Archives by Month:
Archives by Category:

雫 花びら 林檎の香り 3 * 川唯東子

巻を増すごとに面白くなってく感じがするこのお話。今回もすーっっごい満足して読み終えました、あ〜面白かった。
3巻になって、二人は大して波風も立たない安定した恋人同士で、何も事件が起きるわけでもなく、ただ恋人同士の日常を過ごしているに過ぎないのに、それにマンネリを感じず、やけに楽しく、たまにキュンとしながら読めるっていうのはどういうことなんだろうなあ。
榛名は相変わらずだし、中川の方が前よりも甘くなっている分、今までよりももっともっと何も起こらないんですよね。何も起こらないっていうのは、二人の恋人としての関係が動かないって意味で。
個々には色々あったとしても、二人の関係はとにかくずっしり落ち着いてて、ただただイチャイチャしている。イチャイチャしているだけなのに、全然物足りなくないんですよ。物凄く足りている、十分足りている、有り余るほど貰ったよありがとう!!

この雰囲気…この一冊を、全くマンネリに感じないっていうのはやっぱ、読めば読むほど唸らせられる、この生々しい恋人っぽさなんだよね。
私、こんなにも"恋人らしい恋人"を、BLで読むことがあっただろうかって、川唯さんのマンガを読むと考えさせられるんですよね。この話だけじゃなくて、全般的に。特にここ数年の川唯さんですけども…凄くナチュラルにいちゃついてる。
マンガで読む恋人同士のいちゃつきって、ちょっとロマンチックに過ぎたりとか、やっぱりマンガの域を出ないのが多いと思わないですか?くっさいセリフの応酬だったりとかさ、逆にあまりにもいちゃつかない恋人同士だったりとか…なんつうんだろうな、あんまりナマ感はないと思うんですよ。
勿論、そのナマ感を求めている人と、求めてない人がいるっていうのは分かっているんだけども、私はたまにはこういうナマ感ってあってもいいと思うんですよね。っていうか、好きなんですよね、生々しいのが。

私、この中川と榛名を見ているとね、とても人様には見せられない恋人同士だけの…或いは夫婦の間だけの、いちゃつく時間…っていうのかな、そういうの感じるんですよね。
だって、人には言わないだけで、みんな結構家では恋人といちゃついてるでしょ?きゃっきゃゆってるでしょ?今は冷めてしまった…って人も、昔はいちゃついてたりしたでしょ?
そういうのって、自分たちだけの世界やルールがあって、それを他人が見たらほんっと鼻白むというか、まあバカバカしいようなもんだと思うんだけど、その恋人同士の日常を隠し見ているみたいな、そういう本物臭さを感じるんですよね〜。

で、そういう本物臭さ…を、まさかBLで感じる…なんて事は、やっぱりとても珍しいと思う。
そういう意味で、私はこの川唯さんっていう作家さんは、とても稀有な存在だと思います。こういう雰囲気を出せる人っていうのは、やっぱそう多くはないと思うからです。

日常を読んでいるだけでこんなにも満たされてしまった…。
私、別にそんなにせつない訳でも悲しいわけでもないし、取り立ててキュン痛が激しかったわけでもないのに、何故かずーっと泣きながら読んでたんですよね。
ほんと、どこにそんなに泣くんだろ。どこって言うよりももう、全体的に。じわじわじわじわ、この可愛らしさというか…可愛いとしか言いようがないのがもどかしいんだけど、榛名のいじらしさですよねえ、この素直さ。これにやられちゃうんだろうなあ、えらい泣いて読んでしまった。泣くような話じゃないと思うんだけど……あんまりにも、恋心が、愛おしくて。

ああ、また前置きが長くなっちゃった、もう疲れたけどこれから詳しく感想です。
以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : か]川唯東子 comments(0) -

雫 花びら 林檎の香り 2 * 川唯東子

やっぱり面白かった〜。
この話…っていうか、川唯さんの描くキャラがすごいオリジナルなんだよなあ〜。このマイペースっぷり。ほんと今回も、至るところに表れる川唯節っていうのか、それが凄く独特で面白くて、それは別に人間的に変わっているキャラというのじゃなくて、むしろ凄く生々しいなって私は思うんですけども、でもそういうキャラを、とくにこのBL界ではあんまり見ない気がするんですよ。こんだけ読んでても、こういうキャラ…この愛くるしさ、愛しさ、ここにしかないと思う。この作家さんしか描けないっていうキャラだと思うし…やっぱそういうのって面白いと思います。ここにしかない、ここでしか読めない。そういうオリジナリティって、私は凄く好きだなー。

