Archives by Month:
Archives by Category:
Entry: main  << >>

部活の後輩に迫られています(CD) * 腰乃

本の方はちょっと前に書いたんですが、CDの方をまだ書いてなかったんです。ちゃんと聞きなおしてから書こうと思っていたら毎日のようにヘビロテしてしまって相当聞いた、やっと書ける。

本の方の感想はこちら→ 部活の後輩に迫られています プレミアコミック本 * 腰乃

本の方もすーっごく楽しくて私大好きだったんだけど、CDの方もすっごく楽しかったですよ〜。
もう本当に原作そのまんまなのが凄い、腰乃さんの味とか空気を出しているのが凄い。
そんでこれ、受の守屋先輩が私がなんとなーく好きな鈴木達央くんなんですよね〜。しかもかわいめじゃなくて、守屋先輩はゴツイ男なので、声が低めなのも嬉しかった。私達央くんのあんまり作ってない普通の声が凄い好きです。
んで攻が羽多野渉くんでした。羽多野くんの演技も凄い好きだし、原作は腰乃さんだし、腰乃さんの原作はCDにするとまた凄く楽しいので、聞く前から相当期待してたし、すっごい楽しみにしてたんですよね、いやもう期待通り楽しかったです〜。

鮫笹の時も書いたんだけど、(→ 鮫島くんと笹原くん(CD) * 腰乃 )腰乃さんの台詞まわしって凄い独特で、普通そうでいて、実はあんまり普通でもないんだと思うんですよね、すっごい腰乃節なんですよね。その…擬似な世界っていうか、そういう擬似世界を作り出すっていうの、声優さんたち真骨頂なんだと思うんです。リアルっぽく作りこんだ物…っていうのかな、そういうのを演技されるっていうのに慣れているというか、そういうのを演技してこそ声優さんというか。
凄い魅力的にこの擬似な世界を作るなあって思って、腰乃さんのCD聞くと、は〜これぞ真骨頂ではなかろうか…とか思って声優さんたちに感動する。

で、達央くんってちょっと演技しすぎるというか、わざとらしいとこあるじゃないですかちょいちょい。あるじゃないですか…?って言われてもあれですよね、私はそう思う事があるんだけども、そしてそこが味っていうか、それなのに普通っぽく聞こえるっていうとここそが好きなんだけども、その達央くんの喋り方の癖と、腰乃さんのCDの特徴と、絶妙にマッチしているって思ったんですよ〜。
腰乃色…染まってましたよね〜。とっても似合ってたと思う。

いやほんと何回も書くけど、声優さん凄いよね。その作品の色っていうか空気っていうか、誌面の感じを出すって凄い。
まだ小説のが演じやすいんじゃないかなあ、どこにも正解がない気がするから。でも漫画って難しくない?数ある正解のうちの一個は、明らかに誌面に存在してしまうっていうか……私何書いてんだろ?

ところでジャケットの色合が凄いかわいいですよね〜。
線画を出しただけ…って腰乃さんが書かれているので、装丁する方のセンスなんでしょうね、好きです。

以下原作の内容をネタバレするかもしれない感想です。





原作のストーリーは原作のところに書いたので省略しますが、とにかくこれね、守屋先輩の独壇場なんですね、お話が。漫画読んでても守屋先輩うるさいんだけどもね、心の声が。
読んでうるさいものがCDになってうるさくないかって言ったら否!!
CDの守屋先輩も…うるさかった…!!うるさかった!!
うるさいけど……面白ーーーーい!!!

いやも〜面白くって面白くって楽しくって楽しくって、聞いててこんなに楽しいなんて本当に良いCDだよ〜。

好きなシーン順を追って書こうと思いますがまず、吉武告白の前後。
吉武に迫られて部室で怖い怖い怖ーーーい!!って大騒ぎの守屋が、吉武が弁当のこと言ってるだけだって思ってホッとするとこありますよね、ココ好き。この、なんだ〜ってホッとしている短絡的な先輩の喋り方を聞くと、先輩にキュンっとするの…。なんだろうコレ…。
そんでその初告白の時の吉武のもじもじっぷりったら…!もじもじ感がすっごい声に出てますよね、図体でかいのにもじもじしてる感じがするよね、なんか本当にちょっと気持ち悪いっていうのが笑っちゃう。これ気持ち悪くないとダメなんだもんね、カッコよくちゃダメなんだもんね。
守屋先輩が気持ち悪い気持ち悪いっていい続けるくらいには、ちょっと気持ち悪いです。

