Archives by Month:
Archives by Category:
Entry: main  << >>

溺愛イトコン!~夏休み妄想編~ * 大和名瀬

すっごく久しぶりに感想です。絶対感想書きたいのに書いてないのがたくさんあるんですけど、とにかくまずはいじらしすぎて大泣きして読んだこの名瀬さんのイトコン!から。
は〜…泣いた。だってかわいいから〜!

一冊目はこちら↓
溺愛イトコン! * 大和名瀬

一言でかわいいって言っても、見た目がかわいいとか存在感がかわいいとかいろいろあるんだけど、私がどうしても泣いちゃうくらいかわいいと思うところは、この有都のいじらしさなんです!
見た目やストーリーから言えば完全に好みじゃないんですよ、一人のかわいい子をみんながちやほや構ってて、とってもいや、こういうタイプの話。子供のころから嫌。
けどさ、違うの。違うんですよ…これは名瀬さんの漫画全部にいえることだけど、この真ん中にいてみんなに可愛がられる子に、まったく嫌味がないっていうのかなあ、BLでいうところの”受くささ”がないんだと思うんですよね。
私が何故そういう受を嫌っちゃうかといえば、彼らが受だから嫌っちゃうわけ。けど、彼らが受でなく、ただのかわいい子供なら、ただただ可愛いんです、マスコット的に!
まさにそういう感じ。
私は名瀬さんの漫画に出てくる受の子たちをかわいい受だと思って読んでないんだと思う。可愛くいじらしい人間だと思って読んでるの。ひとえに人間性にひかれてしまう、かわいい。
違う言い方すれば、たぶん色気がないんだなあ。それいいのか悪いのかわからんけど、私にとっては良きポイントですよ、色気がないから凄くまっすぐこの男の子たちを受け入れられるというか…。

このイトコンは本当に、名瀬さんの凄く得意なタイプの話だと思うんだけど、その分、名瀬さんのうまいところがすっごく出てると思うんです。遺憾なく発揮されちゃってる。
んでこの本のあとがきに名瀬さん自身が書いてるけど、丸くて小さいものが大好きだって。
うんうん、そうだろうよ、それはもう作品からダダ漏れてます。
名瀬さん、何がずば抜けて素晴らしいかというと、曲線ですよね。丸いものを描くときのあの微妙な曲線。子供の後ろ頭、おしり、ほっぺのぷくっとした感じ、あの愛らしさ、名瀬さんにしか描けないよ!
名瀬さんだからあんなにも愛らしく描けるんだよ。私はもうね、名瀬さんの漫画のね、あのほっぺと口、そうよ口ですよ。口元を見るだけで胸がぎゅうううううってなって、ボロボロ泣くよ、本当に!

特にこの話の有都!有都は口に感情のすべてが出るの…。
言いたいことを言わずにぐっとこらえる口元とか、傷ついてるけどそれを我慢してる時の口元とかね、あの感情をこらえる口元がたまんないんですよおおお!!

前置きが長くなっちゃった、では以下内容を加えつつ感想です。
ネタバレます。




有都を好きだと自覚している透司が屈託のない有都にドキドキむらむらする中で関係が進展していく、という大まかなストーリーですが…面白かった〜!
有都は大好きな透司くんを凄く慕って何かと頼りにするし相談するしくっついて懐いてくるんだけど、透司は有都に恋しているので、無邪気な接触がつらい場合も多々あって、そういうことですれ違いが生まれ、有都は傷つき、透司が反省し…雨降って地が固まっていき…。
ってなるわけですな。