で、キャラの表情や言動がココにしかないって言う事は要するに、お話とか人の気持ちも、決まりきった道筋を行かない感じがするんですよね。そこが凄く興味深いし、新鮮で、読んでて凄く楽しかったです。榛名と中川ならではの恋の仕方なんですよね。私は個人的には、この話の攻の男凄い嫌いなんですけども…だってなんでナチュラルに偉そうなの。私偉そうな男大嫌い。おまえがどんだけ偉いんだっつうの、ナチュラルに人に指図すんな。…って言いながらも実は若い時は指図される事にちょっとポ〜っとなってた時期もあった気がするけど…好きな男のものであれる事にポ〜っとなる時期ってあるよね。なんかこう、指図されたい…。みたいな!けどそんなの大昔の話なんでとにかく今はイヤ。指図すんな。
イヤなんだけど、でもこういう男いるよなあ〜なんか生々しいなと思って、そう思いながら読むのは凄く楽しかった。あるあるある〜みたいな感じでいちいち膝をばんばん叩きたい感じでした。

ちなみに一巻の感想はこちら→
雫 花びら 林檎の香り * 川唯東子

以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : か]川唯東子 comments(0) trackbacks(0)

胡桃の中 3 * 川唯東子

この話、私つい最近始めて読んだんです。1巻と2巻が新装版で出た時に存在自体初めて知ったんですが、それからずっと気にはなっていたけども、BLかどうかよく分からなかったので買うまで至らず、ついこの間思い切って1巻買ってみたという訳なんですよね。そしたら面白かったので早く買っとけばよかったな〜と思っていたところ、なんとすぐに3巻が出るなんて、凄いタイミングよかったです。続いていた事も全然知らなかった。

で、今回も凄く面白かったです。
一枚の絵にまつわる様々な人間模様がベースだけども今回特筆すべきはやっぱ、子供の頃の谷崎が見れたことかな〜。

以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : か]川唯東子 comments(0) trackbacks(0)

胡桃の中2 * 川唯東子

3巻が出る前に2巻読まないと!
って事で急いで購入。2巻も勿論面白かったです。

胡桃の中っていう画廊の若いオーナーが、いわくつきの絵を売ったり買ったり贋作作ったり修復したり…をしているお話で…っていうとやけに全然違うな…。
まあその、"いわく"っていうのが面白い訳です。

色んな絵画にそれぞれの経緯があり、持ち主にはそれぞれの過去がある。
それを、実は贋作家の谷崎が、大金動かしながら納まるべきところへ収めてやる…というような感じなんですよね。

その一つ一つの絵にまつわる話も凄く切なかったりして、泣いてしまうところがいっぱいあるんですけど、やっぱり何がいいって、谷崎の恋人、中居です。明るくて屈託のないカメラマンのこの男が恋人として、いつも谷崎の側にいる。
谷崎は彼によって、自分の中の暗い部分や冷たい部分を、強引に日の元へ引っ張り出されてしまうというか…。
自分が損しないように、きっちり金を稼ぐ事は忘れない、頭が良くて一見冷酷な谷崎ですが、冷酷になりきれない優しさがこの男にはあって、この画廊に来る人は全て谷崎によって、癒されていく。
で、その谷崎を癒しているのが、中居なんですよね。

私この話読んで思うのは、恋愛がテーマの話じゃないんですよねコレ。谷崎と中居の恋愛模様は脇のほうに追いやられていて、メインはあくまでもそれぞれの絵と絵の持ち主に、谷崎がどう自分なりの解決をしていくかっていう、トリックも面白いし、人間の切なさや悲しさみたいなものも感じるし、そういうところなんだと思うんですが、こういう中にあって、不思議なほどに谷崎と中居の恋人っぷりが、なんつうかなあ…物凄く"恋人"なんですよね。
恋愛を描いていないのに、物凄く恋愛を感じる。
とても当たり前の事のように日常的に、この人たちは恋人として成り立っている。
そこを凄く信じられるんですよね…うーんなんて言っていいか分からないけど…。

