Archives by Month:
Archives by Category:

お父さんは悩ましい * 吉池マスコ

マスコさんの新刊すっごい楽しみだったー!!ほんと4月の新刊が全部よくてよくて、どれもこれもいいんですけども、マスコさんの新刊もすっっごくよかった〜!!これまた泣いた!!

キュンラブなんですよ。こう見えて。いやこう見えてってどう見えるんだって話なんですけど、でもいつもギャグが多めですからね〜。
でも今回のこの本、すごくいじらしい大人の恋の話でしたよ、すごくよかった!マスコ節の大人の恋って、これまで何個かあったけど、泣けるよね。すごくいいですよね。

子持ちやもめの真面目なサラリーマンが、一見クールだけど実は一途な部下に惚れられて、一生懸命その気持ちに応えるべきか否かを考えるという話なんです。あ、その主人公の真面目なサラリーマンは攻です一応。
そんでまたマスコさんだからわらかしてくるんですよね〜。ギャグってほどでもないけど、ちょくちょく表現が可笑しいじゃないですか〜。
いちいちプッと吹き出してしまった。
明るくてきゅんときて泣けるなんて、ほんとエンターテイメントだよね。
お父さんの表情とかダサくて面白くて愛らしかったです。


以下ネタバレます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : や]吉池マスコ comments(0) -

彼と任務とセックスと。 * 吉池マスコ

マスコさんの新刊ですが、これすーーーーっごいよかったんですよ〜〜!
ちょっと本当に予想外…。予想外っていうのも失礼な話なんだけど、違うんですよ、ジュネットなのでアホエロかと思ってたんですよ。別にそれはそれで楽しいし、そういう意味でちゃんと期待はしておりました、マスコさん面白くなかったことないもんね。

しかし、それがなんと…シリアスだったんです。
でもちゃんとエロいのです。エロいんだけどシリアスで、すーっごい切なかったのです。泣いちゃったよ私…。あんまりにも切なくて、なんかもうどうにかなんないのかと思って。

これ実はスピンオフです。読むまで気付かなかったんだけど、エロ忍者シリーズだったんですね〜。
エロ忍者っていうのはコレ→ エロ忍者~桃尻忍法帳~ * 吉池マスコ

こっちは割と明るくてエロくておバカで笑えたんですけど…いや本当はちょっと切ない感じもあったんですよ、感想は笑えたしか書いてないけど、切ないとこもあったし、もにょったとこもあったんですよ実は。親方様を好きなゴツイ男とか可哀想だったし、主人公達の恋愛模様はちょっとキュンっとしたりもしたし。親方様が結局女子とくっついたのも凄く悔しかったし…。いやそこはもう性分なんでしょうがないです…。
でもまあ全体的には明るかったんです、れんげが常にエロくて可笑しくて。

だけど今回のこっちはもう、とにかく忍者という設定に付き纏う切なさがメインのお話で、まあシリアスな忍者モノと言えば大抵は、抜け忍狩り…。抜け忍っていうと大抵悲しいお話ですよね。
んでこの話も抜け忍を狩るというのがベースでとても悲しかったです。

以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : や]吉池マスコ comments(0) -

二十二歳だった。 * 吉池マスコ

マスコさんの同人誌なんですが、すっごくよかったんです。
これは『黄昏小説家』というコミックスの番外編同人誌なんですが、黄昏小説家っていうのはコレ↓↓↓


私の感想はこちら→ 黄昏小説家 * 吉池マスコ

この本、マスコさんの中でも珍しく、セックス描写も薄く…あったかなかったか覚えてないんだけど、覚えてないくらい薄かった気がしますが、主人公二人の恋もまだ始まりきらないで終わっていたんです。
なんで始まらなかったかって言ったら、先生が元彼との恋愛を引き摺って…いや引き摺るどころか、まだまだずっと元彼の事を忘れられない状態で、むしろ、忘れられないんだ、という事を書いたお話だったんです。
でもとても面白かった。切なくて結構泣いた記憶があります。

