Archives by Month:
Archives by Category:

きっと恋に違いない * 西田東

これより前に一冊西田さんの本出てたんですよね、見過ごしてて買い忘れてたんだけどこの間買って読みました、そっちもめっちゃ面白かった!
その感想も書けたら書くとして、まずこの本。
やっぱ面白かった〜!

西田さんのマンガっていっつも出だしが独特の雰囲気で面白いよね。何が始まるかわからないっていうか、色気がなくて、音がなくて、どんな色なのか想像つかないんだけど、ただ無性に奇妙な、ユニークな雰囲気があるから、きっと面白いだろうってやけにわくわくするの。映画が始まる時の無音の部分っていうか、そういう感じ。
いつもそう感じるんだけど、今回も凄くわくわくした〜。

表題も面白かったけど、私同時収録のAV男優の話がもうめっちゃ面白くてドキドキハラハラして好きでした。


以下ネタバレます。

 


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : な]西田東 comments(0) -

エースの休日 * 西田東

これねえ…す………ご・い!!!よかったのー!!!
なんていうんだろ…また何をどう言っていいか全然分からないとこにやってきた。とにかく凄く良くて面白かったんです。
なんだろ…なんかこう、始終胸がいっぱいっていうか、感情が競りあがってくるみたいにドキドキして興奮してて、読めば読むほど気持ちが大きくなるっていうか、飽きる瞬間がなくて…物語の中にずっぽり入り込ませてくれたんです。心が常にドキドキとハラハラで満タンなの。幸せじゃないですか〜。そんな瞬間そうそうないですよ、ね〜?西田東さんありがとう。

で、今回主人公二人のほかにめちゃくちゃ名脇役の子供がいてさあ、これが可愛いやらなにやらでもう、いじらしいっつうもんじゃないんですよね、西田さんの絵で描かれた…失礼ながらこの雑な可愛さっていうのか…もうダメだ、私はこの描きこまれていない、何かどこか足りない…って言い方悪いけど、そういう絵っていうのかなあ、マスコさんとか。そういう子供の絵に、とにかくめちゃくちゃ心揺さぶられるんです。言い方はあれだけど、私これが大好きなんです。ほんとに大好きなんです。
この子が出てくるたびにもう泣けて…!この子が何かする度に、胸が詰まったようになって、いつもより数割増しにきゅんときてジーンとした。
はー大変。


では以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : な]西田東 comments(0) -

まだ愛が足りない * 西田東

いや〜これね、なんっとも言えない味わいのある一冊でしたよね、味が一つじゃないっていうか、複雑で癖になるような、渋い味だったなあ…。深いところにぐっとくる面白さでしたね、印象深かった。
特に私、受の人が凄い印象的でしたよ。
西田さんのよく描かれる、何者でもない感じ。何色にも染まらない、どこにも行ききらない、だけどどこかに行きたくて、精一杯足掻いているんだけど、どうしてもそこから抜け出られない…みたいな、大人の葛藤というか、大人と言っても一皮向けばみんな一緒の心一つで生きている…みたいな、そういう感じの受。
西田さん、よくそういうキャラ描かれる気がするんですよ。自分の場所で必死にもがいている人。
今回の受の人、凄くそういう感じがしたなあ。自分で自分のしたいことがあんまり分かってないような感じがして、だけど分かったような顔をして悪ぶっている…常に虚勢張ってる感じ。
偽りだと思うからなのか、そういう姿になんか哀愁があって、凄く切なかったなあ。痛々しいというか。愛されたくて必死に見えるのに、凄くひねた、はすっぱな態度を取るんですよね。いとしかったです、大人なのに子供みたいで。

…みたいな事は以下にもう少し詳しく。
ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : な]西田東 comments(2) -

天国も地獄も * 西田東

なんか西田さんの新刊が凄く久しぶりな気がするんだけど……すっごいよかった…。すーっごいよかった…!!!なんなの〜この色気…。
いや、コレ私雑誌で一回目の連載読んで、最初のたった一回から既に滅茶苦茶面白かったんですよね、なんつうかこの冒頭のね、ヤクザの色気ったら凄いと思いませんか?私、雑誌でコレ読んだ時に、この人を凄い綺麗だと思ったんですよ。こうしてコミックスで見るといつもの西田さんなんだけどさ、でもすっごく美しいと思ったの、すっごい迫力感じたんですよね。いや、実際絵も微妙に変わられてるんですよ、ちょっと凄みがありますよね、絵に。本当に表情が綺麗です。

