Archives by Month:
Archives by Category:

職業、王子(CD) * 砂原糖子

これも一体いつから感想感想と言っているのか…去年の10月か。なんかもっと前みたいな気がしますが…いやいやもう半年経ってるのか。ほんと、はやいなあ…。
砂原さんの職業、王子のCD、これも結構頻繁に聞き返すんですけど、なかなか感想書けなくて。今本読む暇がないのでちょうどいいです、今日もこれ聞きました。

二枚組みで凄く聞きやすいCDです。特に引っ掛かるところもなく、原作どおりストーリーをとても楽しめながら聞けるので、割とお気に入り。
ですが、私砂原さんのCDについては結構細かくて…やっぱ原作がとても好きで思いいれているので、このシーンがないとかあのシーンがないとか、こういう感情が出ていないとか、ここを入れなきゃここが分からない……とか、色々思っちゃいがちです。
…とは言っても、これはそれがあんまりなかった方かな、この作品、アラブって事もあって、ファンタジー要素が強いというか、よくできた娯楽作品、という感じが私はしているんですよね。なので、そういう雰囲気そのまんまのCDになっている。…という意味で、全然裏切られないです。

ただ、原作読むともうちょっとリイン可哀想なんだよね…。
それに綾高も、原作読むと凄く切ないんです、母親への思いとか。
リインの過去や綾高の母親への思いとか、二人の家族とのかかわりみたいなものがキーになってて、私はその辺に感動して結構泣いたんですよね。
けど、CD聞くと、私が感動したところっていうのは描かれてはいるけども、原作読んだ時みたいな感動はなかったんですよね。割とあっさり通り過ぎる過去の話の一つみたいな感じになってて。
CDは切なさよりもストーリーの楽しさ重視っていう感じがあって、聞くのは楽しいんだけど、じーんとして泣く…という感じではなかった。

原作の感想はこちら→
職業、王子 * 砂原糖子



以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [novels]砂原糖子 comments(0) -

ファントムレター * 砂原糖子

よかったーーー!!!!ちょっとすっごいよかった!!えっらい泣いて読んだんですけども…なんていうのこれ、とにかく情景がとてもいいんですよね、田舎の景色や子供の頃の思いや、もどかしさや切なさや、瑞々しい心の動きとかね、激しくキューンっっって言うよりは、物凄い静かにじんわり染みるようにいいんですよ。
クライマックスじゃなくても、特に何か切ないってシーンじゃなくても、子供たちのいじらしさやままならなさや寂しさや、そういう景色を読んでいる何でもないところで、不意に涙がこぼれてくるような、そういうシーンや涙を積み重ねて最後号泣するというような、なんかそういう話でしたよ。
私がよくキュン泣きしてしまう、受の健気な言動とか、卑屈な言動とか、そういう分かりやすいシーンがあるわけじゃないんですよね、キャラがどうのとか、設定がどうの…みたいな、そういう部分っていうよりも、とにかく、…これは懐かしさですね。郷愁ですね。
誰もが過ぎてきたはずの子供時代に思いを馳せずにいられないというか…自分の通り過ぎた若い頃の、いたらなさや一生懸命さに、心をぐらぐら揺さぶられる。
…これはきっとあれじゃないだろうか…歳行けば行くほど…胸を打たれるのではなかろうか…。

それに、何となく何か不思議な感じがする…夏のファンタジーみたいな雰囲気の、そういう空気感もよかったんですよね。何が始まるのかどう繋がるのか…それにワクワクしながら読めたのも凄く良かった。瞬く間に、ファントムレターの世界に嵌って行って、二組の恋の行方を必死になって追ってました。
いや〜…好きだった。これ好きだった〜。
キュンとしないのに凄くいいっていう…なんか凄く印象深かったです。じんわりした、キュンとしないのにえーらい泣きましたから。

…という、これほんと漸く、漸く読めた砂原さんの新刊ですよ〜。
もう片手間には絶対読みたくなかったんで、時間のある時に絶対にゆっくり読みたくて、でも時間ないし夜眠いしで、枕元に置いたまま全然読めてませんでした。でも漸く読めたよ、よかった〜満足〜。