んでこの同人誌は、その先生と元彼のお話なんです。
この先生は、元彼の事が本当に大好きで大好きでたまらなかったんです。ひねくれていてそれを素直に前に出せる性格でもないけども、先生が前の恋人、安田に身も心も全て預けきっていた事は確か。
私はこのコミックスの続きを物凄く読みたいし、書いて欲しいんですけども、もしかしてそれも同人誌発表と言う形になるかもしれないなあ…。いや、同人誌でも嬉しいけどね。でもやっぱり商業コミックスになったらいいなあと思います。

今回のこの同人誌は、続きではなくて過去の話です。
若い頃、先生と安田がどのように付き合い始めたかという話なんですが……よかったんですよ〜!
すっごくよかったんです。
泣いた〜も〜キュンとした〜!

あまのじゃくで不器用な若かりし頃の先生…龍太郎。そんな不器用さを全て分かっていて、彼に恋してくれる安田。
短編だけど、ヒリヒリするような龍太郎の若さと不器用さに、泣きました。

以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : や]吉池マスコ comments(0) -

ご主人さまペロペロ! * 吉池マスコ

ちょっとすっごい面白かった〜!!
も〜とにかく笑えるったらなかった、ずっとにやにやくすくす、しまいには声出して笑ってしまった、あ〜可笑しかった!
そんででも笑えるだけじゃなくて、キュンっとするいじらしい瞬間もいっぱいあってちょびっと泣いてしまったり。本当にマスコさんの書くこのおバカでキュートな話って、どっか暖かくてとても優しいですよね〜。面白かったです。

この本は、ペットが人化する系のお話で3カップル分と、全然別のがもう一個入ってる短編集でしたが、とにかくペットのシリーズが凄く面白くって好きでした。


以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : や]吉池マスコ comments(0) -

黄昏小説家 * 吉池マスコ

切なくってよかったです〜。でもマスコさんならではの笑いもあって、可愛さもあって、キュンとしたり泣いたり笑ったり…でした。
主人公の小説家先生が、失恋から何とか立ち直る様をゆっくりゆっくり描いていて、とにかく全体的に凄く切なくてとてもよかったんだけど、元彼がなんで先生を捨てたのか…書かれてはいるけど何となく納得できなかったのが、ちょっと引っかかったかな〜。
次の恋が始まりきらなかったのはアリかなと思うんですよ。読んでても、先生の心の傷が大きすぎて、やっぱり立ち直るには一冊分必要だったんではないかと思うし、そんだけ身も心も預けきっていた男をそう簡単に忘れられる方が不自然だと思うし。

だけど…安田だよな〜だから!
安田はなんで先生を捨ててすっきりした顔してんの?なんか納得行かない!

けど、安田を忘れられない先生の女々しい心には、ぐっと来ました。私こういうの好きなんですよね。先生が泣くたびに泣いてしまいました。


以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : や]吉池マスコ comments(0) trackbacks(0)

俺が世界を救う * 吉池マスコ

あの死神たちにまた会えた!!!
という事で、とにかくそんだけで嬉しかったし楽しかったので、今回は無条件に★5!!

厳密に言えば、死神ではなくなっているんだけども…なんか色々あって今悪宇宙人を倒す使者みたいになってんだけど、キミら何があったの…?
でも弟の頭にやっぱりハムスターが乗ってて、もうあたしそれだけで可笑しくて可笑しくてたまらんかった。すっっっごく楽しかったので大満足でした。
同時収録のおじさんの話には凄くキュンとして、マスコさんらしい可愛くエロい恋が描かれててこっちも凄くよかったです。

表題作の、悪宇宙人を倒す使者みたいになっとる双子…双子だったっけ?だけど元は死神。というのは、コレなのです↓↓↓


感想はこちら→ ベイビーカムヒア * 吉池マスコ

ここに出てくる死神の兄弟がいるんですけど、これがおかしいんですよとにかく失敗ばっかりしてて、見た目は可愛いだるまみたいなのに、物凄い毒舌。ハムスターはこの話に出てくる受の子が飼いたいって言って連れてくるんだったかな確か。常にハムスターぐるぐる回ってんのがもう、ほんっと可笑しかったんですよ。

