Archives by Month:
Archives by Category:

寡黙な珈琲 臆病な胡桃 2 * 砂河深紅

1巻が凄く面白かったこの作品ですが、もう二年前ですよ。

→ 寡黙な珈琲 臆病な胡桃 * 砂河深紅

二年後に続きが出ること…この界隈では結構ある気がしますね。この話は凄く好きだったので楽しみにして買いました。

ものすごーく奥手で対人恐怖症一歩前みたいな青年と、喫茶店のマスターの初心な恋愛の話。二人とも大人だけど、お互いを凄く大事にしていて、一歩前に進むのも凄くゆっくりなんです。大人だからこそ、相手を思いやってゆっくり進めるというものですよね、他人にはとても小さいことかもしれない事が、二人には凄く大きくて、くっつくのも大変だったけど、付き合ってからも中々に前へ進めない…。
といったことが2巻には描いてありましたよ。

これ、年下受なんですけど、前も書いたけど受のタイプが珍しいですよね、メガネで長髪で奥手…ってあんまり描かれない気がします。そういうことからも、年下受とはいえ、私この受結構好きなんです。
攻の男はなんか、大男で見た目が怖いのに優しすぎておっとりしてて、…性格凄くいいんだけど、あんまカッコイイと思わない…ってなんだろ…?
あんまカッコよくないよねえこの人。でもカッコよくないとこがきっといいんですよね、このマンガ的には。
髭面好きなんだけどな〜。

2巻の内容は、億也の弟が兄を心配して色々関わってきたり、高市さんの先輩が出て来たりして、億也も高市さんも嫉妬したり不安になったりするという内容で面白かったです。
高市さんの役に立ってるかもと喜ぶ億也のとこが一番キュンとして可愛かったな〜。
高市さんの先輩が凄くできる人でカッコイイので、元々自分に自信がない億也が、自分なんて…と卑屈になってしまうとこも可愛かった。卑屈受け、いいですよね。

出来上がったカップルのその後だったので、不安なくお話を追えたのがよかったです。
そんなにぐっと来たり、ハラハラしたりと心揺さぶられる事もなかったけど、安心して楽しく読めました。






拍手する
Catergory in [comics : さ]その他 comments(0) -

幽霊退治はじめました * 砂河深紅

漸く読んだ〜!面白かった!
もっと早く読む予定だったんだけど、なんか最初のほう読んだらさ、黒いもやもやしたもの出てきて、これ何、幽霊的な話…?と思ったら怖くなって…って今気付いたけど、だから幽霊退治ってはっきりタイトルに書いてあるじゃん!
私ってどうだろ、このタイトルもあらすじも表紙すらも見てるようで全然脳みそまで情報が届いてないっつう…。じゃあ一体何に注目して新刊買ってるんだろうね…?

という訳で、心霊的な話だったのです。
私怖いのすごい苦手なんで一人のとき読みたくなくて、明るい昼間で夜に一人にならない日に読もうと思って、このタイミングになりました。

で、最後まで心霊的な感じで行くのかな〜と思ったら途中から、ちょっと山の神様的な話になってきて、土着の古い風習とかの話にまでなって、切なくて悲しかったけど、でもすごい面白かったです。
これシリーズでもっと続けばいいですよね、私もっとこの二人の話読みたいわ〜。
恋物語的にはまだまだまだまだ続く余地あるじゃないですか?
で、心霊的なあれはちょっとゆるい表現にしてもらうとして…だって怖いのいやだ…。
思ったんですけど、あれ、黒いもやもやにするから怖いんですよね。白いもやもやとか花柄のトーンとか張ってくれたら怖くないのに…!(無理か)