以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [novels]砂原糖子 comments(2) -

言ノ葉日和(CD) * 砂原糖子

本を読んでいる時間がなくて全然新刊を読めないのでこの機会にこないだ届いた『言ノ葉日和』のCDの感想を簡単に…。

これはご存知のとおり『言ノ葉ノ花』CDの発売元さんにてポイントチケットを集めたら交換できるという、非売品CDでした。私はそういう事には物凄く疎いのですが、言ノ葉日和がCDになるというので、それに真剣にならない訳はなく、とりあえずポイントチケットって何!?ってとこから始まったんですけども、そんなのあったっけあったあったあと何枚必要なのどう交換するの………と、一人静かに慌てつつ、チケット足りないので他のCD買ったりもしまして、漸く申し込んでから数ヶ月経った気もしますが、やっと手元に届いたのがちょっと前でした。

とにかくこれが凄いというのは、内容が同人誌なんですよね。砂原さんが出された言ノ葉の続編同人誌が、CDになる…なんて時点で凄いじゃないですか嬉しいじゃないですか。もう大騒ぎでした。いやあんまり騒いでないんですけど、これでも心の中でわあわあ騒いでおったのです。
言ノ葉日和の感想も書いているのですが…コレ→ 言ノ葉日和 * 砂原糖子

CDになるならないって時点でこの同人誌の感想にもかなりアクセスがあったので、色々検索されたんでしょうね〜。しかしその割には内容をちゃんと書いていないので申し訳ないような気もするんだけども…。
とにかく言ノ葉〜は主演声優がかなり人気なので、CD関係で何かあるとなると必ずアクセスが上がるんですよね、こういう時に人気を実感します。きっと原作知らなくても声優さんのファンで聞いてる人もたくさんいるだろうしね。
声優さんと言えば、元々声優さんが好きでその流れでBLCDを聞くようになってそれからBLへ足を踏み入れた…なんて話を聞くと私なんか本当に物凄く驚いてしまうのですが……。BLに興味がないのに声優さんが好きだからとBL聞いてしまった時の衝撃を思うと物凄くなんだか申し訳ないような、ハラハラビクビクした気持ちになってしまいます、だってこんだけBLが好きな私ですらCD聞くには凄く高いハードルを越えなければならなかったのに、あの喘ぎ声からはじめるなんて、そんないきなり最終地点から!?…みたいな…もっとソフトにBLに入ってこれれば…みたいな余計な心配を…。
いやでもその辺のハードルは声優さん好きにはないのかな?いやあるよね?でも声優の仕事って本当に尊敬しちゃうくらい幅広いもんなあ…私など想像もつかない恥ずかしい仕事が山のようにあるんだよね。あそうだ、私遊佐さんのCD貰ったんだった忘れてた、明日のBGMにしよう。これ聞いて早く恥ずかしい思いをして感想書かなきゃ…。

いやほんと、声優さんの仕事って奥が深いよね。
今相当声優さんの事が好き。なんだか全般的に好き。尊敬してる。今私が都会に住んでたら確実に友達にイベント連れてってもらってると思うね。は〜…都会に住んでなくてよかった。

わ、軽く書こうと思ってたのに関係ない話をまたぐだぐだと…。
でもこのぐだぐだ無駄話が好きって言ってくれる人が結構…2、3人…一人二人…ちょっとだけいます、すみません、ありがとうございます。私本当におしゃべりなんだよね〜。いっつもこんな調子で一人で喋ってます、面識があんまりない人の前では気をつけてるけど慣れた人の前では本当にずっと喋っております、こんな調子です。長話、長文です。
私に会ったらもれなくこのマシンガントークを聞かされるので覚悟が必要です。

は、また関係ない話してしまった〜。

ちなみに言ノ葉関係の記事はこのあたり。↓↓↓

言ノ葉ノ花(CD) * 砂原糖子
言ノ葉ノ花(CD)/砂原糖子 その2
言ノ葉ノ花 * 砂原糖子
言ノ葉日和 * 砂原糖子
言ノ葉ノ世界 * 砂原糖子
言ノ葉ノ世界(CD) * 砂原糖子
言ノ葉ノ行方 * 砂原糖子

うわ…どんだけあんのビックリ。

以下内容についてネタばれるかもしれないCDの感想です。


Read more...