んでその死神たちが今回何故か悪宇宙人を倒すために、キラー精子っていうのを持ってる人間を使って悪宇宙人の悪いところをなくして良い宇宙人にしてしまう………と、言うなんだかフザけた設定なのですが、私はマスコさんのおふざけが大好きなのです!すっごい楽しかったです〜。

悪宇宙人とか言ってるけど見た目は普通の人間で、キラー精子を持ってる男っていうのも人間なので、精子で退治するって結局そういう事な訳で、まあやっぱりふざけた設定なのです、可笑しかったです。

で、同時収録の花とおじさんの方は二年くらい前に雑誌で読んだ事があったんだけど、やっとコミックスになったんだなあ、二年も掛かってるなんて…。
可愛い子受だけど、マスコさんだとこんなにも面白いっていうかキュンと来るんだなあ、切なくて可愛くてエロかった〜。

以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : や]吉池マスコ comments(0) trackbacks(0)

永遠のボーイフレンド * 吉池マスコ

号泣でした…。あんまり思い出して書くとまた悲しい気持ちになるので、もう振り返りたくないような気もするのですが…だってパラパラ捲るだけでも危険なんですよ。
でも、物凄くいいマンガだったので、スルーする訳にはいかない…!勇気を出して自分の為に、パラパラ捲りながら感想を書いとこうと思います。
…が!ほんっとに悲しかったです、切なかった、もうあたし、こういうの本当にダメなんだー…。こんな気持ちにさせるなんて、罪だよマスコさん〜。いやでも、素晴らしいプレゼントでもあると思います。悲しいばっかじゃなくて、きゅんっと来る涙もあったし、笑いもあったし!つうか本当に笑ったところいっぱいあったんですけど、笑ったかと思うと号泣でしょ、どんだけ感情揺さぶるのか。
本当にいい一冊でした、もー素晴らしかった、泣いて笑って泣いて笑いました、でも泣いた…!

以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : や]吉池マスコ comments(4) -

ライオンヘッド★ハイスクール 2 * 吉池マスコ

ライオンヘッド★ハイスクール 1 これの2巻です。
2巻になっても別にBLでも何でもない話なのですが、でも面白かったです。

嵐は相変わらず心優しい不良なんだけど、彼の妹との話がメインだった。父親に理不尽に扱われていて何とも不憫でした。嵐は本当にいい子なのに。

あと優しく可愛いメガネ先生の謎が解けました。なんだたったそれだけの事だったのか…。いや強いんだろうなくらいは想像ついたので、なんかもっと凄い秘密があるのかと思っていた。富樫は結局先生に懐いているだけだったんだ。一巻のがちょっとトキメキがあったなあ、富樫と先生のこと…を気にしていたのはあたしくらいだろうけど、嵐と女装していた愛原君が凄い可愛い関係だったので、もうちょっと愛原君が出てきたら嬉しかったんだけどなー。でも嵐は愛原君には割と癒しを求めているのではあるまいか。会うとちょっと頬を染めているのが可愛い。

で、今回から出てきた嵐の自称舎弟のチビスケがとんでもない馬鹿で凄い笑いました。鬱陶しいんだけど、やってる事があまりにしょうもないのでえらい笑えたよ、楽しかった。

なんか結局嵐は不憫なままだったけど、富樫も不憫なままだったよ。
何にも結論が出ないまま終わっていたけど…別に結論を出すべき事もなかったな。どうももう脳みそが、男ばかり出てくるマンガには関係性に結論を!!!という風に…なにこれBL脳なのだろうか?

