Archives by Month:
Archives by Category:

若様隠密帖 上 * 内田カヲル

これ、ずーっと早く読んでみたくて仕方なかったんですよね。なので数ヶ月ぶりにBLまとめ買いして、数ヶ月ぶりに読んだ一番最初の一冊がこれでした。
もの凄く面白いマンガにも色々種類があって、これ読んだらぜっったい引きずられるなあ…と心の揺れが怖い場合と、これ読んだら絶対明るい気分になるに違いないと、心が弾むことを期待する場合と、色々あるよね。
私は最近とみに、心が揺れたりざわついたりすることを怖がる傾向にあって、そういう状態の私に内田さんとかもうぴったりじゃないですか、きっとたぶん明るくエロくてきゅんとする。
内田さんのマンガはそういう意味で絶対に裏切ってこないもんね。これがどうしても読みたくて久しぶりに一気買いしたといっても過言ではない。

一人勝手に読まずにいて勝手に待ちわびていた忍者の話ですが、雑誌でちょっと読んだ時にはどっちが若さまでどっちが受なのか分からなかったんですよ。これ重要じゃないですか私的に。雑誌で読んだときもよくわからなくて、話もあんまり理解できなかったので、読むまでは戦々恐々としていました。この小さいのが若様で受なのかな〜…まあBLのセオリーだとそうだけど、内田さんだしな〜…って、いやでもね、内田さんだって昔はショタっぽいの受描いてたわけだからね、どうにも疑いが拭いきれず。内田さんのデカ男受ブームがいつ変わるかわかんないし…などと色々考えてたんだけど、結局杞憂に終わった、ヤター。賭に勝った気分。
この表紙のでっかい忍者が受で、若様だったんですよ〜!

あんだけ疑っといてあれだけど、やっぱ内田さんだよネ!
私が主従の従受がいいと言っているのは大抵、主従関係のBLでは、主は若く幼く小さく無鉄砲で、従は年上で理知的の大人の大男だからです。大人で理知的で大男が受の方がいいんです私。
そこへきてこの話見てよ。BLには本当に珍しい、賢く強い年上(たぶん)の若様なんですよおおお!!!
それならば断然主受万歳!なんですよ。立場的には主人受のがエロいもんね〜。
そんなわけでこの作品は、私の欲求をこれでもかと満たしてくれたすばらしい作品だったのでした。


以下ネタバレます。

 


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : あ]内田カヲル comments(0) -

そしてすべてが動き出す * 内田カヲル

や〜…面白かった〜!
これ先輩の最終回だよね、そう思うと寂しいですけど、それにふさわしいステキな先輩がいたよ、やっぱ好きだ〜。私たぶんツンデレとかツンツンとか、とにかくツンツンした男好きじゃないんだけども、先輩ってなんか違うよね。ツンツンしてないよね?最初っから最後までずーっとでれっでれしてるよね。ただ顔に出ないだけ、ただ迷わないだけ、ただぶれないだけ!いつも一定の強い心で藤代を好きな自分を信じてるよね。この人のキャラって稀有じゃないだろうか。中々こういう人いない気がするよ〜。

あと同時収録でジョエルの話が載ってて嬉しかった。彼かわいそうでさ〜気になってたんですよね。
彼の話が載ってるのはこれ→ 夢中になっちまえ * 内田カヲル

ところで今回も表紙がいいですね!
このシリーズは毎回凄く表紙がいいなあ。内田さん、カラーのタッチが変わりましたよね、このシリーズから。好きです。

では以下ネタバレます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : あ]内田カヲル comments(0) -

ハートにご用心 * 内田かおる

相当懐かしいこの一冊ですが、そういえばこれの感想書いてなかったんですよね〜。
新しい本を全然読めてないので何か書いてないのを書こうと本棚を睨んでいたらこれが目に入ったので、今日はこの懐かしい本の感想を。

これ、2000年に発行らしいのですが、今びっくりした。私初版で買ってると思ったらなんと第二版だコレ。初版が1月で二版が2月。一ヵ月後に二版が出たなんてびっくりだ〜。この当時、内田さんすっごい人気でしたよねえ。って今も人気ですけども、この頃ガーッと人気急上昇だった気がします。
っていうのも、やっぱエロさですよね。それにエロいだけじゃなくて、きゅんっと来るラブを書かれていたんですよね。
ストーリーは大抵エッチするまでは凄く丁寧でいいんだけど、やることやったらあと一コマ二コマで唐突に終わっちゃうって感じだったので、それは勿体無いなあと当時はずっと思ってたなあ、尻切れトンボで。でもそれでもそこに行き着くまでと、エロシーンの力の入れようがとても好きでした。

