Archives by Month:
Archives by Category:
Entry: main  << >>

どうしても触れたくない(CD) * ヨネダコウ

今頃?て感じですけどこれは、私がまだまだBLCDデビューの頃に聞いた1枚で、『美しいこと』の後くらいに聞いたんですよね。凄くよくて驚いたんです。『美しいこと』はほんと感動して、これが私の意識を大分変えましたが、でもまだまだそんなBLCD聞こうなんて思ってなかった私が、他のもいいかもしれない…と思い始めたのには、この『どうしても触れたくない』が大いに役立っています。

勿論この話原作もとてもいいんですが…原作の感想はこちら→
どうしても触れたくない * ヨネダコウ

原作が好きだから、頭に入っているからってのも大きいけど、やっぱり2枚にした事が功労賞だと思う!
2枚組みってやっぱ丁寧なんですよね。原作のディテールを壊さないように表現できる余裕がありますよね。1枚のって物足りないのが多いと思う中、マンガ原作を2枚にしてくれるっていうこの気合の入り方。小さいエピも、オマケの書き下ろしもちゃんと全部CDになって、出口と小野田のオマケ編も入ってますからね、とっても充実した一枚だと思うよ、それにエッチシーンが控えめなのも原作の雰囲気に沿っているし、こっちのがリアルだと思うし…。
で、声優さんの雰囲気が本当にぴったりで、私はこの中に出てくる主要な役柄の中では一番出口さんの声と演技が好きで、初めて聞いた時は例によって何度見ても声優さんの名前を覚えられなかったんだけど、出口さんの声が好きなあまり覚えた。野島裕史さんです!!!
この人私、ちょー好き!友達に聞いても地味…とかしか言わないんですけどそうなんですか?
よくわかんないけどとにかく好きです。役によって全然雰囲気が違って、性格が変わって聞こえるのが凄いです。どんな役にも嵌っているというか、地味に自分の声に役をひきつけていると思う、だって声自体は凄く癖があるというか、わたしあんまりノーマルな声だと思わないんですけど、でもどんな役をやったって、野島さんの声、というよりは、その役の声に聞こえるんですよ。私が聞きなれないせいかもだけど、いつも同一人物だと思えないのが凄いなーって。

以下ネタばれるかもしれない感想です。



他の役者さんも本当にぴったりです。
外川さん、実は最初は、え、こんななの?って思ったんだけど、聞いてるうちに凄い嵌って聞こえて、今ではもう外川さん本当に凄いいいと思ってます。よくもあんな調子を崩さずに、茶化したり誤魔化したり真剣になったりできるなあと思って…。私本当に声優さんの凄さを何十年も分かってなかった。本当に今は凄いなって思ってます、あんなに声で表現するってほんと単純に凄いですよね、できないよ。それにあんなにテレがないっていうのも凄いと思ったりする…どんな役でも一生懸命で、自分にできる精一杯で演じてくれてる気がするよね、超好感度です。
そんで外川さんの役の人は友達の家で喋ってるのをみたので…っていうのは友達が声優オタなんですよね、凄くないですか、こんな私の相当仲いい友達が声優オタっていう…。なのにこの程度の知識っていう、自分の興味ない事シャットアウトする私ならではです。
けど最近は私もBLCDを聞くので少し情報が頭の中に止まっていたりする。
そんな中での石川さんでした…。なんでか強烈にこの人の顔は頭に止まっていて、この人の声聞くとこの人の顔が浮かぶのが、どうなんだって思うんですけど…あんまり嬉しくないですそれは。できれば役として聞きたい、いちいち声優さんの顔、浮かばなくてもいい。けど石川さんはかなり浮かんでくるんですよね〜…。
ちょっと鼻詰まった声が印象的で、最近まで全然気付かなかったんだけど、これって『恋のはなし』の多和田の友達…名前が思い浮かばない…いっつも思い浮かばない。けど、この人の声ですよね!?全然印象が違うので長いこと気付きませんでしたよ〜!
どっちかというと、お人よしのちょっとどんくさそうな感じの声が嵌ってるのかなと思ってたんだけど、外川さんの声聞くとカッコいいし…外川さん役って凄い意外だったのかな〜そうでもない?でも凄い嵌ってますよね、喋り方が優しそうで、茶化してるとこもやりすぎてる感じもするけど、あのくらいが外川さんっぽくていいのかなと思ったり。