拍手する
Catergory in [novels]砂原糖子 comments(0) -

言ノ葉ノ行方 * 砂原糖子

砂原さんの同人誌で『言ノ葉ノ世界』の続編のショートストーリーです。薄い折本ですが、"〜花"の方は同人とかで続いてても"〜世界"のオマケ話は他にないので、凄く嬉しかったです。
…っていってももう去年の冬コミん時に買った本なのでもう一年近く前になるんですね…。恐ろしい時間の早さであります。感想書こう書こうと思いつつ…タイミングが。
今新刊全然ないので、こういう時に書いとかないとな。
ちなみに言ノ葉ノ花の二人の方はまだ同人誌で砂原さん書かれているので、続きが楽しみです。
冬コミ行くので私、感想書いて渡すんだ!
…てかそんな余裕、12月になって…あ、あるかな…。
たぶん12月私、結構慌ててる気がするんですよね〜。しかし砂原さんだけには!愛情をぶつけたい!

ところで言ノ葉ノ世界ですが、私原作では、たぶん花よりもどっちかというと世界のが好きなんですよ。ほんっとに感動したんですよね、すーっっごく面白かった。凄く砂原さんっぽさのある話で、優しくて寂しいです。仮原のキャラも藤野のキャラも、今考えれば凄く砂原さんだなって感じがします。二人とも凄く好き。
感想はこちら→ 言ノ葉ノ世界 * 砂原糖子

そんな、大好きで大好きな言ノ葉ノ世界の、仮原と藤野のその後のミニストーリーなんですが、短いながらもちらっと気になってたとこなんかにも触れられてて、私はとっても満足でした。


以下ネタバレます。


Read more...


拍手する
Catergory in [novels]砂原糖子 comments(0) trackbacks(0)

言ノ葉ノ花(CD) * 砂原糖子 その2

昨日言ってた言ノ葉ノ花CDの感想追加。
最初の感想はこちら→ 言ノ葉ノ花(CD) * 砂原糖子

これもう何回も何回も何回も何回も飽きるほど聞いているんですよホントに。
なので本当に今更なんだけども、最近神谷さんのBLCDを聞く機会が多くて、それって全部元気な感じの声なんですよね。
で、そういえば余村さんは全然雰囲気が違った…と思って、ここ数ヶ月聞いてなかった気がしたので、ちょっと久しぶりに聞いてみようかと思って聞いてみたら…なんかもう、やっぱり余村さんが衝撃的によくて。
余村もいいけど長谷部もいいし、もう全体的にいいし、言いたい事が山ほど出て来てしつこいですがまた感想書きたくてたまらなくなってしまいました。

以下ネタばれます。



Read more...


拍手する
Catergory in [novels]砂原糖子 comments(0) trackbacks(0)

ラブストーリーまであとどのくらい? * 砂原糖子

キュンとした!!キュンとした!!キュン泣きだった!!よかった〜〜〜!!
勿論砂原さんの新刊です。ここ最近出された新刊はどれも一定に面白くて好きなんですが、今回のも面白かったです、は〜よかった…。安心。

何がいいって、最初から最後まで恋愛以外の要素がないってとこが一番よかった。とにかくずーっと2人の関係に終始しているというのがまずとてもよかったです、私がそういうのが好きなので。
正直言うと途中ちょっと何やってんだかわからないぼーっとする瞬間がやってきたんですよね、メリハリが分からなくなる瞬間があったような…。眠かっただけかも。
でも後半凄くよくて、受のいじらしさとか可愛さとか…凄いキュンキュンして偉い泣いて読んだんですよね。
私砂原さんの書く受に必ず泣いてしまうんだよな〜…。私を泣かせる何かコツを持っていらっしゃるに違いない。もう絶対泣いてしまう、

