Archives by Month:
Archives by Category:
Entry: main  << >>

悪人を泣かせる方法(CD) * 雨隠ギド

悪人〜のCDの感想、やっと書ける〜。書かなきゃ書かなきゃと思ってて延び延びになってたんですが、漸くです。
っていうのも、とてもよかったから!

原作の感想はこちら→
悪人を泣かせる方法 * 雨隠ギド

原作もとても面白かったんですが、CDもとてもよかったです。
何がよかったって遊佐さんがよかったです。鷹尾の役が遊佐さんだったんですが、遊佐さんこういう役真骨頂じゃないのかなあ?
私結構遊佐さん聞いてるんですけども、そんなにぐっと来ることがなくって…っていうのは、たぶん役柄ですねきっと。そんなに自分がぐっとくる原作の受をやってないっていうか聞いてないって事なんだろうと思うんですよね。
大体CDはもう、私は原作ありきでこれまでは聞いているので、原作に感動していると自分の脳内でなんぼでも補完して聞くので、感動しやすいんですよ。
それにいっぱい聞いてるわけでもないので、そんなに比較のしようもないし。

なので、遊佐さんでそんな感動した事もあんまりないし、遊佐さん自体も好きでも嫌いでもないという、遊佐さんに対して常に"無(む)"の私なのです。は、でもそんな事言ったらほとんどの声優さんについて無ですけども…。
その他の声優さんに対する無よりは遊佐さんの事は好きかもしれない、何故なら友が激しい遊佐オタだから…。
ま、そんなこたどうでもいいんですが、とにかくそんな遊佐さんに対して無の私でも、幾つかこの遊佐さんナイス遊佐さんって思う遊佐さんがいて、一人は『純情』の宮田先輩。もうこれぴったりだよね??ぴったりだよねー!!あまりにぴったりすぎて原作の宮田先輩を好きになっちゃったもんな。宮田先輩の不測ノ恋情はCDになるかなあ?なると期待してんだけども、今から楽しみで仕方がないよ!もうぜーったい買う!!
もう一人はちんつぶの岩淵。この遊佐さんはナイスすぎて遊佐さんだと意識すらしてなかった、最高だよ〜…。
もう一人は『未完成』の先生です。CDははしょりすぎて原作がいいだけに結構残念なところも多いんですが、でも遊佐さんの演技のお陰で、結構私聞いてると感動して涙ぐんじゃうんですよね。なのでこのCDは遊佐さんの先生を聞きたくて聞いてると言っても過言ではない。なんだか感動しちゃう先生っぷりなんですよね。

その3人が今まで聞いたナイス遊佐さんだったのですが、このCDを聞いて、鷹尾が仲間入りしました。
いいよ!凄いいいよー!
鷹尾の捻くれた性格に、遊佐さんの声、ぴーったりだった!
ただでさえ皮肉声な(と私が思っている)のに、こういうキャラやるとこれまた何と嵌るのか!

そんでCD全体としても凄い纏まりがよくて、一枚CDなのに、物足りないとこが全然なかったですよ〜。内容も人物もよく描かれていたと思う。
いつも思うんだけど、CDにすると凄くすんなり分かりやすく感じることが多くて、マンガにはマンガの良さがあるけど、CDにはCDの良さも勿論あるなあとつくづく思います。

そんでこれ感想書くのに原作ぱらっと捲るに……鷹尾は顔がいいなあ!


以下ネタばれます。




内容は原作のとこに書いているのですが、性格捻くれた弁護士と、幼い頃から彼だけを一途に好きな年下の男の話なのです。勿論性格悪い弁護士が受。この役を遊佐さんがやっております。すんごいシンクロっぷりです。
ひっぱたきたくなるような顔で笑う、と譲が鷹尾の事を言うんだけど、まさに声聞いてるだけでそのひっぱたきなるような顔、が浮かぶみたいでした、声に表情があるっていうか。

このCD、ちょいちょいBGMが合わないなあ…と思う事が多かったんだけど、これはわざと暗い雰囲気にならないようにしてんのかなあ?結構シリアスな場面でも明るい曲が使われていて、キャラの心情と雰囲気がかなり掛け離れて感じたんですよね。でもこれわざと暗くならないようにしてんのかなあと。この原作自体、深刻なことをわざと茶化して描いてあるような話なので、その原作の雰囲気を大事にしたのかな〜…とか好意的に考えたんだけどどうだろう?

しかし遊佐さん凄いよかった。
あ、勿論羽多野君もとってもよかったよ!
この人とか前野くんとか森川さんとか、嵌ってないって思う事がほとんどなくて、いつもすんなりその役に聞こえてなじみが良くて違和感がないので、あんまり強く主張してどこどこがいい!って言う事がないっていうか忘れてんだけど、でもいつもほんと文句なく好きです。

好きなシーンはまず、最初の方子供の頃の鷹尾が熱出した時のセリフ。
「家に一度上げたらもう捨てるな、捨てた事も捨てられた事もあるから、しんどいんだ、本当…」
っていう、このセリフが凄くよかったなあ。なんつうか、悲しくなりすぎず、さりげないんだけど、ちゃんと届く場所には届く、響く場所には響くというような喋り方で。

それから譲に告白された後の、「金を寄越す代わりに身体を要求されたりするんだろうな、ハイハイあるある」…ってとこ。なんつうの、すんごい鷹尾らしいっていうか、軽くて皮肉で諦めてて、…いいんだよな〜!

