Archives by Month:
Archives by Category:

宇田川町で待っててよ。 * 秀良子

え〜…す・ご・か・っ・た…!!!!
本当に本当に本当に、凄かった。物凄いものを読んだ気がした。いまだかつて出会った事がない、いまだかつて読んだ事がないオリジナルの素晴らしさがここにあったよ。
才能が爆発していた。センスが爆発していた…。
こんな凄いものにどう感想書けばいいか分からないけど、感想だから思ったことを書こう。

や〜…ちょっと本当に…秀・良・子!!!
すごい…凄かったわ〜…。や〜…面白かったんですけどもね、物凄い息苦しいんですね、何かが胸の中に溜まっていくような、急かされるような…とても落ち着いて読めないような、じわじわと首元を圧迫されていくような、甘苦しい熱が描かれていたんですよね。眩暈がするみたいな。傷口を増やすような…。
何だろう本当に、とにかく、熱っぽかった。

表紙見て分かるように、女装する男の子の話なんですね。それと、彼を好きな男の子の話。
物凄い繊細ですよ、心の中を赤裸々に描こうとすればするほど、単純な言葉には当てはまらなくなっていく。そのまま描こうとすればするほど、言葉は邪魔になるのかもしれない…。言葉にすると、少しずつ、本質からずれていく気もするし。
言葉で説明しない、できない、この子達の心の色、心の熱。
それをね、一冊かけて、例えば表情や佇まいで、繊細に生々しく、表現していた気がするなあ。
ノーマルとアブノーマルの境目というか、純愛と、性愛の狭間というか…。
そういうものを、苦しい思いをしながら、募る恋心に身を焦がしながら、この子達が体現してくれているようなマンガで、私なんだかもう、胸が凄く痛かった。
あんまりにも赤裸々で、覆うものが何もないから傷口がむき出しになっている気がして、見ているこっちが痛くなるんですよね。

いやもう…色々言ってもあれなんで、以下ネタバレしつつ感想を書きます。
うまく言えないので、思ったことをもう書き殴ります。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : は]秀良子 comments(3) -

彼のバラ色の人生 * 秀良子

空と原に沸き立った気持ちがまだ全く沈静化しないその日のうちにこれを読んだのですが……こ・れ・が・…またーーーー!!!!
ちょっとちょっとほんっともう、どうしますか?大号泣ですよ私…。
これは…これはちょっと…これはとんでもなかった。こーれーはー!!!
いや〜…秀良子さん…。泣いたわ〜…。切なくっていじらしくって。私この、びくびくした心がたまんないんですよね、こういう弱い心こそ、何よりも響きます。泣いちゃう。あんまりにもこの人…受の人、怖がってて。凄く可哀想で。
ほんと、小動物か夏樹かのいたいけさ加減。

はー…すっごく好きでした、ああもううまく言えないなあ…。
ほんと素晴らしかったこのお話、実は続編です。
最初の話はコレ→ リンゴに蜂蜜 * 秀良子

この『リンゴに蜂蜜』が本当に大好きでした。ゲイで、傷ついてきた過去があって、どうしても人を好きになることに臆病になってしまう大学生の子が主人公で、ただでさえ恋愛が怖いのに、年下のちょっとちゃらっとした態度のでかいノンケ男に好かれて、好きになってしまう…という話だったんですね。
一応二人は付き合ってて、ハッピーエンドで終わっているんだけども、夏樹…って主人公の子だけども、この子の性格が変わるわけじゃないから、付き合うっていってもなかなか幸せを謳歌するという訳にはいかない…というのが、この続編の内容でした。今回は一冊まるまるこの二人の話。もうたっぷり、自分は愛されないと思い込んでいる夏樹が、コマノの気持ちを受け入れられるまで、が描いてありましたよ。
もう、しっかり!たっぷり!
泣いた!

以下ネタバレます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : は]秀良子 comments(8) -

金持ち君と貧乏君 * 秀良子

うお〜〜〜よかったあああ!!!!
今このBLがやばいの感想を書いている最中ですけども、どうしてもここでこの本の感想を書いておきたい。いやほんと、いやいやほんと、参ったすっごいよかった…!!
今まだ2月ですけども、完全に今年読んだマンガの中で一番よかったですね。そして今年読んだマンガの中で一番泣きました。
もうさいしょっから最後まで泣いたね、80%泣いてたね。

なんていうんだろう、もうね、始まって数ページでなんだろうこう、目の奥がちりちりちり…っと来るんですね、鼻の奥がツーンと来るんですね、そして胸の中がぎゅぎゅぎゅっと小さくこう…なんか子供の手でぎゅっとしがみ付かれるような、なんかそういう胸の痛みなのですね、なんだろうコレ?
秀良子さんほんっと凄いと思うんだけど!凄いと思うんだけど!

