Archives by Month:
Archives by Category:

クローズ・ゲーム * カシオ

カシオさんも次々出てるのに読むの追いついてないなあ。全部ちゃんと買ってあるんだけど。
この本は結構前に出ましたよね、読んだのもちょっと前ですけど、今頃感想。

なんだろうねカシオさんって、たぶんこの話も違う人が書いたら普通に高校生同士のキュンと来る恋愛で終わってたんじゃないかと思うけど、カシオさんが描くとなんか凄くいけない事をしてるみたいよね。罪悪感に満ち満ちている…。何もかもに。
独特なんだよなあ、タッチが。それ凄い魅力だと思うんだけども。
読んでるとハラハラしてしょうがないんですよね、ただでさえ、そこにいるだけでものすごくいたいけな存在なのに、もっともっと傷つけられそうで、雛鳥の毛を毟っているような気にさせられるというか、痛々しくてたまんない。

この子が傷つけられたら嫌だなあ…と恐々読む感じなんだけど、ちゃんと可愛らしく、ホーッとさせてくれるので、ほんとよかったなあと思うんですけどもね。


では以下ネタバレながら簡単に感想です。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : か]カシオ comments(0) -

小津くんのヰタ・セクスアリス * カシオ

うわ〜…よかった〜…。
なかなか言葉で感想書くのが難しいっていうか…カシオさんの本読んでズキッと来るこの感じって、ほとんどインスピレーションじゃないかと思うんだけど…理屈じゃないっていうか、なんか私、主人公の男の人見てるだけでダメなんですよね。きゅっとなります。

30男同士の恋の話なんです、見えないんだけど。
30になって童貞で、色々未経験で、色々なんかこう…もうちょっと自分を守るもの持ってないのかなっていう、手管のない主人公の小津君と、手管だらけの同級生の、ふわふわしているような…ふわふわしているかと思うといきなり傷口に手を突っ込むような…痛いような甘いような、明後日を見ているような正面に立っているような、なんかそんなような話なんですよ、印象の話ですけども。

だから何がどういいってなかなか言いにくいんですけども、でも凄くよかったです。
同時収録もよかった、特に最後の話には泣きました。

以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : か]カシオ comments(0) -

トライアンドエラー * カシオ

大好きなカシオさんの新刊です〜。

これまでのカシオさんはこれら→
ハートのトートロジー * カシオ
スイッチON! * カシオ

やっぱりカシオさん独特の繊細さっていうのか、足りない感じ、欠けている感じ…まあ紙一重のとこにずーっといらっしゃると思うのですが、私はほんと紙一重でそれらを魅力だと思っているんですよ、理由は簡単で、私がカシオさんを読んだら必ず泣いて胸の痛い思いをするからです。胸に響いてくるからです。
足りないような欠けているような…だけどそういうところが魅力だとも思っているカシオさんなのですが、今回はちょっと薄ぼんやりしてた感じがしました。
受の子の可愛らしさや、男の子たちのちょっと抜けたような、残念な感じは凄く可愛くて好きだったんだけど、どうも全体として、ガツッとイメージを掴みにくい感じがあって、いつもよりはキュンっと来なかったんですよね。なので★一個減っちゃいました。

たぶん途中から三角関係になっていったのが、最初のイメージと違ったってトコロで、もしかしてぼんやりしてた原因なのかなあとも思います。なんでかっていうと、攻役の子よりも、友人くんのほうが、私には魅力的に思えたし、輝いて見えたから。
なので途中から、この友人君にかなり気持ちが移っちゃったんですよねえ。出番もやたらと多かったよね〜。ぶれたのは私の気持ちの方だったかも!

んで同時収録で短編が一個入ってたんですが、私はこっちが凄く好きでした、こっちにはカシオさんらしいきゅ〜〜〜〜〜んっっっという、ぎゅぎゅぎゅ〜〜〜っと来る瞬間が結構あって、ちょっと泣いた。


以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : か]カシオ comments(0) trackbacks(0)

ハートのトートロジー * カシオ

すっごく楽しみだったカシオさんの新刊ですが、お、お、お、面白かったーーーー!!!
え〜…大好き〜…やっぱり大好きです、もう心臓痛くて痛くて、ズキズキ来過ぎた。やばい。

カシオさんと言えば一冊目はコレ↓

スイッチON! * カシオ

スイッチON! (MARBLE COMICS) 

すーっごく面白かったんです!すっごく良かった、キュンキュンしすぎて泣いたのです。
絵は落書きみたいなんですけど、これが味ですっごいいいんですよね、なんかこう…未成熟な魅力と言うのか、キャラたちの欠けているとことか育ちきっていないとこと相俟って、何とも言えない魅力を引き出していた…と、あくまで私は思ったのです。
ちなみに09年上半期ベストの9位に入れていた模様。→ 2009年上半期ベスト

で、あれから二年くらい経って漸く出た二冊目なんですが、やっぱりすーっごく良かった。なんだかもう、突き刺してくるんですよ〜。物凄く切ない気持ちになるんですよ、物凄く心を刺激されるんですよね。
確かに、この絵、この作風。好き嫌い別れるとこなのかもしれない。
けど、私はこの方にはこの方にしかない繊細な魅力があると思う!もっともっと描いて欲しいし、もっともっと読みたいです。

ところでトートロジーが何の事だか分からなくて調べたのですが、…何となく分かったような気がしないでもない。とりあえず、同語反復、というそうです。


以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : か]カシオ comments(0) trackbacks(0)

スイッチON! * カシオ

えー!面白かったー!!!
ほんとえーっ!て思った、前に短編を読んだ時はあんまりそうも思わなかったので、そんなに期待していなくて買ったんですが、こりゃびっくりの面白さだった。切ないのもあるんですけど、まずとにかくなんだか笑える…!爆笑って感じではないんだけど、ずーっとクスクス来ちゃうような可笑しさがあって、っていうのも、だってなんだか凄く雑いんですよ。すっごい色んなとこが雑で落書きみたいで、この落書きみたいなキャラたちが、また落書きみたいな動きをしていて、だからこそなのか、カッコつけた感じがとにかく全然しなくって、面白みがあるんですね、あたしはとにかくカッコつけてる感じが凄く嫌なんですよ、"カッコつけてる"って凄い曖昧な言い方だけどさ。作りこみすぎてたりとか…まあ色々あるんですけど、そういうのは透けて見えると大抵読んでてカッコ悪い。
でもこの本の話もキャラも、なんかとにかく雑で、そのまんまって感じで…そして重要ですけど、切ない…!
切ないんですよ、すっごいきゅんきゅんしました、心の中が凄くストレートで、読んでると何だか胸が痛いくらい。
あー…この面白さと切なさをどう言い表したらいいのか分からん。
とにかく面白かったです、絵が凄く好き、かわいい。表紙の感じより中は何倍も雑な絵ですけど、それが好きです、これこそが凄くいい味を出しているんだと思う、とにかく好き!

以下ネタばれます。




Read more...


拍手する
Catergory in [comics : か]カシオ comments(2) -
with Ajax Amazon