Archives by Month:
Archives by Category:

不測ノ恋情(CD)* 富士山ひょうた

評価:
遊佐浩二,前野智昭,鳥海浩輔,成瀬誠,平川大輔

ちょっと短くしか書けないんだけどこれだけ~!
不測ノ恋情のCDやっと聞いたんだけど、すごくよかったんですよ~!

不測ノ恋情といえば純情のスピンオフ、宮田さん主役の名作です。
宮田さんを私がいかに好きになったかというのは散々主張してしつこいのでもういいって感じでしょうがとにかく大好きなんです。
しかしきっかけが遊佐さんなんですよね、遊佐さんの宮田さんがとにかくはまってた…ということから宮田さんキャー!
てなったので、遊佐さんの宮田さんは私のなかで特別。
しかもあの!宮田さんが!
受ーーーーーーー!!!
大事件じゃないすか。不測ノ恋情っつうのはほんと奇跡の一冊。もちろんCDになると信じて疑ってなかったし、待ってましたよ~。嬉しかったよ~。

んであの原作って、理屈っぽいセリフの応酬なんですよね。ひょうたさんって全体的にそういう作風なんだけど、宮田さんの恋愛は特に、趣味じゃない相手、タチから受へ性癖の壁みたいのがあって、それを超えるのにやっぱセリフメインになるんですよ、宮田さんが理屈っぽいキャラだし。
そこで、遊佐さんですよね。うまい、つかもう、はまってる!ぴったり!
遊佐さんの声勝負のCDなんですよね~。遊佐さんの魅力満載、マジすてきだった…。

終始テンション低いしゃべり方も凄い宮田さんって感じだし、疲れてる時とか、急いでる時とか、困ってるとき、慌ててるとき、寛いでるとき、色んな宮田さんが、そのままの宮田さんで凄く自然体で、かっこいい!かっこいいんだけど、どっか柔軟さがあって、その柔軟さはもちろん宮田さんが持ってるものなんですよ。
そんな宮田さんが、前野くんのけんとに口説かれて甘えられて強引に攻められて、ほだされていくんですよ~!
声の変化とか微妙で素晴らしかった!

何回かエッチシーンあるんだけど、宮田さんが凄く感じちゃうとことか、めちゃエロかったよ、よかったよ~!
宮田さんの気持ち、原作読んだときよりも感情が含めてある分、分かりやすかったと思う。
自然に、あ、宮田さんもけんとに惚れてるんだな…て、感じられたんですよ。

あ、前野くんのけんともよかったですよもちろん!
原作より甘えん坊の年下感が出ててわかりやすかった。原作だと曲者感もあったけど、CDのけんとは本当に年下でちょっと甘えたところのある可愛い奴で、こういうタイプ、年下で甘えてくる感じ、実は元々好きなんじゃないかなって、原作で気付かなかった部分にも気付けたりしてよかったです。

そんなわけでとにかく凄くよかったので、そのことを言いたくてスマホでうってんだけど結構長くなったな、遊佐さんほんとによかったです!宮田さんを演じてくれてありがとう!






拍手する
Catergory in [comics : は]富士山ひょうた comments(0) -

不測ノ恋情 2 * 富士山ひょうた

なんと…とうとう…私の…宮田先輩が……。

純情スピンオフ、宮田先輩の話の2巻です。とにかくもう私この話待ち遠しくて大好きでたまらないので、続きが読めて凄く嬉しい。
タチ専門の宮田先輩が全然自分の好みじゃない男相手に、自分のアイデンティティを変えられていく話なので、凄く丁寧にゆっくり心の変化を描いていってて、面白い。

そういう話だからか、若干言葉で説明しすぎるんじゃないかという感じがあって、セリフが回りくどいのと長いのが気になるっちゃなるんですけど、まあそれひょうたさんの癖というか、味ともいえるのかもしれないですよね。それに今回そんなの些細な事かなってくらい、宮田先輩のあれこれに大興奮でした…。
いや〜…宮田先輩…も〜…宮田先輩…色っぽい!

