Archives by Month:
Archives by Category:

いとしの猫っ毛 小樽編 * 雲田はるこ

これもやっと読みました、猫っ毛。
はー…泣いた。泣いた〜…切なかった〜…。なんっかもう、悲しかったし、かわいかったし、いじらしくって、愛しくって…。辛いんだけど、どこかあったかいんですよね。何があったかいんだろ…。やっぱ恵ちゃんの存在じゃないかなあ…。
恵ちゃんがいなかったら…いや、この子が居たからみいくんの悲しみは大きくなったのかもしれないけど、でも、この子がいたお陰でたくさんの事を耐えられて、たくさんの事を知って、学んで、優しく育ったんではないだろうか…。

ずーっと手を繋いでいる二人が本当に、二人きり、一つの可愛らしい生き物みたいで…でも実際は悲しいことや寂しいことをたくさん知っていて、知っているからこそ、もっともっと二人の繋いだ手が強固になっていくようで、二人が一緒にいることは凄く幸せな筈なのに、可愛いのに、でもなんだか寂しくてしょうがないような…。二人ぼっちって感じがして、とてもいたいけだったわ…。

なんか私これまでは、猫っ毛シリーズ、可愛いんだけどそんなに強く心揺さぶられる事もなかったんだけども…なんかもうあんまりにも可愛い可愛い可愛いの応酬で、ちょっとあざといわー…って実はなってたんですよね、すんません。
けど、これ読んだら、前の二冊がちょっと違う目で見られる気がします。
だって、受が、私の中でずばりと定まってしまいました。…最初とはっきり変わってしまった…。

ね、また受か攻かばっかり言ってるでしょ、私はほんと二言目には受か攻かよね〜…。
ま、しょうがないです、諦めましょうよ。

前回までの感想はこちら→

いとしの猫っ毛 2 * 雲田はるこ
いとしの猫っ毛 * 雲田はるこ

ところで…どうでもいい事のようですけども、私、猫っ毛が始まった時からずっと、みいくんを恵ちゃん、恵ちゃんをみいくんと言ってしまいます。いまだに!未だに、今感想書いてる中でどんだけ恵ちゃんの事をみいくんって書いたと思う??だって、だってあの子、みいくんって顔してない?してるじゃん〜。あの黒髪の方が恵ちゃんって顔してると思うの!
そんな事今更言ったら元も子もないんだけどさ…でも今感想書くのに間違えて間違えて仕方ないから、イイィィイ〜〜っってなった…。どうにも根強く、ビジュアルを反対に覚えてんだと思うわ。
…思わない?あの白い能天気な方、みいくんって顔してない?
私の能天気な従兄弟がみいくんだからかなあ…。いや私の従兄弟もね、みいくんって言っててさ、めっちゃ能天気な男なんだよね〜…だからみいくんって言うと明るくて能天気…って学習してしまっているのかも…。


では以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : か]雲田はるこ comments(2) -

新宿ラッキーホール * 雲田はるこ

凄い!面白かったです〜!
一話完結で登場人物たちが微妙に違ってくる連作みたいになってて、本当はどことどこがどうなんの?って思いながら読むのも凄い楽しかったし、とにかく雲田さん絵がいいので、絵を見てるだけで凄く楽しいんですよね。皆ちょっと柔らかくていやらしい魅力があって、見てるとほんと、誰も彼も受に見えて、この話に真の攻なんて存在していなかったんじゃないか?っていうくらい…。
いや、雲田さんの話には前々からそういう気配があるよね、考えてみれば。あの名作『野ばら』は受攻はっきりしててそれがよかったんですけどもね。
けど今回のこの話とか猫っ毛とかだと、ほんっとに皆受の魅力に溢れてますよ、受にしか見えません。
…ということはCPできなーい!!ってことになって私にとってこれは致命的ですな。…あれ?

いやそんな事はないんですけども、本当に苦味が魅力的でした、私はも〜こういう雲田さんの描く、ちょっとロン毛気味の無精ひげの人生経験豊富そうな優男に、とにかく弱いです、物凄くステキだと思う、タイプです好きです!
しかし苦味だけじゃなくて、もういっっろんないい男可愛い男が目白押しで、物語もAV業界とヤクザな世界がメインで泥臭く、この泥臭さが雲田さんの持ち味の昭和風味と激マッチしてましたよね〜。というか雲田さんが描くから泥臭いんだと思うんですよ、何もかも場末な感じがするのがいいです、上の方で綺麗に光っている光っていうよりは、足元の泥水に反射する光みたいでね。

んで雲田さん本当に、感情表現が柔らかいんですよね、どことなくフェミニンで、どんないかつい男にも柔らかい皮膚をちゃんと感じますよね、どっかに弱点がありそうっていうか…いや弱点っていうか、感じどころ?
…それがきっと、受っぽさなんだよな〜。
ほんと男がみんな受っぽくてステキ!