それから鷹尾の回想シーン。子供達がまた可愛くて…。
この弟妹を残していかなきゃいけなかった鷹緒の事考えると凄く切ない。鷹尾の選択、間違ってなかったと思うけど、やっぱ伝え方が足りないんだよな〜…不器用すぎる。鷹尾なりに弟妹のことを考えてした選択だったのに、虎二にあんなに恨まれて悲しいです。
逃げんの?俺働くよ…って言ってる幼い鷹尾の声聞いたら、ちょっとうるっと来ちゃったなあ…父親が偉そうに怒鳴ってさあ、鷹尾が悪いわけじゃないのに。

セックスん時の喘ぎ声もこれよかったなあ。
抑え気味で、ほとんど息遣いメインだけど、鷹尾の声とても色っぽかったと思う。

子供時代の切なさと、今の鷹尾の強さと我侭さが交互に出て来て、そのギャップのお陰か鷹尾が憎めないし、とても魅力的に思えるよ。
初エッチの後、飲み物山ほど買ってきた譲にえっらい大文句言うとこなんて、ほんと全然可愛げないもんなあ。
かと思ったらその後、おまえならいい…とかもごもご言ってんの、可愛い〜!

やっぱり原作がいいんだと思う!
だって、やっと二人が初めて心も体も結ばれたか…??といういいシーンにも関わらず、譲が心で思う、
「こんなキス、誰にでもできる性悪じゃありませんように……」
このセリフいいよねえ?このマンガをよおく表してると思う!
んで次の日ちょっとは鷹尾がしおらしくなると思いきや、開き直って超元気になっちゃってて、このテンポ。テンポがいいんだよな〜。

それから譲もとてもよかったんだけど、例えば鷹尾の前ではカッコつけてクールな顔してるんだけど、一人になると鷹緒にベタ惚れの年下男に戻るっていう、そのギャップがとても可愛かった。
「好きだよ」ってカッコよく告白したのに、その後一人になると「なんか反応しろよ」ってなさけな〜く思ったりするんですよね。
あと鷹尾とさあセックスってなって、今こそガツガツやらなきゃいけないのに、心の中はセックスってどうやるんだっけ!とか焦って考えてるなんて、口から出る言葉とのこのギャップ。頭の中はこんなに子供っぽくて可愛いなんて、譲は本当に愛しかったなあ。
原作読んでも思うけど、CD聞いてもほんと譲が不憫なんですよね。こういうちょっと不憫な年下の攻、羽多野君ほんとにぴったりですよね〜。っていうかこういう年下の攻の役を悉く演じていらっしゃる気がするのだけども。

この初エッチの後、鷹尾が漸く自分の恋心にぐるぐるしだすんだけど、このあたりもよかったです。
譲や自分を試すような事ばかり繰り返しながら、自分が自分みたいなんじゃなかったら、譲が誰かみたいだったなら…と、譲を好きだという、彼だけだという状態になることを恐れて、ぐるぐるぐるぐるするんですよ。でも、言葉でぐるぐるするわけじゃないので、これはもう演じている人の演じ方次第だと思うんだけど、これ鷹尾のぐるぐるがとてもよく出てたと思う。何か迷っている、何か恐れているという感じが、CDからちゃんと出ていた気がする。

んで、最後の鷹尾の涙ですよね〜。この涙のシーン、鷹尾のセリフ…よかったなあ。原作も勿論最高にいいんだけど、CDで聞いても本当にこの鷹尾のセリフが胸に響きましたよ、世界でたった一人、おまえしか自分にいなくなる事が怖いと言って泣く鷹尾。涙の告白だったよね、あ〜今原作捲っても泣きそう。
最後の「俺も」がまたすーっごいいいーーー!!

そんで最後のエッチシーンの、「恥ずかしいからやりたくない」のもごもごも可愛いー!!

という訳で、ほんと遊佐さんの喋り方一個一個にとても感動して楽しく聞けるCDでした。
あそうだ、フリトも楽しかったです。本気で泣くとセリフにならないから難しいって仰られていたのがとても印象的でした。

あ、あともう一個、コタが可愛い!
恋まで百輪のCDも前聞いたんだけども、でもこうやってこっちのCDで聞くとコタの可愛さってとんでもなかったー。




-------------------------------------------------------





20〜21日
校内恋愛カウンセラー * 高井戸あけみ  本棚とBL収納 その2  THANKS!! 0324→  アイツの大本命 5 * 田中鈴木  THANKS!! 0324→

以上の記事と携帯から拍手を頂きました。
どうもありがとうございました!

たまに高井戸さんの記事に拍手を頂くのですが、嬉しいなあ。
高井戸さん大好きだよ〜。新刊読むときのワクワクは何モノにもかえがたいです。

それからいつも携帯から拍手ありがとうございます。
携帯の拍手ボタンは全体で一個なので個別記事に対応していないのです。今数字が2200幾らくらいになってますが、携帯全体での数字なのですね。
なので、どの記事に頂いたかこちらでは分からないのです〜…。

今日教えてくださったKくみさん、せっかく教えて頂いたのですけども、携帯から頂いた、という事しか分からなくて申し訳ありません!
自分で何とか見つけますね。わざわざ本当にありがとうございました!





拍手する
Catergory in [comics : あ]その他 comments(0) -
Comment
Leave a Reply








Submit
with Ajax Amazon