で、受の…受の名前が出てこない、あ、嶋だ!嶋君。嶋君役、これぞほんとピーッタリ!!ですよねー!!この声聞いた時も感激した、あまりに嵌ってるし、雰囲気良くて色っぽくて控えめで!
でもCD聞くとますます嶋くん性格どうなんだって思っちゃいますね、原作ではそうも思わなかったのに、CD聞くと嶋くんの無愛想ぶりハンパないなって思う、外川さんが優しいから尚更。それに、原作よりも、外川さんを一回ふってしまう島くんを、愚かに感じてしまうなあ。マンガでは、嶋くんの怯えが凄く伝わるので、逃げるのもしょうがないかなと私は感じていたんですが、CD聞くと、外川さんから逃げる嶋くんの理屈には、保身ばかりが目立ってあまり同情できないです。やっぱね、文字で読むより実際聞くほうが、台詞のキツさが際立つんですよ。読んでる時にはそうも思わなかった嶋の言葉の棘が、言葉にして耳から聞くと、とても鋭く突き刺さる。なんで読んでる時に中和されるかと言えばそれは、絵がついてるからですね。嶋くんの切なそうな表情つきで読むので、言葉のキツさは緩和される、嶋くんにある程度同情してしまうから。
けどまあ、そんな嶋くんも最後には自分の愚かさに気付いて外川さんの下に戻ってくるので、よく頑張ったなって思いますけどね。泣きながら側にいてもいいですか…って言うところ、やっぱいいです。

好きなシーンいっぱいあるけど…凄い好きな台詞は、最後らへんの外川さんの「あ〜楽しい。おまえといるとすっげえ幸せ」っていう台詞。これすっごいいいと思いませんか、これが私大好きです。
あと外川さんは軽口も全部好き。「近寄らないで〜ってお嬢様かおまえは」みたいな感じの台詞があったと思うんだけど、こことか凄い好き、このなんか…微妙な感じ?微妙な空気を出すのが凄いうまいって言うか、器用だな〜って感心する。

それで、実はメインの2人よりもキャラ的に好きなのが、原作でもCDでも、出口さんです!
出口さん…何だろうこの人のこの脇役な感じ…。脇役でこれと言って特徴があるわけでもないのにこの好感度。ノンケの小野田に片思いを続けていて、気持ちを伝える事ができない。けど、ちょっと兆しが見えてきたので告白しようとするが、やっぱりすんなり気持ちを伝える事ができなくて…
という、これと言って突出した特徴があるわけでもないと思うんだけど、だけどとっても魅力的!
小野田は私、本編では実は都合のいい男だなとずっと思ってたんですよね。2人の間をつなげるためだけに存在しているみたいなキャラ…と思ってしまうとあんまり感情移入できないですよね。
けど、出口さんという人がプラスされた事により、小野田に人間味が加わった気がします。ほんと人のいい男なんだなって、鈍くて優しくて受け入れ幅が広いっていう小野田の魅力もよく分かる。

CD聞いて出口さんの声の、何にそんなにピンと来たか自分でもよく分からないんだけど…とにかく初聞きのときから、この声優さんが一番いいと思ったんです。声云々っていうよりも、演技が凄くよかったです。元気に見えて空元気とか…告白する時の緊張感とか、緊張してるから軽口ばっかり叩いてしまったりとか…傷ついてる心のうちが、凄く伝わってきたんですよ。抑揚が凄くあるのに大袈裟じゃないっていうか…普通な感じがとてもよかったんですよね。この普通な感じっていうのもうまく言えないんですけども。地味…ある意味地味なのかなあ、じゃあ何が派手なのかって言われたら全然わかんないですけど。
その後色々聞いて、やっぱりこの声優さんが好きだと今思い至っているわけですけども。

あ、あと小野田役の森川さん!このCDを初めて聞いた時には、誰が誰で何がなんだかさっぱり分かってなかったわけですけども、今はさすがに分かります。森川さん、こんな優しげな役で脇役やってたなんて〜。
森川さんの声、テレビで吹き替え聞いてもハッと気付くようになってしまったくらい好きです。私最近気付くんですよ!この間も気付いた。聞いた事ある…この声なんか聞いた事ある!と思ってたら森川さんだった!
本当にカッコいい声ですよね、本当に本当に本当にカッコいいですよね!
でも小野田なんだ〜〜。そう思ってから聞くと感慨深いです。甘くて優しい情けない役も似合うね。
でも私は森川さんはジェラールとジャックが最高によかったと思うんですけど…。っていうのはまた今度。

このCD、とにかく、原作の雰囲気を壊さないように、そのままに…という心意気が見えるんですよね。
ないがしろにしてないなっていう感じがして、凄く丁寧。
原作が、静かな話ではあるけども、コミカルさもちゃんとあって、暗い話では決してないと思うんです。強いて言うなら薄闇みたいな。そのコミカルさもちゃんと音で出してると思うし、一つの色で表現してないっていう所も好きです。

ほんと、とってもいいCDの一つだと思ってます。
今からCD聞いてみようかな〜って言う方には、これっていいんじゃないかなあ。エッチシーンが控えめだから、そこ恥ずかしいって言う人にも聞きやすいように思います。





拍手する
Catergory in [comics : や]ヨネダコウ comments(0) trackbacks(0)
Comment
Leave a Reply








Submit
Trackback

with Ajax Amazon