Archives by Month:
Archives by Category:
Entry: main  << >>

今宵、雲の上のキッチンで * ひちわゆか

友達に借りたまんま第二弾。
こないだの プラクティス * ひちわゆか ←これがすっっごく面白かったので勢いでもう一冊借りてたこれも読んでみたのです。
そしたらやっぱり…面白かったーーーーー!!!
プラクティスの方は凄くシンプルで受の人の感情のみに浸れて面白かったって感じだけど、こっちはもう、すーっごくよくできてて読み応えがあって、凄い長編読んだ後みたいに充実した読後感だったなあ、内容が、お話が、すーっごく面白かった!!
もうあっという間、もう夢中で寝るのも忘れて読んでしまった〜…面白かった〜…。
いやすっごい時間は掛かったんだけど…ほとんど徹夜で読んだんだけど…。

や〜…面白かったな〜。
もうあんまりにも面白いのでひちわゆかさんのラインナップを眺めていたところ、私『最悪』持ってる!!
これずーっとベッドの枕元に置いたまま読んでなかったんだけど、これひちわゆかさんだったんだ!もうぜんっぜん私、見てないわ。見てるようで見てないわ〜…。でも嬉しい、買わずとも家にあった!!次は絶対これを読もう!わー楽しみ。

そんでこの本はあんまり気にしてなかったんだけど、年下受だったんですね、でも全然気にしてなかった、面白かったから。
金持ちの年上男がなんかもう可愛くて〜。不器用すぎて可愛くて、まずキャラが凄く面白かったよ〜。すっごく好感のもてるキャラで、なんか凄く苛めたいというか、この人を読んでるだけで楽しいんですよね。弁当食ってたりとかさ、憎めない可愛らしい男だったよほんと。物事を悪い方に取らないっていうかさあ。
で、主人公がまたちょっと意地が悪いんだけども、理解できないって程じゃないんだよね、常識人で。相手を好きになってく気持ちに無理がなくて、この人の気持ちの変化が凄く気になる。

とにかく先が気になる。
読み出したら止められなかった、本当に面白かったです。

以下ネタばれます。





新は小さなカフェのマネージャー。男も女も誰でも落とせる美貌と笑顔を持っているけども、実際は性格がキツくて口も悪い。ある日そのカフェに酔っ払いがやってきて店を汚してしまい、酔っ払いの知り合いだという金持ちが弁償してくれる事になる。眞宮というその男を、一目見た時からカッコいいなと思っていた新だけど、眞宮は新に強烈な嫌味を浴びせ掛けて、不遜な態度で店を出て行く。
馬鹿にされて腹が立つので思いっきり金を掛けて店を修繕し、言われたとおりに眞宮にその請求をする新だけど、実を言うと眞宮の方ではバカにするつもりはなくて、新の事を物凄く気に入っていた。気になる相手とか好きな人の前で、思っている事と反対の言動をとってしまうのが眞宮の昔ながらの悪い癖で、内心は雑誌で見たカフェの中にいた新が気になって、わざわざそのカフェに出向いてきていた程だった。
けれど新の方では眞宮の印象は最悪。最悪だけども、弁償をしてくれたのは本当に助かった。お礼を言わなければ…と思っていたところに、眞宮の秘書の老紳士がある日新のところへやってきて、眞宮に食事を作ってやってくれないかと頼んでくる。新は自分があのカフェの男だと明かさないことを条件に、眞宮に毎日食事を作ってやることに…。