CDには原作にない台詞が分かりやすく足されてたりするんだけど、それがまた楽しいっていうか、雰囲気壊さずに絶妙に台詞足してあんのが凄いなーって思う。
しかしCDは漫画を結構はしょってあるので、吉武のスーパーポジティブに守屋がうんざりしていく描写がちょっと足りない気がするよ、だから守屋先輩がいきなり怒ってばっかな感じがしてしまって、そうすると吉武が可哀想になってきてしまう。やさしげ〜な声で一途でさ、同情しちゃうんですよね、しかもきゅーんきゅーんとかあおーんとか鳴き声まで入っててワンコにも程があるっていうか…!
けど漫画読むと実は吉武ってCDよりももっともっとウザくって、漫画読むと流されまくっていく守屋の方がちょっとだけ不憫です。

そしてお泊まりの回も大好き〜。
お泊まりをOKさせる吉武のテクのとこも凄い楽しいんだけど、OKになった後の小さい「うしッ」が好きです。うまいですよね〜…。
で、原作でも大好きな、犬だと思ったら狼だった…みたいなくだり。
守屋先輩の長台詞一気喋りもすっごい聞いてて楽しいし感心するしワクワクするし、ずーっと言い合ってる雰囲気も楽しくてしょうがないし、しかも、犬だと思ったら狼だったなんてさ〜!漫画読んでてもその描き方というか、持っていき方が凄い面白いじゃないですか、それを如何にCDにするんだろう難しいのではと思ってたんだけど、これがなかなか絶妙にCDになってますよね、二人のやり取りホント楽しい。

で、ここの羽多野くんの演技がさ〜!吉武の腹黒さが出て来てる演技が凄い絶妙ですよね、さっきまでく〜んく〜んとか言って犬声で泣いたり甘えたりしてたんですよ、なのにいきなり腹黒い声出して「なんですかも〜」…って、たったそれだけの台詞が怖い!「大人しいもんです…」もゾ〜ッとするよね、得体が知れない、でもちゃんと吉武なんです、絶妙だ〜。

そして夢の中で犬と戯れてる守屋先輩も好き。初めはすっごい楽しそうにきゃっきゃはしゃいでるのに、途中から犬が圧し掛かってきて本気で怯えてウザビクってしてるとこが何とも面白いです、「ちょっと…重…ッ」とかなってくるとこ、声音が微妙に変わるのを聞くのが楽しい、何回も聞きたい。

しかしこのシーンには一個だけ不満があって…この後吉武が襲い掛かるところ。
吉武に乳首つねくられた守屋が「あッ」って言っちゃって吉武が余計にムラッと来て「先輩やばいっす」って言うとこがあるんだけど、この「あッ」はもっと色っぽく言って欲しかった!
だって漫画はビクッてしてるもん。なんかちょっと可愛い顔してるもん。でもCDの「あッ」は今にも見過ごしそうな「あッ」でエロい事されてる感がないの〜。
いや、きっとその方がリアルなんだろうけどさ〜。でも吉武がそれで「ヤバイっす」ってなるんだから、色っぽく言って欲しかった。ここ、凄い残念だった〜。

でも他のとこ、すんすん言う吉武のキモさもとっても面白いし、結局泣き出す守屋先輩に至ってはもう!可愛い!
なんだろあの泣き方…。さっきまであんなにぎゃーぎゃー言ってたのにそんな可愛く泣くなんて、そんで「いい子にする約束」って何よ可愛い!実際声に出して喋られるともっと可愛い。

ほんっとこのシーン面白いよなあ、読んでも面白いけど聞いてもほんっとに面白い。
うるさい守屋先輩と暖簾に腕押しの吉武と。
そんでそんだけわあわあ言い合って怒ってんのに、結局自分のベッドで寝かせてる守屋先輩、全然ダメだよね、ってかもう守屋先輩が吉武を引き込んでんだよ〜。拒絶しないどころかかなり受け入れてるもんな。
これほんと読めば読むほど、聞けば聞くほど守屋先輩可愛いよね、好きだ〜。
……っていうかやっぱり腰乃さんの原作が面白いんだと思う!
っていっつもCDの感想書いてるとそこに行き着いてしまうんだけども。

