Archives by Month:
Archives by Category:
Entry: main  << >>

嘘みたいな話ですが(CD) * 腰乃

腰乃さんの話の中で一番好きな原作がCDになるというのでもう、待ち遠しくて待ち遠しくて、すっごく楽しみにして購入したCDだったのです。

しかし正直、とにかく視聴聞いた時から二人の声が似てるのと、二人とも何となくキャラじゃないな…と思ったのとで、実はそんなに期待してなかったんですよね。いや、野島裕史さんだいっすきなんですけど、それとこれとは別の話で。
でも、聞くとやっぱり楽しかったな、腰乃さんの原作ってCDになると本当に楽しいですよね、これまでのもそうだったけど。
私はやっぱりこれまで聞いた腰乃さんでは、『鮫笹』と、『幸せになってみませんか?』がCD的に凄くよかったと思ったんですね。部活の後輩も隣のも楽しかったですけど…って全部じゃん。まあ、全部よかったと思ったんですけど、それらを超えるものではなかったなあ…。
なんでだろう?原作好きすぎたからかなあ?

なんと言うか、北川の台詞がもう…クサくて…。
こんなクサいというか、こんな作ったみたいだったかなあと思って、凄く意外だったんですよね。
原作読んだ時点では全然そんな風に思わなかった…って言ったらちょっとうそかな、やっぱ腰乃作品のあの、"分かったような顔をした男たち"の台詞って、どこか不自然ではありますもんね。腰乃節全開で。
その腰乃節、すっごく面白い時もあるんだけど、今回は浮いてたなあ…。
なんか凄く恥ずかしくて、何度聞いてもなれないんだよね、例えば最初のシーン、酔ったふりして中村を誘う北川の台詞、「毎日毎日好き好きオーラ垂れ流して〜………骨抜きだ」みたいな台詞がさ、すっごくキザく聞こえるんですよ。冷めて割り切った男前の仮面を被ろうとしているオタク。…って感じがするんですよ〜…。マンガの北川さんは男前だったのに、CDの北川さんは男前っていうより、カッコつけたがりみたいだったの…。

は!野島さんの所為?
いや、私は過去、一度として彼の演技に疑問を持った事はないのできっと野島さんの所為ではない!

まあ最初の方はそうなんだけどね、でもどんどん北川さんが面白くなっていくので、後半になるにつれて聞き応えがあります、北川さんがテンパるシーンが増えてきて、カーッとなってぎゃーって叫ぶところでは、今まで聞いた事のない野島さんの怒鳴り声が聞けて意外というか、こういう声で怒鳴るんだ!?みたいな発見もあってよかった。
「これ以上俺の身体に変な事仕込むんじゃねえよっ」って台詞が凄い好きでしたよ、新鮮。しまいにゃ泣くぞっ…も、新鮮だった〜。

んで、何がいいって、中村役の方。
この人凄い、凄いよかった!はじめ声聞いた時は合わないって思ってたのに、もうあんまりにも真に迫ったアブノーマルぶりで、声云々じゃなくなった。滅茶苦茶よかった!
私、マンガ読んでるときって、中村の事、そんなに変態って思ってなくって、ただ好き過ぎるだけ…って思ってたんですよね。
でもこの方の演技を聞いてたら、中村は同情する余地なく変態に聞こえて、もう北川さんが可哀想に思えてしょうがなかったんですよ。理不尽な事されてばっかの気がして。中村が今どこに執着してて、心が落ちて上がって逃げてまた落ちて上がって……と動くのを、声の調子だけで表現してるんですよね。まさに中村が生きてたよ。この中村の演技のお陰で、このCDすっごく楽しいものになってると思う。

後はとにかく全体的にずーっといたしているので、アンアン言ってばっかり…って思ってやっと気付いた、原作もそうだって事に…。
とにかくエロいシーンが多い。エロいと感じるかどうかは…うーん、まあまあでしょうかね、私的には。もう、何を持ってエロいとするのかすらよく分からないですけども…。

まあ、最高!とまでは言えないんですけど、楽しいCDではありました。

で、私が買ったのは嘘みたいなセットっていう、色々オマケがついてるセットだったんですけども、このボールペンとね、付箋紙がね、ほんっとうにどこに仕舞ったらいいのか分からなくて困っております。だってよりにもにもよって、亀甲縛りボールペンなんですよ??家人に見られたらどうしたらいいのですか!





拍手する
Catergory in [comics : か]腰乃 comments(0) -
Comment
Leave a Reply








Submit
with Ajax Amazon