以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : は]富士山ひょうた comments(0) -

不測ノ恋情 1 * 富士山ひょうた

あ〜興奮した。あ〜面白かったー!!!
数日前からもうずっと毎日毎日宮田先輩宮田先輩と言い続けていたのですが、とにかくこの一冊が待ち遠しかったです。
だってあの!あの純情の宮田先輩のスピンオフがー!!読めるなんて〜!!

これ私ね、何も最初っから宮田先輩にこんなに燃え滾っていたわけではないのですよ。
純情本編を夢中で読んでた時は、なんかよくある当て馬さんくらいにしか思ってなかったんです。なんか嫌味ったらしい訳知り顔…って感じでさ、私あんまり訳知り顔キャラが好きじゃないので、宮田先輩もそんなに気にしてなかったです。嫌いってほどでもなかったけども。
そんな私の宮田先輩への印象を大きく変えてくれたのは何を隠そう遊佐さんです!

純情のCDが好きでしょっちゅう聞いてたんですよね。その頃はまだCDをそんなに聞いていなかったので、遊佐さんっていう名前もあやふやだったんですけど、とにかく宮田先輩の役の人ぴったりだなって思ってて、例えば喋り方の癖とか、ちょっと嫌味な感じとか、なんつうかな、まさに宮田先輩だったんですよ。で、そう思いながら聞いてるうちに、今までどうでもよくてスルーしてた宮田先輩が、自分の中で命を持ったというか、凄く生きてきたというか、存在感が凄く強くなってきて、魅力的に思えてきたんです。
で、CDを頻繁に聞いてた頃、原作も頻繁に読み返してたんだけど、宮田先輩の印象がよくなった頭で本編を読むとね、なんかもう宮田先輩すっごくいいんだよね。
例えば3巻で戸崎が、「相手いるでしょ」って聞くところありますよね。それに宮田先輩は、まあねって肯定するんだけど、その前に一瞬間があるんですよ。
私ははじめ、その間を、「ばれてたのか、んじゃしょうがねーな」の間だと受け取っていたのです。
がしかし、宮田先輩好きだな、と思ってから読み返すと、それが違って感じたんです。言ってみれば、「違う、そうじゃない、おまえが本命だ」の間に感じたんです。
要するに、宮田先輩は戸崎に本気なんじゃないのかって思ったんです。しかも戸崎にはっきり拒否られたあの瞬間、あの間に、まるで宮田先輩自身も、自分の強い思いに気付いたみたいな、そういう風に受け取れて、そしてそれは間違ってないと確信した。
宮田先輩は戸崎に恋をしたままなんだ…と、しかしそれを強く自覚した瞬間に、失恋したんだ…と、私は純情が出てから何ヶ月も経って始めて気付いたんですよ。

そう思うと、自分内で宮田先輩の存在感がますます大きくなって、なんかもう宮田先輩が好きでたまらなくなってきて、そしてそんな頃、なんと宮田先輩のスピンオフが雑誌で連載開始するらしいと言うじゃないですか。んでしかも、何か雑誌の煽りかなんか見たんだと思うんだけど、宮田先輩そっち?みたいな一言が描いてあって、ピンと来たのです。
う、う、う、受じゃねーか???

そう思った瞬間にカーーーーーっっっと興奮しまして、確実に目え血走ったね。
まさかまさかのそっち??っていう、私はそれまで宮田先輩に対してそんな事はこれっぽっちも考えてなかったんですよ、攻以外の何があるのかと思ってたんですよ、まさか受なんて、そんな受なんて!
しかし、もしやまさか受か?と考えた瞬間に、なんかもう目から鱗という鱗がボッロボロこぼれまくってカッと開眼した私の眼差しの先には、もう受宮田以外何があるんだ…!!!
って状態になってまして、それからはもう、宮田先輩宮田先輩って、ほんっとにこのコミックスが出るのが待ち遠しかった。
しかしそれから宮田先輩がどうなったのかさっぱり分からず、ほんとに受だったのかやっぱり攻なのか、結局はっきりしないまま月日が経ち…ついこないだまで忘れてたよネ、テヘ!