という話でした。
金持ちででっかい会社の社長さんでお坊ちゃん育ちの眞宮が、よくいる偉そうな傲岸不遜…って感じじゃないんですよね、なんかすっごく可愛い男なんですよ。不器用で、好きな人の前で素直になれない天の邪鬼で、新に会いたくて新がたまたま載ってた雑誌を持ち歩いてて、やっと件のカフェに珈琲飲みに来た…なんて、すーっごく可愛いじゃないですか〜。カッコいい男なのに、なんかこう、やることがちんまりしてて、お坊ちゃん育ちって感じなんですよね、ぎすぎすしたところがない。
んで主人公の新なんだけども、この男はまあ、普通の仕事人ですね。ただ凄い美貌ならしいです。で、にっこり笑いかけるとその笑顔で誰もが落ちるんだって。男も女もみんなメロメロなんだって。
で、ゲイです。あ、社長さんもゲイです。
見た目が綺麗な男なんで凄い遊んでそうだけど実際は身持ちが硬くて、遊びだけで人と付き合うとか、一晩だけの相手を見つけるとか全然性分じゃなくて、だからなかなか相手が見つからなくて、今は仕事仕事仕事って感じ。
その新が、一目見てこの人いいな、と思ったから相当気合入れて眞宮に微笑んだのに、眞宮の方ではその笑顔にトキメキすぎて、口から思ってもない偉そうな嫌味がボロボロ零れ出てしまった…。
という、なんかもうこの辺から面白い。凄い面白い。お互いに気に入ってたのに、最悪な出会いになってしまったって訳なんです。
大体眞宮が不憫だよ〜。始まる前に失恋決定…という感じで、その後落ち込んでる姿が可愛いったら。

んで、だけどこの眞宮というのはお坊ちゃんなので、執事みたいな、お世話係みたいな爺やが側についてるんですよ。この爺さんが唯一、眞宮が全てを曝け出せる相手。寂しいですよね、何でも持っているような男なのに、何でも打ち明けられる友達とか、恋人とかを持ってなくて、いつも側にいるのはこの爺さん一人。
しかし、この爺さんが侮れない。爺さん一人で十分な働きをしてくれます、凄い。
まずこの爺さんは、眞宮がゲイなのを知っていて認めています。好きな相手以外とくっついたって幸せにはなれないって言い切っている。で、新を気に入っていた事も全部見抜いて、策を講ずるんですね。
新に、眞宮の食事の世話を頼む。
新にしてみれば、大っ嫌いな眞宮相手だけども、お礼を言いたい気持ちもあったので、その仕事を引き受けて、毎日眞宮のお弁当を作ることになるんですね。
初めは意地悪な気持ちがあったんですよね、お互いに相手に嫌われていると思っているので、新は自分の正体を隠して食事を作り続けて、ある日作っていたのが自分だとばらしたら、さすがの眞宮もびっくりするだろう、きっと気まずい思いをするだろう、その時の顔を見てやろう、みたいな。
だから自分の正体を絶対明かさないという条件をつけて、お弁当を作りつづける。
だけどそのお弁当が、凄くなんつうのかなあ…暖かいんですよね。物凄い豪華でもないし、だからと言って手抜きって言うんでもなくて、家庭料理っぽいというか、私は凄くこの、新のお弁当を暖かいなあと感じたんですよ。季節を気にしたり…朝だってわざわざ早く起きて他人の弁当作り続けるんだから、簡単な事じゃないですよ。とても嫌いな相手に毎日できる事とは思えない。
それはやっぱり、眞宮にも伝わるんですよ。その細やかさっていうか、お弁当の温かさっていうのは。だから眞宮は、そのうちこのお弁当を作っているのは誰なのかと物凄く気にするようになる。
でも爺さんも教えてくれないし誰も教えてくれない。それで眞宮はちょっと考えて、自分の部屋で食事を作ってくれるように頼んで、爺さんにちょっと嘘をついて、新に会いに行く。
だけど正体はばらさないというのが条件だったので、眞宮は自分の部屋を暗くして、顔を見ないようにして、新を新だと分からないまま、お礼を言うんですよね。
この誠実っぷりどうですか??
自分の思うがままにことを運んでも良さそうなものなのに、物凄く忠実に言いつけを守っちゃうとこがあって、やっぱりお坊ちゃん育ちなんだよなあ、人がよくて真面目です。紳士です。

