Archives by Month:
Archives by Category:

流星前夜/流星光路1 * 松木加斎



きた…。きました…。流れ星ミュージアムの続編ですーーー!!!わーいわーいわーーーーい!!!
商業で発表と言うのはやっぱり無理だったようで、同人誌での発表ですが、それでもすーっごく嬉しいです、縛りがないので、思う存分ゆっくりじっくり描いて欲しいなあ!
それに『だいがくせいにっき』なんて同人発表だったのが商業コミックスになったじゃないですか、そういう事もあるしね。
とにかくせーじさんの続きが読めてすっごく嬉しい。楽しみできた〜。

というのは何の話をしているかというと、松木加斎さんのディアプラスのコミックス、『流れ星ミュージアム』というのがあるのですね。これです。↓↓↓


そんで私はこれがとにかく大好きなのです、面白いです〜。
どういう内容かというと、こういう内容です。↓↓↓

流れ星ミュージアム * 松木加斎
しつこく流れ星ミュージアム!

ちなみに『だいがくせいにっき』というのは流れ星ミュージアムのスピンオフです。
せーじさんもちょっとだけ出てきます。全部合わせて読むと楽しさ倍増です。↓↓↓


大学性日記 * 松木加斎
だいがくせいにっき * 松木加斎

んで、記事にもたくさん書いているのですが、主役の青磁さんの過去っていうのがこの話の重要なポイントになってくるんですが、その過去が描かれてなくて、伏線をたくさん張ったままコミックスは終わっていて、当然続きが出るものと思っていたんだけど、続きが出ない。作者の方は出したい描きたいという思いがあったようなのですが、なかなか難しいのか、ずっと出なくて、出ないまま月日が流れていたのです。同人誌でもいいから描きたいというような事を松木さんも書かれていたので、待っていたのですが…漸く!去年のJガーデンの時に番外編を出されて、冬コミで本編が始まった、という事らしいです。私Jガーデン行かなかったので、冬コミで初めて知りました。
もう、思わず「わッ」と小さく声上げてしまいました嬉しくて〜。

とにかくね、何回も言うけど、せーじさんいいんですよ〜。
受のおっさんなんですが、本当におっさんなんです。全然カッコよくないですよ、もさっとして小さくて小汚くていっつも目の下にクマ飼ってて無精ひげで、ぬぼ〜っとしたおっさんなんです。色気もないです、もちゃっとしてます。しかし実は高名な画家でもあります。そんなおっさんを好きになるのはイケメンの美術学生です。年下攻です〜。
いっつもぼんやりしてて、何を言ってもやってもはっきりと反応の返ってこないせーじさんに、年下の学生が、きりきりじれじれしながら恋をするんですよね〜。
しかし、このせーじさんには過去に何か辛いことがあったようなのです。有名な画家であるのに、今は描いてないんですよね、そうなるだけの理由があって、そこが描かれない事にはどうにもこうにも全然ダメだと思うんですよ、そしてそのとっても重要なせーじさんの過去編が、始まったというわけなんです…!

…という訳なので、カッコよくないしスマートでもない、小汚いけどなんか愛しいおっさん受が大丈夫なら…『流れ星ミュージアム』読んでみないですか?

以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : ま]松木加斎 comments(0) -

イキたいからだ * 松木加斎

松木加斎さんの新刊ですワーイ!!
今回は短編集でしたが、面白かった〜!!短編全部凄く面白かったです。
表題作は割とノーマルな話だったんだけど、同時収録たちが何とも松木加斎さんらしいオリジナリティに溢れるキャラと受攻で、凄く楽しかった。
最近の新刊は普通のキャラが多かったので…そっちもいいんだけどやっぱりこの方の魅力は、他の人が描かないようなキャラたちが出てきて、すーっごくカッコ悪い様を赤裸々に描いちゃうとこだと思うんですよね。
なんていうかなあ、小奇麗さがないっていうか…小汚いっていうか…この方が描くようなキャラって、あんま他の人では見ない気がするんですよね、表情とかも取り繕ってなくて、本当に何もかも曝け出してるっていうか、カッコ悪くて。
そういうところ、本当に面白いと思うんです。

例えばこの方のオリジナルデビュー作 夕暮れララバイ * 松木加斎 というのですが、これがね、メタボなサラリーマンが主役ですから…。
すっごく変わってると思わないですか〜?見た目は普通なんだけど、なんつうかなあ、オーラがないっていうか、主役はるような雰囲気が全然ないんですよぅ〜っ!!
で、次の流れ星ミュージアムなんて…これ私だいっすきなんですけども、受のおっさんが本当に半眼の小汚くて頭にフケが乗ってそうなおっさんですから〜っ!!
でもね、どっちもすっごく面白いから!→ しつこく流れ星ミュージアム!