そんで今回はコレスピンオフで本編はコレ→ ラブストーリーで会いましょう * 砂原糖子
なんですけど、これは旧版の感想なのです。
で、新装版というのはコレなんですが↓↓

ラブストーリーで会いましょう〈上〉 (幻冬舎ルチル文庫)
ラブストーリーで会いましょう〈上〉 (幻冬舎ルチル文庫) 

内容が微妙に違うんですねえ。勿論主要なキャラや展開や大筋は同じなんですけども、脇役ががらりと違うのです。私が感想書いた旧版には出てないキャラが新装版には出ていて、その新装版のみのキャラたちの話が今回の新刊の、『ラブストーリーまであとどのくらい?』というわけなのです。

…まあそんな事を知っていようがいまいがこれ一冊でも楽しく読めるとは思うのですが、ただ作中に何度も、本編の庭中先生と上芝が出てくるので、本編読まれた方が楽しく読めるかもしれません。
ちなみに私はこの本篇が、大っっっっっ好き!!!!大っっっっっ好き!!!
んも〜すっごい!!すっごい面白いですー!!
このスピンオフが出るにあたってこないだまた読み返して…っていうのも、私いつも読み返すのは旧版の方で、正直今回の主役の2人にはあんまりなじみがなかったんですよね。だからと言って旧版の脇役達にそんなに馴染んでいたわけでもないけど…。
旧版の脇役達は本当に脇役に徹していて、新装版のように出張ってはないんですよ。
ただ、色白で華奢な同僚や、背が高くてカッコいい上芝の先輩なんかがいて、何となく匂わせてはいるような感じだったので、ここらへんがくっつくのかな〜とは思っていた。
まさか名前変わって設定変わってこんなに別物になるとは思ってなかったけど…。

あと旧版が好きだった理由は挿絵です。陵さんの絵もとても似合うと思うんですがどうしても庭中先生は、旧版の先生が好きだったんです、冷たそうで綺麗な大人でした。
なので旧版ばかり読んでいたのをこないだ思い切って流し読みしかしてなかった新装版をちゃんと読んでみた。そんで旧版と比べたりもしてみた。
そしたら結構細部変わってることに気付きました、色んなところが変わってました。

んでとにかく、そんな『ラブストーリーで会いましょう』のスピンオフ、『ラブストーリーまであとどのくらい?』
なのでした。

今回は年上攻なのですが、これがもうそこらへんが私ほとんど気になりません!
まあ砂原さんだから、というのも大きいんだけどもね、砂原さんの小説に出てくる人は、年上とか年下とか全然関係ないです、キャラが魅力的だと思うから。
がしかしまあ、年下攻だったら嬉しいことには変わりないけども…。
んで、受が真面目すぎてツンツンしていて融通利かない可愛らしい子で、攻が年上のタラシというカップルなんだけども、この…攻が!!攻、滝村さんというんだけども、私この人が、好きでしたーーーー!!!
ほんと八方美人のフェミニストで、あっちでもこっちでも女子と見れば見境なく口説くと言うナンパな男だったのですが、私はこの人が凄く凄く好きでした。優しさって何にも勝る美点だと思う!
真面目すぎて最初はいらっとさせられた受の子も、でも最後あたりは凄くいじらしくて泣かせてもらいました。

あと陵さんの絵が今回ほんとよかった〜…!
滝村さん凄いカッコよかったよ〜こんなカッコいい感じの絵描かれるんだなあ…と意外だった。


以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [novels]砂原糖子 comments(0) trackbacks(0)

恋人であるということ * 砂原糖子/ルチル文庫創刊5周年記念小冊子

ルチルの小冊子が届きました〜。
これを頼んだかどうか覚えてなかったんだけど、頼んでたみたい、よかった!
砂原さんは『高潔であるということ』のショートが載ってました、凄い嬉しかった〜。