で、それがきっかけで、二人は暗闇で顔を見ないまま会うようになるんだけど…
なんかね、この…眞宮の部屋の暗がりで、夜景を見ながら何度も会う二人の雰囲気が、すーっごくいいんですよ。すーっごくドキドキすんですよ。眞宮は新だと分かってないけど新は全てを分かっているわけで、声出したらばれるから、新の方では筆談するんですよね。
すると眞宮は、誰にも言えないような自分のどんくさい事を新に話す。カフェの人に言うつもりもない事を言ってしまったとか、気になる人に謝るだけの事ができない、とかね。全部新の事なんだけど、新の事を新に相談するわけですよ。
新は知らなかった眞宮の一面を知って、そうして一緒にいるうちに、眞宮に対する印象が勿論変わる。変わるばかりじゃなく、どんどん好きになる。だけど眞宮が気を許しているのは新ではなく、眞宮にとっては見知らぬ誰か。
眞宮の方でも、毎日自分に食事を作ってくれて、話を聞いてくれる彼の事を好きになる。
だけどその人は自分に正体を明かしてくれない。

なんかね…ものすごーーーーーっっっく!!面白かったんです、この擦れ違っているような、いやどんぴしゃど真ん中!みたいな恋愛が〜!!
ちょっとだけもどかしいんだけどでも、苛々するほどもどかしいって感じじゃないんですよ、やっぱ楽しいんですよ。もう読むのに気が逸って逸って、こっちも凄く複雑な思いをするというか、だって眞宮が弁当の男を好きになってしまうとき、だってあんた新は〜??みたいな。カフェの男を気にしてたのに、気持ちが新から完璧に弁当の男に移っていくんですよね、それが手に取るようにわかって、同一人物なのに読んでて凄く焦るような複雑な気持ちが凄いして、でもそういう感覚って凄く楽しい。
暗闇の逢瀬を重ねるごとに二人の気持ちがお互いに向くのが、なんともドキドキするんだけど、カフェの新を忘れられてしまうような気持ちもあって。
新としても凄く複雑なんですよ。弁当の男って自分なんだけど、その自分のアドバイスで、眞宮はやっと新の前でも天の邪鬼にならずに普通に接することができるんだけど、それは同時に眞宮の気持ちがカフェの新からは離れたって事なんですよね。

それで雨の夜、新のシャワーシーンを眞宮が目撃してしまう時。
あの時ほんっとドキドキした!!すっごい印象的なシーンだったなあ、眞宮は新の事を何も分かってなかったから、焦がれていた人があんなに若い綺麗な男だって分かってもう、心も体もメーター振り切っちゃうんだけど、そんな眞宮の興奮につられてこっちもフンガー!!みたいな。
暗闇のキス、すんごいドキドキしたなあ。お互いに言葉はないのに、言葉にする前に身体が物凄くモノを言っててさ〜。
眞宮に告白されて、新も結局眞宮のことを好きでたまらなくなって、でも好きになったら今度は、自分は眞宮を騙してるわけだから、それが心苦しくてしょうがない。告白しなけりゃ、打ち明けなけりゃ…と思うんだけど、でも眞宮はカフェの新を嫌っていると思い込んでいるから、弁当の男が新だと分かったら、眞宮はきっと怒るだろう、ガッカリするだろう、恋も冷めるだろう…そう思うと言い出せないんですね。
も〜…キュンキュンする!!

