Archives by Month:
Archives by Category:

続・いやらしの彼 ─ レオパード白書 7 * 扇ゆずは

このシリーズ中私が一番好きな受だった鉄狼さんの話、終わりましたね〜。
どこが好きなのかというと顔とか年齢とか性格とか…だって他の受って全員厄介ですよね。鉄狼さんが一番性格のいい大人で私好みです。かわいさで言えば一巻のホスト、凄いかわいかったけどもね。
そんな鉄狼さん、他にもの凄い好きな人がいたし、その恋心にどうやって決着つけるのかなと思ってたけど、ちゃんと気持ちも動いて、違和感なく燐世の方を向いてくれて、ホッとしました。


以下ネタバレます。

 


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : あ]扇ゆずは comments(0) -

STAR☆Right * 扇ゆずは

ゆずはさん頑張るな〜。いっつもゆずはさんの感想書いてる気がするよ。
レオパードと同時に出たこっちですが、これは同人誌で私ずっと追っかけて読んでたんですよね。アイドルの話で、芸能物って普段ならあんまり興味ないというかあんまり好きじゃない部類なんですけど、でもまあゆずはさんの同人誌だし続いてて面白いので読んでました。

コミックスの奴は同人誌版とは違ってあらたに書き直したんですよね、雑誌で連載してたもんね〜。
で、こうして改めてアイドルモノのコミックスとして読むと……は、は、はずかし〜〜…。
もうなんだろこの芸能モノのこっぱずかしさって。アイドルの定義とか、歌詞とか、キメって決めてるポーズとか、あんまりにもあからさまで……恥ずかしいのよおおお〜〜。
恥ずかしいもんで早くページを捲ろうと目がやたらと急いじゃう感じがあって、お尻がもぞもぞもぞもぞするような感じで読んじゃったよ。
同人誌の時は恥ずかしくなかったのに、なんで商業になると突然恥ずかしいんだろな。

新人アイドルグループ内恋愛の話なんですけども、主人公の元ヤンキーの恭平と、アイドルのプロで下積みと才能がかなりある万里が、ああだこうだいちゃいちゃしている訳です。
二人とも凄いカッコイイし、アイドルなんで歌ったり踊ったりして、なんかもう画面がきっらきらきらきらきらきらきら……眩しい!眩しくて恥ずかしい!
んですけど、やっぱ可愛いんだよな〜…恭平。
元ヤンキーなんだけど、凄く素直で従順なとこがあって、単純であんまりモノを知らなくて、純粋ないい子なんですよね。この子が可愛いくて、見てるととても楽しい。
すんごい鈍いので万里の気持ちも、万里への自分の気持ちにも気付いてなくて、やきもきしちゃうんですけど、そんなやきもきも含め可愛いし楽しいです。

恥ずかしいですけど万里と恭平の今後も気になるし、面白いです。
むずむずする気持ちで次からも読みたいと思います。
って、これ1巻って書いてないけど、2巻を出す予定…あるよね?ちゃんと二人の恋愛の最後まで見届けたいです。





拍手する
Catergory in [comics : あ]扇ゆずは comments(0) -

いやらしの彼 ─ レオパード白書 6 * 扇ゆずは

レオパードシリーズ毎回面白いんですけども…私的1位、今これ絶賛1位!!
おもしろー!!!
毎回同じこと言ってる気がするんだけど実はそうでもない…。一個前のひなこさん時も始まった時の4巻物凄いワクワクして面白かったのですが、今回のこの6巻、新しいホスト出現のこの6巻が今んとこダントツ好みです、雑誌で読んだ時から面白そうで楽しみで楽しみで、コミックス出るの待ってたんですよね。
や〜…纏まったの読んでも面白かったな〜。