これが恋愛物語だったならば描かれなかったであろう、小さな谷崎と中居のエピが、彼らをとても強い絆の恋人同士に見せていて、それって不思議だなって。
恋愛を描こうとするときっと、この話の中に出てくるような谷崎と中居の雰囲気は出ないんじゃないかと思うんですよね。だって恋愛が中心なら、好きだ嫌いだで話が展開する。自分の気持ちやお互いの気持ちに迷ったり、傷ついたりする。
が、谷崎と中居にはそれがない。そこはもう超えている。
例えば付き合っていて幸せな二人なら、毎日毎日深刻な顔をして生きてはいない訳で、相手を好きだという、幸せだという顔をして生きていると思うんです。
その、付き合っている人たちのとても当たり前の普通の日常を、谷崎と中居から感じる事ができるんですよね。

私そここそがこの話のとても好きなところでした。

あと、中居のキャラが本当に素直で天真爛漫という感じがして可愛くて、谷崎が髭剃るたびにカッコいい!って、自分の彼氏に抱きついていくなんて、こんな素直な子なかなか他の恋愛マンガでは読めないんじゃないかと思うくらい。
この2巻の最後のショートなんて本当に可愛かったなあ。谷崎が髭そってスーツだからって、鼻息荒くしてカメラ持ってくるから待ってて!待ってて!…って!!
ほんとこんな受の子見た事ないよ〜。絵もすーっごい可愛い。ほんっとに癒されるこの子…。
んで、そんな中居を恋人に持っている谷崎は幸せだと思う。
常にクールな言動の谷崎だけど、中居の事をしっかり大事にしている。それもなんていうか、猫っかわいがりしないところがいいんだよな〜。
好き好きって言ってくる中居を、とても当たり前にあしらっていて、そういう谷崎と中居を見ていると、ああこれがこの人たちの日常なんだなと…。
常に愛だ恋だと打ち明けあっていない、日常を生きている男同士のカップルです。
とっても普通に、リアルに、"恋人"ですよね。

で、この2巻で一番好きだった話は、売れない画家の話でした。
この話が、何だか凄く容赦なくて、キツイなあと思いながら、だけどとても切なくて、泣きました。

これ一つ話書くのに凄く時間掛かるからたくさん描けないみたいなことを後書きで書かれていたのですが、うん、そりゃそうだろうよ。こんなに緻密に計算してあって、なんか小説みたいじゃないですか、このマンガ。
私は絵に全然興味ないから、知らないことだらけだしきっとこの先も絵画の事を何一つ知らずに生きるであろう…と思うのですが、この話の中にはとにかくその絵画について詳しく色々描かれてあって、これを描いている川唯さんが、凄く絵とか芸術が好きなんだろうなあというのが、さすがによく分かります。
凄いな。

んで、次は3巻ですね。3巻は9日発売です。
……セックスピストルズ6巻とユギさん新刊が出る日です!!!
その時私は東京の友達の家にいます。もうね、きっとずーっと心ここにあらずと言った状態だと思います。マンガを手に入れるまで、きっとずーっと友達たちに、「マンガどこでいつ買えるかな…」と言い続けることでしょう。




拍手する
Catergory in [comics : か]川唯東子 comments(0) trackbacks(0)

胡桃の中 * 川唯東子

毎日毎日調子悪い調子悪いとぐずぐずぐずぐず言い続けているのですが、明日とうとう胃カメラ飲むことに…。やだよ〜。あんな苦しい思いしたくないよ。

忘れたい。忘れたい時には何か書くのが一番です。
とは言っても全然新刊の感想書けてないんですよね。まあ、読んでないから仕方がない。手に入れてさえいないんですよこの私ともあろうものが。何も情熱がないわけじゃないのですが、なかなかタイミングが合わなくって。まあいっぺんに買おうと思ってるんだけど、そう言えば元々8月はそんなに欲しい本があるわけじゃなかったので、こんなもんかも。
9月が結構欲しい本いっぱいあるんですよね。新人さんとかの本が多いので、吟味しつつ買うことになるだろうな〜。

