Archives by Month:
Archives by Category:
Entry: main  << >>

恋愛操作 * 蓮川愛

世の中的には今更!?という感じの恋愛操作ですけども、私にとってもやっと今頃になって…という、前々から気になっていた作品ではありました。
たぶん読んだら面白いんだろうなあとは思ってたし、前雑誌で見た脇カップルの方がすっごく自分好みで面白かったから、いつか読もうとは思ってたんだけど、やっぱりどうしてもどうしても、メインの二人が…タイプ外じゃないですか…?
この、年上セレブ攻めっていうのが、それはそれはもう苦手でして私…。
でもね、苦手って言っても読んでからすっごくイヤって思ったことって、考えてみたらないんだよね、読む前に苦手意識持ってて読まないようにしてるだけなんだよね…。なんでもそうなんだけど私、大抵が食わず嫌いなんだよね…。
って事に今回気付いたんだけども、とにかく凄く苦手意識があって、どうしても手が出なかったの。
本屋でも何回も何回も手に取ってあらすじを見て戻す…という事を、とにかく数年間やり続けた。脇カップルが気になってはいたけども、評判がいいのは知っていたけども、それでも購入までにいたらなかったんですよ〜。
人の意見をきかないったらないんだよね…。

でも、今セレブは置いといても、年上攻に対するハードルが以前より下がっているんですよね。結構普通に読めている自分がいて、そんな時にこないだ友達と居酒屋で話してて「ヨルコさん恋愛操作読んで!!!」と言われたのが切っ掛けで、「よっし読む!!」となったのでした。
人の意見をほとんど聞かない私ですが、友達の意見は割と聞くのでした。読みたいって思ってた本だったしちょうどよい後押しでした。

いや、たかがマンガ一冊って思うでしょ?
だけど、マンガ一冊にこんだけ拘っているこの細かい性格だからこその私なのです。
ちょっと読んでみたらいいじゃん。ダメならダメでいいじゃん。
って大抵の人は思うと思うんだけど、私はその、たかがマンガ一冊、たかがテレビ番組一個、たかがクリック一回が、恐ろしくてできない性格なのです、自分の中に自分が認めないものが侵入してくるのがイヤなのです。常に自分の中に異物が入り込まないように警戒しているのです。

ああ…書いてて自分の偏りに気付く…。
こんなに精神的な引きこもりだったとは…。
でも諦めてない。少しずつ自分を開いていくんだ、私。
生きやすいように!まだ諦めてない!

…何の話してたんだっけ?
あ、恋愛操作の話だった。
そうそう、だから苦手意識持ってたんだけど、読んだら面白かったーって話です。

確かにセレブでキザな台詞をばんばん吐く甘い感じの鷹揚な攻、なんだけど一見。
でもこれが、ちょっと不憫なくらい受に一生懸命接するんですよね。人間的な一面が描かれていた事がやっぱり凄くよかった。割と情けない目に結構合ってたんですよね〜。
どっちかというと、メインの二人については私は、受のが好きじゃない。見た目は凄く好みなんだけども、なんでこの人ずっとツンケンしてるの?別に何をされたわけでもないのに…。
っていうのが、ずーっと読んでる間中引っ掛かって、やっぱあんまりツンケンしてる可愛げのない受は好きじゃないんだな。まあ、可愛いところも勿論あって、素直にはなれないけど内心ではちゃんと恋してるのがよかった。舞台はキラキラしてるけど、大人同士の普通の恋愛モノだよね、面白かったです。

んで、何より好きだったのが2巻以降出てくる脇カップルの方で…!!
これはもう私、ど真ん中!どストライク!!前読んだ事あったから何となく知ってたんだけど、最初っから読むとやっぱいいわ〜。健気で地味な年上受、いいね〜。んで攻が強引な年下男で!言動が冷たくて突き放した感じなんだけど、でも私…好きだ!!こういう攻にもれなく年上受がセットでついてくるじゃないですか?それがたまんないんですよね〜!!