さっきまで眠い眠いと思ってたんだけど、意地になってPC消さずにいたら目が冴えてきた。
この勢いで小説を読んで寝たい〜。昨日読んで寝たかったのに、是8を読み返してまた泣いてたらいつのまにか寝ちゃっていた、今日こそ読みたい。
とにかくこれで机の上が片付くわ。これだけ書かなきゃと思って一冊ずーっと仕舞えなかった。
すっきり!!




拍手する
Catergory in [comics : や]吉池マスコ comments(0) -

犬日記 * 吉池マスコ

エロ〜…。
先輩を一途に大好きな後輩を、先輩が邪険にしながら苛めながら、エロいことをしまくるという単純な内容です。
どんなことをされても後輩の方は先輩の事が大好き。先輩の言動にはなかなか愛情らしきものが見えないんだけど、後輩は相当マゾです、なんか苛められて喜んでいます。勿論、先輩もそれなりに後輩の事を好きな様子、一応ラブい。色んな場所で色んなプレイで、とにかくセックスばかりしています。
しかし笑うところがいっぱいあって凄い面白かった。後輩の泣き顔時々大笑いした。それからあんなに先輩の言いなりの割りに、先輩を無理に起こそうと目を抉じ開けてたりとか!あそこものすっっっごい笑った。トナカイの格好して寝てる姿とか、起きた時の3の字の目とか!4話目のトイレでのまさおのひとりエッチとか!!あ〜…今読み返しても笑ってしもた。まさおを殺さないで〜っって、アホか。なんて恥ずかしい男なんだ、ほんとエロギャグマンガだった。

同時収録の幼馴染みの話が一番好みだったな、ちゃんと恋している感じが。
幼馴染みだけど片方は優等生、片方は女好きの単純バカ。凄く女にモテる優等生の方が実は幼馴染みの事を好きで…っていう話。これもエロかった。でも真面目な優等生って感じの可愛い子がいきなりエロくなるところにギャップがあってよかったな。

ヒロシの話は、ヒロシがひどすぎた…。あたしは勿論断然リーゼントのアホヤンキー派です…!普通に、一度でいいからアホヤンキーにヒロシをやって欲しかったよ…。でもそんな日は永遠に来ないな、憎い男だヒロシ。

ヤクザの話は、我慢している坊ちゃんが切なかったです。辛い気持ちもぐっとこらえて笑顔を見せる、強くて健気な子だった。
でもその続きの話が好きだったな。敵対しているヤクザの男とその舎弟の話。いつのまにかそんなエロい事に…。意外で凄く面白かったです。

書き下ろしもやっぱりヒロシが憎かった。



拍手する
Catergory in [comics : や]吉池マスコ comments(0) -

ライオンヘッド★ハイスクール 1 * 吉池マスコ

まだ2巻買ってないんですけど、これだけでも十分面白かった。BLのレーベルじゃないので男同士のラブは読めないだろうと思っていて、実際やっぱり男同士が恋愛している訳じゃなかったんだけど、でも男子校を舞台にしたギャグマンガで面白かったです。ちょっとだけ切なかったりするし、キャラも面白い。主人公のケンカっぱやい動物好きの嵐も、そのライバルでいちいち突っかかってくる富樫も、二人とも可愛くて面白かった。嵐と愛原の関係は、これがBLだったら完璧この後ラブな展開になっていく事だと思うけど、きっと友情どまりなんだろうなあ…くそ〜っ
嵐を騙してしまった…けど友達になりたい…みたいな愛原が切なくてきゅんとなりました。
で、断然気になるのは、アホな富樫と先生の間柄です…!何故あんなに富樫はあの可愛らしい先生に懐いているのか…!なんであんなに先生のいう事を何でも聞くのか。これがBLだったらここにラブが〜…でもきっと違うんだろうな。
この学校の不良たちは何故あんなに先生を怖がっているのかとても不思議です。その辺は凄くまだ謎のままなので、2巻で明らかになるのかな。探して買わなきゃ。
とにかく小さいところがいちいち笑えるマンガで楽しく可愛かった!




拍手する
Catergory in [comics : や]吉池マスコ comments(0) -
with Ajax Amazon