Archives by Month:
Archives by Category:

コールミーダーリン * 深井結己

深井さん今回はSMチックなのがなくって個人的にはホッとした〜。甘めのまさにラブロマンスって感じの短編集で読みやすくって面白かった!

私ほんと思うんだけど深井さんって凄いよなあ…。
だっていつから描いていらっしゃると思っているのか、その頃からこの一定のテンション、一定のクオリティで作品を描き続けていらっしゃる…。と言っても私、麗人の物凄い初期に雑誌買ってた頃は、深井さんあんまり好きじゃなかったんですよね、なんでかっていうと、絵に書いたように不幸な話ばっかりだったからで、当時私はもうそういうのをあんまり読みたくなかったのです。"もう"っていうのは、JUNE時代に不幸な話ばっかり読んでた気がするからで、時代がJUNEからBLに移ってきた頃には、せっかく良い時代がやってきたのにもう不幸な話読みたくない!!って凄い思ってたんですね、かなり長い間そう思ってました。私はとにかく、男同士の恋愛マンガ…昨日も書いたけど、結局男同士の少女マンガがずっと読みたかったんだろうと思うんですよね。
まあそんなこんなで初期の深井さんをそんなに積極的に好きなワケじゃなかったんだけども、なんでか家に深井さんの古いコミックスいっぱいあるから、それでも結局読んでたんだろうと思いますが…。
しかし、基本的にはやっぱり深井さん当時からそんなに変わってなくて、物凄く不幸な話か、ハーレクインみたいなラブロマンスか…うん、だから本当にレディコミ系BLなんですよね。
このレディコミ風が全然変わらないし、そんで面白いじゃないですか〜。今もって面白いもんね。もはやここまでレディコミ系の方って、深井さんと坂井さんくらいだよね。変わんないっていうのが凄いです。んで私的には深井さんは、不幸な話が圧倒的に多かった昔より今のが好きなんで、飽きさせないってとこも凄いなって思います。

そして今回の短編集、どれも面白かったけど一番好きだったのがやっぱり不器用なおっさん受です〜。
まあ年下受でも深井さんのは面白く読めるんだけど、やっぱり深井さんの描く年上の少し疲れた風の眼鏡のおっさん受は最高に面白いと思うの…!おっさんの目元の皺とかさ〜…ってな事は後で描くとして。
とにかくほとんどの話で受がやっぱり可哀想で…!結構散々な目にあってんですよね、それでも健気に項垂れている受たち、大変よかったです。


以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : は]深井結己 comments(0) -

南美隆輔の傲慢な正餐 * 深井結己

漢字だらけ。
深井さんの新刊ですが、やっぱ読ませますよね〜。すっかり入り込んで読んでしまったし短編どれもとても面白かったです。
…けど、しんどかった〜…。
設定がどれも最初っから厳しいので、もう死ぬか生きるかみたいなことになってきてて、読んでてしんどいったらないんですよね。
愛か憎しみか死か…!!みたいな昔のレディコミみたいなのって、なんかもうしんどくって…なかなかハラハラドキドキを楽しんで読むって訳に行かないんですよね、心がしんどい。
でも深井さんは昔っから本当に変わらない!そしてクオリティもずっと変わらなくて凄いと思う。

で、この本。
これ表紙とタイトル見て、南美隆輔のなんとかかんとかっていってこの絵だったんで、私はもう絶対探偵か刑事が事件を解いてくもんだと勝手に思い込んでいて、…だってなんか二時間ドラマっぽいじゃないですか〜。
なので、スカーッとカッコよくて傲慢だけど包容力のありそうな攻男が難事件を解決しつつ受子を攻めるんだ!新しい!ワクワクする!
…と、大して根拠もないのに思っていたのですが、蓋を開けてみると何の事はない…何の事はないっつうのも失礼な話だけども、いやまあ、普通のいつもの深井さんだったよね…。
私が勝手に勘違いしていただけだけども、でもこの表紙とタイトルもいつもと違うしさあ、なんか南美隆輔って二時間ドラマの主人公っぽいよね…?
…つうか私、どんだけあらすじ読まないの?作家買いにも程がある。

ってまあ思惑は外れたのですが、これはこれで面白かったです。
南美隆輔は刑事でも探偵でもなく、ヤクザでした〜…。幼い頃からよくしていた若い弁護士とのあれやこれや…といった感じでした。

あと同じヤクザモノのスピンオフに、時代モノの男娼の話と、従者受の話と、『俺はあなたの犬だから』のスピンオフ、という内容。短いけど全部凄い濃いです、なんかもう、苦しかった〜…。切ないを通り越して苦しかった。

以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : は]深井結己 comments(0) -

情熱のイングリッシュローズ * 深井結己

タイトルが凄く印象的でステキだったので、どういう話なのかと思ってたんですが、意外に甘いラブストーリーでした。
表紙を見ても分かるように、これはきっとかわいい子が受なパターンだな…と思って、読む前からちょっとテンション下がっていたのですが、でもまあ深井さんは読ませる方なので、読めばきっと楽しいであろうと言い聞かせて読みました。

