Archives by Month:
Archives by Category:
Entry: main  << >>

あまのじゃくの恋 * イシノアヤ

えー!!面白かったですー!!今まで読んだイシノアヤさんの中で一番好きだった!
…ってこの時も書いたけど→ 恋などとうに成就してた * イシノアヤ 今回読んだら更新された!今回のが一番好きでした、すーっごい面白かった、なんかえらい泣いてびっくりした!

いやー面白かった。
短編集なんで、この先が読みたいのに〜…みたいなとこで終わってるものも多いんだけど、でも続きが読めなくても凄い凄い面白かったです、凄い感動したしキュンっとして可愛くて泣けた〜。
イシノアヤさん出される度に前回よりいいって思うなあ、"いい"っていうのは私の好きずきなんですけども、ただよりストレートに、より分かりやすく恋愛を描いている感じがして、恋愛マンガとして読みやすくなってきているんじゃないかなと感じるんですよね。

そんで私やっぱイシノアヤさんの絵が凄い凄い好きなんです、棒みたいな手足が何とも好きです、いつまでも見ていたい。痩せフェチなのです。
塗り絵みたいな絵も好きだな〜。何度も言うけど多田由美さんみたいで…。
そんで、なのに妙にキュートですよね〜。お洒落なのになあ。お話も面白いし。なんか急激に好きになってきた、単純だな〜。

表題作はあまのじゃくな受と一途で純情すぎる攻との隣人同士のラブですっごい可愛くてキュンとして面白かったです。でも他の短編も皆面白かった!特に最後の長めの話、泣いた。


以下ネタばれます。





我侭で言動の捻くれている会社勤めの四ノ宮は、隣の大学生の村井が自分を好きな事に気付いている。村井は純粋で真っ直ぐで心優しい年下の男。彼に懐かれ世話を焼かれ、ダダ漏れの好意を散々浴びながら、四ノ宮の口から出るのは憎まれ口ばかり。自分の事を好きだと分かっているから、彼の気持ちを弄ぶような意地悪ばかり口走って、彼が青くなったり赤くなったりするのを見て楽しんでいるという捻くれモノ。居もしない彼女を居ると言ってやったら村井は本気にして落ち込んでしまう。しかしそんな村井の胸中を思いやる事もなく、村井をからかってばかりの四ノ宮と言えば、実は内心で、村井が自分に手を出してくるのを待っている。意地悪を言ったり冷たいことを言ったりするのも結局は、村井の反応を確かめたいがため。要するに、村井の気持ちを試したいだけ。子供のような稚拙な愛情表現を村井に繰り返しているうちに、村井が自分の部屋に来なくなって…

という話ですっっっごい可愛かった!!
四ノ宮がほんとやな奴なんだけど、なんか憎めないんですよね、なんか可愛い。
凄い意地悪な事ばっか言ってんだけど、ずーっと村井の事ばっか考えてるし、村井の反応見たくてしょうがなくて、自分の事で村井が困ったり照れたりするのが嬉しくてしょうがないみたいで、それをいちいち友達に報告してんのが、なんかもう幼すぎて可愛い。
で、村井がほんわりした信じられないくらい純粋ないい子なので、何されても怒らないし責めないし、四ノ宮の行動を悪い方に捉えないんですよ、物事のいい方しか見ないっていうか、相手のせいにしないっていうか、本当にこの子逆に不憫だよ…。

そんで二話目、四ノ宮はなんかいきなり付き合ってる気になってて、私も何だか付き合ってる気になってたんだけど、よく考えたら四ノ宮は村井に何等気持ちらしきものを告げてはいないですよね、私も四ノ宮も付き合ってる気になってたのはなんでだろう、村井が全然分かってないのを読んでハッとした。
そりゃそうだよな〜。つれない態度ばっか取ってて、結局一話目の最後だって四ノ宮は村井をからかって終わってんだもんな。
しかし二話目の四ノ宮は可愛かった…。もうたまらん可愛かった。
もう意識して意識して苛々ドキドキしてんですよね、この性格悪いのが。
で、何が可愛いってキス待ち顔!!
何もしてこない村井に向かって何度も何度もキス待ち顔でキスを待ってんだけど、その顔がもうほんっとに可愛くて!!村井は何にも分かってないのに一人でそんな少女みたいな顔して、しかもあんたどんだけ村井に対して身勝手な振る舞いをしてきたと思っとんのよ、それでいきなりそんなしおらしい顔してキス待ってたってそりゃわからんわ。この間抜けさがも〜可愛かった!
や〜面白かった、可愛かった。

