Archives by Month:
Archives by Category:
Entry: main  << >>

雁須磨子をランキングする。

なんと…突然須磨子さんランキング祭りを開催しちゃいます!

須磨子さんと言えば言わずと知れた須磨子さんですけども、私はこの人超才能だと思っております。
初めて読んだのは 『SWAYIN' IN THE AIR * 雁須磨子』 でした。まだ幻冬舎ルチルコミックス、ではなかったんですよね、なんだっけスコラだっけ。一番最初はA5で出たのかな。私はB6になった奴しか持ってないんですが…いや、その後にA5で出たのかな。なんか一回A5を挟んでいる気が…。あれはいちごが好きでも〜の方だっけな…。あ〜記憶があやふや。
まあとにかく何回も出てるんですコレ。そのくらい常に人気の雁須磨子さんなのです。

んでこのSWAYIN' IN THE AIR を読んだ時、実は凄く消化不良でした。何故ならこれは、友達同士を踏み越えなかったからです。そこ踏み越えた話がいつだって私は読みたいわけで…。ただ、主人公の男の子は一生懸命恋をしていて、なんというのかこの、恋をしている様をこんなにも日常的に、繊細に、リアルに描いてあるっていう"BL"は、なかったんですよね、当時。90年代ですから。
とにかく耽美か、ビーボーイが繰り出してくる定型のBLがほとんどを占めていたんです、つまんなかったんですはっきり言って当時。
その中にあって、このセンスですよ。もう、ピカーっっと光って見えました。
私、この後で出てくる味系の絵や、センス先行のBLマンガの、雁須磨子は祖ではないかと踏んでおります。この後に出てきた若いマンガ家さんたちの中に、須磨子さんに憧れていた人、いっぱいいたんじゃないだろうか。

しかし、須磨子さんは須磨子さんなんですね、もう全然誰にも真似ができないこの須磨子節。いつまでたってもオンリーワンで本当に凄い。

そんで、初読みのSWAYIN' IN THE AIR の話ですが、表題作はこの先を読みたいと思ったんだけど、これに入っている『チャーミーグリーンエバーグリーン』という話があるんですね。
私、これで雁須磨子さんに落ちたんです。もうズドンと落ちたんです。
本当に短い話なんだけど、これを読んだ時に私、もう泣いて〜…。キュンとして。
これだー!これが読みたかったーーー!!って、90年代だったと思うけど、本当に強く感動しました。
シンプルですが、これが私の読みたいBLだ!!って思って、たまんなく好きでした。好きになられる男の、全然カッコよくない感じとか、小さい子が成長して大きくなっちゃうとか…色々本当に新鮮だったし、当時はなかったです。
……考えてみれば今もない。

その後、『いちごが好きでも赤ならとまれ』を読んでもう嵌って嵌って嵌って、この一冊をどんだけ程読み返したか分からない。今も本当に大好きです。
その後『ひな菊』を読みました。これも今はもうないレーベルでした。…なんだっけ〜?今はルチルが出してくれてますけど、最初は違ったんですよ。
その後、暫く須磨子さんのコミックスは出なかった印象があります。

そしたら『のはらのはらの』が出たんですねえ…。もう、これを初めて読んだ時の感動と言ったら……。これは凄く人気ありましたよね、当時はネットでそんなに人気を追ってたわけでもないのに、何となく伝わってきていた感じがする、この一冊の人気。

しかしこの後また何年も出ず…。須磨子さんはBL以外の話も描いているので、もうBLには戻ってきてくれないのかと、凄く寂しい思いをしておりました。同人誌は一応追っかけてました、たまにオリジナルの同人誌を出されているのです。
そうしたらば出ましたね、数年前二冊いっぺんに。このときも嬉しかった。一人で祭りでした。
そしたらなんとそんなにあけず去年また一冊出ました。
ちなみに今ルチルで連載している奴が死ぬほど面白そうです。面白そう過ぎて死にそうなので、読むまで死なないようにしたいものです。

…と、言う風に。
BL作品は、長くやってらっしゃるその年数に比べると凄く少ないのです。
ですが、秀逸な作品ばかりなんですね〜。
こんなに好きなのに、あんまり冊数がない為にわあわあ盛り上がる機会もなかったのですけども、うちの読者さんで最近須磨子さんに嵌ってくれた方がいらっしゃって、感想読んでるうちにむらむらしてどうにも辛抱たまらなくなってしまいました。

