Archives by Month:
Archives by Category:

さらさら。(CD) * 崎谷はるひ

ちょっと前に聞いてたんですけども、今日聞きなおしたので一言感想を。

原作読んだので余計思ったんだけど…これは原作よりもCDの方が分かりやすいというか、気持ちの動きとか時系列にすんなり納得できた気がしました。
原作も(→ しなやかな熱情 * 崎谷はるひ ) まああれはあれで全然大した文句もなく面白かったんですよ。それになんかもう、最初っから読んでいくと、臣が健気なら何でもいい…くらいに思えたし、あの時点では相当泣きが入ってたので。

でもやっぱり何となく、時系列が私分かりにくかったんですよね、本編と。何回か、あれ?これっていつだっけ…?みたいに思って。
あと、CDの方が慈英視点が入っているので、せっかく臣の下にやってきたっていうのに自分の気持ちを言えずにぐずぐずして臣を悲しませる慈英…の、本心っていうか、そういうのが分かりやすかったです。
そんで、原作よりも臣が凄く一方的にかわいそうな印象…。なんだろう、やっぱ神谷さんのおかげ?
この人が喋ると、もう臣が可哀想で可哀想で健気に思えてしょうがないんだよな〜。
特に泣きながら喋るところとか…ほんともらい泣きしそうになっちゃいます。

時系列的に、あの田舎に転勤した後、また長野に戻ってきた二人が当時を思い出す、という話になっていて、これは崎谷さんがCD用に書き下ろしてくれた…ってフリトで出演者の方が言っていたので、だからきっと分かりやすかったんですね。CDが3作品出た後にこれがCDで出るなんて凄すぎ〜…。
どんだけ人気あんの〜?



Read more...


拍手する
Catergory in [novels]崎谷はるひ comments(0) trackbacks(0)

ひめやかな殉情(CD) * 崎谷はるひ

こないだ感想書いた『しなやかな熱情』CDの続編です。
こっちもきっちり聞けて面白かった〜。丁寧なんですよね、原作知らないからか余計に、物凄く普通にドラマ見てるみたいな感じで聞ける。

私、『しなやかな〜』を聞いた時点では、神谷さんの演技すごい〜!
っていうのがとにかく一番思ったことで、基本的には臣みたいなタイプってあんまり受としてタイプじゃないんだと思うんですよね。まあ原作読めば違うような気もするんだけども…健気受は凄い好きなので。
けどとにかく、この続編聞いたら何だか本気で臣が可愛らしく思えてきて、これはもう原作読まない事にはいても立っても居られない!って、今まさにその状態。絶対もっと好きになりそう、だってこの子健気だもん〜。
いや、私が今臣を可愛いと思うのはもう絶対ひとえに神谷さんの喋り方のせいなんだよ〜!
だってすっごい可愛いもん、すっごい可愛いもん!もう絶対ヤバイ。

私小説でも漫画でも、かわいいって言うよりは、静かな感じの人のが好きなんですよ、いつも言ってるけど。
けどCDって難しいのは、読んでると静かな雰囲気の人が好きでも、聞くと嘘くさい場合が多くて、やっぱ読むのと聞くのでは、自分の好みは共通しないなって言うのを凄い、色々CD聞いてると感じてるんですよね。
嘘くささがあっちゃダメじゃないですか?この世界を、この物語を、如何に立体的にするか、如何に真実味を持って私の心に届けてくれるかっていうのが、CDに期待することなんですよね、まああくまで私は。

それでやっぱりそう思うと、声優さんに掛かってるんだなあ…ってのを、改めて思う…。
最初は何聞いても同じ〜くらいに思ってたんだけど、最近は…あ、別に演技の上手い下手…みたいな事は私にはよく分からないっつか、まあプロなんだから大抵皆素晴らしくよい演技をなさってると思うんだけども、上手い下手ってよりも、すっごく嵌ってる〜って思うことたまにありますよね、あの嵌ってる感じ。あの、この人以外にこの役はない!という感じ。
あの感じを出せるかどうかって言うのが、すっごく重要なんじゃなかろうか〜。

あと今までは原作を好きかどうかも凄く重要だと思ってたけど、今回この原作知らない長編を聞いて思ったのは、原作知らない私を納得させるのって凄い!
って事なんですよね。まあ前回も言ったんだけども。
これって当たり前の事なのかもしれないけども、私はいつも、原作知らないでCD聞いてお話理解できるのかな〜…。っていう根本的なことがずっと疑問でして…でも今回分かった。解るね?まあ、作品にもよるんだろうなあ、このシリーズ凄い丁寧だよね。
で、入り込んで聞けているのが凄い。本当にドラマ見てるみたいだもんな〜。

声優さんって凄いなあ…。
これ今心の底から思ってますから〜。
何よりも、あんな恥ずかしい声を出せる事が本当に凄い!どんだけプロ根性!?
もうそんだけで尊敬する。

私なんか本当にBLCDについては凄く初心者なので、たぶん今あんまりこういうのがいいとか悪いとか、自分好みなテイストっていうのがないんですよね、たぶん今は受け入れ範囲が凄く広い状態だと思います。マンガとか小説とかにはすっごいありますけども。
だけどその私でさえ、面白くないCDってあるんですよ、物凄くあるんですよ。
どれもこれもを面白いと思うかって言ったら絶対違って、例えば5枚聞いても、もう一回聞きたいなって思うのはたぶん1枚くらいだと思う。
原作とか脚本とか色々あるんだろうけど、でも、この演技聞きたいとか、この喋り方もう一回聞きたいって思うような演技できるのってやっぱ凄いと思うなあ…。

っていうのは、本当にこの臣の喋り方が…可愛くて…。
なんか神谷さんファンが周りに多いので私感化されそう〜。
あんま感化されない性質なんだけどなあ。

以下ネタバレするかもしれない内容の感想です。


Read more...


拍手する
Catergory in [novels]崎谷はるひ comments(0) trackbacks(0)

しなやかな熱情(CD) * 崎谷はるひ

我ながらビックリなんですけども、なんと聞いたんですよ。
よもや私のブログでこんな人気作の名が踊る事になろうとは予想だにしなかったというのは、…まあ興味がなかったからなんですが、何となく聞いたことあるタイトルで、何となく超人気ありそう…と薄ぼんやりと脳みその端っこに記憶しているようなしていないような…みたいな感じだったんですね。
こんだけBL界にずっぷり浸かっているようでも、性分なのか、興味のない部類の方面に恐ろしく疎いんですねえ、情報が脳みそをすり抜けてゆく…。
そんなにも興味がなかったというのになんで聞いたかというと、神谷さんファンの方から猛烈プッシュを頂いたのです。

私は声優さん個々にはほとんど偏見も思い込みもないので、声優さんについては本当にフラットな状態だと思うんですね。誰のどのCDでもほとんど思い込みがなくいいも悪いもなく、まっさらな状態で聞くことができると思っています。
なので別に、神谷さんだろうが誰々さんだろうが、偏見なく、贔屓目もなく、ストーリーと演技のみでCDを聞けると思うんです。
しかし原作崎谷さん、声優神谷さん…という、これ凄い人気ありそうだな〜〜…くらいの見当はつきます一応。神谷さんって凄い凄い人気ですよね?なんかすっごくよく名前聞くもん。
でもまあ、それは私には関係ないので、普通に聞いていたのですが……びっくり。
よかった。
何がいいって…神谷さんがよかった!!

以下ネタバレを含んでしまっているかもしれないので畳みます。



Read more...


拍手する
Catergory in [novels]崎谷はるひ comments(2) trackbacks(0)
with Ajax Amazon