Archives by Month:
Archives by Category:

Nobody Knows(新装版) * SHOOWA

結局買っちゃいました…。同じの二冊買う余裕はないんですけどもね…ほんと最近新装版は悉く諦めてるんですよ、色々諸々余裕がないのでしょうがないです。
けど、買っちゃった…。
書き下ろしもどうしても読みたかったし、表紙もステキだったしさ〜…。
でも買った以上後悔はしない!買ってよかった!

これはSHOOWAさんのデビューコミックスの新装版ですね。
旧版と感想はこちら→ Nobody Knows * SHOOWA

あんまり感想書いてないんですけど、何が何やら分からぬまでも概ね好きだったんでしょうね、この短い感想を見るに。しかし、何の前情報もなくこの一冊を買った当時の私、何が決め手だったんでしょうね?
この間拍手コメントで、一体何を決め手にしてコミックスを購入しているのか、と質問して頂いたんですけども…なんでしょう?まあでも、普通に絵でしょうね〜。表紙の雰囲気と、絵ですね。私あんまり煌びやかな絵が好みじゃないんですよ、人気どころのマンガ家さんとかイラストレーターさんとかいらっしゃいますが、絵だけで言うと、ほんと、背景にびら〜〜〜っと花がしょってあるようなイラストがあんまり好みじゃないので、まず目がいかないんですよ、スルーしちゃう。
この間 2012年ベスト表紙特集!! ←ここに上げましたけども、こういう雰囲気の表紙が好きなんですね。なので、表紙のデザインでかなり本を選んでます。あらすじあんまり頭に入ってこなくて、よっぽど年下受は買わないんですけども、それ以外の事は本当に読んでも理解できないんです私。なのでもうあんまり読まない。そんで帯情報には踊らされます…。
後はまあ、勘です。SHOOWAさんなんてまさに勘だったと思います。勘しかないです、だってあらすじ、よくわかんないですもん。

だってこれですよ。↓


めっちゃ雰囲気あるでしょ?インパクトですよ。なんだかこう、ズガンとやられそうじゃないですか。
ズガンとやられそうな予感に期待して購入しておるのです。
SHOOWAさんは大当たりだったわけですが。当時の帯もね、今見たら『業界騒然!』とかかなり煽ってあった。ま、要するに煽られたんですな。

えーと何の話してたんだっけ。
あ、だから、知らない作家さんの本の選び方の話だっけ…。
とにかく、SHOOWAさんをよく選び取ったなあ、私。…ってことでした。

で、旧版との違いはね、亀がなかったことです。
亀の話ね、不条理もいいとこ不条理なんですが、なんか凄く理不尽さも感じて、やるせない気持ちになるんだよね…。なんかもやもやするんだよね。
亀はじゃあ次の新装版に入るのかな。入ったらぜひ読んでください、亀。私初めて読んだ時、一体これは何なんだ…??となりましたから…。でもなんか、エロいんですけども。

で、亀がない分、ススムとモドルの話の後編が一緒に入ってるんですよ。旧版は一話目だけだったんですね。後半は NON Tea Room * SHOOWA に入ってました。
これが一緒になってるのには意義がありますよね〜。絶対一緒に読むべき話だもんな。
一話目だけ読むと、ちょっと切ないポエムで終わっちゃう感じがするんですよ。実際当時はしたんですよ。でも後編が出た事により、このお話がしっかり核を持ってSF恋愛ストーリーとして成り立ったんじゃないかな、と…私はそう思っています。やっぱり続けて読んでなんぼだと思います。
で、久々に読んだらやっぱりすごい泣いた…。

SHOOWAさんって不思議で…たぶん私が構えすぎていて、ちょっと離れると何故か凄く個性的で分かりにくい、冷めた物語を書く…というように思ってしまう節があるんですけど、実際近寄って触れてみる、実際読んでみると、何と情熱的な恋愛話を描かれるんですよね、だからいつも、SHOOWAってこんなに熱かったっけ、こんなに切なかったっけ…と、自分で驚くんですよ。何故ちょっと読まないでいるだけで、遠い存在になてしまうのかなあ。
やっぱり亀のイメージが強すぎるのか…?何年たっても?
いや、何を書いても亀を持ってる作家さんなんですよね。どんなに情熱的なラブストーリーを書かれたとしても、SHOOWAさんの根底には、亀や、いつぞやの天使モノや、ジンと猫〜…みたいな、ああいう世界観が流れていて、それが強烈に滲み出してんだと思う。
そしてその滲み出した亀や天使…これがSHOOWAさんの強烈な個性で、強烈な魅力なんだと思うわ〜。

後はテル!書き下ろしが私の大好きなテルの話でした〜!
焼き鳥屋のテルです。あの話いいですよね、大好きです!