マンガ家?と彼氏の話。
これも面白かった〜!!マンガ家の見た目も好きだった、ロン毛ともみ上げ!
忙しくて毎回毎回デートをキャンセルしてしまうマンガ家、そんな彼のために毎回仕事を無理に休んでいるのに結局すっぽかされる恋人。
物凄くなんか…あー…うー…どうしたらいいんだろうね、物凄いもやもやするんだけど、いやどっちがどうと言い難いから…。
でも私はですね、約束を保護にできるのは二回までだと思ってますよ。3回それが続いた時点で、私は相手を心の中で諦める。私はこの人の中ではその位置なんだな、と判断するからです。
…んだけど、これも状況が状況だしな、マンガ家だったら難しいだろうしな…。
分かっているから恋人も、何度もすっぽかされても結局相手の為を思ってもどってくるんだろうし…気が長いと思うよ、私は恋人の方に同情するよ…。
でもこの話面白かった、イラつく気持ちとか、仲直りする時の表情とか、腹が立つ気持ちをぶつけられないもどかしさとか、それでも離れられない愛情とか。短い話の中で、きっちり表現されていたと思うなあ。いい話だった…。
広島焼き…ちなみに広島の人はお好み焼きを広島焼きだなんて言わないよね。お好み焼きはお好み焼き。あの状態の蕎麦入りのものが普通のお好み焼きです。
まあだからと言って"お好み焼き"って書いても伝わらないのでこの場合しょうがないんだけども。

遠距離恋愛の話。
これびっくりした、イシノアヤさん的に受攻逆だと思ってた!まあどっちでもいいけどもね。
…とするとやっぱ、椿〜の平岩は受だな…。
っていうのは置いといて。
これは受の彼がなんだか凄く可哀想だったなあ。一生懸命が怖くなって浮気。不安は切っ掛けにはなるかもしれないけども、まあ理由にはならないよね、この場合。
一生懸命バイトして一生懸命彼に会いに来ているのに、恋人は女の子と浮気。しかもばれなきゃいいのにばれてしまって、そんで結局許しちゃう。近くにいれない自分が悪いみたいな事を言っちゃう。
なんか納得行かない、かわいそうだ。
けどそんな攻の男が、この男は好きなんだろうな。攻の男、さびしんぼうなんですね、不安でじっとしていられないんだろうきっと。
胸痛かったな…。今後は傷つけないでやって欲しいなあ、受の子を。

で、友人同士でお互い自分の恋が上手く行かず、だけど友人にはべったりで、なんだ結局恋人なんか作らなくてもお互いが好きなんじゃん。…みたいな話。
これすっごい面白かった!!大好きだった!!
ずーっと長い間好きという言葉は言わずに友人同士をやっていた。それがやっと恋人になって、なってからの話が凄いよかったなあ。受の人の恋愛感情に、攻の人がついてきていない感じがして、鈍さに小さく傷つけられる受の人の恋心に泣けた。
好きだから敏感に気付いてしまう、恋人に向けられる恋心。ヤキモチを焼いて痕をつけてしまい、それを覆った誰かに再び嫉妬する。とてもとても恋人を好きなのに、恋人は鈍感で、誰かの気持ちにも受の人の気持ちにも気付いてくれない。
…切ない。「俺だって絆創膏くらい持ってる」っていう、このシーン凄いズキッと来た。切なくてなんかえらい泣けた。
拗ねちゃうのも可愛い。言いたかないけど気付いてほしい恋心だよな〜。

いや〜一冊通して全部凄くよかったです。
キュンとしたなあ、可愛くて切なくて、凄く凄くいい恋話たちでした、大満足!

あ、カバー下の苦労させられた友人達もいい味出してました、面白かった〜。





-------------------------------------------------------






27日
運がいいとか悪いとか * 館野とお子  すすめる場合。

以上の記事と携帯から拍手を頂きました。
どうもありがとうございました!

まりおさんの新刊が早く読みたいです。
まだ手に入れられてすらいない…。





拍手する
Catergory in [comics : あ]イシノアヤ comments(2) trackbacks(0)
Comment
ヨルコ says : at 2011/06/29 00:36
はい!
って言ってもあくまで私が一番好きだった…という事なんですけど…。

少なくとも私は大感激しました、面白かったです!
チエ says : at 2011/06/28 13:19
ウワー!
本当ですか。
私もイシノアヤさんの作品は全部読みましたけど、その中で一番なんてー!すごく期待しちゃいます。
Leave a Reply








Submit
Trackback

with Ajax Amazon