Archives by Month:
Archives by Category:
Entry: main  << >>

未知との遭遇 * 腰乃

すんごくお久しぶりになっちゃいましたが皆さんはどんな感じでしょうか、私はすっかりぐっだぐだのどっろどろのずっきずきです。最後のずっきずきっていうのは今現在の頭痛と肩甲骨の痛みを表しました。はー…痛い、辛い。

そんな訳ですが腰乃さんです。
めーっちゃくちゃ面白かったー!!!
腰乃さんって凄い個性的だし独自のスタイルもあるけど、あるから余計に、新刊出てもきっといつもと同じ感じだろうな…と、勿論それで満足なんですけども、そういう"いつもと同じ安定感"というものを求めつつあったのですよ。
なのにね、びっくりしたね…新しくて!
いや、キャラとかマンガの個性とかはやっぱりいつもの腰乃さんなんだけども、ストーリーが面白かったですよねえ、斬新。あとキャラも凄く面白くてワクワクするし、ラブストーリーの進み方もとても良かったです。一見変態系マンガみたいなのに、キュンラブなんですよね、これほんっと腰乃さん凄いよねいつも。まるでエロのみ追求みたいだけど、実は凄いラブストーリーなんだよな〜。

今回ほんっと先輩のキャラが面白かったわ〜。
年下受だったんだけど、あんまりにもキャラとか展開が面白いので全然気にならなかったよ、攻の人の小学生的思考回路が、とにかく興味深くて楽しくて、振り回されてる受がなんかこう、健気というか不憫で、意外な事にまた泣いちゃったよね…。

いや〜ほんと面白かったです、びっくりした。


では以下ネタばれます。




とっかかりが凄く一見アブノーマルなんですよね〜。いや別にどんな趣味を持っていようと構わないし、渋谷はただの男パンツコレクターではあるので、別に変態でもなんでもないんですよね。ただ、ただ渋谷の好きなパンツはまるで女物のセクシーランジェリー。それをあんなに愛してあんなに集めて履いてると、まあ一見こいつ変態か?…って言われちゃうのは世の常だと思う…。
けど渋谷自身はいたって常識人。パンツの趣味を人に見られるのがはずいから凄く隠してたんだし、なのにすっけすけのレースとリボンついたヒモパンみたいのを、尊敬してた会社の先輩、本田に見られてしまう…!
他人の事ながら、なんと恥ずかしい事態なのだ…!

がしかしこの本田も相当フラットな人で、こういうパンツ見たからって驚きはするけど嫌悪したり軽蔑したりってのはない。それどころか興味持って、持ちすぎて、穿いてるとこ見たい…!!までいっちゃう。
かくして渋谷は密かに憧れてた仕事のデキるカッコイイ先輩に、このやらしいパンツ穿いてるとこ見せろとか言われてズボン引き摺り下ろされるような羽目に陥ってしまい……。

みたいな感じから始まる話です。
エロいパンツを穿いてるのは渋谷だし、見てしまった本田はそれまではきっといたって普通の性嗜好だったはずなのに、普段はちゃらくて要領よくて何でもソツなく熟す後輩の渋谷が、いやらしいパンツを履いて見られて恥じ入っているという光景や状況やパンツや渋谷自身に、なんかこう、むらむらむらむら好奇心と興奮を煽られて……まあ結局は惚れちゃって、そんな渋谷に引くどころかちょっかい出して出して出しまくる。
渋谷はからかわれたくないし、興味本位でばかにされたくないし、だからと言って嫌われたくもない訳で、凄く複雑な心境なんですよね。
なのに強引にズボン下ろされたりパンツ見せてって言われてなんか触られたりして、訳が分からない。そりゃそうだよね、訳が分からないはずだよ。
渋谷の戸惑いを凄くうまく描いてあるので、私はすっかり渋谷に同調してしまい、途中まで本田が嫌で嫌でしょうがなかったです。だって真意が分からない相手にあんな強引に恥ずかしいとこを見られたり触られたり、自分の趣味と世間という非常にデリケートな部分を持ってる人間の、そのデリケートな部分を土足でめためたに踏みにじってきてさ、傷つくし腹立つし、これ以上構って欲しくないよ、絶対そうだよ。
例えば私は長年男同士のラブやキスやセックスに興奮する自分をアブノーマルだと思っているが、それを会社の先輩とか上司に見つかって、BLに興味もないのに、ねえねえ見せて見せて見せて〜ってしょっちゅうついてこられて、見せたら見せたで( ´_ゝ`)フーン…みたいな感じで、ねえねえなんで男同士でキスとかしてんのこれの何がいいの、もしかしてあなたは変態なの、どうなのどういう意味????……みたいに自分を踏みにじられたら、そんな奴、だいっ嫌いになります。
そりゃ渋谷だって本田を嫌にもなろうと言うもの。
…が!