こういう独特なキャラを描くところが本当に面白いところだと思うんです。
で、今回のこの本の中には、松木加斎さんの魅力がいっぱい詰まってたと思うなあ。

特にもっさくてゴツイけど乙女のように純情な受の話が私は一番好きだった。
面白かった、なんだろうこのこっぱずかしさ…。

内容については以下に。ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : ま]松木加斎 comments(0) trackbacks(0)

だいがくせいにっき * 松木加斎

あの"だいがくせいにっき" が商業コミックスに!!!
と驚いたのですが、何故なら初出が同人誌で、私が同人誌で追いかけていたからで、あの『流れ星ミュージアム』のスピンオフだからです。

大学性日記というのはコレ↓

大学性日記 * 松木加斎



そんで流れ星ミュージアムというのはコレ↓↓


感想はこちら↓
流れ星ミュージアム * 松木加斎
しつこく流れ星ミュージアム!



そんな訳で私はこのシリーズが大好きなのです。とにかく流れ星ミュージアムが大好きです!大好きで大好きで大好きです!
しつこく言うけど大好きです!
そんでこの、『だいがくせいにっき』は私の大好きな流れ星ミュージアムの攻の男の子の友達の恋の話で、流れ星ミュージアムの2人もかなり出てくるのです。だから私は、だいがくせいにっきの2人も面白いけど、流れ星〜の2人も出てくるから余計に嬉しくて、同人誌で丁寧に続けてくれている事に感謝したいような気持ちだったのでした。で、ちゃんときっちり終わりましたからね〜。
と思っていたらそれがまるまるコミックスに!同人誌で全部持ってるから正直買うのを迷ったんだけど、でも書き下ろしもちょっと載ってるし、松木加斎さんのコミックスはやっぱり欲しいので買いました。
書き下ろしで青磁さんと坂元もちょっと見れたし、買ってよかった。
作画とか直したって描いてあったけど、よくわかんなかったな〜。

こうしてスピンオフがコミックスになった事で、流れ星ミュージアムの続きを…この会社から何とか出させてもらえないだろうかとか考えちゃうなあ…。
だって凄い面白いんですよ〜。このだいがくせいにっきで青磁さんと郁に興味を持ったらぜひぜひ『流れ星〜』もオススメです、読んでみて〜。青磁さんのビジュアルがイケるなら、面白く読めると思うんだけどなあ。若くてカッコいい男がもっさりした小汚いおっさんに惚れて一生懸命恋してて凄くいいですよ、青磁さんももっさりしすぎているけど、でもすっごくいいんです、私青磁さんが凄く好きなんです。もさいおっさんでいつも頭にひよこ乗っけてんのとかもう〜。なのにこのおっさんはかなり受。実は割とビッチ。このギャップがもうたまらないです、絶対過去編読みたい〜!!青磁さんに何があってこうなったのか読みたい読みたい読みたい!!

…って全然だいがくせいにっきの話を書いてない…。
だいがくせいにっきの方は、なんと言ってもこの全然イケてないとっぽい攻。なんかもう全然主役張るビジュアルじゃないですよね。でもこんな脇役顔を主役に持ってくるところが松木加斎さんの独特なところで、私が好きな所以なのです。本当になんだか、イケてない人を描くのよこの方…。貴重だと思います。この話は色んなところがかなりベタ〜いんだけども、でもキュンとしますよ、ベタさと泥臭さが好きです、なんだか全然カッコつけてない感じがして、地べたな感じがいいです、凄く素朴で、ストレートで。攻の笑っちゃうくらいの純粋さ、新鮮です。

感想は上の同人誌の記事にちょっと書いてるんですけどももう一回。
以下ネタバレます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : ま]松木加斎 comments(0) trackbacks(0)

ラヴァーズワールドエンド * 松木加斎

松木加斎さんの新刊です〜。
今回のも短編集で面白かったです。ぎゃーっと叫びたいほど印象深いってものはないように思うんですけども、私松木加斎さんが何だか凄く好きなんですよね。何が好きなんだろう?なんと言うか、絵かなあ。ちょっとオリジナルな、松木加斎さんしか描かないような表情を描かれるんですよね。その、松木加斎さんしか描かないような表情とかが凄く好きなんです。
年上受だと、受の人の眠たげな目がいいですよね。
あと真面目な子のそばかすとか、ちょっと突き出した口唇とか、独特で好きです。