で、内容は、高校のときからの友人同士なんだけど、今はヤクザと教師という全く違う世界に生きている男二人が、物凄くお互いに激しい執着を抱いていて、お互いが欲しくて…という話なんですよ。二人が甘くラブするわけじゃ全然ないのに、物凄く愛し合ってるんですね、物凄く激しく恋愛しているんですよ、なのに甘い顔がほとんどない。
凄い面白かったし、なんつうんだろとにかく色っぽい話でしたよ、熱っぽくて、激しくてこれこそ西田さんしか書けないっていうか。この泥を食らわば皿まで…って感じで二人で落ちてく感じ、凄いいいですよね〜。はー…面白かった。


以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : な]西田東 comments(0) -

社長桃井くん * 西田東

わ、笑った…。凄い可笑しかった。
オペラで連載してるのちょっと読んでたんでギャグだろうとは思ってて、ギャグのつもりで買ったんだけど、意外にちゃんと一応恋愛してるんですよね。
突拍子もないギャグの連発なんだけど、その中で一応シリアスなラブが描かれているという、なかなかに個性的っていうかやりたい放題っていうか、自由すぎ!…な話でした。
でも考えてみれば西田さんっていつもこんなもんのような気も…。西田さんいっつも自由な気がする。いつもの作風のギャグ部分が相当クローズアップされちゃったって感じだろうか。
いつもの後書きテイストがそのまま漫画になったみたいな感じ。意味がなかったり不条理だったり物凄い無センスっぷりが可笑しかったり…。
とにかく私は凄い笑ったよ。凄い楽しくてずっとニヤニヤしながら読んでた。けど桃井の恋愛もよかったんですよね〜。

内容凄い説明しにくいんだけど、まあギャグマンガです。ギャグマンガなんだけど、主人公の桃井が常務のおっさんを好きになるので、やっぱり結局おっさんとのラブでした。最後の方は結構ラブの事ばっか気にして読んでました。
あと途中で、脇役の人のスピンオフが入ってて、これは凄いシリアスなんですよ。
本当にルールがないです、しかもこのシリアスがちゃんと本編のギャグにも絡んできますからね。シリアスとギャグが物凄くこんがらがって混在してます、凄いです。

裏表紙に
"サラリーマン社会とギャグが渾然一体に絡み合った西田東の問題作。"
って書いてある、うんまさに!
でもオペラってそういうマンガ多いですよね、なんかギャグなのかシリアスなのか単純なのか複雑なのか、みたいなのが。


以下ネタバレつつ感想です。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : な]西田東 comments(0) trackbacks(0)

恋と刑事 * 西田東

楽しみでしょうがなかった西田さんの新刊です!
今回も面白かった〜!!正直言うともう一話分くらいあったらよかったな〜って思ったんだけど、そうすると長すぎるのかなあ。
でも面白かった!なんか花音コミックスってこういうの多いよね。

刑事2人の話なんだけど、なんつうかこの出てくる男2人を何者にも決められない感じが、読んでてハラハラするというかワクワクするというか…。
なんていうかなあ…2人が何者でもないって言うのは、どういうんだろう。
例えば"刑事"という型に嵌った刑事を演出しているでもないし、だからと言って恋愛一筋に生きている訳でもない。言ってしまえば、受とか攻とか、そんな言葉を当てはめる事すらなんか違う気がしてしまうというか…。便宜上は受とか攻とか言ってるんですけども、なんかそういう名称を使うのも首を捻る感じ。
でも考えてみれば、生きている自分達って、結局何者でもないですよね。なんか中途半端だしさ、いろんな顔持ってて、一言で言い表したり、何かの枠に嵌めたり、できる人ってなかなかいない気がする。
…という事は、この主人公2人の、何者でもないどっちつかずの中途半端な姿。
これってとてもリアルな姿なのかな〜って考えた。
リアルで、ちょっと生々しいところがあって、だからなんだかヒーローになりきれてないっていうかさ。
西田さんの漫画にはしばしば白黒ついてない人が出て来て…白黒ついてないって感じるのは私だけなのかもしれないんだけど、中途半端な人結構出てくる気がするんですよ。何者にもなりきれず中途半端な場所で悩んだりいじけたりしている人が多く出てくる気がします。
そんで恋愛したりしている気がする。いまいちカッコよくもないし、いまいち悲劇でもないんだけども、ただ自分の場所で、人を好きになったり仕事をしたりしている気がする。
…やっぱりそういうところが、変に、ナマいのかも。