とりあえず全てを放り投げて須磨子さん作品ランキング祭りを開催したいと思いまーす!
昔の短編なんかも全部含めてよいものをみっちり抜き出したいので、コミックスごと、ではなくて、作品ごとのランキングにしたいと思います。

では前置き長くなりましたが、以下須磨子さん作品ランキングです。






1位 『のはらのはらの


ですよね〜…。分かりやすすぎますが、でもやっぱこの一冊秀逸ですよ!
とにかくだってとにかく面白いですもん…!!
初読みの新幹線を忘れない。私の友に私以上の須磨子ファンがおりまして、その子と東京から帰る途中でした。2003年らしいです、懐かしい。時期的に10月の東京のコミックシティ帰りじゃなかっただろうか、東京駅かどっかで須磨子さんの新刊を手にしまして、帰りの新幹線の中、二人して無言で読みました。もうとにかく笑えてしょうがなくて何回も何回も噴出して、しまいに泣いて大ごとでした、本当に本当に最高に面白くて、感動でぶるぶるしたのを忘れられない。何度も何度も途中で、「ちょっと待って…ちょっと待って、これやばい。この一冊やばい。やばいやばいやばい…」と鼻息荒く何度も途中で止まってしまったもん。もうはっきり覚えている、内臓全部動いてんじゃないかってくらい興奮した、いやこれ大袈裟じゃなくて本当に!私キュン痛が肉体的に激しく来るタイプだから!
当時、暫く須磨子さんの新作に触れてなかった時期だったので、この一冊で本当に久しぶりに須磨子さんの須磨子さんらしさに触れたって感じだったんですよね。
一個の気持ちが動くのにも、物凄く時間を掛けて、ゆっくり、のほほんと、凄く繊細に描かれている。簡単に気持ちが動かないんですね、細かい描写や、周りのキャラ一人一人に手を抜いてない。抜いてるように見えて、これは抜いてないんですよ全然。
それなのに、この抜いてるように見える、というのが凄いところでね。こんなに丁寧に人の心を追っているのに、物凄くのんびりぼんやりのほほんとしているように見えるんですよね。しかしその中身には、恋をするっていう事が、物凄く真摯に、誤魔化さずに書いてあるんです。
なのに、どうしてこんなにシリアスにならないの〜〜??
誰も真似できないよね、このゆるさ。ゆるいのに、真剣なんです…。
しかも何がって…小さい子攻じゃないですか、コレ。これがまた、ただでさえ面白くてぶるぶるしてたのに、最後の最後でそっちかよーーーー!!!みたいな…。まるで望み薄だったのが叶えられたときのあの喜びと言ったらむせび泣いちゃうよ。

ちょっと自分の感想がぬるいのが納得行かないのですけども、この感想書いた当時は、とにかく短く纏めることを念頭に置いていて、長く書かないように気をつけていたんですね。いつからか自分内縛りがほどけてきまして、思う存分書きたいように…というスタイルになってしまいました。今書いたら大変ですよ、この数倍長くなります。

しかしほんと、色んな感動をもらえたこの一冊。きっとこれで須磨子さんファンになった方々も多いのではないだろうか。BL界全体にとっても永遠の名作だと思う。
須磨子さんの中でも一番好きな一冊として上げたいと思います!






2位 『こめかみひょうひょう


すっごく迷ったんですよ。すっごく迷ったんだけど…やっぱりこれかなあ、恋心の切なさという点で…大泣きしたという点で、私好みのこれを2位にしました。
内容の感想はタイトルから行って貰えればと思うのですが、これが本当にものすっごいものすっごい泣いて泣いてきゅんきゅんして、どうしようかと思ったんです。恋心そのまんまがありますよね、苦しく切なく、でも恋したい恋したいという、若く繊細で傷つきやすい心が…本当に、痛々しいです、何もかもを曝け出されていて。
今ぱらっと読み返してもズキズキします。繊細さに、いじらしさに、ズキズキします。