では以下ネタバレしつつもう少し感想です。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : さ]SHOOWA comments(0) -

パパ’sアサシン。〜龍之介は飛んでゆく。〜 * SHOOWA

こないだイベリコが出たばかりだというのにまたまた嬉しいSHOOWAさんの新刊ですが…めっさ面白かったーーー!!続き読みたいよ!待てない!
すっごい意外でした、これがまた表紙とタイトルがえらい変わっているので、今度こそギャグ本だろうか…と思ってたんですが、なんととっても切ないラブの話でしたよ〜!
勿論SHOOWAさんなので、独特のセンスがあってコミカルに描かれてはいるのですが、思う気持ちという肝心なところはもうしっかりガッツリドスンと来ました、ほんっとに面白かった…!

前も書いたけど…いつも書いてるけど、本当に視線が色っぽいというか、表情がきちんと語るべきことを語っているんですよね。無駄な沈黙がないというか、彼らの表情のその裏に、きっちりと人の気持ちが透けて見えますよね、間や沈黙に意味があるというか。その意味は別に、言葉にしてはっきり形にしなくても勿論よくて、何かこう、重いような苦しいような気持ちをこっちが抱ければ、それはもう伝わったということで、それでいいんだと思うんですよね。
そういう雰囲気作りがほんととてもうまいというか、そこで魅せる人なんだよなあSHOOWAさん。『ジンと猫は〜』とか『向日性のとびら』とか、ほんとそういう感じでした。何かを伝えている、何かは伝わった、そう思える作品でした。

今回のこの話も、コミカルな中に、色気と切なさがあって、何かが始まる、何かが息を潜めている予感と期待と緊張で、画面が張り詰めてる感じがするような、ドキドキするような一冊でした、あ〜面白かった、も〜。


以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : さ]SHOOWA comments(2) -

イベリコ豚と恋と椿。 * SHOOWA

久々のSHOOWAさん、面白かった…!!
タイトルが変わってるんで、SHOOWAさん特有の不条理ギャグなのかなとか思ってたんだけど、これが意外にラブでした。いやまあ、ギャグはギャグなんですけどもね、ギャグでありながらもラブがしっかり続いていくので、凄い面白かったです。

初めは実はちょっと戸惑ってたんですよね、そのギャグなのかラブなのか…ってとこで…ギャグでラブなんだ、と思えばいいんだろうけど、SHOOWAさんって凄いギャグのアプローチが独特じゃないですか。ギャグって言っても私はSHOOWAさんで笑った事はほとんどないので、不条理なところを眉間に皺寄せながら読む感じで、受け止め方をいっつも戸惑うんですね、しかし嫌いではないです、新鮮で楽しい。
一番最初のコミックスのコレ→『Nobody Knows』なんてそうですよねまさに。どういうノリで行ったらいいのか、最初に凄く戸惑う。
でもそれってギャグだけなんですよ、シリアスの方はSHOOWAさん、もう否応なく引き摺られますから、どっちで読めばいいのか…みたいな戸惑いは一切ないです、本当に凄い空気を作ると思う、映画みたいに誌面に色がついて、キャラの目つきに色気を感じる…ほんと凄いんですよ。

んでこのコミックスには、その両方が入ってました。どシリアスとギャグめなのと。
どっちも面白かったけど、やっぱシリアスの方にぐわーっと引き摺られるなあ私…。
っていうか、2カップル分お話入ってるんですけど、もう完全に私、脇カップルの方に夢中でした。最初っから気になって仕方がなかったので、むしろメインの話の時も彼らばっかり気にして読んでいた有様で、いや〜…よかった!!
メインの方も面白かったんですよ、でもやっぱタイプ的に…どうしても、黒髪のヤンキーに惹かれないので、それより何か過去に傷ついてそうな長髪と朴訥な年下のカップルに気持ちが入ってしまう〜。
そしてそういうカップルがこの本の中にいてくれた事が嬉しくて大興奮でした。