ところで『胡桃の中』これもずーっと読みたいけどどうしようかなと気になってはいたけど最終的に買うまで行ってなかった本です。BLじゃないのかと思ってたんですよね勝手に。
でも全然普通にBLでしたね、まあ恋愛マンガではないですが、主人公が男カップルなら全然問題ナシです。ちゃんと恋愛関係にある男二人が主人公で、イチャイチャしていたり信頼し合っていたりして
、恋している匂いがぷんぷんしてきてました。
例えばこの男カップルが、何となく匂わせた友達同士…とかだったらもう、途端にイヤです。何となく何かありそうだけど結局何にもない、みたいなのが一番嫌いで、それならもう、まるっきり何にも想像できない普通の男同士の友達同士のほうがなんぼか気が楽なんですよ。そう、気が楽。何にもないのになんで何かあるように見せるのか分からない、私を弄んでいるとしか思えない。
私は弄ばれたくないので、できているならできていると言って欲しい。できてないなら雰囲気出すな。
白黒はっきりしたい派の私なので、この胡桃の中の主人公たちが、恋愛関係にある男カップルで心底ホッとした。あんまり期待していなかっただけに喜びもひとしおでした。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : か]川唯東子 comments(0) trackbacks(0)

雫 花びら 林檎の香り * 川唯東子

面白かった〜。これは相当キュン泣きでした、もう受の子があまりにも頑張り屋で、打たれ強いにも程があった。私は傷ついてポロッと泣いちゃうような女々しい受が大好きなんですが、この子はしかし本当に滅多な事じゃ引かなくって、でも傷つかない訳じゃないし泣かない訳でもないんですよね、傷ついたり泣いたりするけど、前向きだしよく笑うし、引き下がらないし諦めない。泣き顔があまりに可愛いかと思うと、次の瞬間には積極的にガンガン迫って行ったりしてて、本当に飽きない子だったよ、攻の奴がびっくりするほど素っ気ないので、この子の恋はほんとに成就するんだろうかと、攻の奴がほだされる瞬間を想像できないほど、ほんとなかなかに遠い道のりでした。…が、面白かったです。

川唯さんのマンガの、全体に漂う優しい雰囲気がホント大好きです。カフェラテ〜でもそうだったけどこれもさ、柔らかくって優しい感じがするんですよね、凄い綺麗な絵なのに、表情が凄く豊かでさ、チビ絵がまた可愛いんですよね…。元々が凄く綺麗な絵なので、ギャップがまたいいんですよ。
あーもう好き、川唯東子さん好きです、優しくやわらかーく笑った絵が大好き。

そしてこの本は、タイトルが凄くいいと思いませんか。"雫 花びら 林檎の香り"だって。気持ちいいタイトル…。

今回リブレの新刊面白そうなのいっぱいあったんで、リブレのを結構買ったんですが、全部面白かったです。


以下ネタばれます。



Read more...


拍手する
Catergory in [comics : か]川唯東子 comments(0) -

loveholic〜恋愛中毒〜 * 川唯東子




古い本過ぎてamazonでは今んとこ買えないみたいです。が、今amazonで探して2巻があったのを知った。読みたい…。新装版の予定はないんだろうかと今調べたんですが、今んとこは予定がないみたいです。こりゃ2巻は本気で探さねば…。

えーと、面白かったです。テンポとか最初の方は、年代を感じるというか…と言っても01年の本だしそんな恐ろしく古いという訳でもないんだけど、やっぱなんていうかちょっと古いマンガってテンポが元気良すぎるんですよね。主人公の人がわあわあ一人で怒っている話って昔のに多いでしょ、で私はそういうマンガ的なキャラの人がどうにもこうにも自分に合わんのんです。なのでどうしても、そういうテンポの元気な、とにかく主人公の人がぎゃーぎゃー言っているようなマンガに、まず拒否反応をしてしまって、でもそこで止めてしまわずに我慢して読むと、そのテンポに自分なりに慣れてきて、その後の物語を楽しめるようになる場合もある。
これがそのパターンでした。読んでいるうちに、受の人の気持ちが切なく伝わってくるようになって、なんだか予想外に涙が出た。
で、表題作のスピンオフとして同時収録で、攻の人の過去の話が載ってるんですが、こっちがもう…。悲しくて悲しくて悲しくて、当分引き摺りました。そんなのあんまりだ…。こっちも泣いた。読み返すと悲しくなるので読み返したくないです。

以下ネタばれます。



Read more...


拍手する
Catergory in [comics : か]川唯東子 comments(0) -
with Ajax Amazon