Archives by Month:
Archives by Category:

過去ログ倉庫として復活することにしました。

お久しぶりです!

閉鎖からほぼ一年経ちまして、この場所をどうするか考えていたのですが、せっかく書いた記事も勿体ないし数年前の名作の紹介になればなあという思いもありまして、需要があるかはわかりませんが、ログ倉庫として公開することにしました。

閉鎖にあたり、たくさんの温かいお言葉をくださった皆さん、本当にありがとうございました。
ご本人様のご希望により、非公開にしてあるコメントも幾つかありますが、それらのコメントも本当に本当に嬉しかったです。
ありがとうございます!!

今後、新しい記事を上げるかどうかはわかりませんが、とりあえず今年最近読んで胸掻き毟られるような思いナンバー1は羽生山へび子先生の『晴れときどき、わかば荘まあまあ 』です!!
きっとみなさん泣いたよね?泣いたに違いない!私は久しぶりに全身を引き裂かれる思いがしました。こんな苦しさとその後の幸せを味わわせてもらえるなんて、マンガとはすばらしい、へび子先生本当にありがとう!!としばらく涙が止まりませんでした。相変わらずわんわん泣いています。

最近では明日美子先生の『あの日、制服で 』を読みまして、ああああ〜〜〜いい……!やっぱBLいい!!っと改めて思った次第です。同時発売の方は購入しておりますがまだ読めていません。傷つけられそうな予感がしますが明日美子先生の新作を読まないわけにいかないので必ずや読みます。

あと京山あつきさんの『ヘブンリーホームシック 』これ!これ、めーっちゃよかったです!めーっちゃよかった!!

などなど思うところは色々あるので余裕があれば記事書けたらいいなと思っています。
しかし私は大体相変わらず0か100かなので、やるなら徹底的にやってしまい、やらないなら全然やらないのでどうなることやらわかりません……。

が、過去ログはちょびちょび公開していこうと思いますので、ぜひ参考にしてください。
いっぺんに公開するのはちょっとアレなので、(一応記事をチェックしたいのです)少しずつ公開していこうと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

 

拍手する
Catergory in [memo]NOTE comments(8) -

100万回

一週間くらいご無沙汰したかな。
今は移動中で頭と手が空いているので、携帯からこんにちはです。

100万回生きたねこ。
て、本を昨日初めて読んだんですが、たぶん軽く15年越しです。私の本棚に眠ってました。
かなり昔に友達がプレゼントしてくれた絵本なんだけど、私はこの一冊の絵本をまさに15年くらい開く事ができなかったんですよね。
理由はまあ特になくて、積み本開かない心理と一緒だと思います。
実家に置いてあるので帰る度に背表紙を眺めて、私これ一生読まないのかな…このまま手にとる事はない気がする…と思い思いしつつ年月がたち、その内にどうやら号泣する名作絵本らしいと当然知っていき、そうすると私が傷つく結末が待っているのではないか、と恐れはじめ、ますますこの一冊を開く気持ちが鈍っていき、とうとう15年以上20年以下、という長い年月がたってしまいました。

本一冊開くのに一体どんだけ掛かったんだと、自分のなんつうか、平坦な道を脅かす小石は見ないように、押せと言われたスイッチも開けと言われたドアも、迷うくらいなら見るまいと、その変わりに自分の開きたいドアを見つけ、自分の押したいスイッチを探し、蹴りたい小石すらわざわざ探してしまうような、まあそういうチラ見の苦手な性分を再確認するような気持ちでした。

んで昨日、とうとうこの手が、伸びたんですね。
読みました。いい話でしたね、ネコはやっと自分の生を生きたんでしょうかね。何万回生きても、生き終わらない。けど、たった一度愛を知る事で、生き終える事ができる。
悲惨な死を何度繰り返す事よりも、たった一人大事な人に去られてしまうことの方が悲しい。もう生きたくないと思うほどに悲しく、もう十分だ、と言うほどに、充実し幸せだったのかもしれない。
結末が素晴らしくて、私の心は傷つくどころか暖かくなって、ホッとしました。

てなところでちょうど車に酔ってきたので終わりまーす。

拍手する
Catergory in [memo]NOTE comments(0) -

見に行ってきた。

100618_224021.jpg
今日…てかもう昨日か。とりあえず一回目見てきました。

感想…ん〜なんて書いたらいいかわからんので、明日もう一回見て、家に帰ってからなんとか感想纏めたいと思います。

ただもうとりあえず寛末役の井坂さんがカッコよくて!寛末はどうしようもなくカッコ悪いので演じている間はあんまかっこよくないんですが、一度寛末の殻を脱ぐと、ご本人がもーっのすごい男前だったので驚いた!むしろこんな男前をどうやってあんなにへたれて見せられるのか、すごい。