でも表紙絵見たらやっぱり受っぽいので、表紙を見た瞬間にもう思いっきり期待しましたけどね!
攻だと思ってた人が受だった場合っていうのは、絶対嫌な場合も凄い多いんだけども、宮田先輩に限ってはほんと、受だって言われたらなんでこれまで受を期待しなかったのかなあって自分が不思議なくらい、もう絶対受だよなこの人!
眼鏡で強気で嫌味っぽくてさあ。失恋したての当て馬さんだもんな〜。

そんな訳で今や宮田先輩に、ここ最近では珍しいほどに滾っている私なのでした。
遊佐さんのお陰です、ありがとう。CD楽しみです。なるよねCD、なりますように!私の中の最高の遊佐さんになりそうな予感。

わー前置き長い、でもどうしても私がどんだけ宮田先輩にカーっとなっているかという事を聞いてもらいたかったの…。だってこんなにもキャラが好きで、キャラ先行でマンガ読んで興奮してしょうがないっていう状態が、私には凄く久々だからさ〜。ほんと久しぶりの、とにかくキャラが好きだから滾るというこのテンションでした。
いや〜面白かった!

という訳で以下ネタバレしつつ感想です。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : は]富士山ひょうた comments(0) -

純情(CD) * 富士山ひょうた

イメージ・アルバム,平川大輔,森川智之,遊佐浩二,楠大典

イメージ・アルバム,平川大輔,森川智之,遊佐浩二,星野貴紀,堀内賢雄

テレビに夢中になりすぎてもうこんな時間。眠い…けど明日は早起きしなくていいので何とか眠たい眼を抉じ開けて何か書こうと思います。

んで、昨日書いた、純情CDです。私はこのCDが大好き!!!
原作も勿論大好きなんですけども、このCDはなんか、原作云々ってよりも、CDとして凄く聞き応えがある感じしないですか、私は凄くこのCDの中のストーリーを、楽しめます。それって何なのだろう。
とにかくこれも延リピでした。なんか癖になる聞いてやった感でした。何回聞いても続きが気になってトイレ行くのも途中止めて行くくらい机から離れられないという…作業中の私を机に縛り付けておくのにとっても効き目のあるCDでした。これのお陰で仕事が捗ったなあ、本当に感謝だよ。

原作の感想はこちら→ 純情3 * 富士山ひょうた


以下原作の内容をネタバレるかもしれない感想です。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : は]富士山ひょうた comments(0) trackbacks(0)

その手の熱を重ねて 2 * 富士山ひょうた

ダリアのコミックスはいっつも画像出るの遅いな〜。
これは1巻がすっごく好きで、えらいドキドキキュンキュンしながら読んで、このもどかしさや丁寧さやじれじれ感がすーっごく良かった!と大興奮した本で、その続きでした。
1巻の興奮を思い出そうと思ってちゃんと1巻から読み直した上で2巻を読んだのですが、やっぱり気持ち一つを描くのがとても丁寧で、2人のテンポが違うからこそ起こる擦れ違いが、一つ一つきっちり描かれているので、とても良かったです。
けど、1巻で感じたような胸のなんつうか…高揚?みたいなのが、あんまりなかったんですよ。自分の状態にもよるのかもだけど、内容が凄く硬かったんですね。凪紗って陶芸家ですよね。で、その凪紗の作品をどういう風に売るかで父親と揉めている。その辺の事がメインで描かれていて、主役2人の恋模様としては、凄く印象が薄かったんです。なので★を前回より一個減らしました。
でも通して何回か読んでみたい気はするな、陶芸界の事がよく分からないので、そんな駆け出しの店構えたばっかりの店で、そんな値の張るツボとか頼めるくらいこの人お金あるのかな〜…とかまたお金の事ばっかり考えて読んでしまったので…。なんで金の事ばっかりでそんなに世知辛いのか私。