透司の妄想や意識しすぎのアホっぷりもおバカで笑えるんですけど、やっぱ有都の健気さに泣ける〜。あんまりにも素直なところも泣ける。
有都が来たことにより透司の成績が下がっちゃって、まあそれは透司の下心のせいなんだけど、自分が透司くんに迷惑かけてるからだって思い込んじゃう有都のくだりでは、あの傷ついたり気を遣ったりしてる時の引き結んだ口唇がいじらしくて…まず泣いたよね…。
そのあと透司のレポート終わったあとに物凄く素直にうれしそうな顔する有都にも泣けた、なんって正直でまっすぐで屈託のない子なのおお。抱き着いてるとこのチビ絵がかわいい、後ろ頭かわいい。そのあと夏休みの予定立ててるとこもかわいい〜〜。

海、海も面白かった。透司の胸、硬いってつんつんしちゃう有都が罪作りすぎて…!透司の絶望の顔笑っちゃった「なんという盲点…」だって。
そんで私一番好きなのは有都が浮き輪に空気入れてるとこの絵。しゅこしゅこ…てかわいくないですかあ??名瀬さんこういうとき絶対両手が開いてるの、キューピーちゃんみたいに。かわいい〜〜。子供が二人それ見てるの。この無邪気な絵が何度見ても何度見てもかわいい、きゅんとする。
お話もいいよね〜。女子二人と仲良さそうにしてる透司と子供二人をつれた有都の存在が凄く対極にあって、そんな透司に気おくれしちゃう有都の気持ちが凄くよくわかる。切なくてきゅんとしちゃう。
透司のことを恋愛感情で見るとか考えたこともなかった有都が、嫉妬を知って自分に戸惑ったり、慌てたり、こんがらがったりする様が本当にいとしいよ。
素直だからそういう感情を隠したりできないんだよね、やっぱりダダ漏れちゃう。そういう有都の手管の無さが、余計にかわいいよね。透司がカーってなる気持ちがわかっちゃうわ〜。

花火の回も面白かった。超進展したね、二人。最後の線香花火してる有都のチビ絵が大好きだー…。やっぱ名瀬さんはチビ絵だね、チビ絵見てるだけで幸せ。
文化祭の話もきゅんとしすぎて泣いた〜。だって透司と喧嘩して有都が泣いた…あのいい子をこんなに悲しませるなんて透司のアホ〜。めっちゃ泣いたかわいそうすぎて。
しかしキスの前のくだりには笑った、何度出てきても笑える、あのぶくぶくしてるとこ…!
キスが延期になったとこの有都のさみしそうな正座姿に泣き、強がって笑う作り笑顔に泣き、透司が持ってた携帯の有都に泣いたーーーー!!!

はー…とにかく泣いた、泣き通し。あんまりかわいいから!あんまりにもいじらしいから!
名瀬さんの漫画ってさ、画面から楽しんで描いてるのが伝わると思いませんか?
私は常に思うよ、名瀬さんの漫画って本当にイキイキしてる。パワーが伝わってくるんだよな〜。明るい気持ちになれるし、読んでて幸せになれる。ほんと素晴らしいと思う。
年々この、名瀬パワーに感服してる、私。凄いなって思う。

ところでリンは凄くいろいろ含んでますが誰が好きなの?
透司じゃありきたりすぎだよねえ?透司が好きと見せかけてきっとこの家族の中の誰かに片思いしてるんだと思うけど…。透司以外には全く見当がつかないよ、誰だろ。
リンとは別に私が当然気になるのはロン毛の叔父さんですけども、彼きっと相手いるよね?めっちゃ期待してるんですけど。だってあの人過去に何かありそうじゃん?あんなとこで一人で暮らしてて。あんまり家族間ってのも問題ありそうだけど、サラリーマンの大人が一人いるでしょ、誰かの長兄。透司の兄ちゃんかなあ?関係性が複雑すぎてよくわかんないのですが、彼なら相手としてちょうどいいよな…ダメ?

そんなわけで話もこれからどんどん広がっていきそうだし、マジ今後のも楽しみですよね〜。
大っっ満足でした!






拍手する
Catergory in [comics : や]大和名瀬 comments(0) -
Comment
Leave a Reply








Submit
with Ajax Amazon