そういう作品って、西田さんの場合は花音のコミックスに多い気がするんですよね。
と考えてなんでだろと思ったら、花音は中長編が多いんだよね。3話以上の話が多いような気が…気がしているだけかな。いや、麗人のはほとんど短編集ですよね。
だから、西田さんが中長編を描くとき、こういうなんだかとってもどっちつかずの人たちがどっちつかずにもがいているような話が多めになるのかな〜ってちょっと気付いた。

そうだそんで、絵が!
なんかもう普通にカッコいいんですよ、絵が微妙にスマートで小奇麗になっちゃってて、ハッとするような綺麗な表情とかいっぱいあったなあ。
今回の受…受じゃない、受なのか、受だったらいいな…。 と、いうゲイの方、この人凄いハッとする表情がいっぱいあって、凄い綺麗な人だったよ〜。
私正直、西田さんのマンガ読んで、綺麗な人、という設定を受け入れてはいても、綺麗な男だな、と設定なしでルックスのみで思ったことってない気がするんですよね。
でも今回は何回も、このゲイの人を、綺麗だと思ったんですよ。これって結構事件だよね。

以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : な]西田東 comments(0) trackbacks(0)

好きになるとこわれる * 西田東

西田さんの麗人の新刊ってどうしてこんなに粒揃いなのだろう〜!毎回毎回面白くなかった事なんか絶対ないよ!
そして今回も本当に本当に本当に例に違わず面白かった!
短編集なのですがどれもこれも全部本当に面白くて読みがいがありました、凄い満足感でした。

あらゆる局面に立たされている男達の、まさかこんな立場とこんな状況で、ラブらしきものが存在するなんて考えも付かないような場面において、なのに物凄くすんなり恋愛が入り込んでいて全然違和感がないという、この不思議。不思議っていうか、これぞ西田さんなのか。
会社の立場が危うかったり、ヤクザ同士の抗争で今にも死にそうな場面だったり、ばりばり仕事してて愛だの恋だのまったく関係なさそうな状況だったり…なのに、物凄く自然に、目いっぱい恋してたりするんですよね、何故かセックスしてたりするんですよね〜!違和感ないのが凄いですよね、…あれ?いや、考えてみればそもそもそれがBLなのか。でもやっぱり凄いと思う、この人たちキラキラしてないから。

でもやっぱり西田さん、少し絵がスマートになりつつありますよね?はじめの話の若社長なんて、ちょっと髪形が洒落てるんですよ、今までにないですよねこの髪形は。これ小さく衝撃だったよ。

全部面白かったんですけど、どれかって言えば…やっぱ表題作が一番好きかな。
でも警備員の話も面白かったし、一番初めの若社長の話も面白かったなあ。ラグビー部の話も面白かった。いっぱい面白かったです。

以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : な]西田東 comments(0) trackbacks(0)

西田東をランキングする。

西田東さんと言えば勿論、ここにしかないオリジナリティを持った素晴らしい漫画家さんです。そんで私は西田東さんが大大大大好き!
この間出たディビジョンが本当に面白くて、年間ベスト10でもかなり上位に食い込んできそうなのです。そんな名作に出会えて興奮しすぎた私は、これは西田東さんを特集するべき!!と勝手に思い立ったのでした。

ちなみにここを見てくださってる方にどれほど西田さんファンがいらっしゃるか分からないのですが、カテゴリ別のアクセスを見ると、西田東さんはかなり検索されているし、かなり見られています。毎年上位なんですよね。私が好きだから、きっとここを見てくださってる方々の中には西田さんを大好きだと言う方も多いはず!そんな思い込みに後押ししてもらいつつ、西田東全作品ランキングをやっちゃおうと思います!今日の私は超解放感!!!

西田さんの魅力のひとつと言えば、やっぱりこの、一般受けしそうにない、絵だと思います。
私の友達にも絵がダメだからどうしても読めない…と言ってるのがいるし、うん、そういうの分からないでもないです。私だって黒髪の大きい目の小さくて可愛い子、やっぱり見た目的に好きじゃないし。だからそういうの避けてるし、絵があんま好きじゃないから読んでないってマンガはいっぱいあるし、まあ人ぞれぞれいろいろあるからしょうがないですよね。別にそれを読まなきゃバカ認定!って訳でもないし、読んだからって高尚だって訳でもないんだし。

ただ、ただ私は西田東のこのヘタウマは、超魅力だと思ってます。
この絵があるからこその、西田東なんです。もしこの同じストーリー、同じ話を、物凄く美麗な絵を描かれる作家さんが描いたとしたって、やっぱりそれは別物になると思うんですよ。
西田東の作品は、西田東がこの絵で描くからよいのです。
ここに描かれている、細くない美人じゃない花のない男くさいキャラ。彼らが、その容姿で、"恋"をする。…と、いうところに何とも言えないこっぱずかしさや哀愁があるんだと思うんです。
大人の男の、みっともなかったり情けなかったりする姿、小汚く生活感に溢れている姿、それでも恋をして、嘆いたり喚いたりする姿。…が、胸を打たない訳はない。
胸を打つんです。
泣けるんです!!

