Archives by Month:
Archives by Category:

八月の略奪者 * いつき朔夜

新刊がたくさん出てるので新刊の感想書いた方がいいんだろうけども、ちょっとどうしてもその前にこの一冊の感想を書きたいです。
これ、何年も前に読んだ事があったんですよね。BL小説自分的休止期間が明けたばかりで、何を読んだらいいか分からなかった私に友達が、私が好きそう、という理由で貸してくれた本の中に入っていたのです。
で、まあタイトルとか忘れてたので、読んだの忘れてて買っちゃったんですけどもね。

んで再読したのですが…いや〜〜〜面白かった!!!
全力!!全力で力いっぱい、面白かった!!!
前読んだ時よりも何倍も、何倍も何倍も面白いと思いました。いや前も面白いって思ったんだよ、でも今回はそれよりももっともっと凄く凄く凄くよかったと思った。
泣くような話じゃないんですけども、もう例によって私、号泣。なんていうんだろ、このひたむきさっていうか、赤裸々になっていく思い、揺れる気持ち、募る気持ち、その気持ちに入れば入るほど、主人公達の一生懸命さが響いてきて響いてきて、私、泣いちゃうんですよ。あんまりにも一生懸命で、その必死さに撃たれて、一途さに撃たれて、浅はかさや、情けなさや、後悔や、迷いや、好きだと思う心や、臆病な心、もう全てに、涙が出ちゃうんですよ。なのでもうね、一話目の後半くらいからずっと泣いていたという…。

高校生と、学芸員の話で、年上受なんだけど、ほんとこの高校生がねえ、未熟者で、短慮でね、浅はかな奴なんですよ。でもね、ありえない浅はかさじゃないんですよね。この浅はかさ、物凄くありふれていると思うんですよ。で、その反面、真面目でひたむきで、心が柔軟だったりするんですね。だめなところもあるけど、愛すべき部分もたくさんもっている。
なんかそういう…ありえる感じ。身に覚えの或る、特別ではない感じが、なんだかもう胸を打ってくるんです。
んで、年上ぶった学芸員が…大人っつってもまだ若造だと思うんだけども、高校生から見たらまあ大人なわけで、その男も大人ぶって分かったふりして逃げ腰になったりね、そういう過程にもね、苛立ちを覚えつつ、なんかもう…その思いが手に取るように分かるもんで、切ないんですよ。馬鹿だなこの子…と思うんだけども、思いながらも、何だか胸が痛い。

気持ちの真摯さっていうのが、とにかくダイレクトにガツっと来るんですよね。
私はとにかくそういう話が凄く好きなんですよ。この子たちの思いが、胸に来た。食い込んできた!
んで舞台が博物館なんですけどね、自然保護とか、生態系を守ろうとするところが舞台になっているんですね。
常に言っているんですが、私はもうとにかく恋愛要素以外のものを読むのが常に面倒くさいんですね、ほんと恋愛部分だけ読みたいんですよ。
ところが、このいつき朔夜さんは、こないだの『ウミノツキ』もそうだったんだけど、恋愛以外の要素が、面倒くさくないんですよね。やたらと専門家しか分からないようなことが書いてないからだろうか、凄く嫌味がないんですよ、すんなり読めるし、邪魔だと感じないし、それに自然保護云々って話は全く興味がないというわけでもないんで、私はこの本、凄く凄く楽しかった。そして苦しかった。自然の事を考えると、常に苦しい。

けど、本当にいい小説だったと思います。
私はとにかく大好きでした。すっごく良かった!

以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [novels]いつき朔夜 comments(0) trackbacks(0)

ウミノツキ * いつき朔夜

いつ買ったんだって話なんですけどいつ買ったのかすら覚えてないです、とにかく結構前に買ったんです、これ凄く面白そうでずっと気になってたし、確かここのお客さんにも薦めて貰って、友達も面白いって言ってたんですよね。で買ったんだと思うけど、こないだ掃除してる最中に、鞄入れてるでっかいカゴの底に入ってたのを発見した…。えらい驚いた。忘れてた。
んで早速読んでみたんですが…面白い!!
面白かった!!すっごい面白かった!!
え〜なんだろう、この面白さは一体どういうのか、なんか凄く面白かったんですよ〜!