以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : か]雲田はるこ comments(2) -

いとしの猫っ毛 2 * 雲田はるこ

うぅ…かわいい…。かわいいかわいいかわいいかわいい!!かわいいーーー!!
可愛くて可愛くてあんまりにも可愛くて可愛すぎるのでしまいにはあざとい感じがしてしまって★が一個減ってしまった…。もういい…もうよしてその可愛さ…。ってとこまで行ってしまった、あぁぁぁあ〜〜かわいい〜〜。
可愛さ以外あんまり何にもない…あっても私が好きなものはあんまりない気がするが、でもこんだけ可愛かったらもういらないよね、こんだけ可愛さが有り余っていたら他の物が入り込む余地はないよ〜。

ところで私、これ前から思ってんだけど、どっちがみいくんでどっちがけいちゃんか、やけに混同するんだよね、これ2巻読んでてもどっちがけいちゃんだっけ…?って最後まで思ってたよ。だってさ、髪白い方がみいくんって顔してないですか?黒い方がけいちゃんって顔してる気がする…。だからずーっと間違えちゃう。
黒い髪がみーくん黒い髪がみーくん…。
ちなみに私の従兄弟のお兄ちゃんもみーくん。

とにかくこれ、愛でる本ですな。

以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : か]雲田はるこ comments(0) -

いとしの猫っ毛 * 雲田はるこ

可愛かった〜〜〜!!
もうこんだけ可愛ければ何が来てもOKっていうかもう絵を見てるだけで楽しくてどうしようもなかった!!雲田さんのこのセンスがほんと好きです。

できあがったカップルのほのぼのを描いた話なので、関係性の紆余曲折はあまりないんだけど、そういうのがなくても十分楽しめました。これからも続くらしいので、これからもしかして、2人に色んな局面が訪れるかもだけど、とりあえず今のトコはずーっとほのぼのゆっくり可愛らしく恋愛しております。そんな2人の関係と、周りの個性的な脇役との関わりも楽める話でした。楽しかったです!

以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : か]雲田はるこ comments(0) trackbacks(0)

更に『野ばら』

この間書いた雲田はるこさんの『野ばら』の感想ですが、正直文章の後半から寝ています。→ 野ばら * 雲田はるこ 
いつもの事ですが、とにかくもう、最後の方になると眠たくて眠たくて、まともに言いたい事を言えなくて、大体最後の方になると駆け足なんですよね。

少し書き足りないので、もうちょっとだけ追加です。




以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : か]雲田はるこ comments(0) trackbacks(0)

野ばら * 雲田はるこ

雲田はるこさんの新刊ですが……最高!!!!
泣いた、えーらい泣きました、素晴らしくよかった。
ここにもここにしかないオリジナリティーがありますよちょっと〜。

とりあえず武ちゃ〜ん…。私も武ちゃんに甘えたい。甘やかされたい。神田さんとモネが羨ましくてしょうがなかった、武ちゃんがあまりに暖かい男なので。
武ちゃんの、男らしさと暖かさ、時に見せる子供っぽい表情、それからいつも元気いっぱいでいてくれるモネが、神田さんを物凄く救っていたと同時に、私も癒した。癒された〜!!キュンキュンさせてくれました。

表題作以外にも、雑誌で読んで大好きだったミミの話とか、幼稚と憎しみ一緒に抱えていたバードの話とか、全部すっごくよかった。
雲田さんがたぶん好きだと思われる、かわいくってでっかいクマみたいな攻が今回は少なくって…ミミくらい?でも考えてみれば雲田さんは本当になんていうか、前の本もそうだけど、ボーダレスな感じがします。
この、受攻の枠を超えてBLを読めない、恐ろしく狭い考えた方しかできない私をして、うん、どっちでもいいなこれ。…と思わせてしまうこの魅力。これは雲田さんが雲田さんだからだ!!
雲田さんの書くキャラはみんな魅力的。可愛い。

かわいいので何でもいい!愛くるしいので、もう何でもいい!みたいなとこまで行ってしまえます。

味ですよね、この味。この独特さ。目の中にハートが…。このセンス!!80年代!!
…という事を雑誌の感想でも書いたな〜。

ミミくんの一話目の感想はこっちに詳しく書いたのでちょっと省略。→Cab VOL.1
ちなみにこっちには表題作の一話目の感想をちょろっと書いております。→Cab VOL.2

以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : か]雲田はるこ comments(0) trackbacks(0)