ちなみに1巻の感想はこちら。→ その手の熱を重ねて 1 * 富士山ひょうた 

以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : は]富士山ひょうた comments(0) trackbacks(0)

その手の熱を重ねて 1 * 富士山ひょうた

すーっごい良かった!!もうなんか凄い泣いた〜。切ないって言うんじゃないんですけど、この受の男の子が、自分の恋心に気付かず、気持ちを持て余している姿が、もう可愛くていとしくてきゅんきゅんして、可愛くて可愛くて、ドキドキして、そしてボロボロボロ〜っとなってしまいました。あ〜…面白かった。

富士山さんほんと何回も言うけど…絶対前よりいい。こんだけキャリアがあるのに、作品ごとにクオリティが上がるって…っていうのは、前より今のがいい!って思っている、私に限っての感じ方ですけどもね、でもあの〜…何回も言ってしまってあれなんですけど、前そんなに好きじゃなかったので、私は余計にそう思うんですよ、こんな風に気持ちの柔らかさを描ける人だと思っていなかったし、実際、昔の富士山さんのマンガって硬いじゃないですか?私凄くそう思ってたんですよ。
…なんて言ったらいいだろ、キャラが硬いというか、いっつも同じような型に嵌ったようなタイプだったと…思うんですよ。そしてそのタイプが好きではなかった…のかな、自分でもよく分からないけど。
でも、とにかくこれだけは一貫していると思うのは、人の感情を動かそうとする時の誠実さ、です。
人の気持ちを丁寧に、誤魔化さず描こうとする、安易なところで、予定調和で納得させようとしていないところに、凄く好感があって、…そういう誠実さは、ずーっと何読んでも感じていたので、そこは凄く魅力だったんだろうと思います。だからこそ、読み続けていたんだと思うし。
今富士山さんって、キャラの硬さがなくて、色んなタイプの色んな人が描けていて、そこに柔軟性があって、人間味が前よりも凄くあるような気がします。で、そういう人間味の上に、元々から持っている、人の気持ちを凄く丁寧に描かれるところがプラスされて、なんかもう、ものすっごく…良いです、深みがあって、良いマンガだなって思う。
恋愛感情が動く瞬間、人の気持ちが動く時っていうのを、見事に入り込んで読ませるっていうか、嘘くささもないし、だからと言ってドラマチックでもあるし…そのドラマチックっていうのは、派手な展開という意味ではなくて、誰しもの人生の中に潜んでいる、些細な瞬間も、恋をしたらドラマチックになったりだとか、感じ方一つで凄く感動的に見えたりだとか、そういう日常に潜んでいるドラマチックなんですよね。

このマンガに描かれている事も、ほんと劇的な事件が起こる訳でもないのに、ものすっごいドキドキするんですよ。何という事はないエピで、物凄く日常的なのに、人の気持ちが動くという、ひとつの事を物凄くステキに感じる。
これは漫画家さんの力量ですよね、凄いと思います。
なんかこう、良い恋愛マンガが始まったなあという感じがして、凄く面白かったです。