関係ないんですけど、松風というとどうしても私はその昔のダウンタウンのコントを思い出すっていうか、まっちゃんが何でもかんでも松風ってつけてた気がするんだよね…。

では以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : さ]その他 comments(0) -

秘密 -トップ・シークレット- * 清水玲子

これ、感想書いた事ないんだけども、ずっと読んでます。めちゃくちゃ面白いですよね、面白かったですよね。きっと読んでるって方も多いと思うんですけども、や〜…終わりましたね〜。
この11、12巻同時発売で完結したのですよ〜。もう感慨深くって…。
内容を詳しく書くってまでは行かないんですけど、どうしても全部終わって感慨深いので、一言二言感想書いておきたいのです。

では早速以下ネタばれます。
で、これはもう今から読もうと思う人も、11、12読んでない人も、ネタバレないほうが面白いに違いないし、私だったら絶対に先を知りたくないので、とにかく以下、よくよくよくよく、気をつけてくださいね。



Read more...


拍手する
Catergory in [comics : さ]その他 comments(6) -

LOVE道!! * サンバ前川

この方、私まーったく知らない方で、名前を聞いた事もなければ、絵を見た事もなく、全く何も分からない状態でしたが、今日本屋行って、何となく目に留まったのです。帯の後ろの数コマの絵を見て、イケるんじゃないか…と一か八かで思い切って購入してみました。完全にインスピレーションで買いました。もうビビビっと来て買いました。

そしたらこれが、面白かった!これは結構な当たりだと思います!
なんつうんだろ、凄く個性的な方なんですけども、まあ一言で言えば笑いありのラブで、筋はラブなんですけどとにかく笑える、ラブコメでした。
それが、とにかく絵も面白いんですけど、凄い独特な、何とも言い表せない…センスなのか下手なのか…みたいなところがちょっと面白いんですよね。なんつうんだろ、センスあるようで、実は凄く泥臭いっていうか古臭いっていうか、全然キラキラしてないとこが私は凄く好きでした、朴訥で正直な作風というか…。でも笑えるんですよ、なんか凄く可笑しいんですよ。なかなかこの味を上手く言えないんですけども…。

大体この表紙だってさ、ちょっとなんつうの、良く言えば潔く、悪く言えばなんか古い…。大胆な表紙ですよねコレ、素人の作った同人誌みたいな。90年代の表紙って言うかさ。…って散々言ってるみたいだけど、でも、だからこそ目を引いたんですよ!今こういう表紙ってなくないですか?凄くセンスいいか、昔ながらにキラキラしているかどっちかだもんな。その中にあってこの、ベタ〜っとした表紙。
すっごく目を引きました。なんだこれ??って思って。
で、帯を見たら…特に後ろっかわね。面白そうなんだよね。凄く面白そうなんですよ。すっごく迷ったんだけど、こういうところに隠れているものじゃないですか、無名の名作って。

結果ほんと、正解だったと思います。
★5つけるほどの恋愛感情的なキュンはなかったんですけども、ただもう、なんかワクワクして。次どうくるの?みたいな面白さにずーっとワクワクして読めたんですよね、すっごく新鮮だった。
それに、終わり方も全部なんだか斬新なんだよね、え、そこで終わり?みたいな、一風変わった空気感で終わるのも、凄く不思議な感覚で…まあ嫌じゃないんだけども、私新鮮味に凄く弱いので、そういうこと全部プラスに働いたのかな、面白かったです。

以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : さ]その他 comments(2) -

机の下の恋愛術 * 砂河深紅

砂河さんと言えばこの間のコレ→ 寡黙な珈琲 臆病な胡桃 * 砂河深紅 がとても面白かったですよね。
今回のは短編集でしたが、どのお話も面白かったです。中でも表題作が一番好きだったな。カッコイイのに実は子供みたいなところがある年上の社長さんが受で、秘書の年下が攻です。
この構図珍しいんですよ。大体こういう秘書攻の場合、秘書は年上の事が多く、なので私は大抵秘書受がいいと言っているのですが、今回の秘書は若くてガッチリした年下。社長さんのが年上。二人とも若いんだけど、この微妙に年上っていうのが、やっぱ私嬉しいんだよな〜。
そういう意味でも表題作は楽しい話でした。

以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : さ]その他 comments(2) -

ジューシィ・サイダー * 神葉理世

神葉さん読むの久しぶりだったんですが、この表紙とタイトルがすっごくいい感じだったので、気になって気になって購入してみました。
そしたら面白かったーーーーー!!!えー大好き!!大好きな感じだった〜!!