その中でもこの一冊は凄くお気に入りで何度も読み返した。
…と、言うのもですね、この表題作カップルの話がすーっごい好きだったんですよ〜!
だって当時、こんなのあんまりなかったですよ、この歳の差!攻がすっごいカッコいいんだけど中学生くらい。で受がどんくさいサラリーマンなんですよね。
今はこういう内容難しいだろうなあと思うけど、ほんと当時私、これに大興奮でして…。とにかく年下攻が好きなんで、年下なら年下であるだけ嬉しいんですよ、大人のくせにこんな若い子供みたいなのに諭されたり叱られたりいいようにされたりして…ほんと情けない!しかし、この情けなさが好きなんですよね〜。

あと他にも好きな話が幾つかあって、でも苦手な話も何個かあるっていう短編集です。ま、苦手っていっても面白くない事はないんだけど。

以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : あ]内田カヲル comments(0) -

帰らなくてもいいのだけれど * 内田カヲル

おおお〜〜ステキ表紙です!
凄いいい表紙!!色がいいなあ、緑たちに雰囲気があってステキ。白い板壁もステキです。
…と考えてみると、前回の『そして続きがあるのなら』の表紙も凄く良かったですね。内田カヲルさんは最近、表紙が凄くいいですね。『飴と鞭』くらいからだろうか。

そんで結構待った感じがするこの本。高校時代の先輩後輩がマンガ家とそのマネージャーやってるマンガですが、もう文句なく面白かった〜。
前回の本で2人はできちゃってて、とてもいい具合の恋人同士なので、こうなるともう2人が出ているだけで何をしてくれても大抵満足なのです。もうワクワクワクワクしながら読んだな〜楽しかった〜。
読めば読むほど先輩がステキです。乱暴だけど本当に優しい男だよなあ、賢いし世話好きで、恋人を信じていて。これでもしもこんな風なルックスじゃなくて、こんな風に凶暴でなかったならば、そんな男はきっとBL界にたくさんいるんだと思うんだけど、この先輩は本当にここにしかいない感じがするよな〜。すっごくオリジナル。なんでだろう?
ってな事は後で書くとして。

あと同時収録で違うシリーズの話が入ってたんだけども、私これ二つとも読んだ事があった。あの時は実を言うと、もじゃいおっさん受なんっとも思わなかったので、ふーん…って感じでした……。
今読むと面白いけど!

って事はあれですね、このシリーズはこないだ買った麗人でもまだやってたし、だからまた続きが出るんですね。

以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : あ]内田カヲル comments(2) trackbacks(0)

ちょっとやそっとじゃ止まらない * 内田かおる

内田カヲルさんと名瀬さんを行ったり来たりのエヴリデイな訳なんです。一目瞭然。
新刊の感想がない時はもうどっちかの感想を書くという最近の習慣なのですが、そんなエヴリデイも終わりを告げようとしているというのは、内田さんをこれでコンプリしてしまったからです!
あ〜…寂しい。
感想は確か何冊か書いてないのがあると思うんですけど、読んでるのはこれでもう全部だと思います。

これが一番最後になってしまった…というのは内容があんまり自分のタイプではなかったからです。
この表紙の真ん中の元気っこを、二人のイケメンが二人して攻めるという3Pなんです。
別に3Pが絶対イヤだって訳じゃないんですけども、大抵切ないラブストーリーを中心に購入しているため、3Pにはあまり当たらないのです。切ないラブストーリーに3Pはあんまり入り込んでこないですからね、当然。お話によっては全然あってもいいんですけども!

そんでこの話の場合、受のタイプがやっぱりなんか苦手な感じでして、苦手な受が二人のカッコいい男に攻められるなんて、苦手の二乗みたいな感じでして、なのでこれだけは読めない…とずーっと避けていたんです。
けどまあ、こうやって全部そろえていると、やっぱ全部読みたいんですよね〜。

これ面白かったのは、内田さんがフリートークみたいなので、おっさん受描きたいけど描けない…みたいなことを描かれていたことです。
描きたいものが思う存分描けるようになってよかったですよね。きっと一定数の方々には物凄い需要があったと思うし。内田さんの描く受おっさんは内田さんしか描けない受おっさんだと思います。他のどこにもいない受おっさん。
私も遅ればせながら内田さんの受おっさんに嵌ったので、今はその魅力がよく分かるよ。


以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : あ]内田カヲル comments(0) trackbacks(0)

ヘイ!ドクター * 内田かおる

この本は、きっと私はあんまり好きじゃないだろうと踏んでいたので買うのも後回しになっていたのですが、やっぱ端から読みつくして行くとどうしても読んでないものを手に入れたくなるもので、結局買ってしまいました。

