Archives by Month:
Archives by Category:

初恋 食物レンサ * ヤマヲミ

ヤマヲミさんのコレ、漸く読みました〜!はー買ってから長かったわ。
で、面白かったです!明るくて楽しくてエロくて、なんか気分がとっても上がりました。

表題作とか短編は、やっぱり制約の中で描かれた感じが若干するんですよね、エロを入れなきゃいけないせいでここぞという心情描写でエロに行っちゃう、とか、何故いきなりそんなアイテム?とかさ、やっぱり掲載が携帯でエロでテーマのあるアンソロ…とかだと制約あるの仕方ないんだろうな〜…と言うのを感じさせる短編ではありました。
けどそれを考えてもやっぱり、楽しい作品だったし、キュンとするとこもあってよかったな。

で、私が一番好きだったのは一番長く入っていたコンビニのシリーズです。
これが長かっただけあって一番丁寧で一番面白かったです。キュン泣きでした。もう健気で!おっさん健気で!始まりは凄い意外な感じだったので、これどうなるんだろうと違う意味でわくわくしてたんだけどまさかこんなにキュン泣き来るとは思わなかったです、凄く面白かった。


以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : や]その他 comments(0) -

ひみつのセフレちゃん 恋人編 * ヤマヲミ

ひみつのセフレちゃんの続編です〜。最初の本はコレ→ ひみつのセフレちゃん * ヤマヲミ
4月頃に読んだばっかりなんですが、読んどいてよかったなあ〜。CDも出たし、こんなに人気作だったとはつゆ知らず…。私はリブレの公式でひみつのEROセットっていうのを買ったんで、本編CDとトークCDとこの恋人編と小冊子が入ってました。CDも聞きましたよ、楽しかったですよ〜。
で、勿論このマンガの方も面白かったです!楽しかった!

…ところでリブレのセットと言えば去年の腰乃さんの『部活の後輩〜』のCDセット。未だにどうもこう、もやもやするセットです。あれを踏まえて今回こういうセットにしたのかなあ。なんであの時、ああいう大きい本にしたんだろ、そんでコミックスとして後で出す方に書き下ろしをつけるっていう、結局両方買う以外にないっていうあの商法。未だにどうも解せないんだよね…。
しかし今回みたいに、CDとセットになっているものが、一般売りと同じコミックスなら、それは買う方にまだ選択の余地があると思うんだけども。

ま、それは置いといてとにかく、セフレちゃんシリーズ、楽しいですね〜。
一巻目よりもこっちのが更に楽しかったなあ、デフォルメされたトモとコースケさんが可愛いやら可笑しいやらでかわおかしかった。(可愛くて可笑しい)私、トモなんてずっとあのチビ絵でもいいくらいチビ絵のトモが好きだよ、アホすぎるよあの顔。

あとコースケさんの庶民っぽさも相変わらずで好きだなあ、なんかこの人ほんとおっさんくさいよね何もかも。まだ40にもなってないのにこんなにおっさんくさいなんて、だけど前回よりももっともっとトモといちゃいちゃしてるので、なんかこっぱずかしいというか…見ちゃいけないもの見てる感覚というか…。やっぱおっさんラブはこのこっぱずかしさが出てこそ本物!って感じがするよ。おっさんがラブしている姿はこっぱずかしいものなので、ちょっとむずむずする気持ちが湧いてくるくらいなのが良いんじゃないかと思う。

あ、あと相変わらずのこの恥ずかしいアイドル像…。アイドル描写がすっごい恥ずかしいんだよね〜…嘘っぽくて。けどヤマヲミさんの後書きを読むとまた可笑しくて、こんな人が書いているアイドルと思うと、一週回って逆に笑かしよんのか?という気になって面白い気がしてきた。
ヤマヲミさんの後書き、めちゃくちゃ可笑しいよね。

以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : や]その他 comments(0) -

ひみつのセフレちゃん * ヤマヲミ

これもアンケートでお二人くらいの方が面白いと推してらっしゃった一冊です。おっさん受というので凄く読んでみたかったんです。漸く読みましたが、面白かった!!これはすーっごく面白かったなあ〜!

アイドルとリストラされたおっさんの話でおっさん受です。アイドル物とかいうとちょっと身構える感じがあるんですが、何がいいっておっさんがいいね。おっさんっつっても37歳。物凄く地味に普通にヤモメっている感じに味があるんですよね、花がないっていうか、小奇麗さがないっていうか…。
相手の男の子が何やっても怒らなくてカッコよくて実は国民的アイドル…とかってまあ都合よすぎる存在ではあるんですけども、その分、おっさんの方の葛藤はとても丁寧で、しっかり描いてあるんですよね。
まるで設定的には色物だけど、色物で終わらないしっかりした恋愛がちゃんと描かれていて、読み応えがあって面白かったです。
あとセックスのシーンもきっちり書いてあって、ちゃんとエロくてよかった。


以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : や]その他 comments(0) -

ホントのところ * ユキムラ

ユキムラさん久しぶりです。結構読んでるのに何故か感想を書いてないんだよなあ、なんでだろ?結局去年出た奴もちょうどタイミング悪くて描かずじまいだったし…。先生受で結構面白かったのにな。

