Archives by Month:
Archives by Category:
Entry: main  << >>

ユギ作品をランキングする。

一年くらい言い続けているこの企画。誰が待ってなくてもずっとずっとやりたいと思っていたんです。

以前高井戸あけみさんで、お話ごとのランキングをやったんですが、(高井戸あけみ、まとめ。)ああいうのをユギさんでもやろうとずーっと思っていて、がしかし量も多いし、やるならガッツリやりたかったので、ついつい後回しになってしまっていたのでした。が私……やります!!とうとう!!

私はユギさんはやっぱりね、短編に凄くいいのが多いと思っているんです。で、やっぱり初期の名作とか、コミックスの中に埋もれている大好きな話とかに、脚光を浴びて欲しくて……と言ったって私のブログでちょっと書いたからって脚光どころか懐中電灯程度の光も当たらないと思いますが、でも私のBL青春時代を支え続けてくれたユギさんへのリスペクト企画を私なりに満足いくまでやりたいわけです。よろしければ皆さんも、ユギさんの名作を読み返して、こんなよい短編があったなあ…なんて感慨にふけってみるのもよいのではないでしょうか。

始まってないのに〆てしまった感がありますが今からです。
コミックスごとではなくて、作品ごとです。

以下長いので畳みます。




1位 『最後のドアを閉めろ!




新鮮味がない…。何かっちゃこれを上げているのでさっぱり新鮮味はありませんが、だってやっぱりこれが一番面白いと思うんです!
この勢いと言うか…やっぱ私が忘れられないのは、一巻読んだ時の興奮です。ただでさえ面白くて面白くてしょうがなかったのに、あの可愛いのが、机の下で永井さんの足にちょっかい出してたあの絵を見て、のあ〜〜〜っっっってなったのを忘れられません。年下二人に迫られまくる永井さん。明るくて、キュンとして、興奮させてくれて……色んな要素が入ってて、凄い魅力が詰まっている素晴らしいマンガだと思います。やっぱりユギさん史上、最高傑作だと思います!



2位 『開いてるドアから失礼しますよ


これまた予想された結果。だって私が読みたいBLの理想の一つが、まさにこれなんです。"兄弟"なら、もうコレ。絶対コレ。
これを超える兄さん受はないと思うよ、私内で。とにかくこれについての熱い感想は既に書きまくったので今更なんですが、本当にこれ大好きな話なんです。兄弟間のタブー、緊張感、熱っぽさ。詰まっていますよ、素晴らしい名作。



3位 『おあとがよろしいようで』 (『小さなガラスの空』収録)
   『今日はここまで』 
(『小さなガラスの空』収録)
   『悩めども悩めども』 (『
やらしい昼下がり 』収録)



この二冊に入っている、おっさん二人の恋物語です。もうこれがとにかく大好きです。二冊に別れて続いているんですよ。3作全部続けて読むことをオススメいたします。
おっさんの恋と言えば、やっぱユギさんだと思う。キラキラしていないです。こんなにくたびれているのに、恋しているその姿に、滑稽さがないじゃないですか。やることなすこととっても地味なんですけど、それこそがユギさんの魅力。昔付き合っていたけども、家庭の事情で別れてしまった男同士が、おっさんになってまた恋をするという、現実味があるのにロマンチックで、私はこれ物凄く当時、キュン泣きしたんです。こんな男と恋をするなんてもうゴメンだと思っているのにも関わらず、どうしても惹かれてしまう心を、おっさんが持て余すんですよ。いいんですよ凄く〜。大好きです、おっさん同士の恋の話の祖だと勝手に思っている私。



4位 『だけど時々やさしいの』(『ピクニック』収録)


この短編が私、だいっすきです!すっごくいい話なんです、もう最高にキュンとくる切ない暖かいいい話なんです〜!短いんですけど、ユギさん本当にうまいんですよ、このページ数でこれだけ過不足なく切なく描けるなんて凄い!子供と大人のはかない繋がりが痛々しくて、だけど暖かくて、凄い泣ける。
下の『小間使い〜』とどっちを上にするか凄く迷いました。順位つけられないくらい、どっちも素晴らしい名作。切ない!



5位 『小間使いの日記』(『開いてるドアから失礼しますよ』収録)


そしてこの短編。秀逸です…!!!
小間使いの少年と言う立場から見た、大人二人の切なく長い恋。詳細が描かれないのに、恋心がこんなにも切なく伝わるなんて、このページ数で、これだけの言葉と絵で、どれだけ伝えるのか…!!短いページ数だと物足りないと思うマンガがたくさんある中で、これだけ過不足なく、このページの中に詰め込んで、これだけ読ませるんですよ。これ以上の事が、何も必要ないじゃないですか?どれだけ切なくお互いを思っていたか、染みてくるじゃないですか。素晴らしい…。素晴らしすぎます。



6位 『漂流ときりきり舞い』(『夢が叶う12月』収録)


そしてこの短編。これがまた私、大好きで…!!!
サラリーマン同士、不器用同士の、愛の言葉も少なくて、ホテルで金の為に逢瀬を重ねる…という短い話の中に、年上の意地と、年下の一途な恋心が見えるんですよね。凄く面白かったんです。未だにこの短編が、凄く胸を打つんです。
こういうのを読むと、余計な飾りはいっさい必要ないんだって事を思い知る。シンプルで十分なんですよね、人間さえ描けていて、あと見せ方を知っていれば。けど、そこがきっと凄く難しい。センスだなあと思います。