今回の受の人がシリーズ始まって以来のおっさん設定。つっても34歳なんで若いんだけど、この場合の"おっさん"っていうのは雰囲気ですから。それに攻の子から見れば34歳はおっさんじゃないですかね、私二十歳の時、30超えた人おっさんだと思ってたもんね。現実的にどうこうじゃなく、BLにおいては相対的、雰囲気的におっさんかどうかが決まると思ってます。
…という何をもっておっさんとするか…というのはまあ置いとくとして、とにかくこれまで出てきたホストの中では一番年上ですよね〜。
で、この鉄狼という人、これまでのキラキラしたホストたちと違って、割と庶民派!お人よし!そんなところも私のお気に入りです。
んで、相手が燐花のお兄さんの格闘家、燐世です。2巻か3巻でちらっと出てきましたよね?あんまり印象ないんだけど、若かったんですね、22歳だって。
この子が格闘家としても凄い強くて人気なんだけど、無口で一途で不器用な子なんですよ〜。

二人のキャラといい、展開といい、明るいんだけどそれぞれの思いは切なくて、凄く面白かったです。


以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : あ]扇ゆずは comments(2) -

滴(しず)る牡丹に愛~レオパード白書 (5)~ * 扇ゆずは

4巻がこの間出た気がするんだけど、5巻は早かったですね〜。一年待つのが当たり前みたいな気持ちになっている方がおかしいのだろうか…。

4巻すっごいワクワクしてドキドキして面白くってたまんなかったこの話なんですが→ 滴(しず)る牡丹に愛~レオパード白書 (4)~ * 扇ゆずは 色々ややこしいことがたくさん起こっていて、これからどうなるんだもっとややこしいことになるに違いない!…と踏んでいた訳ですが、意外にこの5巻ですんなりと終わりました。
なんかもっと色々問題があった様な気がしたんだけど、収まってましたね。
うまく収まってて面白かったのでまあいいんですけど、ただこうなると一体何がそんなに問題だったっけ…?と省みてしまったりします。
えーと…雛胡の体液恐怖症に絡んだ雛胡の過去と、鴉門の立場的なものと、鴉門の昔の恋の事と、郡司の存在。…このくらいの問題が一気にぐわっと巻き起こってましたよね、一巻で。

一応全部、何等かの決着はついた…んだよね。

以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : あ]扇ゆずは comments(0) -

ラヴァーズ・サマー(完全版) * 扇ゆずは

これ、ずっと欲しかったのにどこ行ってもなくて買い逃してて、買い逃したまま忘れ去られる…というよくあるパターンに陥ってしまっていたのでした…。
が、こないだついったであるって教えて貰って慌てて購入したのです。買えてよかった!

そんで例のごとく私、ぜんぜん内容をチェックしないままで、何が入ってんだか全然分からなかったんですよ。ただ、私ゆずはさんがジュネットで描かれた記憶がゼロになってて、いやあるんだけども、全然思い出せなかったんですよ。なので何となく私の知らない昔のゆずはさんの作品が入っているのだろうな。と思っていたんですね〜。
ところが何と、中身は『スタアな恋』でした…!
そういえばあれ、ピアスコミックスだ〜!何となくGUSHのイメージが強かったんですよね〜。たぶん同時期に読んだ『BROTHER』がGUSHだから混同しちゃってたんだなあ…。
ま、そんな訳で、中身はほとんど知ってるし持ってるという結果に相成りました。
けど、読んだ事ない話もあったし書き下ろしもあったので満足です!

で、件の『スタアに恋』っていうのはこれですね。↓↓↓
スタアな恋 * 扇ゆずは

『スタアに恋』と『スタアに愛』の二冊あります。
で、その記事にも書いているのですが、私この本は、表題作の芸能人と水泳やってる子のエロ話は割とまあ流していて…何が好きって、この二冊に続きで入っている、野球部の話がとにかく大好きだったんですよ〜。
で、野球部の話野球部の話……とばっか言ってたからタイトルをさっぱり知らなかったんですね、それ知ってたらこの文庫のタイトルでピンと来たかもしれないのになあ…。
この文庫の表紙の二人は、この野球部の二人なんですよ。
とは言っても、野球部時代から数年後の二人ですけどね。
初期の方は絵も違うし、静さん髪の毛もっと短いし、攻の男は坊主ですからね!でも紆余曲折を経て、こんな二人になりました。
この野球部の話、私ゆずはさんの話の中では相当好きな方なんですよね〜。