で、今回のユキムラさんは再会ラブものでした。
高校時代、ライバル同士だった二人が社会人になって再会して、昔っから燻っていた思いを成就させるという話で面白かったです。
くっつくまでは結構あっさり薄味だったんだけど、その後のぐるぐるぶりが面白かった。
それにユキムラさんの描き方っていうか絵が、凄くコミカルで可愛くて、キャラの言動になんとも言えない愛嬌があるんですよね、くすって笑っちゃうところも多かったです。

以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : や]その他 comments(0) trackbacks(0)

かなしい人はどこにもいない * 山田酉子

やっと出た山田酉子さんの新刊です嬉しい〜!
山田酉子さんと言えばコレ。→ クララはいつも傷だらけ * 山田酉子

これがですね、すーっごく面白かったのです!
なんかね、ちょっといやらしいんですよね。ちょっといやらしくて、ちょっと棘がある。そんで、ふわふわしているように見えて、結構ザックリ来るの。結構切りつけてくるっていう感じなのです。可愛らしい絵なんだけど、その中にちょっとしたどぎつさがあって、グサッとくるんですよね。…乾いてるっていうよりも、じめっと湿ってるって言う感じで……どうだろこの抽象的な感想。ポエマーですよねえ私。

まあとにかく、私凄く好きだった。
けどこれ以降たぶんBLでは新刊見てないと思うので新刊出ないのかな〜って思ってたのでした。
読めて嬉しいです、今回もすっごく面白かった!

なんでだろうな、抽象的な感じがあるのに私は誤魔化されている感じがしないんですよねえ。
好きだ嫌いだとはっきりストレートに書いて話が進んでいく訳じゃないのに、遠回しっていうよりも、とても直接的に感じる。凄く鮮やかな感じがするんですよね、感情がはっきり響いてくるから、不透明な感じがしないのかも。
そんで、なんかこう…読んでると…表現したい欲みたいのが刺激される気がする。この感じ…こういう色合、こういう熱…こそ、私が憧れてやまないものじゃないのだろうか…と、ぞくっとするような感じ。何度も、ざわりざわりと、心を触られているような感覚がするっていうか…私が表現者だったならば、他人に対して持つ熱を、こんな風に表現したい、と凄く思った。私がBLマンガ家だったら、こういう瞬間を書きたい。
全体的に、メジャーになるような作風じゃないと思うんだけど、瞬発力っていうか、瞬間瞬間の読者を引き摺る魅力みたいのって、あるような気がするんだよなあ…。まあ好き嫌い別れるところなのかな、当たり障りがないマンガ家さんではないと思う、このざわざわ来る感じ、嫌な人は嫌かもしれないなあ。
でも私は好きだー。他にいないと思う。


以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : や]その他 comments(2) trackbacks(0)

狼さん、そろそろ準備はいいですか * 山田2丁目

いい表紙ですよね〜!凄く目を引く、凄く面白そうな、何だか印象的なよい表紙です!
山田2丁目さんと言えば一冊目はこれでした。→ 欲しいもの全部 * 山田2丁目

…今欲しいもの全部の記事見てみたらやっぱり腰乃さんの新刊が手に入れられなかった、とつい数日前と同じような事を書いていた。年がら年中おんなじようなことやってるんだなあ…。

まあそれは置いといて、この記事でも注目していると書いたとおり、→ 2010年新星特集 前回、まあ絶賛するというほどではなかったかもしれないんだけど、とにかく私凄く好きそうだなあって感じのタッチで、お話も面白かったんです。
でもそれ以降次の本が出なくて、これがやっと二冊目でした。

やっぱ面白かったです!
この表題作のシリーズで3作入ってるんですよ。3作入ってると、メインの二人の話を結構読めた感じがありますよね。
で他に二つ話が入ってて、それも面白くて、しかも三つとも年上受!やった!粒ぞろいでした〜。

表題は、年上のヤンキー受で、これが一番面白かったです!
ヤンキーが無愛想で強面なんですけども、ものすっごいお人よしで、優しく可愛い人だったんですよ〜。んで甘党で。
そんなカッコいいのに可愛いヤンキーが、何だかやけに落ち着いている後輩に好かれるという話でした。


以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : や]その他 comments(0) trackbacks(0)

欲しいもの全部 * 山田2丁目

ところで腰乃さんの新刊が…。やっぱり手に入れられなかった。本気で早く読みたいと思った本は、気合入れて早くから手に入れる算段をつけとかないと、ぼやぼやしていたらいつまでたっても読めないと言う事になります。今回腰乃さんについて気合が足りなかった私の全神経は『いとしい悪魔 * 斑目ヒロ』に向かってしまっていた…。あんなに腰乃さんの新刊読みたかったのに。昨日は自力で行ける近所の本屋に行ってもなかったので、今日は大きい本屋まで連れて行ってもらったのに、それでも売り切れてました。
もうあまりにショボーンとしてしまって、「面白いほどシュンとしている…」とはうちの人談。いやほんと…しょげ返ってしまって、このおしゃべりが黙り始めるので、「わしはどうしてあげたらええわけ?」と、散々機嫌を取ってくれていた。いつもごめんよ、たかだかマンガが一冊今日読めないくらいで…。もっと遠くの本屋に連れてってあげると言ってくれたんですが、さすがにもう夜遅いので、気持ちだけ受け取っておいた。いつもこんなホモマンガが読めないくらいで、だんなさんに「キミは翼をもぎ取られたんか」と言わしめる程にしょんぼりする私。我侭ですよね…。今ネットで頼みました。…はよ頼め!!!って話ですよね、分かります。でも今日読みたい。今日、今、このとき読みたい…!!!!というこの執着こそがオタクたる所以。