3位 『いちごが好きでもあかならとまれ。


3位はこれ。もうね、とにかくこの一冊を私は何度も何度も何度も繰り返し繰り返し読んで、ドキドキキュンキュンしてたんですよね〜。
お隣に住む幼馴染み同士、仲良すぎる関係が、なんだかこれって恋だろうか、これって友情じゃないんじゃないだろうか…??と関係が変わっていく。それをまた、のんびり描いているんですけども…のんびり過ぎてまるで他所事みたいなんですけど、それがまた当時は凄く新鮮で。勿論他所事みたいだけど実は全然本人達の真剣な恋心なんですよ。
存在を突然意識し始めて、キスして、次身体を意識し始めるっていう、その瞬間とか、こんなに色気のない絵なのに、物凄くドキドキするんです、キス一個でこんなにドキドキさせるって、よっぽどその子達の関係に入り込ませてくれてるって事だと思うんですよね。

で、この絵は新装版なんですが、当時の表紙が凄く好きで…残念ながら載せられるものがなかったんだけど、おしゃれなんですよシンプルで。タイトルもいいでしょ、"いちごが好きでもあかならとまれ。"ってもう全然意味とか関係ないんだろうと思うんだけど、この語呂合わせって感じが、私が昔凄く好きだったんです。90年代にこんな可愛くて、こんなに繊細で、カッコイイのにでも内容はしっかり男の同士の恋の話を描いてて、この存在自体がとてもありがたかった。やっぱり、当時のBLに満足してなかったから。
ぜひ、これ知らない方読んでみて欲しい〜。これが90年代に描かれたって事を意識して読んでみて欲しいです。ちなみに今と絵は全然違います。私はこの頃の絵が一番好きだったんですけどもね。






4位 『チャーミーグリーン・エバーグリーン』 (『SWAYIN' IN THE AIR』収録)


4位はこれです。さっき書いた、SWAYIN' IN THE AIRの中に入っている、とても短い話なんですが、私はとにかくこのお話がとってもとっても好きで、未だにやっぱり、これが一番好きなパターンの一個なんだと思うんです、自分的に。
年下に好きだと言われて、なんでもない普通の男が彼を意識していく。気持ちを受け止めきれず傷つける。去られて初めて自分を省みる。余裕をなくす…年下がでっかくなっておまえ攻〜〜??みたいな…。いや、それは分からないのですが、まあ受攻は私が勝手に思っているだけなのですが。
…オーソドックスな話だけど、だからこそ、この短い話をなんでもないすぐに忘れてしまう短編で終わらせないっていうのには、それだけこの中に私の好きなものが詰め込まれていたからだと思うんです。だってこんなにシンプルなんだから。でも、気持ちがいっぱいですよ。小さかった子がでっかくなっちゃうっていうのもホント、斬新だったなあ当時…。好きだった。
いまだに、これは私の祖の一つです。






5位 『ライジングアリゾナ』 (『ひな菊』収録)


5位はコレ!!!
この短編がですねえ〜〜…。んも〜〜〜泣いちゃうんです!もう絶対泣いちゃう、もう最高の短編なんですこれも!
これは恋物語と言うよりは、雑な男と父子家庭の話で、父子家庭の子供が可愛くて可愛くて可愛くて、この可愛さに泣くんです…。
ほんとこれ読んでもらわないと説明がつかないのですが、何にもできない父親を、必死に庇う子供のかわいさったら…おっかなくてちびっちゃうかわいさったらもう…ほんっとうに、この子供見てるだけで泣けてくる。ぱっと見怖い男、鳴海の優しさも、父ちゃんのダメさ加減も何もかも愛しい。本当に愛しい。
鳴海が遊んでやると子供が、きゃーって喜ぶじゃないですか。こんなに愛しいものがこの世にあるの〜??
ほんと、この親子に鳴海が出会えてよかった…。ほんっとによかった。救世主だよ〜。






6位 『猫が箱の中


6位はコレ!順位低くなっちゃったけど間違いなくめっさ最高に楽しく切ない秀逸な作品です。詳しい感想はタイトルクリックで…。
やっぱ須磨子さん好きなパターンに、小さい子が最後でっかくなるっていうパターンがあって、私もそれが凄い好きなんで、割と嵌るんですよね。でも実は全然嵌らない可愛い良い子受が好きっていう側面もお持ちで、そこ全然合わないな…って思ってんだけども…。でもそんなパターンでも須磨子さんが描くとマンガとしては面白いです、間違いない。
しかしこれは本当にその辺ではどんぴしゃだったなあ。自分の気持ちに戸惑ったりなんだりしながらも一方ではそれじゃあこっちに逃げよう、なんて逃げ道のほうにふらふら進んでしまうずるさというかゆるさというか…でもそのふらりと逃げてしまう心を全く責められない真摯さがあるっていうのが凄いんですよね。そんで、なのに、こんなに笑えるってどういうことなんだろう。
このマンガの和雄ってキャラ、唯一無二じゃない…?