まあ思った通りの表題作だったのですが、同時収録は好きでした。
今の私は内田さんなら何でも楽しいので、これも楽しかったです。
でもやっぱ表題作は苦手。しょうがない。

以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : あ]内田カヲル comments(0) trackbacks(0)

夢中になっちまえ * 内田カヲル

さようなら、おかえりパターンです。ほんともう、自分が憎い…。
実は以前買って感想も書いているのですが、まあそれ読んでも、私やっぱりダメだった…と書いております。あんまいい事書いてないのでリンク貼らない。
感想書いてすぐさようならしたんだと思う。さようならするから感想書いたんだと思う、買ったことの証に。
おりしもちょうど2年前!!前の感想も10月27日だった!凄い偶然!二年の間に私に何が起こったのだろう…。その軌跡が自分的には面白いので、消しません。戒めとして残しておきます。…何の…。

そんで今読み返せば、この本の表題作の受の人は、筋肉質の男だけども、もじゃおっさんじゃないですね…?そうか…これを経て、『そして続きがあるのなら』の先輩になって行くのか。少しずつもじゃおっさんから脱却されていたんですね、内田さん。
当時は全部一緒くたに思っていたけども、筋肉もじゃおばかりを読んだのちにコレ読んで漸く気付けたよ、この男の人、もじゃもじゃしてないって!!なんか寂しい気すらした…。……えええー!!!
いや、あの尻や腹や顎にびっちり生えた毛を…読み続けていると、なんかないと寂しいんですよ…。(脛毛はばっちりあった。ほっとした。)
私もともと髭好きなんですよね。生きている男の髭も好き。胸毛は…胸毛ある男と付き合ったことないからそれはわからん。

ちなみに表紙の髪の短い男臭い方が年上の受で、綺麗な男の方が若い攻ですよ〜。

そんでこの本は、表題作シリーズが大半で、長めに入っているのが嬉しいところ。内田さんのって短編が多いから、面白いのもすぐ終わっちゃって勿体無いんだよね。でもこれ長めに入っているから嬉しい。で、同時収録の短編も凄い面白くて好き。こっちは今まで通りのもじゃいおっさん受でした。

以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : あ]内田カヲル comments(0) trackbacks(0)

飴と鞭 * 内田カヲル

なんと私この本の感想書いてなかったんですね。てっきり買った当時に書いたものだと思ってました。
私実はこれ、一度さようならしたのです。で、最近おかえりしてきました。出戻ってきました。
ほんと、手放してゴメンね…。

と、言うのも散々言ってますが、これを買った当時は、このあまりにあまりな筋肉おっさんが真っ赤になったりときめいていたりする姿に、とても感情移入できなかったわけなんです。不思議な事に、感情が入ってないと、エロシーンさえエロく感じない。
こんなにおっさんがあられもない姿であられもない事になっているのにも関わらず、初めてこれを読んだ時私は、さっぱりエロいと感じませんでした。

どういう前提で読むか。…っていうのは、大事な事ですねほんと。自分で自分が不思議でしょうがないです。一体何のスイッチが入ったのだろう?

私がここ数年で一番、自分に何が起こったのか………と思った時というのは、ましろさんに嵌ったときです。ほんとに私が読むような類の話じゃなかったんです。ところが見る間に嵌りましたよね、ほんっとうに夢中で嵌りましたよ。ゆっときますけど私、未だに天使のじかんとかタカトリとか、絶賛枕元に置いて読み返してますから!!…いやまあ、別にゆってくれなくてもいいよって事ですけども。

で、その次に自分に驚いたのが、内田さん出戻り事件でした。
これ大事件だよ。だって本当に私、『永遠のため息』までのは全部好きでよく読むのに、それ以降のをプツッと断っちゃってたんですよね。
まさかさようならした本を買い戻す事になるなんて思わなかった…。

で、これを初めて読んだ時、私はやっぱり何度も受攻逆だったらいいのになあ…って思ったんですよね。いつもは何よりも年上であることが受の絶対条件のはずなのに、この『飴と鞭』を読んだ時、私は、年齢よりも、小奇麗さを取ったんです…!年下でもいい、ロン毛で小奇麗なこの男が、受けだったらなあ…と思ってました。
うんまあ、そうだろうよ。

んで今現在。
受攻逆なんて…ありえないよ!!
この話たち、おっさんが受じゃなくてどうするワケ!
このごっつい毛むくじゃらのどこからどう見てもおっさんが、照れ照れしている姿が、この話の面白さなんじゃないか!
と、目覚めました。
ほんと、色んなスイッチがあるものですよね。
今年はほんとにいろんな事件が起こった。ましろ事件。内田事件…。
って二つじゃん。いやまあ、色々ありましたよ。
今後私も、どっちに行くか分かりませんね。