…だがしかし、渋谷はこれがまた甘い男なんだよ可愛いなあ。
パンツ引っ張られて千切れた時なんて「本田さんのバカーッ」ポカポカ…って叩いてた…。それにこいつ隙だらけだし!
しかし、渋谷が甘いままなのは、本田さんの心根が悪くないからってのもあるよねきっと。本田さんが本当に悪い奴で、意地悪するためにそんな事をしてるんだとしたら、渋谷はもっと嫌がってる筈だし、もっと本田から逃げている。渋谷が最終的に逃げないのは、本田さんが結局優しいからで、渋谷に対する好意からの行動だってのがきっと、言動から滲み出てるからだ…!…と、信じてる!

本田も本当にやってる事は大概なんですけど、実は凄い可愛い奴なんですよ〜。まあどんどんどうしようもなく鈍感ってのが分かってくと、可愛い通り越してる気もしてくるんですけど、でも読んでる分には本田は本当に可笑しかった。
早いうちから渋谷に対する気持ちに気付いて、渋谷に優しくしたい、喜んでもらいたい、けどどうしたらいいか分からない…とはっきり思いながら行動して失敗しているところ、可愛いですよねえ。こういう迷いがないとこはほんと凄いと思う。
なんつうかなあ、とにかく考えなしで、いや自分なりにはあるんだけども、物凄い周りを気にしないガキ大将というかマイペースなので自分ルール以外のルールを理解しないというか…だからほんっとうに単純なんですよ、単純の単細胞でたった一つの理屈しか分からないっていうか、感情の機微や相反する心のジレンマや、そういうものが全然分からない男なんです、だから好きだと言ってる本田より、言われてる渋谷のが滅茶苦茶恋愛に必死になってるみたいに見えて、凄い不憫なの。
本田は本田なりに、渋谷の喜ぶことをしようと必死なんだけども、相手の気持ちの複雑さが分からないから、やる事なす事無神経で、渋谷の神経を逆なでしてばっかり。

そう、子供なんですよ。
小学生って渋谷にも言われてるけど、まさにそう。好きで好きで構い倒すんだけど、構ってる子がなんでいやがってるのかわかんなくて、笑って欲しくて更に構うんだけど、構えば構うほど嫌がられて……って完全に好きな子いじめ。いい年した社会人で仕事もできるのに、突然こんな子供みたいな言動で強引に相手に踏み込んでってて…本田、面白かったよねえ?
でも、笑って欲しいって思ってる本田はやっぱり可愛い。お礼言ってくれただけで喜んでたり、目え合ったとかでいい気になってたり…。

そんで、結局構われて構われて…ってしてるうちに渋谷の気持ちはいつのまにかまんまと落ちちゃっている。
…あああ…渋谷…なんかもう…。
女子高生のパンチラのくだり、キュン泣きしちゃったよ。自分以外のパンツを褒めたってとこ。あそこはもう、あそこはかなりガツンと来た。そうなのかっていう…本田の気持ち、いつしか信じちゃってたんだな、本田の気持ちが自分に向けられることが当たり前だって思ってしまうほどに本田のアプローチは激しくて、いつしか、パンツ穿いてる渋谷だろうが、渋谷の穿いてるパンツだろうが、本田の視線が自分に向くってことで気持ちは動いていた。けど、自分に向けられていた関心が、他所に移った時にズガンと自分の気持ちを思い知っちゃう。そう思ってしまった自分へのショックで、渋谷が泣いちゃうところ……良かったー!!もうすっごくぐっと来た。題材はパンツだけど、恋する気持ちだったよ、キュンがあったよ〜!

やっと付き合いだした後のデートのくだりもよかったなあ。
パンツ一生懸命選んでる渋谷かわいすぎ。
つか全体的に渋谷は可愛すぎなんだよ〜!
渋谷も可愛いし、子供すぎて残念すぎる本田さんも可愛い!
そんでやっぱさ、腰乃さんの描く男の尻がさあ…いいよね?いいよ〜。好きだ〜。

ってわけでほんっとに面白くて楽しかったです!
腰乃さん、こういう引き出しもあるんだ…!?って感じでした。






拍手する
Catergory in [comics : か]腰乃 comments(2) -
Comment
ヨルコ says : at 2013/12/30 21:07
ハルナさんはじめまして、こんばんは。コメントありがとうございます。

腰乃さんはいつも唯一無二のオリジナリティで読ませてくれる方で、どこにもない魅力と面白さがありますよね、本当に新刊楽しみです!
ハルナ says : at 2013/11/14 11:42
はじめまして♪
私、腰乃さん大好きで新刊検索してたらこちらのページにたどり着きました♪
感想読ませてもらいながら「うんうん、わかるわかる♪♪」 って感じで…
ついついコメントさせてもらいました
自作も楽しみですね(*^^*)
Leave a Reply








Submit
with Ajax Amazon