以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : さ]SHOOWA comments(2) -

ジンと猫は呼ぶと来ない * SHOOWA

待ち遠しかったSHOOWAさんの新刊。もうほんっとに待ち遠しかったです。『向日性のとびら』 が出たのがちょうど一年くらい前………って、えー!!!あれから一年も…そんなにもSHOOWAさんのマンガ読めなかったのか…そりゃ飢える筈だよ。
とにかくあれから一年くらい経ったんですけども、その間、何だか無性にSHOOWAに浸りたい…と思う瞬間が、頻繁にやってきて…あの衝動は一体なんだったのだろう。なんかもう、SHOOWAに塗れたいわけ。読みたいけど、既刊は3つしかない訳で、もう読みつくしてて、もっともっとなんだか、SHOOWAの世界の中に、SHOOWAの描く男の子たちを味わいたいというか………そう、恋に似ている。SHOOWAの描く男の人に、確実に恋していたと思う…!!絶対恋だ!!

恋して恋して恋しすぎた一年間でした…。なんかもう、恋の賞味期限が過ぎた感じだよね…。いつもそうなんだよな、楽しみにしすぎて実際その時が来たらもう自分の中で盛り上がりが一回終わっちゃってんだよな…。

いやまあ、そうとは言ってもそれはそれ、この本すーっごく楽しみでした。
まず表紙!!この表紙の素晴らしさ、この表紙の斬新さ。マジで革命起こしたと思った。どこがどうと言うんじゃないけども、これまでに見た事がない存在感。なんだか異彩を放っているよ…!
そしてタイトル!!"ジンと猫は呼ぶと来ない"だって…!!なんつうステキタイトル??あ〜…ほんとこんなタイトル憧れちゃうよ。

読む前から素晴らしいところが満載だったこの本ですが内容も凄くよかったです!
っていうかもう、あたしSHOOWAが何を描いても、どんな風にどんな話を描いても、きっと凄く満足してると思うんだよね。だって出てくる男の子を見ているだけで満足だからです。

そんでこの本は、『向日性のとびら』のスピンオフです。向日性のとびらの感想はこちら。

→ 向日性のとびら * SHOOWA

そして、同時収録の短編は、『NON Tea Room』という本のスピンオフです。感想はこちら

→ NON Tea Room * SHOOWA


以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : さ]SHOOWA comments(4) -

向日性のとびら * SHOOWA

す…ばらしい…!!!!凄かった…いや凄かった。他にも違うマンガ買ってて三冊続けて読んだんですが(西田さんと夏水さん)どれもこれも素晴らしく感じて泣けてしょうがなかったのはもしやあたしの徹夜明けテンションのせいだろうか…鋭敏すぎたのか?…と、思わない事もないけどそんなあたしの過敏気味な感性を前提に、いやもう素晴らしかったです。