『高潔であるということ』というのはコレ↓


感想はこちら→ 高潔であるということ * 砂原糖子

この小説、凄く凄く好きだったんです。
なんていうか…簡単には主張しにくい複雑な思いがあって…実は手放しで、というわけじゃなかったんですよね、色々複雑な思いをしすぎていて。
例えば主人公の志田さんという人を、もう少し読みたかったです。もう少し志田さんを知りたいというか…。真岸との関係も、もっともっと深く複雑な何かがあったはずで、もっともっとそこを読みたかったと思う。色んなところが、伝わりにくい話ではあるんです。

だけど好き。だけど好きなんです。
ここに書いてあるような、人の優しさとか、美しさとか、まさしくタイトルどおり、高潔であるという事。
そういう事を実際私は凄く考えたし、常日頃から考えている事でもあったので、まさにそういう事を体現しているような志田さんというキャラを凄く好きでした。こういう人を書いてくれた事が嬉しいという気持ちもあるし、そんな砂原さんが大好きでたまらない、という気持ちもある。
シリアスなのに、とても優しい小説だったという、そういう雰囲気も好きでした。

という、高潔であるということ、の志田さんと真岸のその後の話でした。

以下ネタばれるかもしれない感想です。


Read more...


拍手する
Catergory in [novels]砂原糖子 comments(0) trackbacks(0)

スイーツキングダムの王様 * 砂原糖子

あ〜ん面白かった〜!!可愛く切なく読みやすいラブストーリーで、あっという間に夢中で読めてしまいました。
ディアプラスの砂原さんの文庫は何となくいつもライトめかな〜という思い込みがあるので、読む前の気が楽というか、凄く楽しめそうな明るい雰囲気を勝手に予感している節があるんですよね。
なので今回も明るいノリなんじゃないかなと思ってて、タイトルも可愛らしげだったし、その辺期待して読んでいたのですが、思ったとおり凄く読みやすくて受け入れやすいストーリーで、その上切なくてきゅんとするし、凄く纏まってる感があって、とてもよかったです。
年下受だったんですけど、もうそんなのどうでもよかったです、ほんとキュンとするしなんか切なくてえらい泣きました。

ディアプラスの砂原さんと言えば一番好きなのは『恋のはなし』(恋のはなし * 砂原糖子)なのですが、その他にも好きなのがいっぱいあります。『言ノ葉ノ花』シリーズ(言ノ葉ノ花 * 砂原糖子)とか『斜向かいのヘブン』も大好きだし、『虹色スコール』とかも大好きです。『純情アイランド』も大好きで『15センチメートル未満の恋』も大好き。『スリープ』も大好き。『204号室の恋』も大好き。ダメ、大好きが多すぎる。困った。

今回の話は見た目は凄くいいんだけど、金の為に男女構わず寝るようなスレた高校生が、大人なのに極端に世間知らずの金持ちのぼっちゃんに惚れられて、初めはいいカモくらいに思って付き合っているんだけど、どんどん本気で好きになってしまって…というストーリーでした。
受の子が、スレているようで実は凄くいい子だし、根は素直な子なんですよね。人を好きになってしまった後の素直さが凄く可愛かったんです。攻の男の愚直さ加減も、面白いというよりは何だか切なくて、不器用に恋している感じに、何だかとてもキュンキュンさせられたんです。そんでいつのまにか何回も泣いてるんですよね、どこでそんなに泣いたかいつものごとく今となってはよく分からないけど、結構使用済みティッシュが転がってました。……涙ですから
ほんと、夢中になっている間にあっという間に読み終わってしまいました。普通に一冊だったのに、えらい短い印象があったなー。

以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [novels]砂原糖子 comments(2) trackbacks(0)

言ノ葉ノ世界(CD) * 砂原糖子

イメージ・アルバム,三木眞一郎,平川大輔,神谷浩史,小野大輔

私の大大大大好きな原作、『言ノ葉ノ世界』のドラマCDです。

原作はコレ↓


原作の感想はこちら↓
言ノ葉ノ世界 * 砂原糖子


キャストの攻が三木さんだったので、すーっごく楽しみでした。だって三木さん、前聞いた恋のはなしのCDの(→ 恋のはなし(CD) * 砂原糖子)攻がホント、聞けば聞くほど効いてくる癖ボイスで、実は初めそうも思わなかったんだけども、ほんとじわじわじわじわ大好きになってったんですよね。
なので今回は、勿論原作が好きなので買うことに決めてたんだけど、三木さんも楽しみだったんでした。