以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : は]富士山ひょうた comments(0) -

純情3 * 富士山ひょうた

おもしろかった…!!!あ〜…よかった。いい終わり方だった。最後までテンション落ちなくって、1巻から3巻までこの二人はきっちり過程を踏んで、悩んだり喧嘩したり我慢したり自分をぶつけたりしながら恋人になって行ってましたよね。もうその過程を全て愛しく感じる3巻だった。
とにかく私、この話の受の人が凄く好きだったんですよね。この人、色んな些細な事をすごく気にして悩んで一歩前に進むのにも時間が掛かる人で、その小さな一つ一つの悩みが凄く等身大で、恋している人の臆病さがとてもよく伝わってきたんですよね。神経質なところもあり、頑固なところもあり、だけど好きな人は凄く大事にしようとするし、自分の気持ちも大事にしようとする。悩みながらもポジティブだし、この受の人の性格がとにかく大好きでした。柔らかそうな見た目も好きだったし、ちょっと損しちゃうくらい人が好いとこも、なんかとても愛しかった。
攻の人が自分の気持ちを表現するのが凄く下手で不器用な男だったでしょ、最初の方子供みたいにわがままだったりしたし、でもただのわがままじゃなく、自分の気持ちのありように戸惑っているんだろうって事もよく分かったし、戸惑うって事はそれだけ自分自身に向き合おうとしているからで、自分の気持ちから逃げないって人がとにかく凄く好きだし、攻の人はとても人間的で、魅力的でもあったと思う。こういう不器用で正直な人に、受の人はとてもよく似合っていた。辛抱強くて、自分の気持ちのぶれない人だったので。
ほんとお似合いの二人だった。

富士山ひょうたさんのマンガ大抵は持ってるんですが、私この純情が一番好きなんですね、その他のどれよりも一番いい"恋愛物語"だと私自身は思ってます。
富士山ひょうたさん、私作家さんとして好きか嫌いかと言われたら、嫌いではないけど、好きな作家さんとは言えないんです、というのもやっぱりこの方独特の癖があって、それがとにかくこう…体質に合わないというか、まあ作品に寄るんだろうし、その"癖"っていうのをどこがどうで何がどうなっている、とははっきり言えないんですが、とにかく富士山ひょうたさん独特の、鼻につく感じっていうのがあるんですよ。そこが、私がこの人を大好き、と言えないところです。
だけど、あんま好きじゃない癖と同じくらい富士山ひょうたさんはそこだけぶれずに凄いなって思っているのは、やっぱりマンガが誠実だってとこです。
感情にあまり誤魔化しがないっていうか…一つ一つの感情に、ちゃんと筋道をつけようとしている感じに、好感も凄く持ってます。
だから、好きなとこもあるけど、嫌いなトコもあるって感じかな。

だけど、この純情は、嫌いなところがないです。これ以外のもの、それまでのものに強く感じていた富士山ひょうたさんの灰汁みたいなもの…言い方悪いなあ申し訳ない。その"癖"みたいなものが、凄くなりを潜めていると思うんですよ。全く引っ掛からないんですね。だから、この本は私の中で異色で、富士山ひょうたさんの本の中では飛びぬけて面白かったと思います。
私それ、主人公の戸崎のおかげじゃないだろうか、とちょっと思っている。戸崎みたいなキャラが、これまでいなかったように思うんですよ。少なくとも私が持っている富士山ひょうたさんのマンガの中では、戸崎みたいなキャラはいなかった。
この人を描こうとする事で、結果的に私の嫌いな部分がなりを潜めたのではないだろうかと…。
だから"嫌いな部分"って何よ?…って話なんだけど、それは長年考えているんだけどよく分からないのよ…。とりあえず一個分かっているのは、仕草展開マンガの描き方がオタクいっていうかアニメみたいっていうか、…だからどこが?って言われてもよく分かんないんだよね。あたしの友達にこの人を好きじゃなくて読まないって子が二人いるんだけど、そういうとこが嫌いで読まないんです。だからある程度共通して感じている富士山ひょうたさんの癖っていうものはあると思うんだけど。ちなみに、その子達は二人とも"純情"も今までと一緒だって言ってた…。

でもあたしは大好き、良い恋愛の話です。

以下ネタばれます。



Read more...


拍手する
Catergory in [comics : は]富士山ひょうた comments(0) -
with Ajax Amazon