神葉さんと言えば私は大好きなのがあって…コレ→
僕の恋の話・ヒメゴト * 神葉理世

これがほんっとにキュンとする高校生のラブストーリーで、いいんですよ〜。私大好き。
で、今回もこの表紙の感じとかに、この甘酸っぱい恋のトキメキを期待したのです。僕の恋の話〜みたいな感じじゃないかなあと。
読んでみると、僕の恋の話〜みたいな感じではなかったけども、でもすっごくよかった。明るくてちょっと笑えるコメディ風味なんですよね。
だけど、高校生がものすっごく可愛らしく、無邪気に純粋にカッコ悪く、好きな相手との関係を進めようと、ああだこうだ必死になってまして、もうその様がね、愛しくてしょうがない。可愛くてしょうがない。

すっごく楽しくて可愛くて本当に身もだえしながら読んでたんだけども、私気付いたの途中で。
受の子、黒髪チビの元気っこじゃないか…?これもっとも私が嫌いな受タイプじゃないか…?あれおかしい。でも全然イヤじゃない。こんな天然風味で無邪気な黒髪の小さい可愛い子、もう絶対趣味じゃない、目も大きいし絶対イヤ。絶対イヤ…だった…はず!!
だのに〜〜〜…可愛いんですけどぉーーーーー!!
そんな自分に物凄く驚いて、これ私ありえない、歴史を塗り替えたのか…?とか色々思ってたんですけどもね、やっぱでもね、この場合、見た目にキャラが勝ったんじゃないかって。
まず見た目もね、この子、受として、じゃなくて、マスコット的に可愛いんですよ!
マスコット的な可愛さ、ぬいぐるみ的な可愛さ、には、"受"を感じないようで、それはそれで凄く可愛いと思える気持ちは持ち合わせているようなのです。
なんかね、そこを突かれた気がするわ。
そんで見た目をとりあえず置いとけるくらい、性格が好きだった。すっごく色気がない呆気らかんとしたとこも好きだったし、鈍いようで鈍くない聡いとこも好きだった。性格的には全然この子、攻でもいいんじゃないかってくらいで、正直言って後半は、これ受攻ひっくり返るんじゃないかってずっと思ってたんですよね。ほんとパキッとはっきり潔い性格をしていたなあ、全然もじもじしないのこの子。

そんで受はそんなんだけどそしたらまた攻がよくて…!!
ってな事は後で書こう、とにかくすっごく面白かったです。
攻のカッコ悪さに何回も笑った。

以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : さ]その他 comments(2) trackbacks(0)

寡黙な珈琲 臆病な胡桃 * 砂河深紅

この表紙、すっごくいい感じですよね?
で、作者の方見てびっくり。なんかヤクザモノばっかり…のイメージがあって、凄くイメージが違ったので驚きました。でも買ってみました、だって面白そう過ぎる。

そんで、凄い面白かったです!!!
いや〜よかった、きゅんとしました。出てるのは二人とも大人なんだけども、だからこその誠実さとか、ゆっくり感もあるし、大人なのに初めてだらけの受の人のびくびく加減も凄くよかった。