7位 『かわいいかくれんぼ


こないだ出たコレ!
これもこないだ感想書いたばっかりな印象ですが、よかったなあ…。
私にとって禁断の先生攻なのにも関わらず、物凄くきゅんとして、痛々しくて、ちくちくしました。どうやってこんなにもむき出しの心を描くんだろう。…って何回も思っちゃうんだけど…私やっぱこういうのって、センスっていうか才能だと思うんですよね〜。捉え方っていうか…物事の。気持ちを繊細に描いてるんだけど、その表現力ですよねえ、素晴らしい。
先生が何度も言う「かわいそうに…」という一言が、何度も何度も突き刺さりました。この先生を表してたと思う。優しい話でした。でもやっぱり恋なんですよねえ。恋心がちくちく胸に迫ります。






8位 『光る男』 (『こめかみひょうひょう』収録)


こめかみひょうひょうに同時収録のこの短編!
ここでは順位が低いような気がするくらい、これも秀逸な短編です。これもちっさかったのがでっかくなってカッコよくなってしまうパターンですよね。
これは珍しく欽ちゃんのビジュアルが凄くカッコイイ。これを初めて読んだ時には欽ちゃんが攻だと思ってたけど、後で読むと受でもいいですよね。でも須磨子さんは何となく、栗が受のが好きだったんじゃないだろうか…。なんかなんとなく…ビジュアル的に何となく。
欽ちゃんの独占欲が、なんだかとても可愛らしい、見た目はカッコイイのにね。栗の欽ちゃんを好きだって言う気持ちもいじらしくてキュン泣きです。表情がダメなんだよなあ、真っ赤になって、意識して、必死で一生懸命好きな人を見ているこの顔に、泣いちゃうんです。
で、結局どっちが受になったのだろう?






9位 『本日はお疲れのご様子』 (『こめかみひょうひょう』収録)


これもこめかみひょうひょうに入ってる短編なのですが…これも好きだった〜!!
これちょっとテイスト変わってますよね。途中まで後輩が何考えてるかあやふやで、先輩が一人で盛り上がってんですよね。真相が分かる頃に初めて、そんだけ長い間ずっと、告白してくれたのに冷たくふってしまった相手を気にしていて、結局一度も忘れられなかったんだ、今がチャンスとばかりに彼に恋してしまったんだ…っていうことに、読者も、先輩本人もハッとするっていう…。
後輩が凄い不憫なんだけど、その分先輩が真っ直ぐに後輩を好きだって顔をしていて、散々な目にあった後輩も少しは報われた感じがする。なんかとってもみっともない話ですが、そこがとても好きな話です。






10位 『ひな菊』


10位はひな菊!これも低すぎる気がしますが、須磨子節炸裂のいい話ですよね〜。
慎ちゃんと赤井の関係が、何とも言えず色っぽいです。うーん色っぽいっていうとちょっと違うんだけど…慎ちゃん凄い子供っぽいしね。好きな子イジメがやめられなくて、自分でも赤井の事を好きな自分に気付けずにいて、ただただ赤井を独り占めしたい。どうしようもないこの幼さと、実は幼いように見えて慎ちゃんよりはよっぽど大人の親友クマ。赤井が髪切ってきた瞬間、ドキッとしましたよね、あの瞬間、赤井だって何がなんだか分かってないのに、たぶん赤井は慎ちゃんから逃げられないだろうな…とクマも思うけど私も思った。髪を切ってくる、というそれだけのエピで、ちゃんとラブストーリーになってしまったっていうか。
古い作品だけど、須磨子さんってこういう描き方が本当に変わらないなって思います。
でも最近の作品のが笑えるよね。







…というわけで、須磨子さんのBL作品を10作品抜き出してみました。
もうどれもこれも散々読み返している本たちなので私的には今更って感じなのですが、こうしてたまには振り返って良さを確認したい、ラブストーリーの名手たち。
次はやっぱり……館野さんだろうか!