以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : ま]松木加斎 comments(0) trackbacks(0)

ハッピーエンドにしちゃわない? * 松木加斎

松木加斎さんの新刊です〜。オリジナルはまだ3冊目ですよね確か。もっともっと出てきてもいいのになあ…と思う漫画家さんなんですが、今回の新刊はそんなにインパクトがある訳じゃなかったけど、面白かったです。

前の二冊が少し変り種…と言っていいカップルだったと思うんですよね。

前の二冊→
流れ星ミュージアム * 松木加斎
夕暮れララバイ * 松木加斎

流れ星ミュージアムは美形の学生ともさいおっさんの話でおっさん受。しつこいようですが、続き読みたい!!  …タブーを侵してデカ太字にするくらい読みたい。タブーだったのかっつう話ですが、タブーでした。あれですね、全体のビジュアルの問題ですね。あとあの〜…あからさまでしょ、カッコ悪いなあと思って。あくまで自分が書く側としての問題ですけども。デカ太字の話ですよ?
まあそんな事は置いといて。

んで夕暮れララバイは、メタボなサラリーマンとボクサーでボクサー受。これも面白かった!

そんな感じで、二つともかなり独特なんです。とってもオリジナリティなんですよ。
それに比べたら、今回の短編集は、とても普通でした。
なので、期待していたよりはインパクトは薄かったんですが、でも面白かったです。

かつてはヒーローだったのに、挫折して今はニートとして自信喪失、投げやりな日々を送っている主人公が、かつて苛められっ子だったけど今は会社を興して若い社長として立派になった中学校の時の同級生に再会して告白される、という話です。

以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : ま]松木加斎 comments(0) trackbacks(0)

大学性日記 * 松木加斎



松木加斎さんの同人誌で、私がしつこく密かにずーっと続きが読みたい、面白い!!!と、プッシュし続けている 『流れ星ミュージアム』 のスピンオフです。これが面白いんですよ〜。
私去年の冬コミ以降イベントに行ってないので、4が出たかどうか知らないんですが…そのくらいちょっと調べれば分かることですよね、相変わらずなんかこう…その辺の事をしない性質で。出ているとしてもいつかイベントに行っていつか読めるだろうと高を括っています。
とりあえず私が持っているのは1〜3まで。

『流れ星ミュージアム』は私大好きでほんと面白いと思っているし、読むたびきゅんとして泣いちゃうんですけども、この本にはあの本の主役のおっさんはあんまり関係ありません。関係ないけどちょろっと出てくるのが嬉しい。あと流れ星〜の攻の坂元くんはちょびちょび出てきます。
この同人誌の主役は二人とも、本編の『流れ星〜』に出てきた子達で、一人は坂元の学校の友達で平凡で不細工な男、もう一人は坂元がゲイパーティーで知り合った性格の悪いおぼっちゃん。
なので、坂元は割と関わってるんですよね。

ちなみに本編はこれ↓↓↓


受のおっさんはぼやけた本物の小汚いおっさんですが、この人を年下のカッコいい青年が好きになって、二人が恋をします。凄く面白いんですよ〜。読んだ事ない方はぜひ!!ちなみにおっさんは表紙の人ほど小奇麗じゃないので、そこを踏まえておいた方が楽しく読めるかも…。


以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : ま]松木加斎 comments(0) -

しつこく流れ星ミュージアム!

前も書いたし何回もオススメしたし、しつこいようですがまだプッシュします、流れ星ミュージアム!
というのも、この話はまだ途中なんですね。しかし、続きが掲載される事はまだ決まってないようで、私は続きが読みたい…!なんかあの〜…Dear+の愛読者カード?そういうので、続きが読みたい!とかって書けばいいのかな。そんな事した事ないけど、そういう勇気を総動員してでも続きが読みたい。

これは前書いた感想。こっちにあらすじ書いてます。↓

流れ星ミュージアム * 松木加斎

あんまり話題になっているのを見た事がないので、この話が人気なのかどうかも良く分からないのですが、ただ私は物凄く好きなんです。この話を大好きだ!って言ってる方を見た事がない…っていうのが凄く寂しいんですが、同志の方いらっしゃいますか?居ると凄く嬉しい…!