特に受の人のキャラ、珍しいなと思って。
ロン毛風味の眼鏡っ子…の見た目で、びくびくしたチワワみたいな性格なんですよ。きっとここで、もっと可愛い感じのキャラ持ってくる方が多いんじゃないかと思うんですよね、世の傾向的に。けどこの子、この見た目、決して可愛い感じじゃなかったんですよ。
そこが凄く他とは変わってるなと思うところで、まさに私が面白いと思うところでした。
少なくとも私にとっては、だからこそより一層面白いと思えたというのは、攻が大人で年上なんですよね。ここで受が可愛いタイプだったらやっぱちょっと嵌りきれないとこがあったかもと思うんですよ、まあタイプ外なので。
だけどもこの受の子は見た目はとにかく、可愛い感じ、華奢な感じ、はしなくて、本気で暗そうで、オタクっぽいっていうか…まあ、あんまり見ないと思います、こういう性格でこういう見た目の、こういう受って。

で、内容は、この眼鏡の青年が、とにかく人と関わることが大の苦手。引っ込み思案すぎて内向的で対人恐怖症気味で、家に篭ってばかりという男。この若者を、近くのカフェのマスターが好きになって、つき合うことになったはいいものの、他人と関わる事を一切してこなかった受の子は、うまい事気持ちを伝えられないし、つき合うって言ってもなかなかスムーズには行かない…という話でした、面白かったです。
で、これって続編らしいです。
付き合うまでの話は、以前砂河さんが出されたコミックスに入っているんだって。

コレですね。→ 瑕だらけの男たち (ショコラコミックス)  ←カーソル合わせると画像が出ます。
ちょっと読んでみたいなあ。けどヤクザものが…うーん。

けど一応、今回のこの一冊だけでもお話はちゃんと分かりました。
ところで、さがわ みく さんと読むそうです。えー!!全然知らなかった…。


以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : さ]その他 comments(0) trackbacks(0)

あの子にタッチ * 真行寺罪子

真行寺ツミコさんの初期の本です。まだツミコじゃなくて、罪子の頃ですね。

短編集ですが、ツミコさんらしく、とってもバラエティに溢れた内容でした。いや、明るくてエッチな話のが多いかな。その中に、凄くシリアスな話が紛れ込んでいる。いつもの事ながら、一冊読んでもツミコさんの描かれるもの、として一定のイメージを抱けない。ような気がする。不思議な作家さんなんですよねえ。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : さ]その他 comments(0) trackbacks(0)

リヒテンシュタイン博士の華麗なる日常 * 真行寺ツミコ

いや〜面白かった!
この間も新刊が出た真行寺ツミコさんの今月二冊目の新刊です。すっごい面白かったです!
天才で大企業の社長で高貴な家柄だというおっさん博士と、若い助手との話なんですが、間違ってはならないのはエロギャグだって事です。いや、いいんですけどね、ただそこを間違って購入して思わぬ下品さに真行寺ツミコさん苦手!!…ってなられると私が凄く悲しいので、知らない方は買う前に、とっても下品だと言うことだけ分かっておいたほうがいいんじゃないかと余計なお世話の一言を言ってしまいたい訳なんです。
というのも、この前出たもう一冊(エンド オブ ザ ワールド * 真行寺ツミコ)こっちは自分の殻に閉じこもって世間に打ち解ける事ができない内向的なおっさんの話でしたが、キスすら遠回りというキュン内容だったんですね。
ですけど今回の本はもう一転して、激しくエロくってくだらなくって、あまりに恥ずかしげもなく直球に欲望もろだしな感じでですね、そのあまりなあけっぴろげ感に、笑っちゃうんですよ!もうほんっとおバカで!先に出た本と趣があまりに違うので、間違いがちじゃないですか…?そんな事ないですか?ないなら全然いいんですけど。

二つともかわいいおっさんが主人公だというところだけ変わらない。こっちのおっさんは天才と何とかは紙一重って感じで、究極に世間知らずです。世間知らずすぎる博士を、助手の若い男が、うまい具合に言いくるめて騙して、エロい悪戯を仕掛けると言う話なんです。初めは世間知らずのおっさんが、何だかかわいそうで、切ない気持ちにちらっとなったりしてたんですけども、回を追うごとにおっさんのしょうもなさが際立ってきまして、もうおかしくておかしくて!
無人島の回、夜中にげらげら転げまわって笑ってしもた…。あ〜おかしかった。