舞台は主演が交代することになったり、なんか色々大変だったろうなあ、やむを得ず変えたとこもあるのかなあという感じがしたんですけども、まあ興味深く見れました。
明日も見れるから楽しみです。

ただ、いい席だと思ってたのに勘違いで!ものっそ悪い席だったーっっ!なんでこんなアリーナ最後列みたいな席??見えん見えん、見えーーーんっっ!!あんなに気合い入れてチケ取りしたのに、絶対後で買った方がいい席だったよ〜っ憎い〜。
だってね、ここぞといういいシーン、尽く何やってるかわかんない!ガーっっ

明日も似たような席なのできっと見えん事にはかわりないと思うけど、角度が違うだけで少し見えるもの違って来るから、今日見れなかったとこは絶対明日見たい。

あと、やっぱBLは、BLを好きな人と分かち合いたいと思った…。

まあ私はいつもしつこく言ってますが、かなり幼少期からホモ好きで、筋金入りです。なので隠して生きた年月や、それをコンプレックスに感じてきた年月にも筋金入ってます。
BLを気持ち悪いと思ったり、BLを馬鹿にしたりするその他一般の人間に、私は私の性嗜好を、理解されたいと思わない。
その人達にはその人達の、他人には理解されないなにかがある筈だし、みなそれぞれ、世間一般に見せたくない自分の世界ってものがあると思う。
それでいいと思う。

よく木原さんの小説を読んで、「これなら一般人にも見せられる」みたいなことを書いてあるのを見る気がするんだけど…いや気がするだけで、実際ほんとに頻繁にある意見なのかわかんないんですが。
でも、一般人にも見せられる、これならってどういうこと?
そんなにBLを理解できない人達に、見せる必要あるのだろうか。
価値観や嗜好が違えば無理なものは無理だ。一般人に理解されるために小さく纏まっていた綺麗な世界を、突いたり変えたりする必要あるのだろうか。(なんか勘違いされそうだけど、舞台のことを言ってるんじゃないですよ、それはひとまず置いといて)

私はとにかくずっと長い間男の人同士が恋をするという話が好きで、それは自分の性嗜好だと思ってます。恥ずかしいことだと思ってます。性に関することだからです。
一般の人に、見られたくないです、私の嗜好を。

なぜなら彼等がそれを否定すると、私自身を否定された気になるから。
辛いからです。

私はBLだけを読んで生きている訳じゃないのでその他の繋がりや、その他のたくさんの世界があり、そして生きてる。うちの彼との生活もそれはそれで一つの世界だし、私の自転車操業の仕事も私の世界だ。
その世界はそれぞれ成り立っていて、色んな人と関わって成り立っている。
そんな世界の中の一個なんですよね、BL。そしてこの世界はとても重要です、私にとっては。

そのたった一つくらい、誰にも踏み入られず、大事に守ったっていいじゃないかと思うんですよね。
でもたまに、土足で入り込まれちゃうんだよね。
傷つけられるんだよね。

まああの〜BL好きじゃない人にBLを見せたがる心理がわからないということなんですけどね。
舞台の話でなんでこんな話になったのかというと、だからやっぱり、BLはBLを好きな人と一緒に見たい、じゃないと心の中で大事に守っている世界をむやみやたらと傷つけられる、ということが言いたかった訳です。

あ〜夜中なので書きすぎた。明日後悔しそう。





拍手する
Catergory in [memo]NOTE comments(0) trackbacks(0)

是のペーパー

が、届いたんでした。いつだったかな、ちょっと前です。書こう書こうと思ってて忘れてた。これは何で申し込んだものだろう。雑誌買って申し込んだのかな…?コミックスかな。忘れた。
たぶんこれ以降、何にも全員サービス系には申し込んでないと思う。なんか面倒くさくなってしまったよ。面倒くさくなってくるともうどうでもいいし何にもいらないや、知らなかったと思えば、ないも一緒、はなから私にとってコミックス以外の話は存在しなかった、と思って捨てていられる、長年ずっとそうだった。だけどこういうものはスイッチが入っちゃうと、読めるものは全部読みたいみたいなことになってしまって、手に入れなかったことを後悔し始めたりするともう苦しいもんな。自分の中のスイッチを…しかしそれを切るのも入れるのも自分なんだよな。自分で切ろうと思って切って、入れようと思って入れてる気がする。コントロールできないと思っているようで実は、しっかり自分のやりたいようにしかやってないと思います。
のめりこもうと思ってのめり込んでいる。冷めようと思って冷めている。行動する前に、頭で何もかも、分かっているような気がします。私、自分で納得しない事は絶対やらない。



Read more...


拍手する
Catergory in [memo]NOTE comments(0) -
with Ajax Amazon