なんでいきなりこんな事を…と言うと、先日の有明の方で手に入れたこの方の本が、この話のスピンオフだったんです。その話には、私の大好きな受のもさいおっさんはあんま関係ないんですが、攻の残念な美形はいっぱい出てきてて、この子の友達の話だったんですね。で、スピンオフだったっていうのでちょっと興奮しまして、そしたら後書きに、流れ星〜の続きを書かせてもらえるかどうかまだ分からない的な事が書いてあったので、もう居ても立っても居られなくなったという訳です。

前も書いたんですが、この話の特異さは、受のおっさんにあります。まず見ないですよ、このもっさり感は。普通、受っていうのはどんなに不細工であろうとも、スラッとスマートだし、目の下にいっぱいクマ飼ってないですよ。でもこのおっさんはいつも4~5頭身くらいで、最初の方は顎が二重顎で…っていうのが徐々に修正されていってて寂しい限りですが、とにかく目はいつもどんよりしていて、ぼてーっとした、もさーっとしたおっさんなんです。全然全くイケてないんですよ、不細工なんですよ…!でもこの人受なんです。
私は大抵、痩せた男がスキだし、マンガの絵にも骨っぽい感じを求めているし、骨を感じさせない絵っていうのはあんまり好みじゃないです。
なのに、この私をして、このおっさんを好きだと言わせるこの魅力。一体なんなの…!!!
なんだかよくわかんない、わかんないけどこのおっさんの事を、攻のカッコいい年下の男の子は好きになって、このおっさんにこの子は性的な何かを感じるんですよね。そこに不思議な事に全く違和感がない。
読んでいると、この男の子に同調して、おっさんが魅力的に思えてきて、おっさんに興奮してしまう攻の気持ちが理解できるような気になってしまう。
そしていつのまにか、このおっさんが大好きに…。
感情の描き方が絶妙なんだと思うな、どこかリアルだし…ほのぼのしているようなんだけど、凄く感情の描き方が暗くって、ほわっとした感じとどんよりした感じが同居しているんですよ、凄く独特だと思う。
このおっさん、なんていうかな…受の要素を悉く排除している感じがとにかく新鮮で、だからこそ、人間くさく魅力的に感じる…それなのに、下半身事情はというと割と受として経験者だったりするんですよこれが。普段はのほほんとしているんだけど、過去に何だか辛いことがあって、それを捨てきれない芸術家なので、いつも暗い影を纏っていて、だけどその暗い影を思い起こさせないくらい普段はぼさーっとして小汚い。本当に小汚い。
こんなもの凄く癖のありそうな、扱いづらそうなマイペースなオヤジを、21歳の若い男が好きになってしまう。
扱いきれないんですよね、21歳じゃあ。持て余して、悩みながら、一生懸命扱いづらいボサーッとした男の側にいようとする攻の男の子も凄くいいんです。すらーっとしたカッコいい攻の子の腕の中に、ぼさっとしたちっさいおっさんが納まっているという図が、ひょっとしたら滑稽なのかもしれないんだけど、これ読んでると、凄くズキズキ来るんです。凄くキュンと来るんです。
おっさんの台詞もいいんですよ、エッチの時とか、終わった後とか。一見若い子に流されているだけのようなおっさんも、実はしっかりと攻の子に気持ちを移していて、去られた後の傷ついた表情なんかほんと泣いちゃうし…。

友達が、どうしてもおっさんの見た目がダメだったって言ってたので、そういう人ももしかしているかも〜…と思うんですよね、これ表紙のおっさんが可愛すぎるので逆にネックじゃないだろうか。
だって、この表紙の人を期待しちゃうでしょ?私は雑誌で読んだ事があって買ったので、そういう事はなかったんだけども、表紙の人を期待したら、大分違うと思う…。ちなみに上の黒髪が受おっさんです。
実際は表紙の人をもっと上から押し潰した感じで、もっともっと小汚いボサオヤジなので、その辺期待せずに捲ると、なんだ意外に可愛いじゃないか!と言う事になっていいかもしれない。スタートラインを低く…って褒めてんのかけなしてんのかわかんないな。
でも、このおっさんが小奇麗になっちゃったら、もうそれはこの話の魅力が半減しちゃうと思うんです。
なので、このおっさんはもさいおっさんであるべきなんです。

とにかくそのくらい私にとっては面白い話なんですが、このおっさんの過去が全く描かれてないんですよ。これからこの二人はきっと、このおっさんの過去と戦わなきゃいけないんだと思うんですよね、それで初めてやっと本当に恋人同士だと思うんです。そこ絶対読みたいじゃないですか。

続編希望!!!