以下もうちょっと詳しくネタばれつつ感想です。





内容はもういわずもがなだけど、インテリアデザイナーとレストランとか経営してる社長さんの、高級そうな恋です。
いつも会ってるバーもなんか高そうで…私はああいうの見るといつも高そう〜ばっかり思っちゃうよ、世知辛さを捨てられないわ…。
で、これ何かのスピンオフなんですね、読んだら分かったけど、この二人は元々別の話で面識があるみたいでした。
で、とにかく仕事で会った社長の奥村がデザイナーの山代をたぶん一目で気に入って、何かと口説くんだけど、山代の方はからかわれていると思い込んでいて、気障な台詞にムカついて仕方がない。口説かれるたびに怒っている。…とは言っても内心はそんなに悪い気もしていなくて、口説かれ続けているうちに割と絆されてしまっていたようで、冗談だと思っている奥村の言葉の中に、少しでも本気はないかと探してしまう。本気を探す程度には好きになってしまっていて、一回されたキスで完璧に落ち、だけど性格的にどうも人の言うなりになるのがイヤみたいで、他人に翻弄されるのも、自分をコントロールできないのにも戸惑ってしまって、相手から逃げたり相手を責めたり、そうしているうちに相手に引かれて傷ついたり…そういう事を繰り返して結局くっつく。

みたいな話で面白かったです。
素直になれなくていつも負けん気全開で、ああ言われたらこう言う、みたいな可愛げのない性格の山代ですが…まあほんと、私にはずっと可愛くない男だったんですが、でもそれでも奥村に恋をして、この人なりに凄く悩んでペースを崩されて…っていう、この人にとっては奥村と距離が近付いて奥村を意識してしまう事は物凄い非常事態なんですよね、人前ではクールぶっているけども、内心では動揺しまくっていて、奥村の態度一つで右往左往してるとこなんかは、まあちょっとは可愛かった。
特にキスされた後なんか可愛かったな〜。でも好きな人の前でもう少し可愛げ出したらいいのにな〜…っていうのは私の好みってだけなんだけども。

で、何より私には奥村が可愛かった!
カッコよくて何でもできて頭がきれて力も持っているという、なんだコイツ、みたいな男で本当に舌打ちでもしたくなるようなできすぎた男なんですけどもね、山代を好きになってしまったことで、このデキ過ぎた男に隙ができたんだと思うんですよね。結構カッコ悪い姿がいっぱい描かれていて、それを読むのが楽しかった。
思ったような反応を返してくれない山代にいちいちちょっとだけ傷ついた顔をするのとか、山代がいたから車降りて走ってきた!とか言っちゃうとかさ、山代にすげない態度をしょっちゅうとられてて、逃げられてばっかでなんかもう不憫になってきてさあ。カッコつけてるけど、あんまりカッコつけてる自覚がなくて、素でこういう鷹揚な人なんだよなたぶんきっと。勿論山代の前ではそれなり見栄を張っている部分もあるんだけども。
凄いデキ過ぎている男だからこそ、山代にふられてばっかだったりとか、必死な姿だったりとかに、凄く好感があったよ。奥村のお陰で、メインの二人の話も面白かったです。

で、私が好きだったのは2巻以降出てきた笹谷と恵さんの話です!!
こっれめっさ面白かった〜!!
笹谷は奥村と山代の間を邪魔する当て馬として登場したんだけども、でもそのお邪魔虫っぷりも凄くよかったんですよ、私とにかく、強引で情熱的な年下男が大好きなのです!
2巻で、山代と奥村の間にちょっと亀裂が入るんだけども、それの原因の一旦にこの笹谷がいて、彼は奥村の店で新しく雇った若いけど腕はいいバーテンダーなのです。
で、山代に惚れて、山代を口説きに掛かる。結構形振り構わずに口説くんですよ、好きだ好きだと言って。奥村なんかやめて俺にしろって言って。
…いいよね〜。あいつなんかやめて俺にしろ!って台詞を言う当て馬君、漏れなく惚れてしまいます。カッコいい〜。
けどまあ、山代は奥村に夢中なので、そんな笹谷の言葉が刺さる筈もなく。
笹谷は振られてしまうのですが、その後出会ったのが、普通のサラリーマンの恵。店でセクハラされているところを笹谷に助けて貰ったのが切っ掛けなんだけど、この恵がですね、この話の中にあっては本当に、愛しいくらいに地味なのです〜。普通のサラリーマンで、バーの代金気にしてたり、高級そうな雰囲気に飲まれていたり…超好感度。こんな庶民が出てくるとホッとするね、やっぱ庶民はいいね!