ほんとそろそろ秀良子さんのカテゴリを作らなきゃなあ。
ちなみにこれまでの秀良子さん↓↓↓

イケメン君とさえない君 * 秀良子
リンゴに蜂蜜 * 秀良子
ネガティブ君とポジティブ君 * 秀良子

この本、内容はまあタイトルどおり金持ちの子と貧乏な子の高校生のお話なのですが、描かれ方のシンプルさの割に、お話には凄くオリジナリティがあった気がしたなあ。
んでいつも本当に凄いと思うけど、このさりげなさ。こんなにもたくさんの感情が詰まっているのにも関わらず、秀良子さんが書くと全く暑苦しくないんですよね。本当にあっさりと描かれている…感じがするのに、ところがどうしてそこには、恋をするという切なく可愛く幸せだけど苦しい感情が、これでもかと盛り込まれているんですよ。瞬く間に入り込んでしまう。面白いマンガには、瞬く間に読者を虜にする空気があります。余計なことを考える暇がないです、苦しくて、可愛くて、切ないから。
人を好きだと思う感情のいじらしさ…こういうの読むと本当に強く思いますね、可愛いね。
それから高校生という年齢の潔さ、カッコよさ、未熟さ。
例えば……ってまあそれは後で書くとします。

はー…まあとにかく最高によかったです。
以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : は]秀良子 comments(4) -

ネガティブ君とポジティブ君 * 秀良子

前回の『リンゴに蜂蜜』が最高に面白かった秀良子さんの新刊でしたが、こっちも凄く面白かったです!
秀良子さん、いいですね〜。キュンって来る瞬間がとてもいいです、なんかこう…なんていうの、なんか脆そうな純粋そうな繊細そうな心の内が、特別な感じじゃなく描かれていて、でもきっと心の中は誰だって、脆く純粋で繊細であっておかしくないと私は思っているので、そういう気持ちを描くのに、特別な何かなんて必要ないんじゃないかと思うんですよね、言ってみればそういう感じです、秀良子さんのマンガ。
ドラマチックでもないし、過剰に表現されている訳でもないけども、どんな人間にだってある柔らかい心が、何かこう…青春的な色合で…なんつかラムネ色な雰囲気で描かれているのが、味というか、とてもいいなあと…暑苦しくなくて、わざとらしくなくて。
でも一歩間違えばこれも、雰囲気だけよくて中身が薄いという雰囲気漫画の仲間入りをしてもおかしくないところを、寸でのところで踏みとどまって、しっかり中身のある恋愛マンガになっているというのも、この方の力なのかなあとも思います。

この本の内容は、幼馴染みで恋人同士の高校生同士が、ほんわか恋愛をしているという、優しい雰囲気でちょっとキュンと来るという話で、激しい内臓痛はやってこなかったけれども、とても面白かったです。
まあ欲を言えばね、もうちょっと何かこう、体的な何か繋がりを描いてくれてもいいんじゃないかな…と思うんだけどもきっとこのレーベル…なんて読むのかわかんないけどこれ、なんて読むの?このレーベル、セックスシーンを入れない方針なんでしょ?たぶん。

まあこれって…これからのBLの方向性を指し示してるような気がしますね。世の中からエロマンガは駆逐されようとしているので、BLの生き残る方向として、エロを描かない、というのが一つの道なのかもしれません。
でもあれですね、とにかく恋愛の成就した一つの形としてやっぱり、最終的にはセックスをした、体で繋がった、という事実はやっぱり欲しいと私は思います。激しく描かれなくてもいいから。…というのはやっぱり、セックスしない恋愛の形なんていうものを、信じた事も考えた事もない訳で、好きになったら体に触れたくなるだろうと、当たり前のように思っているんですよ。そこでやっと恋愛物語としてはハッピーエンド、と思ってしまっているんですよいつのまにか。なので、セックスしないで、恋人同士になりました、キスしてちゃららら〜んと終わってもやっぱり……なんか物足りないんだよね〜。私…大人だし!