以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : あ]扇ゆずは comments(0) -

滴(しず)る牡丹に愛~レオパード白書 (4)~ * 扇ゆずは

レオパード白書の4巻、すっごい面白かったです〜!
タイトルも新しいのがついてるし、てっきり雛胡さんシリーズで丸丸一冊かと思ってたんだけど、半分は燐花シリーズでした。彼らはもうくっついているので、その後の話はその後の甘い話ばかりで、とても可愛らしくて笑えて楽しかったです。

が、新シリーズの方も面白くて!
雛胡の過去もかなり色々波乱万丈みたいだし、ヤクザとかいっぱい出て来て、雛胡の相手もヤクザみたいだし、なんか相当ややこしい話になりそうで、タイトル新たにつけてるのも分かる感じです、あ〜楽しみ!カッコイイ脇役もいるし!ってかこの人が気になって仕方がない、郡司カッコイイ!

燐花と先生の話は、とにかく最初っからとっちらかっている印象があって、先生の性格がはちゃめちゃすぎて、最初はよく分からなかったんですよね。だって先生、性格に要素が多すぎじゃない?真面目な顔と、実は性格キツイっていう二重人格、実はケンカも強い、実は不倫している、実はおっさんフェチ、実は乙女…しかしいきなり生徒を誘う………って、実は実はってどんだけ特化した要素を持っているの!先生のキャラあれやこれや詰め込みすぎでどんな人なのかさっぱりわからん!
…って思ってて、2巻の頃って結構首傾げる感じあったんですよね、物語が分かりにくくて。いつだったか、先生は二重人格な乙女なんだ、みたいな事言われて妙に納得してしまった記憶があります。
とは言っても、その分燐花が分かりやすく一生懸命恋してて可愛かったので楽しめはしたんですけども。
ゆずはさんってその辺はいつも分かりやすいので、この話は特別分かりにくかった印象があるんですが、3巻くらいから先生の要素っていうのはもう遠いバックボーンになってしまった感があり、それよりも燐花と先生の間の恋物語に集中してお話が進むので、大変面白かったです。
それが今回の4巻になると今度は、ただただ甘い二人の日常って感じになっていたので、更に更に読みやすく面白かった。燐花はますます可愛い奴だった。


以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : あ]扇ゆずは comments(0) -

レオパード白書 3 * 扇ゆずは

面白かったー!!!
すっごい面白かったです、とってもゆずはさんだった!
やっぱゆずはさんは、ありえないくらいカッコいい男が片思いしてカッコ悪くなっちゃってる恋愛モノが一番面白いなあ〜。
今回も、こないだまで王様みたいな男だった燐花が、恋して片思いして思うようにならなくて、せつな〜くなっている話で、すっごいキュンキュンした〜。

ちなみに1、2巻の感想はこちら。→
レオパード白書1 * 扇ゆずは
レオパード白書2 * 扇ゆずは

ちなみにこのカップルの話は2巻からで、1巻は別カップルの話です。

以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : あ]扇ゆずは comments(0) trackbacks(0)

DARLING 4 * 扇ゆずは

ダーリングの4巻が出ました。完結です〜。
ダーリングシリーズと言えば言わずとしれてますが、1巻2巻と、3巻4巻の主人公が違います。
1〜2は本当にキュンと泣けて切なくて可愛くて笑っちゃうという、凄く楽しい高校生モノなんですが、3巻4巻は、医者が主人公の大人の話で、美貌の医者が、これまた美形の兄弟の両方から迫られて……というワクワクするったらない、やっぱり楽しい話なのでした。

で、一応三角関係ではあるんですけど、これもやっぱりね、三角にもなってないっていうか、主人公の受、遥はもう最初っから気持ちはどう考えても読んでも、決まってるんですよ、お兄ちゃんに恋しちゃってんですよ。
だからどっちとくっつくのか!と言いはしてもやっぱり結果は見えていたわけで…。
でもここで、年下応援委員会会長の私としてはですね、やっぱり弟を応援してしまうのです。どんなに受が兄に掻っ攫われようとしていても、どうしても弟を応援してしまいます、望みがなくても、お兄ちゃんがどんだけ人間的に素晴らしく、寂しい人であろうとも、どうしても年下を応援してしまうのです、何故なら会長だから。