と、言うわけで西田東さんを特集です。

まず、作品ごとにランキングします。
私コミックスは全部持ってると思うので、このコミックスになった作品の中から、コミックスごとではなくて、作品ごとに選びます。

以下長いので畳みます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : な]西田東 comments(2) trackbacks(0)

青春の病は * 西田東

書き直します。
これを初読みのとき、どうもなんだかよく分からない、という印象だったのと、忙しかったのか書くのがしんどかったのか、感想と言う感想を書いてなくて、その切り捨てたような自分の短い文章が凄く嫌いだったんです。
で、直したい直したいと思ってたんですけども、なかなかまた読み返すというところまで行かず…だって初読みであんまり好きじゃなかったですからね、好きなものを読み返すのは全然苦じゃないけど、よく分からない…と思ってるものを読み返すのってしんどいじゃないですか。
なのでずっとそのままでした。

が、この間、なんだか無性にこの一冊が読みたくて、漸く読み返してみたんです。
そしたら、とても面白かったです。西田東さんならではで、男同士というところに二人が抱えているタブー感がとても微妙な感じで描かれてて読みがいがあって、良かったんですよ。
その後がなくてちょっと物足りない感じがしたので★を一個減らしたんですが、とても読みがいがあったし、あと初読みの時点で、まだ読んだ事がなかった『願い叶えたまえ』ももう読んでいるので、同時収録にも感慨があって面白く読めたし…。
で、どうしてもこの感想を書き直したかったのでした。

んで私は、西田東さん全作品ランキングをやるんです!絶対に!
ちょっと抱えている事があってどうも毎日もんもんしてたんですがそれも終わって解放感に溢れている今、これをやりたい!きっと来週からまた忙しくて悶々するんだよね…。なので今の内に書き直し記事を。

以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : な]西田東 comments(0) -

ディヴィジョン * 西田東

や・ば・い…!これ来た…これ絶対来た!!!面白かったーーーー!!!ちょっともうどうしよう?
凄く面白くて爽快で、泣いたし、もう夢中になって読んでしまったので、なんと言うかもう、この余韻が消えるのが凄く勿体無くて、次の本に行くのに凄い時間が掛かってしまった。次の本行くまでに感想書いてしまえばよかった。
雑誌でちょびちょび読んでいて、面白そうだとは思ってたんですが、でもこうして一冊になって読むともう、ぐいぐいぐいぐい惹き付け力が半端ない。

いやほんと、ほんと面白かった。もう全然冷静になる瞬間がやってこなくて、のめりこむ勢いで読んでしまいました。
ほんともう面白いしか言えん…。最近なんか、自分の気持ちをどう言葉にして表してよいやら分からないよ。
うまく言えないからくどくどくどくど同じ事書いちゃうんだよな〜…。でも私は、自分の胸にある何やら形のはっきりしない感動を、衝撃を、形にしたくてしょうがない。常に伝えたくて訴えたくて仕方がない。
でもやっぱり上手く言えない…。

西田東さんって凄いんですよね、何描いても、どんな設定でどんなに男臭い物語だとしても、その中にはっきり感じ取れるんですよ、恋心を。恥ずかしいほど純情な恋の姿がそこにあって、うーんなんていったらいいんだろな、いつも同じ事言ってんですけど、出て来る男の花の無さったらないと思いませんか。全然花がない。凄く地味だったり…綺麗だとか目を見張るようなものが、出て来る男にないんですよね。でも、ないからこそなんですよ。ないからこそ、男が男を好きになってしまうというところに、物凄いリアリティがあるんだと思うんです。
例えばゲイだという姿にリアリティがある。違和感がない。疑問を差し挟ませないんですよね。生き方が詳しく描かれているわけじゃないのに、弁護士先生がこれまでに生きてきた道、経験してきた恋が分かる。分かるから、その人に入り込むんですよね。自分に返ってくる瞬間が無いんですよ。
これって物語を読む上で凄く幸せな事だと思う。

とにかく大興奮の内に支離滅裂な以下ネタバレ感想です。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : な]西田東 comments(0) trackbacks(0)
with Ajax Amazon