とにかくね、お話も面白いし、先の展開が気になるし、それになんとも魅力的なキャラ!
特に眞宮のキャラが本当によかった。誠実で一途でね、そうは見えないのに、電話で新に告白するシーンなんて本当にキュンキュンして泣けます、そんでそれを聞いてる新がごめんなさいっていうとこなんて本当に泣ける、もうあたし相当泣いたもんなあ〜。
ダメなんだ〜もう一生懸命告白してる、一生懸命思ってる、と思うと涙が出てくる…たったそれだけで泣けます、一途な思いだと思うとそれだけで。
新の告白シーンも泣ける、嫌われると思うと言えなかった…って言うとこなんてもういじらしくて〜…。
指輪をしてなかったのが嬉しかったとか、初めてとか!!初めてとか〜!!そう、そうなんですよ〜!もしやそうではないかと疑っていたが、そんな綺麗ななりして初めてだなんて!
最後の最後で新はやらかしたよね、はぁぁぁ〜…可愛い。

いや〜ほんっとに物凄く良いすれ違いラブでしたよ、擦れ違っているんだけども、実はど真ん中にいるというか。そんなに擦れ違ってはいないっていうかなんていうんだろうこの感覚。

面白かったなあ、読みやすいしさ〜。
だれる時がないんですよね、もうきっちり必要な事のみが十二分に詰まってるって感じでさ、無駄がなくて、お話の中にスッと入り込めて、楽しくてキュンとして泣けた。

ほんっとに面白かった!!
ちょっとあたし、ひちわゆかさん嵌りそう〜…。
次はうちにある『最悪』を読む!





-------------------------------------------------------






12〜14日
きみにあげる。 * 槇えびし  何故BLなのだろうか。  どうしても触れたくない(CD) * ヨネダコウ  憂鬱な朝2(CD) * 日高ショーコ  恋する暴君/GUSH11年11月号  11月CHECK!!  鮫島くんと笹原くん(CD) * 腰乃  プラクティス * ひちわゆか  after 9,10 hours * ヨネダコウ  さようなら、と君は手を振った * 深井結己/木原音瀬  THANKS!! 0828→  螺旋の素描 * 会田薫  世界は光に満ちている * 深井結己  2011年上半期ベスト  どうにかした日 * 三角社ぴえ  


以上の記事と携帯と、サイドのボタンから拍手を頂きました。
たくさんどうもありがとうございました!

暴君の記事にたくさん拍手いただきましてありがとうございました!嬉しいです。
なんかもっと言いたい事いっぱいあったんだけど、まあコミックスが出るのでその時にまたぶちまけようと思います。

今週は結構小説を読んだなあ〜…と言う今日、凪良ゆうさんの新刊が届きました。できれば読みたいんだけど…昨日ほとんど徹夜だったから、今日は無理かもなあ…。




※※※以下私信です。※※※
YYさん、メールは届いてないようです〜。出したメールがエラーで戻ってきていませんか?
それで、お手間を取らせてしまって申し訳ないのですが、私から出すのが手っ取り早いと思いますので、もしよろしければ取得されたアドレスを、拍手コメの方から教えて頂けませんでしょうか?こちらからメールさせて頂きます。
ご面倒をお掛けしてしまって申し訳ありません。よろしくお願いいたします〜。





拍手する
Catergory in [novels]その他【小説】 comments(2) trackbacks(0)
Comment
ヨルコ says : at 2011/11/02 19:32
kaedeさんお久しぶりです〜!
コメントありがとうございます!
覚悟決めてくれてよかった(笑)

最悪、やっぱりいいんですね。
買ったのって結構前だったんだけど積んじゃってたんです。
今隙あらば読んでやろうと思って持ち歩いているのですが、BL小説を読む隙がなかなかやってこなくって!
でも絶対近い内に読みたいです、凄く楽しみです。

kaedeさんがお好きなものは私も好きな事が凄く多いので期待しちゃいます。
kaede says : at 2011/11/02 10:06
お久しぶりです!
コメントしようかしまいかずっと悩んでいたんですが…
読み返すたびにやっぱ言いたい!
と思って覚悟を決めました…

ひちわさんの「最悪」すっごい好きなんです…
本当に最悪なんですけど、面白いんですよ!
感想お待ちしてます^^

今宵〜、もすごく面白いですよね。泣きました(またか)
コメディも楽しいんですけど
こういう恋愛一直線なのもきゅんとしてて好きなんです。
Leave a Reply








Submit
Trackback

with Ajax Amazon