そうすると何だか私の苦手なSM的な流れ…?
私はっきりSM苦手です!だって全然気持ちよさそうじゃないんだもん〜。すごい痛そうとしか思えない。
昔はそうでもなかったんですよ、エロいなデヘヘ…って思って読んでいたのです。
それがいつ頃からか、エロいを通り越して痛そう…というリアルな方面に結びついちゃって、もう痛そうで痛そうで、気持ちよさそうじゃないんですよね。
同等の理由で、無理矢理とか強カンとかもあんまりです、だって全然気持ちよさそうじゃないもんな。

…まあそういう訳なのですが、でもこの本、違ったんですよ〜。
最初はそういう感じかなと思ってたんだけども、でも結構可愛らしく初々しく恋愛をしているんですよ。
この綺麗な攻の人がですね、サディスティックな性格破綻者かと思っていたら、なんと不器用で健気な人なのです。凄く繊細そうで、表情とかも綺麗なんだけどどこか可愛らしく、私はまた、この人は受ではないのか…!?とはかない夢を抱いてしまうくらいだったんです。
攻の人がこんだけかわいいなんて、面白くない訳がなく、面白かったです。
痛々しい話が来るよりはよっぽどよかったなあ、安心しました。

以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : は]深井結己 comments(0) trackbacks(0)

世界は光に満ちている * 深井結己

深井さんの新刊ですが…泣いた〜!!すっっっっごい良かった!!
短編集だけど、どれもこれも全部凄く良かったです、切なく物悲しく寂しくて、でもロマンチックで純愛で、物凄くドラマチックでした、全部泣いた〜。

全部が幸せな結末を迎えているというわけじゃなかったから、どのお話も今にも不幸になりそうな緊張感があって、凄く読むのにハラハラしたんですよね。その今にも不幸になりそうな、薄氷の上の笑顔や幸せが何とも切なく、読んでいて痛々しく、でも何だかもう、キュンキュンするドラマチック加減で…これぞ深井さんの真骨頂ではなかろうか!

レーベルで分けて読んでいるわけじゃないんだけど、ついこの間花音からも出たのでどうしても考えてしまうんだけど……やっぱ麗人のコミックス、いいと思わないですか〜?いや、関係ないのかな〜。比較的私好みが多いのかな。おっさん受とか…粒揃いの短編が多いような気が……いや、まあ関係ないかな。

とにかくこの短編集は全部凄く良かったです。
一個抜かして全部年上受だったっていうのも私的にはポイント高いところで、受の人の儚げで優しげで寂しげな風情が何ともこう…ムラムラするというか…。お話の雰囲気も見事に全部揃ってて、全体的にとても切ない色合いがしてたんですよ、一冊通してかなり泣いた。切なかったり悲しかったりキュン泣きだったりしました。ぐらぐらしました。


以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : は]深井結己 comments(0) trackbacks(0)

恋情 * 深井結己

深井さんの古い作品の再編集ですけども、驚いた事に全部覚えがなかった…。
おかしいなあ、私麗人初期は毎回買ってたし、『楕円少年』とか持ってるし好きで結構何度も読み返した筈なのに…。この『恋情』読んで、本当に驚くほどに全部初読み感覚だった。
たぶんきっと、忘れてるんだと思う。綺麗さっぱりと!

しかし、読んだ覚えがないという事は私にとっては全て新作。得した気分です。
私は深井さんのコメディ部をあんまり面白いと思ったことがないので、この本の半分を占めてるコメディは、あんまりぐっと来るものがなかったんですけども、やっぱシリアス部はよかったですよ〜。
今ほんと、こういう作風の方いないですよねえ。昔…麗人が創刊した頃はほとんど全部こんなんだったけど…要するに当時のレディコミ男版、ですね。今のレディコミがどんなんか知らないんですけど当時のレディコミは大抵こんな感じでアダルトで暗くていやらしかったんですよね。

で、今も麗人は、数あるBL誌の中でも唯一その当時の色を残していて、残している上にしかも、とってもラブエロとして上質だと私は思っているんです。私は麗人さんに、末永くBL界で頑張って欲しい。…やっぱ売上に貢献するべく、麗人できるだけ買おう私!高いけど!
麗人は大人のラブエロロマンを描いた超良雑誌だよ。この超良雑誌を大人の娯楽として守るためにはどうしたらよいのだろう…。とりあえず1月号買おう。決めた。なんか全員サービス云々ってこの本に書いてあったからこれも申し込もう。せっかくの麗人の企画なんだから参加しないと!

…と、何故かいきなり麗人に対してのぼせ上がってしまいました。あれ?
が、別に今に始まった訳じゃなくて、私は結構常に麗人の行く末を気にしているのです。思い出深い雑誌だし、何としてでもこの厳しい状況の中、末永く老舗として生き残っていって欲しいです。

が、とりあえず今は恋情の感想を書こう…。

以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : は]深井結己 comments(0) trackbacks(0)

ぎこちないけど愛だろう * 深井結己

これ!この話!私雑誌で二話目の方を読んだんですよ。麗人Bravo! 2009年 04月号 これです。
この時もえらい切なくて泣いて面白くって、コミックスになるのをずーっと待ってましたよ〜!嬉しい!!