で、笹谷は絶賛山代に惚れているし、性格的にもキツイ性格をしているので、全然恵に甘い言葉を上げるでもないし、態度は悪いし言葉もキツイ。だけど、根っこのところは凄く優しい男なので、恵はこの年下の男にまんまと惚れてしまうのです。でも惚れたとは言っても笹谷には好きな人がいて、自分を好きになってくれるでもない。笹谷ははっきりと、好きな人がいるからあんたに気持ちが向かないとか、先に告白されると冷めるとか、自分を惚れさせてみろとか、まあほんとおまえ何様??な台詞をばんばん吐くんですよね、本当にやな男ですよ、若造ですよ、何もかも分かったような顔してるけどまだ子供みたいなもんだよ。
でも、そんな冷たい言葉を吐く年下男に、地味でお人よしな年上がガンガン傷つけられている様が……気持ちいいです!!!
ダメだ〜…気持ちいい〜…。もっとガンガン冷たくしたらいいとすら思ってしまう、こんなにお誂え向きに偉そうな年下に、こんなにもまんまと振り回される年上。
しかもこの年上は、そんな事まで言われても、笹谷を好きで好きで好きで、お試し期間とか言われて、試しに付き合ってみる、みたいな…はっきり屈辱ですよね、恵のほうは本気で好きなんだから、こういう関係がつらくない訳がないんですよ、でもその関係を受け入れる。自分の事を好きじゃないって分かっている男と、試しに付き合うみたいな関係に甘んじてしまうんです。
顔を見たくて連絡を待って、呼出しには一も二もなく応じてさ…はー健気。はぁぁぁぁ〜〜健気!!!この健気っぷりたまんない!!
笹谷なんかね、ただ座っているだけじゃつまんねーから魅力的な顔してみろ!
とか言うんだよ、ひどくないすか!?
まあ、ヤキモチから出ている言葉なんだけども、こういう類の事をガンガン言われるんだよね、ほんとこれでもかの心地よさ…。

恵もね、なんでこんな男をずっと諦めることもせずに思っていられるかと言ったら、それはやっぱり、笹谷の気持ちも恵にちゃんと動いて行っているからなんですよ。
恵の健気さ、真面目さ、素直で純粋なところ。笹谷を真っ直ぐに見て気持ちを打ち明けるところ、やっぱり笹谷の胸に響いたんだと思うんですよね、ちゃんと恵を好きになってくれる。
だけどこの人もほんとに素直になれないので、ついつい天の邪鬼な事言って恵を傷つけちゃうんですよね。
告白だってなんか素直じゃないしな〜…。はー可愛い。こんな男だけど可愛くって仕方がない。恵も可愛い。

そんで、3巻はメインがこの二人、笹谷と恵の話なんですよ〜嬉しい!
2巻ではまだお試し期間だからな!とか言ってた笹谷が、本気で恵に執着し始めるんです。も〜面白いったらない!!
恵が山代に嫉妬するんですよ、嫉妬っていうか、不安になる。笹谷が好きだったのが山代だって知ってしまってから、迫力ある美形で華やかな男の山代と自分を比較してただでさえ自信なんかなかったのが、山代が恵と一緒にいるたびにもっと不安になって、不安なのに笹谷は全く言葉や態度に出して、自分の気持ちを恵に伝えなくて相変わらずの冷たい言動で、恵の不安は大きくなり、とうとう苦しい恋から逃げようとしてしまう…という内容。

君なんて好きになるんじゃなかった…
って言った後の笹谷の台詞と表情。すーっごいよかったなあ、凄くズキンと来た、印象的なシーンでした。
笹谷ってずっと凄く横柄で態度でかくて口も悪かったんですよね。
その笹谷が始めて、恵に去られるかもしれないって思って初めて、あんな頼りない顔をした。
俺がイヤになったのか。って言ったあの時の笹谷が、天の邪鬼に隠れていた本当の本当の笹谷の姿なのかもって思ったんですよね、初めて、素を見たって思った。年下の、さびしんぼうの若い未熟者の顔してた。
相手を束縛して縛ってしまう、好きになったら相手の事しか見えない…結局、とても寂しがりの、臆病者なんだと思うよ、笹谷って本質のところは。
もうね、凄い泣いた、この辺…。
そんで、ほんとの意味で心身ともに通じ合った…っていう頃には、なんかもう可愛い年下男に変貌してんだよね〜!恋を自覚して、それを相手に伝えた途端、こんな甘えん坊な年下になるなんてこの男本当に性質が悪いよね、でも好きー!!