窓辺の君 * 雲田はるこ

この方の絵を、どうしても物凄く近しくよく見知っているような気がしてならず、どこで何を見たんだろうと考えるんだけどさっぱり分からない。がしかし、こういう感じの絵は似ている人もたくさんいるので勘違いしているだけかもしれない、が、やはりあまりにも頻繁に見ている覚えがある、同人誌かなにかだろうか何なのだろうか、雁須磨子さんの昔の絵に所々似ていてそれだろうかとも思ったんだけども、やっぱそうじゃないと思うんだよな、かわかみじゅんこかな。…いやそれは全然違うよな、やっぱ昔の雁須磨子に似てるから覚えがあるのかなあ、うーんうーんと頭を捻りつつ、がしかしとにかく凄く好きな感じで面白かったので買ってよかった!
全部短編で、短すぎるのでその後が読みたいと思うものがほとんどなんですよ。でも、この後がなくても一つ一つの短編の中で、十分にキュンとさせてくれた。欲を言えばもうちょっと先を…と思うけど、欲を言わなければこれで満足です。ほんとどの短編も、短い話の中で出てくる人に愛着を覚えてしまって、終わるのが凄く惜しいのよ。キャラも魅力的だし、話も切なかった。笑っちゃうとこもありました。

ほんとこの…東京漫画社タッチというのか…大抵好きなんですよね。たまに好きじゃないのもあるんですが、とにかく絵がキラキラしていないとこ、ヘタウマって感じの絵のセンスとか、勿論それだけじゃなくてそれを魅力的に見せているストーリーと、やっぱ人の感情の表現の仕方ですよ。言葉遣いの上手さというか…展開とか一コマ一コマのオリジナリティというか…独特じゃないですか。リアルで繊細なんです、日常を本当にうまい事描かれる作家さんが多いなあと思う。私やっぱりどうしても基本的には、きらびやかで金持ちばっか出てきて、人間離れしたパーフェクトな男がありえない台詞をたくさん吐いて、いい具合にカッコつけたらすぐセックスで終わりっていうマンガよりも(そういう場合、主人公の人たちが悩んでいても人間離れしているので、大抵その悩みに共感できない。別世界。)、こういう日常を繊細に描いた男同士の恋愛マンガが読みたいです。勿論作品によるよ、ギャグだったら何でもアリだし、セレブばっか出てきても、出てくる人が人間離れし過ぎていても、感情面でどこか少しでも共感できれば面白いと思えると思う。
が、しかし、やっぱ基本的にはココが好きです、この本に描いてあるような、恋する気持ちやその切なさを、出てくる人のそのままの気持ちで読むような、私に共感できる等身大の表現の仕方が〜…あーー。
荒いような絵に繊細な気持ちが乗っかっていると、気持ちだけ逆に浮かび上がって強烈に響くような気がします。ヘタウマな作家さん…いや私は決して下手だなんて思っては居ないけど、ただ小説の挿絵に抜擢される事はなさそうじゃん、個性的過ぎて。小説の挿絵はイラストとしてきらびやかな人が選ばれる。…それを考えたらやっぱ木原音瀬の挿絵を選ぶ人は、木原音瀬の読者をよく分かっていると思うなあ。
話がずれた、えーとそういうオリジナリティに溢れる独特な絵を描かれる方、最近たくさんいらっしゃると思うんですが、…好きです!その個性!ほんと、友達とよく言うんだけど、最近の若い子って凄くオシャレな絵を描くんですよ。若い子のセンスハンパないねって、オシャレなマンガや絵を見る度に思うし言います。同人とかでもおしゃれだもんなー。がしかし、センスだけじゃマンガは面白くないからね、センス先行は逆につまんないよ、鼻につくしね。だからそれだけでも絶対ダメだと思うんですけど、ただ本当に独特の感性持った子いっぱいいるなあって、イベント行ったりすると思います。昭和のマンガばかり読んできた私ですが、やっぱりオシャレな子のおしゃれな絵が好きよ、センシティブなものが好きなんですよいつまでたっても!いやまあ好き好きだからいいじゃない…。ただ90年代に流行ったものは大抵嫌いですけどね。本当に90年代のBLはダサかったよ。90年代リアルタイムに生きていてさえ思っていたよ、それに比べたら本当に今は色んな新しい作家さんがいて、やっぱ今のが好きよ、選ぶだけあるもんね。

何を書きたかったか忘れた。
頭の中の色んな部分が常にバラバラに色んな事を考えていて、それをいっぺんに文章にしているので、いっつも支離滅裂。たまに思っている事と正反対の事を書いている事があります。…たぶん文章の収まりがいいから指が勝手に動く。ダメな感想だな。

あー関係ない事をいっぱい書いた。
以下ネタばれます。




Read more...


拍手する
Catergory in [comics : か]雲田はるこ comments(1) -
with Ajax Amazon