Archives by Month:
Archives by Category:
Entry: main  << >>

丸角屋の嫁とり(CD) * 山中ヒコ

今日は頑張ってもう一個、山中ヒコさんのCDの感想を!
原作の感想はこちら→ 丸角屋の嫁とり * 山中ヒコ

えーとこれねえ、結論から言うともうね、大泣きしたんです。もうぐっずぐず。ティッシュ何枚使ったかわからん、もう大号泣。

と、言うのもですね、原作読みながらCD聞いたからなんです。
私はCD聞くときはできるだけ原作は置いといて、CDだけで聞くようにしてるんですよね、だってそうじゃないとCDの良さが全然わかんないから…。
いやまあそれもね、原作捲りながら聞いて、いいと思ったのならそれはそれでいいと思うんですよね、聞き方なんて自由なんだし、別にCD単体の良し悪しをそんなはっきり結論づける必要があるのかどうかって言う事で。自分なりの聞き方をして、自分なりに楽しめれば、それ以上何もいらないっちゃいらないですもんね。
でもまあ、私としては、原作は置いといて、CDだけ聞いてどう思うか…という部分をやっぱりね、感じ取りたいわけですよ。
なので基本的に、CD単体のみで聞いて感動できるかどうかが勝負だな〜…と思ってるんです。

だのに…!
もう丸角屋が好きすぎて!
当たり前のように原作持ってきて、捲りながら聞いちゃったよね…!
だからね、泣くのは当たり前なんですよ、だってあんだけ何回読んでも何回読んでもしつこくしつこく泣き続けた原作なんだから、原作を読んだら泣くんです、もう大号泣なんです。
だから、はっきりCD聞いて泣いた、と胸を張っては言えない。
CD聞いたというよりは、原作読んで泣いたんです。
だから、私はこのCDの良し悪し、あんまり語れない気がする…!

これはいかんという事で、時既に遅しという気もしますが、何回もCDのみで聞きました。
だけどさ、やっぱりもう原作が頭に入りすぎていて、もう何聞いてもヒコさんの絵が思い浮かぶんですよ、コマ割が浮かぶんですよ。思い浮かんだらやっぱり泣いちゃう!
原作を捲らなくても、CD聞いたら原作が蘇って泣いてしまう。
…ということは、やっぱり原作を裏切らない良いCDだったのではないか…?と、思うんですよね、皆さんはどうでしたでしょう?


続き、もうちょっと詳しく以下に感想を。




まずね、私ヒコさんのあのマンガをね、CDにして成功する…という事を、はなから信じていなかった節があるのですね。え、だって無理じゃない…?って思うんですよ。だって、あの絵があってこそ…あの間があってこそ…っていう類のマンガがあるからさ、CDにしなくてもよい原作ってものがあるじゃないですか。
私はヒコさんのはそうだと思っていたんです。王子と小鳥とかもそう思うし。
なのではなからあんまり期待はしていなかった。けど、ヒコさんが好きなのでね、やっぱり購入しましたよ、だってやっぱり丸角屋と言えばあんた、丸角屋ですよ。私がどんだけこの作品を好きか。しつこいようですけど、どんだけ泣いたか。

だから、期待してないせいもあったのかもしれないけど、何だろう…すっごく…よかったんですよねえ。
だからさっきも散々書いたように、原作捲りながら聞いたので、読んだんだか聞いたんだかっていう感想で、一番初めに読まずにただ聞いていたら感想はもしかして違ったかもしれないんだけど、ただ違和感は全然なかったんですよね。
だって、ストーリーがいいもん。台詞とか、シーンがいっちいちめちゃくちゃいいもんな。

