Archives by Month:
Archives by Category:

ストロボスコープ * ヤマシタトモコ

ちょっと遅くなってしまいましたがやっと読んだヤマシタさんの新刊。
いや〜…ちょっともう…めっっっっちゃめちゃ好き…!!!!も・の・す・ごーーーーーっっく!!!面白かったーーーー!!!!
はー…ちょっともういろんなこと考えちゃったなあ、久しぶりに読んだヤマシタさんだけど、久しぶりだからこそ、あれこれ色々考えさせられたわ〜…。

とにかくね、こんなに面白かったというのはもうはっきりしていて、表題作の『ストロボスコープ』がよかったんです。
とにかくこの短編一本です。他の話も面白かったけど、とにかく飛びぬけて一番よくて、私がこんなにも感激しているというのは、この『ストロボスコープ』です。
ほんっとに面白かった。

ヤマシタさんBL暫くコミックス出してなかったけど、出してた時代も最後のほうはこういうタイプの話、描かなくなってましたよね。印象なんだけど…初期に近い気がする、割とストレートな恋心が描かれてて、よかったなあ。
それに、主人公のおっさんが私…もう…タイプで…。
好みで好みでタイプでタイプで、ど真ん中過ぎてさあ。痩せてこけた頬、顔の皺、垂れ目、巻き毛、目の奥の孤独。
凄い表情なんですよね、なんて顔を描かれるのだろう…と、もう見てるだけでぐわ〜っと落ちていきそう、落とされそう。

で、この寂しい中年と、その中年を好きでいてくれる青年がいて、読んでる間に、この中年の寂しさが報われる瞬間を凄く待ち望んでいるんだけども、いつ捨てられるか、裏切られるか…みたいな緊張感もあって…それはやっぱりヤマシタさんだからっていうのがあるんですよね、恋の刹那を切り取った瞬間に終わってしまう作品を描かれる事が多かったからさ、恋の成就まで描いてくれないのではないか…という疑いがあったんです。
だけどこう…なんつうんだろ、久しぶりに物凄い満足感をヤマシタ作品から貰った気がして、滅茶苦茶感動したんですよね。元々ヤマシタさんの絵がね、ヤマシタさんの作品に出てくる男の風情がとにかく大好きだからさ、その男たちの寂しく甘い恋愛なんて読ませてもらったらほんと…なんか…ありがとうございます!!!
って感じでした〜…。

はー…もうほんっとに…これだ!!
って感じ。私こういう話がとにかく大好き。

あ、大事な事を言い忘れた。この本、半分はエッセイ漫画なんですよね。短編4本と、エッセイ漫画が同じ分量くらいで入っています。まあ正直言うとエッセイ漫画より物語が読みたい訳だけど、表題作があまりによくて満足させてもらったので、後は割りと何でも受け入れられた。
で、エッセイもまだ実はじっくり隅々まで読んだわけじゃないんだけど、ただとにかく何回も言うけど、エッセイでもなんでも、ヤマシタさんの描く男が好きなわけよ。描かれていて、それを見ているだけでなにやら凄く満足でよい気分になれました。ので、いい!

はー…ではそろそろ内容についての感想を…。
ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : や]ヤマシタトモコ comments(0) -

くいもの処 明楽(CD) * ヤマシタトモコ

イメージ・アルバム,中井和哉,野島裕史,成田剣,大川透,吉野裕行,岡村明美,近藤隆,土田大,久嶋志帆

珍しくちょっとCDの感想を。
このCDを友達に聞かせてもらったのですが、すごく良くって!これを良いと思ったのがとても意外だったんです。

私この原作については、キライじゃないんですが大好きというほどでもなかったんですね。なので原作の感想にはあんまりいい事書いてないんですが、でも別にキライって訳じゃなく、むしろ好きと言っていい。
が、どうしても台詞がカッコよすぎるというか、作りこみすぎと言うか、スタイルばっか拘っていてあまり人の気持ちについてはどうだろう、と。言葉ばかりで誤魔化している感が…と言うのも、今となってはその言葉に拘るのがヤマシタさんのスタイルなんだろうと思うんだけど、これは初コミックスなのできっと、それなりにBLっていう、あたしもなんなんだかよく分からないけど、まあ読みやすい形にしようと意識されてたのかな〜とか思うんですが、まあこれ出た当時は、言葉ばかりで恋愛は進まない!と凄く思ったんですよね。
なのでそんなに凄く好き!と言えない感じがあったんです。