何ていったらいいのだろう、難しいな。ストーリーは結構難解で、台詞でだだだーっと説明されるので後半、SFとかカタカナとか凄く苦手な私には結構難しかったりもしたんですが…でも全く分からないという程でもない。しかしそれよりもですね、ストーリー難しいとかそんな事は置いといてそれよりも、物凄い魅力的なマンガだと思うんです。
読んでて凄く不思議だったんですが…私常々、マンガはストーリーだって言ってて、いつも強くそう思ってるし、出てくる人に背景が見えるか見えないかが凄く重要だと思っているんですよね、それを感じるマンガっていうのが素晴らしいと思っていて、そういうのはやっぱり深い印象を残すと思うんです、他所から持ってきたキャラじゃなく、この紙の上でキャラが生きていると言う事が凄く重要だと思うんです。生きているって事は、同じものが二つとないって事です。
だけど、このマンガを読んでいて、ここに出てくるこの主人公の人に、これまでとこれからがなくても、乱暴に言えばストーリーがなくても、見開いている2ページの右上から左下までを見ているだけで、感動できると思ったんですよ。この開いたページだけで、何かを感じる事ができるというか、受け取る事ができるというか、そして満足できる。
なんていうの、そうだ、一コマにストーリーがあるような気がしませんか。たった一つのコマの、この男の子の表情だけで、そこに世界があって、物語が流れているというか。見過ごせないのよ、もうなんか、一個一個のコマの、この男の子の寂しげな目つきに、いちいちいちいち、突き刺されるわけ、胸を。ぐさっぐさって感じで。もう苦しくてしょうがなかった。いやぐさっていうより、どんっと胸を叩かれる感じかな。短い台詞と表情に。胸痛い、ほんと。ほんっと苦しくて、なんか落ち着かなくって…もう衝撃だったです。
SHOOWAさんのマンガ全体的に、コマの一つにストーリーを感じてしまうという事じゃないだろうかと、読みながら思った。独特の時間が流れていると思う。一分を一時間にも感じるっていうか、些細な一瞬が、物凄く長い沈黙に変わったりする。
私は絵画を見る趣味が全然ないんだけど、一つの絵をずっと眺めて色んなことを感じるっていうのはもしかしてこういう感覚なのかなあと、違うかもだけど、そういう風に思ったりもした。
先に進むのが勿体無くて、絵画を眺めるように、一つ一つの絵をじっくり見た。見ているだけで苦しいほどに色んなことを受け取ってしまう。勝手に。あ、まあ絵が好きなんですほんと、この方の。
で、全体的にあたしが感じる余地を残してくれているマンガだなあと思います。出てくる人が黙って立っている横顔に、色んなことを思うんですね、色んなことを感じられる。あたし自分で感じて考えたいので、モノローグや台詞の少ないマンガが好きです。でもそれだけじゃダメだけど。
まああの…私が必要以上に受け取ろう受け取ろうとして過剰に両手を広げアンテナを張り巡らせているのか、それともこのマンガに否応ない力があって、読む人全てを圧倒するのかは分からないけども。間違いなく言えるのは、私が感動しいだということだけどもね…。

あー…うまく言えない。…こんだけ書いといて!!いや、なんで長文章になるかというと一生懸命感動を言葉にしようとしているからで、それができないから、だらだらだらだらああでもないこうでもないと必死に言葉を探しているうちに長文になってしまうという…はた迷惑な癖です。

あと、このー…帯に"禁断の誘い受け歳の差ラブ!!"って書いてあるんですよね。私こういうのやめた方がいいと思う。イラッとする。確実に魅力を損なう。そういう事がこのマンガの魅力じゃないじゃん。そういう風に、簡単な言葉で分かりやすく言おうとすればするほど、それぞれの持つオリジナルな魅力が薄っぺらくなってしまって、凄く嫌なんですね。…まあ、嫌だからこそ私は私の言葉で書こうと思ってこうやって書いてる訳なんですけど。とは言っても、じゃあ例えばこの本を売るために、どんな帯コピーを考えるんだって言ったら、…それも難しいのかもしれないなあとは思うよね、売りたいし、だからって内容を逐一書いたって人の胸に響かないし、捲って読まなきゃわかんないんだから。誰かの目に留まって捲ってもらうことが帯コピーの目的だろうし、そうすると"禁断の誘い受け歳の差ラブ!!"とか書くしかないのかもしれないなあ。やっぱ問題はさ、禁断の誘い受け歳の差ラブ!って書いてあんのを喜び勇んで買って、はあ??何これ求めてたものと違う!!!って思っちゃう人と、その帯コピーを読んで購買意欲をなくしてしまい、しかし中身は本当はその人の物凄い求めてたものだった…って人の、需要と供給が擦れ違っちゃうんじゃないかって事が…まあそうでもないのか、そんなもう帯コピーに踊らされて買うような…いやいや人によるよやっぱり。…どうなんだろうか、でも世の中的に確実に、分かりやすい言葉でしか判断できない人間が増えているんだろうか。何でもかんでも自分達用の言語を作っちゃうもんね。言葉を尽くして表現しようとはしない、短くて、万人が何となくニュアンスで理解できる単語に逃げる。どんどん表現できなくなるよね、そんな事繰り返してると。
…まああたしは、この内容を"禁断の誘い受け歳の差ラブ!!"とか書かれると、ものすっごいイラっとするタイプなんです、すぐ、あたしをバカにしてんのか、チっ…と思う。

あーもう全然違うことばっかり書いてしまった、こんなに面白かったのに。


以下ネタばれます。
…って言っても凄くストーリーを説明できないので…難しいから。ネタをバラすまでも行かないように思うんですがまあ念の為にネタバレを含むかもしれない感想のみですが。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : さ]SHOOWA comments(4) -
with Ajax Amazon