まあそんな事は置いといて〜。
この本、画像が出ないのが凄く惜しいんですが、なにやらとてもいい感じの表紙なんですよ。小奇麗な絵で、いい感じの男二人がコック服を着てですねえ、とにかく凄く面白そう。もう一目惚れでした。全く知らない人ですが買ってみました。
それで、凄く面白かったです…!
短編集だったんですが、全部面白かった。絵もいいし、表情とか、感情の描き方も響いてくる感じで、いっぱいきゅんとするところもあって、凄くよかったです。欲を言えばもうちょっとこう、ほんのちょっと物足りないというか、もう一歩行ききってほしい!…っていう心残り感があるにはあったんですが、でも十分面白かったです。そしてやっぱ一番面白かったのは表題作。ほんとね、凄く新鮮でしたよ…!

以下ネタばれます。



Read more...


拍手する
Catergory in [comics : や]その他 comments(0) -

おいてけぼりブルース * ユキムラ

ユキムラさんの感想、ここに一個も書いてない。
ちょうどブログ始めたくらいの時は、もうユキムラさんあんまり読まなくなってた時期だったからかなって思います。前は好きだったんで読んでたんですけど、途中からちょっと違うなあと思い始めて読まなくなってたんです。が、これは面白いって友達に教えてもらったので久しぶりに読んでみたところ、ほんとに面白かった!で、ついでなんでユキムラさんのを全部まとめて感想上げよう、いつかやろういつかやろういつかやろう…と思ううちに物凄い月日が流れた…。
もう纏めて全部書くのは諦めた。とりあえずこれだけ書こ。

えーとこの短編集、面白かった!サラリーマンが多めでした、表題作と、隣人の家に間違えて入る話が一番好きだった。でもその他の話も面白かったです。

以下ネタバレます。




Read more...


拍手する
Catergory in [comics : や]その他 comments(0) -

クララはいつも傷だらけ * 山田酉子

友達が買ったので読ませて貰ったんですけど、すーっごい好きだった…!!!面白かった〜。
これは私好みなんだろうと思う、なんつうか歪な恋愛関係。歪なようでいて純情。一方的過ぎる報われない思いがガンガン傷つけられていて、傷つけまくった後にあま〜い感じがちょろっとやってきて、なんと心地良いことか。短編集なんだけど、全部一方が一方を徹底的に傷つけるんですよね、傷つけられている人を見ると、胸がキュンとする…私はこれ、Sなのだろうか、Mなのだろうか。傷つけらている人を見て興奮するということはやっぱSだよな。でも傷つけられるばっかりじゃ嫌です、その後傷つけられた分、傷つけた方にも何かしらのペナルティが欲しいよ、それでプラマイゼロだからね。プラマイゼロになって初めて、私の快感も昇華される訳です。
表題作もその次の話もよかったなあ!全部よかった気がする。昨日読んだのに今や薄っすらとしか記憶に残ってない…。それはその後たくさん違う漫画を読んでしまったから。上書きされてしまった。
とにかく、「相変わらずケツがでかい」と言う台詞があった事だけ覚えている。なかなか斬新な台詞だったよ、そう、男の尻は割とデカイ。服を着ると小さいようでも、脱ぐと割とでかいんだよな、肉感的で。しかし私は小さいお尻が好きです。骨の浮き出たような小さな尻が好き。そういう夢を詰め込んだ上で読む、BLマンガに出てくる人のケツも割りと小さい設定が多い。
が、ここに出てくる一つの話の可愛らしい受の人は、ケツがでかい、と言われていた。
…なんかやらしい!!
この一言を、凄くリアルでやらしいと思った。

あそうだ、後書きにジルベール云々、と書いてあったのも凄く笑った、言われると全部ジルベールみたいな気がして来たじゃん。ジルベール…中学生の時初めて風木を読んだんですが、ラストの巻で、恐ろしいほど泣いて…学校から帰った制服姿のまま、リビングの椅子に座り込んで、しくしく…どころじゃなく、「うわぁぁぁぁーーーんっっ!!!」と、大声上げて、しゃくりあげて泣きました本当に。私の歴史的号泣シーンですよ。マンガ読んで泣いた記憶の、確実にあれが人生第一位の号泣だった…。
そんな話は全然この本と関係がなかった。

とにかくぜひとも自分で手元に置いておきたいので、自分でも買おうと思います。



拍手する
Catergory in [comics : や]その他 comments(0) -
with Ajax Amazon