Archives by Month:
Archives by Category:
Entry: main  << >>

夢が叶う12月(新装版) * 山田ユギ

ユギさん久しぶりのコミックスですね〜。
って言っても新装版なんで、元々は古いコミックスですけども、ユギさんが今出される一冊には意味があると思います。謹んで購入させて頂きました〜。

まず新しいこの表紙、すっごくいいですよね??
2011年ベスト表紙特集!! ← ここにも入れましたが、物語がはみ出ているような、クリスマスソングが聞こえてきそうな、なんとも鮮やかでラブくて楽しい表紙!すばらしい!ユギさんのこれまで描かれた表紙の中でも、かなり上位に好きな表紙です。

で、タイトル。前から思ってるけど、この『夢が叶う12月』っていう言葉、凄くいいと思いませんか?
ユギさんは印象的なタイトルたくさんあるんですけど、この『夢が叶う12月』は相当好きです。
他にも『小さなガラスの空』とか『漂流ときりきり舞い』とか『やらしい昼下がり』とか『冷蔵庫の中はからっぽ』とか、凄く好きなタイトルたくさんある。タイトルセンスも凄くいい方だな〜って思います。

で、今回は新装版に当たって書き下ろしも結構入ってるんですよ〜。内容はそれぞれの話のその後みたいので、これはすーっごい嬉しかった!
本編の感想はこっちに書いてるんでよかったらどうぞ→ 夢が叶う12月 * 山田ユギ

ついでにユギさんの好きな作品ランキングというのもあります。ユギさんへの私の愛をこれでもかとあげつらっております。ユギさんがいなかったら、今のBLはなかったんじゃないか、とさえ思っている私。少なくとも私本人は、BLを読み続ける事はなかったかもしれないと思います。いずれ戻ってくるにしてもね。

ユギ作品をランキングする。

では以下、書き下ろし部分を中心にネタバレ感想です。




漫画家先生の話って…このコミックスだったのか!なんでだろ、もっと新しいコミックスに入っているような感じがしてたんですけど、こんなところに…。ユギさんのコミックスって短編多いから頭の中でごっちゃになってるわ。
でもそうか、さすらいのリンク作だもんね。
私この漫画家先生の続きがすーっごい読みたくてさ、だってアシスタントの人の思い、通じてないまま終わってたじゃないですか。ぼんやりしてるお人よしの大人と、人のいい若者の話なんて凄い好きなカップルだったし。
どうなってんのかなと思ったんだけど……えええええ〜〜〜〜〜!?!?っていう、この衝撃が一番大きかったわ〜。
いや…そこは、そこは先生、ひっくり返さないでお願いしたいです〜…。アシスタントの子、更にカッコよくなってたというのに…どうかアシスタントの若者を攻で…!お願い、攻で!

サラリーマンの二人の話の続き、これはキュンってしたなあ〜。酔いに任せて襲い掛かった受リーマンが、あんなに大胆だったのに面と向かって来られると目を合わせる事もできなくて、恥ずかしそうにシャツの前を開けて震えてるのがもう…もうもうキュンときすぎてまた泣くかと思った…!!!可愛い!!この男こんな可愛かったっけ!!
ずーっと好きだったんだよね…。退社をきっかけにどうなってもいいって思いでぶつかって逃げるつもりだったのに、思いがけず答えが貰えるかもしれない…ってとこで本編終わってたじゃないですか。
ちゃんとね、その続きの受リーマンの幸せそうな涙が見れて私も幸せ…。

さすらいは攻のおっさんの「愛してる」が意外でびっくりで嬉しかったなあ。

それから私がこのコミックスの中で一番好きな『漂流ときりきり舞い』この二人はちょろっとしか出てこなかったけど、出てきただけでうれしい。
表題作の二人も相変わらずで可愛かった〜。

んで、もう一個凄い嬉しかったのが、リフレイン!!
これ、一個だけ凄い切ない終わり方で、読むたび苦しい気持ちになってたんだよね。受の人の過去も現在も、なんか切なくて。宙ぶらりんになってしまった二つの恋心を抱えたままでいないといけないなんて、そんな辛い思いをしたこの人を、責めることなんかできないよね。
幸せになって欲しい人だったから、おっさんになった二人があとがきのページにちらっと載ってるだけでも嬉しかったのに…優しそうで落ち着いた竹内の顔が穏やかで凄くホッとしてさ。
なのに、なんとカバー下に!カバー下にこの二人のその後マンガが!!!
15年間、どうしても忘れられなかったというおっさんになった竹内の顔の皺がさ〜…何とも味わい深いんです。
長い時間が掛かったけど、あの二人幸せになれそうですよ〜…あー…嬉しい。
何年も前に読んだ二人のその後を、今になって読めるなんて思ってなかったです。こんなに歳を取って、顔に皺を作って、なのになおかつ恋をし続けている二人を見ることができて本当に嬉しいです。竹内の幸せを見たかった。
ユギさんありがとう!

ユギさんの久々のコミックス、本当によかったです。
何年でも待つので、またユギさんの新しいコミックスが読めますように。





拍手する
Catergory in [comics : や]山田ユギ comments(0) -
Comment
Leave a Reply








Submit
with Ajax Amazon