最初、幼いすずと、幼い荘太と、ばあやとのシーンが続くでしょ。
私はそこがとにかく物凄く好きなんだけど、本当に、出てくる子たちいじらしくって可愛くって……やっぱり荘太なんですよ〜!荘太の可愛らしいことったら、思い出しただけで涙が出そう。
姫様姫様って懐いてさあ、小さい子供が、すずを慕っている様が本当に愛しくて愛しくて、こんなの泣くしかないよ…!姫様に見せようと思って蝶をとってきたって言ってるだけで泣けるんですけど。泣けるんですけどおお〜!
それにひねてしまってるすずが意地悪言うシーンも、子供たちのなんつうかなあ、繊細な心が透けて見えててさ、なんかもう愛しいったらないんですよね、そんな愛しさの繰り返しなんですよ…!!
で、荘太が怪我するくだりとかもさ、荘太に嫉妬して意地悪してしまうすずの心、胸が痛い。すずに言われて木登りする荘太も可愛い。ばあやの家に生まれたかったってすずが言うでしょ…。そしたら荘太の兄になって、一緒に木登りする、泥団子も作る、隠れ鬼もする、自分がずっと鬼でいいから…って、言うでしょ…?ダメだ、もう書いてるだけで涙が垂れてきた…。ほんと私、このコミックス、涙腺スイッチだわ…。
ほんと、みんな、可愛いです。抱き潰したいくらい可愛いです。

ただ朝顔市の荘太の声は、十歳じゃなかった…!!
フリトで森川さんたちが気持ちが大事なんだー!!って言ってたけど、でも正直、十歳には思えなかったの…ごめん、荘太役の方…。
でも悪くはなかった!よかったよ!
んで朝顔市ですが、この、颯爽と現れる森川さんの…いや、新三郎のカッコいい事ったら…!!
すずが惚れるのも無理はないカッコよさなんですよ〜!

うん、これは確実にいいCDだ。
書いてたら心が固まってきたわ。これはとてもよいCDです!

そんで、すずが嫁ぐ日の荘太がまた泣けるんですよね、すずに取りすがっていやじゃって言うところ。
それから森川さんの、「何を小鳥みてえにふるってんだ」…が、めっさカッコよくないですか、新三郎がなんつうかもう江戸っ子で…!!「四千両で心も身体もじゃあ、安すぎらぁ…」とかさ!!!!嵌りすぎ!

二話目の荘太編がまた、またまたまた、荘太が何とも切ない年下っぷりでさあ…!
荘太も嵌ってたなあ、ばあちゃん死ぬとことかまた大泣きしたー。
真実を知ってぐるぐるする荘太も、優しそうな素直そうな若者の気持ちを凄く感じられて、いい演技をされてたなあ、声優さん。やっぱりCD聞いてても、荘太があまりに健気で素直でいい子なので、すずとくっつかないのが切ないような気持ちになってしまうわ…。いや、すずには新三郎でいいんですけども、荘太もいい攻だと思うのです。二人ともいい男で本当にジレンマ。

あと内容は、コミックスの最後に入ってる書き下ろしと、CDについてた小冊子の内容も音声化されてました。
この小冊子の内容がまた、良くて…!!
姫様の年齢と、ただただ大人しく話を聞いてただけだった…っていうの聞いて、これがまた大泣き…。
だからとにかく、最初から最後まで泣きっぱなしだったのです、私。
んで、私も大概しつこいと思うんだけど、感想書くのに丸角屋捲っている今また、泣いています…。

そんな訳で、とにかく大泣きしたCDだったのでした。
キャストは皆さん合ってた気がするよ〜。すずも新三郎も荘太もぴったり!
最近よく見る小野友樹さん、何聞いても嵌ってて凄いいいなって思います。
ヒコさんのCD、あんまり期待してなかったけど、こんな風に凄くいいって思う事もあるんだなあって。やってみないとどう出来上がるか分からないものですね〜。

しかしこの、丸角屋の頃のヒコさんの絵、色っぽいよねえ。
今微妙にちょっと絵が変わってきてる気がするんですけど、好きか嫌いかで言うと、この丸角屋の頃の絵が一番好きでした。

そんでさ、私ずっと思ってるのが、エンドゲーム。これCDにならないかなあ。
これ新書館でしょ。今新書館CD化かなり頑張ってるし、エンドゲームなってもおかしくないですよね。この話をきっちりドラマにしてくれたら、凄く聞き応えのあるものになるような気がするんですけども…。二枚組みくらいでしっかり作って欲しい。どうかいつかCDになりますように!!





拍手する
Catergory in [comics : や]山中ヒコ comments(0) -
Comment
Leave a Reply








Submit
with Ajax Amazon