ところが…!
ところが、これらの台詞をCDにすると…なんだか凄く嵌っていた…!
全然浮いてないっていうか、作りこみすぎな感じがしないっていうか。私それ、ひとえに声優さんの力だと思います。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : や]ヤマシタトモコ comments(0) -

ジュテーム、カフェ・ノワール * ヤマシタトモコ

面白かったです。短編が幾つか載ってて、二つくらい切ないものがあって、泣いてしまった。
その他のも、どれも割と好きなのもあったけど、そんなにインパクトの残るものもなかった。
というのはやっぱり、これまで同じような話を何度も読んだ気がするからです。

描かれた年月は去年だだっと出されたそれぞれの短編と被っているので、この本が出るのが少し遅かっただけなんだと思うんですが、既に似たような話を何度もしつこく読んだ気がするので、新鮮味があんまりないんです。
似たような話を何度読んでも好きだし面白いって思える作家さんもたくさんいるんだと思うけど、それが何でいいかっていうときっと、自分の中の果てない欲求を満たしてくれるからじゃないだろうか。…例えばあたしだったら、死ぬほど年下攻が好きじゃないですか、年下攻以外絶対読まねえ!!!と長年言い張っていたくらいの筋金入りの年下攻め好きなんですね、その好き加減にはきっと限度がないよ。そんなあたしに例えば夏水りつさんが何回似たような年下攻描いたとしても、私その度毎回泣けると思う。…という、分かった、ここにあるものが"萌え"という奴ですか?萌えって何なのか分からないから、使い方が分からないんだよなー…。でも、ここにあるものの正体が"萌え"なのではないだろうかと、今書きながら気付いたんですけどどうですか?
それがあるから、同じものを同じように何回出されても満足しているんじゃないだろうか。
でも、ヤマシタさんのマンガには、それがないと思う。それはないけど、それとは違うものは多分にある。ありすぎるほどある。しかもヤマシタさんのマンガにあるものは他にはない。

なんかー…きっと難しいところなんだよなー…あまりに個性が強かったり…特にヤマシタさんの話は全部、二人の人間の関係性を描くところに終始していて、物語が動かないじゃないですか。頭の中を穿り返したり、人間性を覗いたり、過去を覗くことで、気持ちの結論を出す、或いはその一瞬を描く。人の気持ちを描くというところに終始してる気がするんですよね。
その徹底的な刹那主義というか、今、この瞬間のリアルを!この瞬間に内包されるその人自身を!みたいな…。それがきっとヤマシタさんを鮮烈に見せていたところの一つでもあるんじゃないかと思うんですが、…でもそれって、案外簡単に慣れてしまう…の、かな…。

でも、私はそういうマンガを読むときや考える時にいつも思うんですけど、世の中にはとにかく大勢の人間がいて、その人たちは一人一人性格も違うし考えたかも違って、好きなものも違う。1000人いたら1000通りの恋の話がある、だから、特別なシチュエーションでなくても、事件が起きなくても、人の生き方、過去、性格、その人の人間性を掘り下げるだけで、1000通りの恋の話ができる筈だって、いつも思うんですよ。
だから、例え、まったく二人が動かないマンガでも、描き方や見せ方によって、出てくる人の性格によって、絶対に一つ一つの個性が生きる、面白いものが描けるはずだって思うんです。…理想ですけど。
でも実際はきっと限界があって、書く人も人間で、どんだけ大勢の人間がいても書く人はたった一人で、自分のたった一つの感性で描くしかない。…ここに一人の人間が描く創作の限界があるのかなー…とか思ったりするんですけどね。

もう何の話をしたくて書いてたのか忘れた。
…なんだっけ?
あ、えーとそうだ、新鮮味がなかったなあ、って話だった。なのにえらい大袈裟な話になってしまったな。
でも、新鮮味がないって、凄い言われたくないじゃないですか、凄い嫌な事言ってるなあと思って、なんでそんな事言うのかっていうのに言い訳をしていたら、長話になってしまった。

感想書く前に疲れたけど、以下ネタばれます。




Read more...


拍手する
Catergory in [comics : や]ヤマシタトモコ comments(4) -
with Ajax Amazon