とりあえず帯に、綺麗にプリっとしたお尻を出した博士のしょうもない寝姿があるので、どういう内容か想像つくかもしれない。

以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : さ]その他 comments(0) trackbacks(0)

エンド オブ ザ ワールド * 真行寺ツミコ

面白かったです〜!今まで読んだ真行寺ツミコさんの本の中で一番面白かった。
…か、もしくは真行寺さんに私が慣れただけかも。
や〜…なんか凄い面白かったんですよね。
表題作は雑誌で何作か読んだ事があって、面白くて好きだったのでコミックスになるのを待っていた訳です。
だけど、雑誌で読んだ時よりこうして纏まったのを読んだ時のが凄く面白い気がするし、そして、雑誌で読んだ時と今回のコミックス時の違いって、真行寺ツミコさんの作風に対する自分の先入観の違いだけじゃないかと思うんですよね。
要するに、雑誌で読んだ時はまだ半信半疑で当たり外れがある作家さんという印象でした正直なところ。でもこのシリーズが面白かったことにより、いつしか頭の中でいい作品描かれる方という認識になり、コミックスを読む頃になってくると、なんか自分が前から真行寺ツミコさんを凄く好きだったみたいな印象になっているんですよ。でもそうだったか?

こうしてずーっと感想書いてると、面白いか面白くないかなんて、作品に力があるかどうかも勿論あるだろうけど、40%くらいの割合で自分の状態に左右されるような気がしてきた。
ので、ここを読んでくださっている方々には、私の感想なんかで面白いかどうかをできれば判断せずに、信用せずにおいて欲しいなあと思います。今日面白くなかったと言ったその口で、明日面白いと言っているかもしれなくて、しかもそれをどう感じて書くかは私の自由で、勿論配慮は必要ですが、感じる事に制約はつけられない訳です。もう、面白いと感じた事だけが私の真実なんですよね。
ほんと、私の感想なんてほんっとにレビューでもなんでもなくただの感想ですから、話半分で止めておいてください。
…って言われなくてもそうして下さっているとは思うのですが、長年信じて疑ってなかった事なんかが自分の中で簡単に覆されてしまったりすると、ほんとに自分って当てにならないなあと、最近とみに思うんですよね…。当てにならない、本当に。

いつもの事ながら話がものすっごくずれたのですが、真行寺さんの新刊、面白かったんです。
ちなみに一個前の真行寺ツミコさん。→ミルクのお値段 * 真行寺ツミコ
これ以降何か出されたかな…?覚えてないんですが、これ面白かったんですよ。
で、前の記事にも書いたんですが、凄くお話が両極端なんですね。キス一個もなかなかできないような、ほんわりしてキュンっとして凄く切ないお話も描かれるんだけど、ものすっごく際どい描写のエロい話も書かれてて、それが一冊に詰め込まれているので、一定の印象を抱きにくい作家さんなんです。
でも、どっちも面白いと思います。エロい話もほんとにエロくて凄くいいと思うし、だけど切ない話書かせたらもう、キュンキュンしすぎて内臓痛いくらいだし…今回も本当に体が重くなるほどにきゅんきゅんきゅんきゅんしました。胸が痛いくらいにいじらしく可愛くて、ぎゅぅぅぅぅ〜って体全体が搾り取られるみたいにいたいけでした。いたいけという話があるんですけどね、まさしく。

今回の本は、天才ゆえに自分の内側に閉じこもるように生きて来て、自分の世界の中だけで生きていた初心い中年のおっさんと学生の恋の話です。その他に色んなタイプの短編が入ってますが、どれも面白かった。エロ話もキュン話も面白かった。凄く楽しめました。

以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : さ]その他 comments(2) trackbacks(0)
with Ajax Amazon