で、聞いたんですが、結構よかったです。すーっごくいい!!って程ではなかったんだけど、切なくなる瞬間もあったし、勿論三木さんもよかったし…声優さんにどうこう思うわけではなかったんだけど…正直言うと…細かいこと言うと、脚本がちょっと物足りないような気がしました。丁寧だと感じる部分も勿論あったんだけど。

以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [novels]砂原糖子 comments(0) trackbacks(0)

職業、王子 * 砂原糖子

この間新刊出たのに一週間と経たずにまた出た!の砂原さんの新刊です。
はあああ〜………もう本当に私燃え尽きた。この二冊がこの一年の最大の山場だったに違いない…。読み終わって寂しい。寂しい…。

寂しいのですがとにかく、すっごく面白かった!!!
話も分かりやすいし文章はもう今更ですけど凄く読みやすいし、お話の筋も展開も、そんなアラブばかり読んでいる訳じゃない私でも大体想像つく分かりやすい展開で、もう大抵先々読めるセオリーな感じが、アラブ初心者にはちょうどいいっていうか………アラブ初心者って何!?果たして私は初心者か??
アラブについて常々思うんですけど、アラブモノをそんなに選んで読んでいる訳でも、たくさん読んでいる訳でもない私に、なぜアラブのセオリーがわかるのか?不思議…。
BL読み続けて好きで居続けている長い年月の間にきっと、それなりアラブに接しているんだろうなあ…知らず知らずのうちに触れているアラブもの。友達たちも何故か、口を揃えて「アラブはアリ!」と、言います。何故なのか。勿論私もアラブはアリ!です。その他の好みには割と厳しいというか細かいのに、何故全員アラブは好きで、アラブはちょっと読みたい、のだろうか…。永遠の憧れ…?

私のアラブものの原点は勿論『T.E.ロレンス』です。
ちなみに私とT.E.ロレンスについてくどくど書いた記事はこのあたり→ 昔読んでたマンガの話 その3

そんな何故か好かれるアラブモノ…ですけども、いや好かれているのか分からないんですが、とにかく砂原さんがアラブ!というと、え!?と思いますよね。
でもまあ、読んでみると全然関係ないというか、砂原さんは砂原さんで、何を書いても砂原さんなのでした…。と、ご本人も仰っていた。

今回のアラブは…今回のアラブっておかしいような…まあいいか、なんとアラブ側が受なのです。珍しいですね!なんとなく大抵、アラブは攻ですよね。私はその辺に何も拘りがないので何でもいいんですけども、とにかくこのアラブは王子様が受でした、綺麗で一見我侭に見えるけど実はさびしんぼうで、苦労した過去があり、子供のようだけどプライドと威厳は持っており…という、読む前から想像できるアラブの王子様像で、しかし砂原さんの書く"嫌な奴"は、何だか何やっても憎めなくて何やってもちょっと愛しく、今回の王子様も初めは嫌な奴だったけどやっぱり可愛かった。それにムクさん挿絵だもんな!可愛くないわけがないよ。つうかムクさん、何故今まで砂原さんの挿絵じゃなかったのだろう…と疑問に思うくらい、砂原さんの作品にピッタリだと思いました。きっとこれまでの砂原さんの作品の、何を描いてもムクさんなら素晴らしく嵌ると思う。
えーとそれで、誰が好きって、やっぱり攻の奴がお人よしのいい奴で、この男が好きだったなあ…。どうしてこんなにも真っ当なのか。優しくてほんと、いい男だったよな〜…。

はー…まあとにかく面白くてあっという間に読んじゃいました。

以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [novels]砂原糖子 comments(0) trackbacks(0)
with Ajax Amazon