Archives by Month:
Archives by Category:

兄弟やめますか? * 新井サチ

新井サチさんの新刊、腹違いの兄弟モノで面白かったです〜。
兄弟っていっても同い年で、数ヶ月しか離れてない兄弟なんだけど、一応弟受。でもこんだけ年齢に差がなかったら弟受でも平気で読めた。
一冊全部二人の話でした。

以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : あ]新井サチ comments(0) -

どこよりもラブで! * 新井サチ

新井サチさん、今回も明るくバタバタしたコメディで、今回はその騒がしさが凄く楽しかったなあ。可愛いのでくすっと笑っちゃうところもあって、好きでした。
自分の状況とか自分の状態にも凄く左右されるんだろうけど、この新井さんのテンションが、凄く疲れる時もあるんですよね。
だけど今回はほんと、私が元気だったのだろうか、それとも攻視点だったから…?
なんだか攻があんまりにも屈託がなくていい奴なんで、すんごいバッタバタしてるんだけどそれがもうえらい可愛く感じてしまった。常にむすっとしてる受も、攻視点だからか、可愛く思えたなあ。
全てこの明るく毒のない攻の子のお陰かもしれない。

以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : あ]新井サチ comments(0) trackbacks(0)

優男はヴィーナス * 新井サチ

新井サチさん今回凄く面白かったです!
っていうといつもどうなんだって感じなんですけど、いやいつも面白いんですよ。でも肌に合わないと感じる時も多々あるので、なかなか手放しって訳に行かないんだけど、今回は何だか面白かったなあ。短篇集だったけど、特に表題作以外の2個が凄く好きでした。

以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : あ]新井サチ comments(0) trackbacks(0)

枯れ男に泉を * 新井サチ

面白かった!「かれおにみずを」と読むそうです、そうルビが振ってあります。
この表紙、見るからに年上受ですよね〜この表紙の黒髪の男は、まさしく水も滴るという感じで、大人の受の匂いがします。そしてその通り、この濡れている色っぽい人は年上の受でした。

私新井サチさんの絵、好きなんですよね。癖のある絵だと思うんですけど、なんか色っぽいと思うんですよ。その色気っていうのももしかして私限定に通じる色気なのかもしれないんですが、まずこの受の人のように、黒髪に凄く色気がある。濡れているような黒髪なんですね。私大抵自分の好みで、なんでか受は白髪が良いみたいで…わかんないんですけど、白髪受がいいんですよ。でも新井サチさんは、黒髪がとにかく色っぽいと思う。
それからスタイルが好きです。肩と腰と足が、物凄く自分好みなんですよね〜。今回の受の人も基本的にはスーツが多くて、そのスーツ着た黒髪の痩せた男の人の、肩が薄くて腰が細くて胴体が長くて、腰から下にすらっと伸びる足の形が、凄い骨っぽくて綺麗なんですよ、特に膝下がいい。私、ああいう足をガッと掴みたくてしょうがないです。あの細い足首を持ってぐいっと引っ張りあげて男を転がしたい。…と、男の細い足首と膝を見る度に思う。

まあそんな私の欲望の事は置いとくとしても、とにかく、個性的な絵ではありますが、新井さんの描く男の絵が好きだと言うことです。
そうそう、今回の人は目の下にある泣きボクロも色っぽかったですよ。

そして恋愛模様も良かった。気持ちが動いていく過程や、葛藤の表情が凄くいいんですよね、年上の人はなかなか手ごわくて、動き始めている気持ちをどうしても認めてくれなくてじれったかったし、割と突拍子もない…というか、予想外の不思議ストーリーだったので、普通のラブストーリーだと思っていただけに、え?あれ?そっち??って驚いて、ちょっとどっち向かっていくのかわかんない…みたいな戸惑いはあったんですが、でも年下の奴と年上の人の関係とか気持ちは、読み応えがあって面白かった。
終わりに向かうに従って話が纏まるどころか広がってく感じがしたので、これ1巻分で本当に終わるんだろうか、決着つくとは思えないと、怪しい怪しいと思いながら読んでいたんですが、やっぱり続くらしいです。良かった。
でも、場合によってはこれで終わる可能性もあったんだろうなあ。いやそりゃ納得しないよ。これで終わったとしてもまあ、納得してもいいかな、くらいには纏められてあったし面白かったけど、やっぱりもうちょっと詳しく、年下の奴の正体知りたいし、もっとはっきり恋人として始まってもいいと思うし。
なのでなんにしろ、続いてくれてよかった。

以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : あ]新井サチ comments(0) -

雨上がりの10年目 * 新井サチ

切なくって面白かったです。新井サチさんも受の人がいいです、表情豊かで芯が強くって健気で可愛い。
内容は高校時代に好きで未だにずっと忘れられなかった人と10年経って仕事で再会してしまい、そこから始まる話です。
凄く優しくて相手を思いやることのできる受の人の性格がよくて、泣き顔も可愛いし、お話も面白かった。だけど、最後あたりはちょっと綺麗過ぎるかなあと言う気もして…好みの問題なんだろうけど、私は割りとこういう、素直に打ち明けたら他人が何でも認めてくれる、という展開を嘘くさいなあと感じてしまう方なので、誠実な感じはしたんですが、一方ではどうだろうなあこんな上手く行かないと思うしこんな正攻法って感じも、あんまり現実味がない…とは思いました。

あと後書きで書かれていた担当さんの言う事に物凄く反対したい。
世の中そうなの?あたしは絶対反対!!!セックスの最中にそんな喋ったらリアリティないし読んでる方もやってる方も萎えるだろ、なんで世の中のBLマンガはこのようにエッチしてる最中に会話するのだろうか、黙ってセックスに集中しろや。…と、長年思っていた。こんな指導がされていようとは…。一体どのようなニーズなのだろうか、さっぱりわからん。


以下ネタばれます。



Read more...


拍手する
Catergory in [comics : あ]新井サチ comments(0) -
with Ajax Amazon