いや〜…面白かったな〜!!
恵と笹谷のカップルがなかったらこんなにまでも面白いとは思ってなかったかもだけど、でもメインの二人も十分面白かったし、やっぱ全体的に、恋愛模様がしっかりと描かれていますよね、筋道を追って。
そういうとこがあるから、どんだけ華やかでも華やかなだけじゃなくて、ちゃんと恋愛モノを読んだ気にさせてくれるし、絵が苦手〜ってずっと思ってたけど、カラーじゃなければ苦手という程でもなかったなあ。大好きな感じではないけども、普通に、綺麗だなあと思いながら読めました。

ほんと満足でした!
薦めてくれた友達ありがとう〜!

あそうだ、式さん凄い気になったよ、何でも盗み聞きしててちょっと笑っちゃうくらいだった…。





-------------------------------------------------------






27日
恋は遠い日の花火ではなく-総集編- * かわい有美子  高潔であるということ * 砂原糖子  最恐教師~教師も色々あるわけで~ * 大和名瀬  フラッター * 天禅桃子  ホントのところ * ユキムラ

以上の記事と携帯から拍手を頂きました。
どうもありがとうございました!

おお〜高潔であるということに拍手が!嬉しい〜!
分かりにくいというか、難しい題材だったと思うし、足りないとこもあるような気がするけども、ここに描かれてある事をちゃんと感じ取りたいって思わせてくれるような、私にとっては凄く大事な好きな作品です。

あと今日『職業、王子』のCDが届きました〜!聞くの楽しみだな〜。






拍手する
Catergory in [comics : は]その他 comments(2) trackbacks(0)
Comment
ヨルコ says : at 2011/11/01 00:13
はい、そうでした、恵さんの方が断然好みでした!
でもメインの二人も面白かったです〜。

私は基本的にはあんまりバリバリ仕事してる男達の恋愛っていうのが得意じゃないんですけども…なんか硬いからかな。
でもこの話は面白かったです。感想にも書いたけど、奥村が意外に好きでしたよ〜。

で、私もツンデレあんまり好きじゃないみたいで、それここ2年くらいで気付きました。
ずーっと自分はそういう、ツンデレみたいなのが好きなんだろうとぼんやり認識してたんですけども、冷静に考えてきっとあんまり好きじゃないです。
そんで私、冷たい攻好きなんですよね〜。まりみやさんと一緒で、こういう攻に健気な受がついてくるから好きなんだと思います。

ずーっと読んでると気付く事も結構多いですよね、自分の事勘違いしてる場合も多いです。
まりみや says : at 2011/10/31 12:24
やっぱり!薙×恵でしたか。私もこのカップルのが好きです!!3巻のメインが二人だったのには狂喜しました(笑)奥村×山代の話も好きです、大人の仕事ができるスマートな男二人がお互いに惹かれあってすごく好きだけど素直になれないって、かなりツボつく内容だった。のですが、私、最近気づいた。ツンデレがあまり好きじゃないことに・・・。もちろん程度があるのでこの山代くんぐらいなら大丈夫だけどこれ以上くると駄目かも。この二人が出てた前作は割りと好きだったけど(ヨルコさんの好みじゃない気がする。超元気年下受だし。いい子だったけど。この時は山代くんが当て馬っぽかった)攻がツンデレなのも「う〜ん」ってなるけど、もれなく健気受が付いてくれば私の中で最高になります。この感想読んで久しぶりに読み返してやっぱり恵さん最高でした。この人いたから何回も読み直したと思う。
Leave a Reply








Submit
Trackback

with Ajax Amazon