そんな訳でほんと久しぶりに読み返してみたこの本の以下ネタバレ感想です。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : あ]内田カヲル comments(0) trackbacks(0)

だまって泣いているのです * 内田かおる

内田かおるさんのマンガの感想ばっかり書いているのですが、まあ嵌っている状態のときって楽しいものですよね。しかも私は内田さんに出戻りなので、暫く読んでなかったブランクがあるものの、全く知らなかったという訳でもないんですね。同じものを読んでいても感想が違うという自分の状態が凄く新鮮で楽しいです。
あんなに本気に読めなかったのに、なんかもう、むっちりオヤジが恥ずかしい事になっている姿が気持ちよくてしょうがないというのはこれいかに。

相変わらずなんと恥ずかしいんだ、もうむずむずして居ても立っても居られない!
と思う瞬間はたくさんあるんですが、でもそのどうにもこうにもみっともなくて恥ずかしい、いい大人が何してんだよ…とガッカリするような気持ち…って、もしかして私が年上受が好きな気持ちの大元でもあるんじゃないかという気がして、そうなると、自分が今まで読んでいた、受がごっつい毛むくじゃらのむっちりオヤジではない年上受と、根本のところは何も違っていなくて、むしろ見た目が小奇麗ではないだけに、その、いい大人がみっともない、恥ずかしい何してんだ。…というガッカリ感が、より増すような気がするんですよね。そここそが私が年上受を好きな原因の一個なんだとしたら、やっぱり、これは私にとって究極の年上受ではないか…と思ったりもするんです。

かと言って別に、やっぱり自分の好みが変わる事はないんですけど。私はやっぱり背の高いスラッとした小奇麗な大人の男が受けるのが好きですけどもね。
しかし、内田さんの描くおっさんにも、私の好きな要素はたくさんあったんだ、という事も間違いない。

そう、私子供攻も好きなんですけど、長身受も好きなんですよ。受が攻より背が高いっていうのがかなり好きです。ロン毛受も好きですけどね。年上、長身、ロン毛受。年上は結構あるんですけど、長身受はあんまりないんですよ。なので、長身受に出会うと相当興奮する。ロン毛受はファンタジーに限りたまにあるんですけど、ロン毛は攻のが多い気がするんですよね、ファンタジーだと。まあロン毛自体あんま見ませんけどね。
それらの要素をかねそろえた内田さんの受オヤジたちでしたが、自分の中ではこれまでスルーされてました、それよりも筋肉がイヤだったのか。いや、見た目はそうなんですけど、あんまりにも、あんまりにも言動が乙女だったりするんですよ、このオヤジたちが。なのでギャップについていかれなかったのかもしれない。

まあなんにしろ、今は好きです。
普段の分別のあるオヤジの顔が、若い男の前でだけ乙女のように恥らったり照れたりする様が、喘ぎ声に必ずハートマーク入ってたりする(…というのは内田さん昔から)様が、そのカッコ悪さが逆にいいです。

んでこの本も、初っ端から相当恥ずかしい大人が出てきまして、もう本当に、情けないやらみっともないやらで、何とも言えないこっぱずかしい気持ちになるんですけども、ここがなんと言うか意外にも物凄い快感なのです。いい大人を辱めるという事の…サディスティックな気持ちよさがあるのだろうか…。
私、本気で相当Sだしな…。

以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : あ]内田カヲル comments(0) trackbacks(0)

それではみなさん。に、追加

この間遅ればせながら読んだこの本が本当に面白かったんです。
んで、感想を書き足りないので追加しとこうかなと思います。

初感想はこちら→ それではみなさん。 * 内田かおる

前回の感想の時にも感動しまくって大泣きしたその流れで書いたので相当熱すぎていて、まだ書き足りないってどういうこと?…って感じですが、これね、二冊しかないけど、カップル4つ出てくるんですよ。四兄弟それぞれ男の思い人や彼氏候補みたいなんがいて、恋模様も四つあるんですよね。
メインは四男と次男なんですけども、長男と三男にも何やらあって、ほんと内容ぐっつり詰まっているんですよね。
私凄いなと思ったのが、たったの二冊分で、しかも4カップルの恋が描かれていて、それなのに、物凄くじっくり恋愛模様を読んだ気がするって事なんです。
長男と三男については端っこだけなんですが、でも四男と次男の恋は、凄く丁寧にゆっくりと感情を描いてくれた印象が…あくまで印象があって、性急さがあんまりないと感じる。
それが凄いなって思うところでした。二冊しかなかったとは思えない。

なので書き切れなかった事を追加です。

以下ネタバレます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : あ]内田カヲル comments(2) trackbacks(0)
with Ajax Amazon