あ、ちなみにFC2拍手ですが、数字表示されるようになりました。
こういうことがちょくちょくあるみたいですね、ちゃんと表示されてよかったです。



拍手する
Catergory in [comics : ま]松木加斎 comments(0) -

夕暮れララバイ * 松木加斎

『流れ星ミュージアム』 が凄く好きだった松木加斎さんの一個前の本読んでみました。
うーん独特。何が独特って…キャラが。色んなことが凄くオリジナルだなあと思った。凄く面白いマンガだったんだけど、何回か読み返した方がもっと面白いと感じられるような気がする。あたしなんか色んな先入観や思い込みがあって、頭の中にセオリーを作ってしまっているから、こういうのなかなかフラットに読めなくって、最初どうしても戸惑ってしまう。
今回は友達から逆だよって聞いてから読んだので、ちゃんと受攻把握した上だったし、だからその辺の期待はなくストーリーに集中出来たように思います。それよかった、凄い面白く読めたし。

『流れ星ミュージアム』の時も思ったんだけど、あの時も受のおっさん本当にむさくるしかったんですよ、なんていうか、読者ウケしそうな小奇麗なキャラを書かないのよ。それ凄いなあって…。それでしかもそれが面白いんですよね。『流れ星ミュージアム』の小汚い受おっさんも全く女子ウケしない感じなんだけど、でも読んでるとあの人ほんとに愛しくて、最後には大好きになってしまってたし、あのおっさんにすごくキュンとさせられて…だからそういう瞬間を描くのが凄くうまい方なんじゃないかなあ。見た目に頼らないのが凄いと思う。
この話でも、攻のサラリーマンほんっとカッコよくなくて30歳でメタボ?ってかちょいポチャな設定なんですよね、笑える。ボクサーの方も綺麗とかっていうのとはちょっと違う、目つき悪くって…あたしは好きだけど。とりあえず綺麗とかカッコいいとかっていうキャラと遠い気がするんですよね。その辺が凄い独特だと思う。なのにキュンとしてしまうっていうのが。


以下ネタばれます。



Read more...


拍手する
Catergory in [comics : ま]松木加斎 comments(0) -

流れ星ミュージアム * 松木加斎

えー!すっごい面白かった、予想外すぎた!
前Dear+買った時にこれの途中がちらっと載っていて、話は分からなかったけど、何となく凄く…フィーリングが合いそうな感じがしたんですよね、絵はあんまりタイプじゃなかったんだけど、マンガの描き方ってあるでしょ、自分の好き好きが。そういうのが…あ、合いそう…みたいなのってある、途中をちらっと読んだだけでもそれ感じたのを覚えていたので、買ってみたんですが…いや面白かった…!
えらいキュンキュンしてしまった、不細工なオヤジ受なのに…。本当に不細工なのに。でもこういうの読むとほんと思うけど、やっぱストーリーと魅せ方が全てなんだろうなあって思う、受の人が綺麗でも何でもなくっても、自分のタイプの絵じゃなくっても、恋している心さえ響いてくれば、何か訴えかけられるものさえあれば、凄く面白く読めてしまうんだなあ…まああたしの場合だけど。絵がタイプじゃないから〜…とか言って読んで面白くないって言ってるものは、やっぱり絵だけじゃなくてお話が好きじゃないんだと思う所詮。

これは何やら過去に相当何かしんどい事があったっぽい、無精髭でぼさーっとしたもっさいおっさん…っても年齢まだ35、6?4?くらいだと思うからたいしてオヤジっつうオヤジでもないと思うけど、とにかく見た目がものすっごいもさくって、これ表紙にはいい感じで描いてあるけど、全然こんないい感じの男じゃないよ、この話のおっさんは。見た目も雰囲気もとにかくもっさいですよ。でもなんか可愛い。で、このおっさんを21歳の、カッコいい学生が好きになってしまう話です。ほのぼの〜っとしちゃう感じもあるし、時々ギャグですけど、でも基本的にシリアスだと思う。とにかく面白かった。
あと、表紙綺麗…!上の画像だと暗いけど、手に取ると凄く色合とか綺麗です。タイトルも可愛いね、流れ星ミュージアムだなんてさ。

以下ネタばれます。



Read more...


拍手する
Catergory in [comics : ま]松木加斎 comments(0) -
with Ajax Amazon