とは言ってもこの本は何もしないでも面白かったですよ〜。
ちなみにこれまでの秀良子さん。↓↓↓

リンゴに蜂蜜 * 秀良子
イケメン君とさえない君 * 秀良子

タイトル的に今回の本は、『イケメン君と〜』の続き的なものなのかな〜…とちょっと思ったりもしたけど、全然関係なかったです。別の話だった。出てるのは同じレーベルなんですけど。
ところで秀良子さんって、"秀良子"で一括りじゃなくて、"秀" "良子"で分けるの?秀が苗字で良子が名前?私ずっと秀良子で一括りだと思ってたよ〜…。でも考えてみれば苗字と名前で分けるのが普通か。なんで一括りだと思ってたんだろう。

以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : は]秀良子 comments(0) -

リンゴに蜂蜜 * 秀良子

えええ〜〜〜!!!!面白かった〜〜〜!!!!
久々のこの衝撃…。はぁ〜〜面白かった。超好きなタッチ。はぁ〜よかった!!!
二つ話が入ってるんですが、特に表題作がよかった。

まずこの表紙がいいでしょ!?いいですよね!?
このあっさりした白い絵がとにかく好みなんですけど、お話も凄くよかった。凄いキュンキュンしました。なんだろう〜飾りがないんですけど、繊細で、傷つきやすい心が痛々しくて、震えながらも吹きっさらしの中、自分の足で立っている感じがして、も〜居ても立ってもきゅぅぅぅぅん!!って感じでした〜!!ほんと久々のキュン値を記録したと思う!
大学生2人の恋の話でした、年上受。
飾り気がない感じがやっぱり凄く好きです。

ところで秀良子さんのこれまでの本と言えばコレ→
イケメン君とさえない君 * 秀良子

これがですね、感想にも書いたように、面白くない事はなかったけど、男2人と女1人の三角関係もどきの話で、女の子がかなり重要な役どころで物凄く入り込んできている話なんですよ。私ははっきり偏って男同士の恋愛物語しか読みたくないから、こんだけ女の子出ばって来ちゃうとな…というのが一つと、男の子2人の恋愛としては、やっぱりこの話が終わってやっと始まるって感じだったんですよね。なので色々物足りなかった。
だけどタッチは、凄く繊細そうというか…あと絵もよくて、切なさとか…気になるところがいっぱいあったので、もうちょっと読んでみたいなと思ってたんですよ。あと何かの雑誌で読んだこの人の話が凄くよかったので、やっぱ諦めずに読んでみたいと思ったのでした。
で、今回の新刊の表題作は、きっちり男2人の恋物語です。やっぱり凄く良かった。私好きな感じだった〜。

けど、同時収録がやっぱり前回のイケメン君〜のように、終わってそれから2人の恋が始まるんじゃないのか…という感じだったんですよね。これは続きを描いてくれないと大満足という訳には行かないです。擬似恋愛のようなものだった気がするんです。擬似恋愛、と恋愛、は、違いますよね。深くて大きな溝がありますよね、その両者の間には。

まあそんなこんなは以下にてネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : は]秀良子 comments(0) trackbacks(0)

イケメン君とさえない君 * 秀良子

これが出た当初、本屋で見かけてからずっと気になっていた『イケメン君とさえない君』を漸く読みました。
んで、とにかく私がタイトルから想像していた内容とは全然まったく違う内容で、それには驚いた。
イケメン君とさえない君が、なんだか淡く清くセンシティブに恋していくのだろうという…いやまあ、間違ってはいない。けど、真ん中に女子挟んでるってどういうこと!
でもよくみたら帯に、「あの娘の向こうに、僕を見てはくれないか。」とか「さえない僕と、さえてるキミと、奇妙な幽霊との三角関係。」とかってちゃんと書いてあります。これらの情報とあらすじを読めば大体内容が分かってもよさそうなものだったのに。
私いつも、あんまりあらすじ頭に入らないんですよね〜。

で、まあとにかく中身は、男二人と女の子の幽霊との、三人の話なんです。
全体的に色々淡すぎて物足りないなあと思うところもあったんですけども、ただ主人公の男の子は何だか凄く切なくて、キュンっと来るところもかなりありました。


以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : は]秀良子 comments(0) trackbacks(0)
with Ajax Amazon