ほんっと会話劇ですよね、まさにCDにおあつらえ向きだと思う、腰乃さんのマンガ。
だからこそさっきも書いたけど、腰乃さんのCDってやっぱ声優さんたちの本領発揮っていうか、これを面白く演じられるっていうとこが、力を思う存分出し放題なところなんじゃないかって思う。

んで、翌朝守屋先輩からキスするんだけども、その直前の守屋の「カッコイイな」が好き。
ここ難しいよな〜。漫画読んでても若干いきなりな気がするもんな、でも唐突な展開ではないようにしないといけなくて、しかも漫画よりもCD削ってあるからもっと無理矢理で唐突な気がしてしまう。でもそれを演技一個で、ナシじゃなくて"アリ"に変えなきゃいけないっていう。ここは苦戦してる感があったなあ。
けど、やっとキスできた〜…みたいな嬉しさもあるので、割と流せるっちゃ流せるんだけども。

で、牧野に見つかった後の守屋の独り相撲なシーンも好き!
牧野に言い訳してる間に一人でカーッとなってしまって、なんでこんな事になったかとか色々話してるうちにすっかり相手への恋心を認めるようなことになって、結局自分もう覚悟決めなきゃ…みたいなとこに落ち着いてしまった守屋先輩…。この人なんて単純なの〜…。いや、かわいいよその単純さ。
で、ほんと演技がさ〜いいんですよ楽しいんですよ、好きです。
「卒業!?誰が!?俺か!!」とか、そういうとことかほんっと楽しいです。

ところで牧野役の日野さん、職業王子の人だよね、え〜こんな声だったっけ?重ならない〜。
牧野がクッキー食ってるとこ聞くたびに私もクッキー食いたくなる。なんておいしそうな音なんだろう…。

そんでエロシーンだけど、感想書くのに漫画読みながら聞くまで気付かなかったけど、これエロシーンは足されてんですね色々。マンガより長いね、台詞も状況も足されてる。
これたぶんきっと、あんまり可愛くならないように守屋っぽく喘いでんだろうと思うな、達央くん。

いや〜…楽しかったです本当に。
空気を出すのが凄いとか、誌面の雰囲気を出すのが凄いとか、ほんと声優さんに感心しきりの私なんですが、まだ声優を知って3年目くらいなので本当に小さいとこにいまだにいちいち感動するんですよね。
…いや待てよ、漫画を知って30年以上でもいまだに小さいとこに感動するから年月関係ないか。

とにかくこれ、とっても楽しいCDでした。
私腰乃さんは『嘘みたいな話ですが』が一番好きなんだけど、これってCDになってる…?なってないよね?これをCDにしたらいいと思うんだけど!すっごく面白そうじゃないですか〜?
なんでこれはCDになってないのかな〜。あれ面白いよね?私すっごい泣いたんだよな〜…読みたくなってきた。俄然読みたくなってきた。

腰乃さん、どうしてこんなに面白いのかな〜…。
とよく考えます。腰乃さんを考察してみたいです。しょっちゅうしているけど、改めて考察してみたい。





-------------------------------------------------------





24日
家賃半分の居場所です。 * 麻生海  雨上がりの10年目 * 新井サチ  その男、侵入禁止! * 成宮ゆり  WORK in * 鈴木ツタ  夜はあどけなく【文庫版】 * 野守美奈  2010年号泣ランキング  花雪 * 真崎ひかる

以上の記事と携帯から拍手を頂きました。
どうもありがとうございました!

さてさて、アンケートの締め切りまであと少しなのです。
今日を入れてあと二日くらいで締め切ろうと思いますので、まだ未参加の方、迷っておられる方、ぜひぜひ、ご協力して頂けると嬉しいです!





拍手する
Catergory in [comics : か]腰乃 comments(0) -
Comment
Leave a Reply








Submit
with Ajax Amazon