7位 『小さなガラスの空
   『ワイルドマンブルース』(『
水温む』収録)



せこい気もしますが、私の中でナオキの続き物として捉えたい。ので二つ一緒に。
ナオキの話はやっぱり、ユギさんマンガの中で重要なポジションをしめてる気がするんですよね。『太陽の下で笑え』や、『キビしいのである』の整のシリーズや、色んな場面で出てくるオカマのナオキ。彼がどう言った中学時代を経て、どう言った恋をして幸せになるのか…という、凄く切ないけど、切なさを抱えて何とか幸せになってくれるまでの、辛くて暖かい話なんです。なので、『小さなガラスの空』を読んだ後は絶対に、『ワイルドマンブルース』を読みたい。この二つを1セットとして考えたい。
私はナオキの恋人のあゆちゃんが、とにかく凄く大好きです。ほんとに暖かい、いい子ですよね。あゆちゃんの事を考えると、涙が出そうになる。ナオキにあゆちゃんという恋人ができて、本当によかったと思います。大好きです、この話。



8位 『俺は悪くない



一番下は文庫版で、シリーズが全部一緒になっているので読みやすくてよいですね。結局みんな持ってます。
このシリーズ、本当に読みがいがありますよ、私大好き。ドキドキしてキュンキュンして、笑って紆余曲折色々あって…、脇役も凄く楽しいし、読んでると凄くパワーを感じるんですよね。とにかく楽しい。面白い。
そんで、主人公二人の気持ちが通じ合う過程なんかには本当に大大大興奮して読んだ思い出です。
ユギさんの色んな要素が詰まっている名作だと思います。



9位 『妻になってよ』(『冷蔵庫の中はからっぽ 』収録)


この『妻になってよ』という短編は、当時初めて読んだ時には知らなかったし気付かなかったんですが、『キビしいのである』の整の成れの果てなんですね。そんな事とは露知らず、初めてこの短編を読んだ時に、私ものすーっごく感動しまして。面白かったんです凄く。今でこそありふれているかもしれないんですが当時ね、やっぱこんな風な普通の話を、こんな風に面白く…という事はまあ以前記事に書いているので置いといて、この短い話が、自分が好きなこの手の"傷つく受"の原点になっていると思うんですよね。好きな男に振り回されて傷つけられて、それでも好きで捨てきれない思いを抱えているという受の、つっぱらかった感じや、けど突っ張りきれない弱さや…可愛さ。切なさ。ここでユギさんが描いたこの話が、私の好きな受のポイントとして、原点ではないかと思う。



10位 『冷蔵庫の中はからっぽ



10位、もうどれもこれも他にもたくさん好きなのがあるので選べなくて物凄い迷ったんですが……これにしました、冷蔵庫の中はからっぽ。やっぱユギさんの明るさとか、ギャグ…笑かしてくれる感じ。この本抜かして語れないのではないかと思って。
感想に色々書いているのでもう詳しくはあっちを読んでもらうとして、まあとにかく楽しいしキュンとする名作です。やっぱ…この貧乏臭さ。攻がスマートじゃないっていう素晴らしさ。キラキラしていない、オンボロアパートで繰り広げられているという、あんまりカッコよくないけど、暖かくてやさしいという魅力ですよね。私やっぱりね、これが好きなんです。高級そうなマンションとかホテルとかでどんだけカッコつけられてもね、そんなもんどうでもいいんだよ。みっともないけどやさしいとか、いつもジャージだけど、とても暖かいとかね、そういうのが好きだし、それが本物だと思ってますよ私は。




はー……そんな感じで、なんとか10個選んだのですが……辛い!
だって、もっともっといっぱい好きなのあるんです。けど10個しか選べないとなると、もう凄い迷って!優劣つけるのなんかやだな!自分からやったくせにランキングが凄い憎い!

あまりに憎いので11位以下書いちゃえ。
という事で11位以下。




11位 『花とおじさん』(『青年14歳』収録)

12位 『わたしたちどうなるの』(『ピクニック』収録)

13位 『太陽の下で笑え。

14位 『僕にだって言い分がある』

15位 『青年14歳

16位 『世界の果てまで連れてってよ』(『やらしい昼下がり 』収録)

17位 『気管支炎』(『キビしいのである 』収録)

18位 『明烏』(『死ぬほど好き』収録)

19位 『CALL ME』(『人はなぜ働かなければならないのか 』収録)

20位 『ピクニック




こんな感じ……かな???
でもやっぱり、11位〜20位は、もう全然どっちが上とか下とかないです、みんな本当に面白くて大好きです。で、ここに書いてない話ももっともっと好きなのたくさんあります。

ユギさんはね、BLを"耽美"から引き離した立役者の一人ではないでしょうかね。ユギさんがいたから、BLの世界は広がった…と言っても過言じゃないと思う私。
ユギさんはBL界の財産だと思うんです。昔からの人も、最近BLに嵌ったという方も、ユギさんは一度は味わってみて損はないと思うんですよね。…少なくとも私にとっては、ユギさんがいたからこそのBLでした。ユギさんは永遠だね。

そして気付いた事。『僕にだって言い分がある』の感想を書いてない。そして『青年14歳』の文庫版を買ったのにそれについて何も書いてない。っつうか書いてないの多すぎ!いかん!





拍手する
Catergory in [comics : や]山田ユギ comments(0) trackbacks(0)
Comment
Leave a Reply








Submit
Trackback

with Ajax Amazon