こんなにも遥の気持ちが決まってて弟が眼中にないならこんな風に弟思わせぶりにさあ〜……
と、ついこの間全く同じような事を書いた気がするけど、いつどこで何にだろうか??
(コレでした→ Golden Eyes * 北沢きょう 年下が負けてしまったのでした。)

まあ、2人が好きになればどっちかがふられますよね、しょうがない…。
けど、兄弟で一人を取り合って、年下が勝ったことってあったかなあ…。思いつかないよ。なんかいっつも敗北感だもんな…。

まあでも、とても面白かったです。
キュンとしたり、そういう情緒の部分はあんまり動かなかったんだけど、なんか私はゆずはさんの漫画を読んでいると楽しくて仕方がないし、元気になれるのです。なので今回も凄く楽しく読めたし、それに、お兄ちゃんも凄いいい人で、魅力的だったし…遥自体はあんまり好きになれるキャラじゃなかったんだけど、でも攻2人がステキで、とてもよかった。
キュンとしたり切なくなったりって言うのが、多少はあったけどあんまりなかったという理由はもしかして、弟に拘りすぎたせいかもしれないです、いつもの事ですけど。
弟の事ばっかり考えてたから、お兄ちゃんと遥に感情移入しおくれたっていうのはあるかも。

以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : あ]扇ゆずは comments(0) trackbacks(0)

レオパード白書2 * 扇ゆずは

思ったより早めに準備が終わったので…ってもう24時なろうとしているけど。
でもブログを放っておくと大事な宿題を残しているような気持ちになって、とにかくもう落ち着かなくて気になってしょうがないので、これ一個だけ感想書いて旅立ちます。この間帰ってきたばっかだけど!

レオパード白書1 * 扇ゆずは これの続きです。続きとは言っても、前回の主人公たちは一冊でくっついて幸せになったので、今回は前回の主人公の絢の同僚、燐花の話です。
燐花っていうのがいたんですよ、前回もちょろっと出てきたんですけど、絢のホスト仲間で派手で綺麗な男でした。今回この子が主人公で、これは一冊で終わってなくて、続いております。

以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : あ]扇ゆずは comments(0) -

DARLING 3 * 扇ゆずは

3巻目は、2巻で出てきた理緒の幼馴染の遥が主人公です。
次は遥が主人公で、二人の男から迫られまくる…というあらすじを知った時からもう、楽しみで楽しみでしょうがなかったこの3巻。
う〜ん〜…年下ガンバレ…!!!
今の時点ではもう結果見えてる気がするんですけど…イヤだ!そんな見えてる結果に行き着きませんように…と年下応援委員会会長の私としては願ってやまない3巻でした。
あとジョーの恋愛の話と、理緒とともちゃんの話が載っていて、どっちも面白かったです。理緒とともちゃんの話がなんだかまたバカバカしいというか…えらい笑っちゃったよ、扇ゆずはさんのこの行ききったくだらない感じって、凄い魅力だと思うんですよね、なんかあっけらかんとしてるじゃないですか。ふりふりのエプロン着せちゃうとか、あわあわにしちゃうとかさ。お尻の描き方ももうなんつうか、えらい気合を感じるんですよね。あらゆるところがあっけらかんとしてて、あけっぴろげで恥ずかしげがない。理緒も突き抜けてるし、ジョーとジョーのクラスメイトも突き抜けている…。色んなところが突き抜けてていいなあと思います。
でも凄いきゅーんとするとこもいっぱいあるんですよ、3巻読んだので2巻読み返したくなって読み返したんだけど、2巻はかなり切ないですね、凄い泣いちゃったよ。


以下ネタバレます。



Read more...


拍手する
Catergory in [comics : あ]扇ゆずは comments(0) -
with Ajax Amazon