とにかく、とにかくもうこの話が、ズドンっとみぞおちど真ん中に嵌った感じの年上受なんですよ、もうたまんない、好みすぎてたまんない。
一見綺麗で優しいお兄さんなんですが、ビッチ方面にもちょっと行っていて、でも凄く健気で不器用で臆病なんです。いっぱい傷ついてきて、いっぱい傷つくんです。そんな年上受…どうしよう本当に!

以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : は]深井結己 comments(0) trackbacks(0)

指先で愛を語れ * 深井結己

それは僕の愛じゃない』 のスピンオフです。この本の主人公が双子で弟がいるんですけど、その弟の恋の話でした。切なくっていい話でした、凄く面白かったです。

双子の兄さんが自分に自信のない、優しいお人よしだったんですよね。対してこっちの弟の方は、明るくて奔放で我侭。あっちの本で凄く自分勝手な振る舞いをしていたので、やな奴だなあという印象だったんですが、こっちを読むとそれなり可愛らしいとこもありました。でもどっちにしたって我侭は我侭でしたよ、攻の人が凄くいい人で、あまりに愛情深いので、しまいにはもやもやしてしまうくらいでした。いいのか本当にそんな関係で、と何回も思った。

奔放な受と、それを全て許して甘やかす年上の攻。という関係で…正直全然タイプじゃない。
タイプではないけども、十分面白かったです。攻の人の健気さにやられました。優しい人だったー

以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : は]深井結己 comments(0) -

リトルウイング(麗人2009年9月) * 深井結己

この間麗人の感想書いたんですけども、その中に載ってた深井さんのこの読みきり、なんとリンク作だったんですよ。『晴れたる青空』にも入っているし、古いコミックスにもある『俺はあなたの犬だから』これのリンク作でした。
…というのをここを読んでくださっている方から教えてもらいまして、私全然気付かなかったんで、ええーって凄いびっくりして読み返しました。

なるほど…そういう事だったんですね。
『俺はあなたの〜』を読んだ時点ではあまり読み返したくない話、として認識されていたのですが…だってあまりに辛いじゃないですか。深井さんの話の典型ですよね、これでもかの不幸、予想のつく暗い結末。前も書いたけど、もうそこに嵌りたくないっていうか…まあもう、あんまりそういうの読みたくないという年月が続いていたので、だからこそ今読むと凄く新鮮だ、と前書いたんですが、でも新鮮だからと言ってやっぱり、感動するって事もないわけなんですよ、ただただ痛々しくて、読んでて辛いじゃないですか、先の見えない話はイヤです。
ところが、今回の麗人に載っていた、このリトルウイングという話。これを読んでから、『俺はあなたの〜』を読むと、もう全然印象が違っていた。
何故なら、先の見えない話、ではなくなったからです。先が描かれたから。

過去を経て、今があるんですよね。今が描かれて初めて、あの時の事が過去になる。
刹那ではなく、時間の経過を感じて読むと、物語って凄く深くなるような気がするなあ。


以下ネタばれます。




Read more...


拍手する
Catergory in [comics : は]深井結己 comments(2) -

晴れたる青空 * 深井結己

迷ってたんですが(→ 迷いました。)結局買いました。
で、やっぱ予想通り、8割方読んだ事があるし、たぶん古いコミックスも持ってると思う。知らないのも1,2個あったし、何より表題作の続きが書き下ろしで入っていて、これが読めたことが凄く嬉しかったので、買ってよかったです。

深井さんの古いのは実家においていて、今たちまち読むことができないので、何がどのコミックスに入っているか全く覚えてないんだけども、ただ私はこの表題作が、『その唇に夜の露』を読むまでは、深井さんの作品の中では相当上位に好きだった事を思い出しました。
しかもこの話は…コミックスで読んだのかな。雑誌かな。コミックスかな…全然分からん。とにかく凄く好きで、一個一個のシーンに物凄く覚えがあって、うわ懐かしい!って思った。特に鞄に入っているナイフの絵。あの一コマが凄く印象的で覚えている。あと、ホテルでのシーン。暗いんだけど、希望が見えるじゃないですか。もっともっと希望の見えない話が多かったので、この話にはこの先が見える気がしたから、きっと好きだったんだと思う。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : は]深井結己 comments(0) -

それは僕の愛じゃない * 深井結己

表題作が凄い面白かったです。同時収録の学者先生の話も面白かったなあ。
深井さんの本最近ガンガン出てる気がします、来月も出るんですよね、嬉しいね。

この表題作は好きな相手に自分を偽って近付き傷ついてしまう切ない恋愛の話でした。
深井さんはやっぱりシリアスがいいと思う、暗い表情を凄く印象的に描かれるし、傷ついたり傷つけられたりする時の心の重さや痛みが、絵によく表れていると思う。明るい話は簡単で性急なのが多いけど、こういうシリアスは、短い中にも色んなことが凝縮されてて、足りないと思わないし急ぎすぎているとも思わないです。

以下ネタばれます。



Read more...


拍手する
Catergory in [comics : は]深井結己 comments(0) -
with Ajax Amazon