないかと思う。
これから、遥がりっちゃんと一緒にいる上で、りっちゃんの気持ちを不安に思うことがあるだろうと思うけど、その時遥を好きだとはっきり言えるりっちゃんでいてほしいな。時間かかってもいいから。
そうじゃないと、きっとまた不安がきっかけになって壊れてしまうでしょ。
りっちゃんって、常に何か諦めたような顔をして、自分の気持ちを強く前に出さない人で、笑顔もなんだか悲しげに見えて、この人がこれ以上苦しむのも寂しい思いをするのも見たくない。あんなに親に嫌われたりっちゃんだから、これからは遥に愛されて、幸せだと思える人生であればいいなと思うんだよね。

爽やかなハッピーエンドという感じではなく、じんわりと染み入るような結末だったけど、でも二人の未来を信じている。遥のもとに、りっちゃんが残って本当によかったです。

…そんなわけで、この話もとってもよかった。
だからね、この本、珠玉の一冊なのです。素晴らしいんです。
なので、何回も言いますが、私この本ほんっとにおススメー!!読んで読んで読んで〜!ヨネちゃん絶対可愛いから〜!!

あ、ちなみにヨネちゃんの痩せた姿も書下ろしで見られるよ〜。
痩せたヨネちゃんも可愛い!けど高校生のヨネちゃん、やっぱ捨てがたいわ…。
オマケペーパーにもヨネちゃんのマンガ載ってるよ〜。全部合わせておススメ!




 

拍手する
Catergory in [comics : ま]その他 comments(2) -
Comment
ヨルコ says : at 2014/06/06 23:31
yasunaさんはじめまして、コメントありがとうございます。

おお、この名作ご購入なさったのですね!
ど、どうでしたでしょうか…。
私は燃え滾って大興奮だったのですが、yasunaさんにも良い出会いになったら嬉しいのですが。

なかなか更新できませんが、またぜひ遊びにきてくださいね!
yasuna says : at 2014/05/20 02:47
はじめまして。
この作品がとても気になっていて検索していたら見つけて感想を読ませて頂きました。そしてすぐ購入を決めて注文を済ませてしまいました…(笑)
とっても参考になりました!また、ブログの方読みに来させて頂きます(*^^*)
Leave a Reply








Submit
with Ajax Amazon