元々私は恋愛小説の恋愛以外の要素を読むのがもう面倒くさくてイヤなんだけども…なので刑事モノとか事件モノを読めないんです、恋愛以外に要素入りまくるから恋愛にページを割けないじゃないですか?それがイヤなんですね、ガツガツ仕事してるサラリーマンものも実は面倒くさいです。
そんな私なんですが…これ、物凄い恋愛以外の要素があるお話だったんですよ。今まで読んだ事がないような、航海実験っていうのがテーマで、出てくる単語とかも聞きなれないし、言葉を見て画を想像できないので、分からないことだらけだったんですよね。
そんな状態だったらもう、面倒だと感じてもよさそうなものなのに、ところが全然面倒くさくない。
こんなに分からないことだらけなのに、不思議と夏と海と躍動感だけはびしびし伝わってくるんですよ。ボートの部位の事とか全然知らないし、読めない漢字もいっぱいあったのに、それなのに、夏の海の潮の香りとか、波とかを背景に、受の子の色っぽさや、攻の人の逞しさとか、そう言ったものは、あっという間に頭の中に形作られて、なんか物凄く…ワクワクするっていうのかな、たぶん読みながら静かに興奮していたと思う、私。
面白いのでとにかくガンガン読めて、なんつうの、なんか景色に入り込んで読んでるみたいなそんな感じがしたなあ。
凄くロマンチックなんですよ、シチュエーションとか、バックボーンとかね。
凄いよかったです、凄い面白かった。


以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [novels]いつき朔夜 comments(0) trackbacks(0)

午前五時のシンデレラ * いつき朔夜

これずっと前から買ってあったんだけど読む余裕がなくて、やっと読んだんですが面白かった…!
この表紙の攻っぽい長髪は、てっきり年上だと思っていたら、年下だったんでちょっと嬉しかったな。でも内容的にはあんまり年齢は関係ない感じでした、受の人年上なのにずーっと敬語だし、攻の人はえらい態度でかいので。

でもでも、すーっごい!!面白かった!!この興奮をなんと言うのか…。攻の人がすっごい良かったんですよ〜。このイイって感じをどう言ったらいいものか凄く思い浮かばないんですけど…カッコいいっていうのともちょっと違って…色気っていうの?この人がなんか喋って何か動くたびに、む〜ん…と男臭いというか。そんで、受の人の事を凄く凄く凄く好きなんです。それが態度から言動から伝わる。それも、あからさまな事をしないんですよね、九州の男って感じで、不器用で表現方法は遠回しだったりするんだけど、それで逆にこの人の気持ちが立ち昇るように伝わってくるっていうか、すっごい興奮したんですよ、もう読んでて楽しくてワクワクしてドキドキしてたまんなかったです。
攻の人が物凄い方言なんですけど、この方言がまたよくて…!方言のせいもあるかも、攻の人の立ち上るような男臭さ。強引で態度でかくて切れやすい割には、好きな人の前では凄く臆病で、手を出すのに凄い時間が掛かって、ベッドの隣に寝ていても、嫌われるのが怖くて何もできない。そういう怖がりな一面も持っているのに、他の事はほとんどヤクザで、何だかとにかく魅力的な男でした。

ただ、受の人があんまりこう…嫌いって程でもないけど、嫌なところが割とあったなあ。凄く形式ばった感じの人で、本人前にして言うには言動に配慮がないなあとか…なんでそこで正義漢ぶってそんな事平気で言うのかなあとか、自分を正しいと信じて疑わない感じが、まあこの人の職業柄、外の世界を知らずに来たんだろうというのが窺える人物像だったから、理にかなっちゃいるんだろうけども、でも結構何回もこの人に苛々した。そういう所が延々描かれるところで、盛り上がってる気持ちが何回かぺしゃんっとなってしまったのが、惜しいところだった。

とは言ってもやっぱりお話も面白かったし、攻の人もカッコよくて、受の人も素直で一生懸命で真面目で、魅力もたくさんある人だったし、凄く楽しめたと思う。

以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [novels]いつき朔夜 comments(0) -
with Ajax Amazon