須磨子さんはBL出してる冊数が少ないので、表紙もみんな同じになってしまいますね。
絵は本当に全然上手くない方ですが、しかしそれ以外にありあまるものを持ってらっしゃる。このラブストーリー、このBLが描けるのは須磨子さんしかいないので、これからもたまにでいいのでBL描いてくれると嬉しいな!






拍手する
Catergory in [comics : か]雁須磨子 comments(4) -
Comment
ヨルコ says : at 2012/04/18 00:16
momoさんこんばんは!

かわいいかくれんぼのmomoさんの感想には、私ちょっと泣いちゃいましたよ〜!
momoさんの感動が凄い伝わってきました。3位に納得です。

ほんと、須磨子さんはBL界において稀有な存在です!
BL界広しと言えど、こんな風なマンガを描かれる方は他にいないし、この作風でこんなに胸を揺さぶってくるっていうのが、本当に凄いと思うんですよね〜。

誰にも真似ができない唯一無二な方なので、ちょっとずつでもいいのでこれからもBL描いて欲しいですよね!
momo says : at 2012/04/16 02:52
須磨子さんを紹介くださったヨルコさんにこそ感謝してます¥(//∇//)¥
こちらで感想見てなければ出会えなかったかと思いますし。
チャーミーグリーンは、あの短い中で最後ものすごいカタルシス感じさせてくれるなんて衝撃度合で言えばこれが一番かもでしたよ。
一位二位については、このせつなさ、人のおかしさ、優しさそして愛しさにすっかりやられてしまいましたよ〜。今やBL的心の中心を占めている二作品です。三位のかわいいかくれんぼ、についてはこの作品が須磨子さんの初読みということも大きくて、忘れられない作品となりした。
玉石混合のBL世界・・といつかヨルコさんもおっしゃってたかと思いますが、そういった中にあり至宝ですよね?!
ヨルコ says : at 2012/04/16 01:02
おおおお〜〜〜〜momoさん!
私の須磨子魂に火をつけた張本人でいらっしゃいますよ!お仕事お疲れさまです!

そしてmomoさんランキングうれしい〜!ありがとうございます!
いや本当にmomoさんの須磨子さんの感想が素晴らしくって私本当に感動させて頂いてこんな事になっちゃったのですが、ランキング書いてくれて嬉しいです!

momoさんもやっぱのはらのはらのが1位ですか〜。2位はこめかみひょうひょう。
やっぱこのぐいぐい来る切なさを上位におかないわけに行かないですよね〜。

8位 夜鷹蜂雀
9位 めあたらしい日々

↑この二つがタイトルではすぐに分からなかったのでちょっと調べてみちゃいました。
あれですね、美人局しようとする奴!
あとめあたらしい日々は、ちょうどこれが好きっていうコメントを他の方から頂いたところでした。
うんうん、両方ともいいですよね〜!

後のランキングも私と細部違えど、まあ皆割りと同じように好きなので大体同感です!
あとチャーミー グリーン エバー グリーンが5位に入ってたのが嬉しかったな〜。

自分以外の須磨子さんランキングみるのとても楽しかったです、ありがとうございました!
あとたくさん頂いたステキな感想も、本当にありがとうございました〜!
momo says : at 2012/04/15 21:33
や、仕事にかまけてる間に須磨子さん祭りですか?
興奮しまくりで勝手にランキング参加!です!いや私BLは本当初心者ですがこんなにハマった作家さんいないかもでした。90年代から描かれてるんですね。当時のことはわからないんですが、今でも稀有な個性をもたれてると心から思います。初めて読んだ時の感動といったら、ここに私の求めてるBLが凝縮されてるって思ったくらいでした。
私、momoの勝手にランキング聞いてください!
1位 のはらのはらの
2位 こめかみひょうひょう
3位 かわいいかくれんぼ
4位 ひな菊
5位 チャーミー グリーン エバー グリーン
6位 いちごが好きでも赤ならとまれ。
7位 猫が箱の中
8位 夜鷹蜂雀
9位 めあたらしい日々
10位 光る男
長々と失礼しました!
Leave a Reply








Submit
with Ajax Amazon