Archives by Month:
Archives by Category:

カウントH * 柚摩サトル

大好きなシリーズの続きが出て嬉しいです〜。
これは『カウント0』っていう話の続編なんですが…『カウント0』と言えば、前読んだ時受のあまりの可愛さといじらしさにえらいキュン泣きして感激して、どんだけこの受が可愛らしいかっていうのを、やけに熱く語ったんですけど、その記事が一夜にして消えてしまい…結局なんで消えたか分かんないんだけど、畳んだ分の記事が消えてたんですよね〜…。あれからもうとんと続きを書き直す気がせず今に至ります。根に持っています。そんな続きが消えた『カウント0』の感想はこちら→ カウント0 * 柚摩サトル

で、今回は主人公の2人の他に、0の方で覗き趣味の性質の悪い脇役がいたんですが、この子が主人公の話があって、私雑誌で読んだ時からこの子の話がすーっごく面白くて好きだったんですよ〜。
あんなどうしようもない奴だったんだけど、この子が救済されています、色んな意味で。

美園のとんでもない可愛さは0から考えると威力が落ちちゃった気もするんですけども、でもやっぱり可愛かった。それに0の時はなんか凄く自己中だった吾妻が、少し人間らしくなってるのもよかった。人のついた嘘が見えるから、吾妻は知らない内に人を上から見下しているような人間になっていたんですよね、前回。でも美園と出会って彼を好きになって、少しだけ人間らしいところが出て来てたように思うんだけど、その吾妻が警官になってるんです。前回高校生だった2人から、1年経ったという設定でした。

以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : や]柚摩サトル comments(0) trackbacks(0)

フィジカル・レッスン * 柚摩サトル

やっぱり受の子可愛かった〜。柚摩サトルさんは、受の子の表情や台詞が、本当にちょっと他に類を見ないくらい可愛いんですよ、いじらしくて、キュンッと来る泣き顔を描かれるんです。私、この泣き顔を見る度に一緒にぶわ〜っと泣いてしまうので、今回も例によってキュン泣きでした。もう絶対泣く、つられ泣き。もらい泣き。

今回のお話も面白かったです、可愛かったし。正直言うとちょっと攻の子が私には分かりづらかったんですが、まあ受の子が可愛かったし、笑えるとこもあって、楽しくキュンとできたので、まあ良かった。

以下ネタばれます。



Read more...


拍手する
Catergory in [comics : や]柚摩サトル comments(0) -

花道恋しぐれ * 柚摩サトル

面白かった!!
表題作は高校で出会った二人が漫才師になるまでの話で、悩んだり裏切ったり、主人公の狡さと臆病さに胸が苦しくなるような思いをしたりして、凄く面白かった。これってこれで終わっているのかな。てっきり続きがあると思ってたんだけど…漫才師としてステージに立つまで描かないのかな。描いて欲しいなあ。
で、同時収録が凄くいじらしくって!受の子がほんっと可愛くってさ〜…あんまり可愛いのでまた泣いてしまった…。可愛いだけで涙が出るって私…。感情の表現のすべてを涙でしているんじゃないか。
しかし柚摩サトルさんの受のいじらしさって、ほんとここにしかないというか、独特だし、泣いた顔の可愛さと言ったら、もう居ても立ってもいられないよ…!だから泣いちゃうんだよ。
って事を『カウント0』の記事にずらずら並べ立てて書いていたのに、消えちゃったんですよね…あたしゃいまだに根に持ってるよ…。


以下ネタばれます。


 


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : や]柚摩サトル comments(2) -

カウント0 * 柚摩サトル

カウントゼロ、だと思っていたらカウントラブ だそうです。ずっとゼロだと思ってた。
つかすーっごい面白かったー。途中だけ何回か雑誌で読んだ事あって、途中だけ読んでも割と面白かったんですよね、だからコミックスになったら買おうと思ってたのに、すーっかり忘れていた。
こんな風に忘れてるの多そうだなあ…。忘れてるうちが華かも…。

うーん柚摩サトルさんはエロマンガも多くって、そっちのはっちゃけぶりもそれはそれでいいんですが、私はやっぱりストーリーをきっちり描かれているマンガのが好きだなあ、だって泣けるし。この本もそうだし、『アダムの純情』もそうなんだけど、受の子の表情半端なく可愛くないですか、この可愛さは類を見ないと思うよ、笑顔から始まり、照れてたり困ってたり傷ついたり、しまいに泣いて、その上気持ちよくてよがったりする、その表情がもういちいちいちいち可愛いったら…!!なんかもう、あまりに無防備な表情を連発されて、痛々しく感じてしまう。
この本の受の子は、とにかく正直者なんですね、嘘がつけなくってバカ正直、自分の気持ちに凄く素直で、だからいつにもまして表情豊かなんですよ。横顔のちょろんっとカールした睫毛が、いたいけさに拍車を掛けるというか、あたしゃこの子の睫毛ばっかり見てしまった。

内容は、人のついた嘘の数が数字になって見えてしまうという主人公の子が、奇跡的に一度も嘘をついた事のない天然記念物とも言える正直者の子と出会って、その子とのあれやこれやの話です。明るくてキュンとして面白いですよ、シリアスかと思うところでちょっと笑わせる感じも好きです。
とにかく受の子がいじらしくって可愛い、あ〜可愛いって以外に表現の仕方ないのだろうか、もどかしいわ。


以下ネタばれます。


ってつづきが消えてる…!!!ななななんで…?昨日は確かに…
昨日は確かにあったと思うのに…
ぐったりした。気が向いたら書き直します…。



Read more...


拍手する
Catergory in [comics : や]柚摩サトル comments(0) -
with Ajax Amazon