Archives by Month:
Archives by Category:

アイツの大本命 4 * 田中鈴木

4巻っつうのが凄いですよね〜!まさかこんなにまでもこの話が続くだなんて思ってなかったです。根強い人気なんですね、いい事!
しかし4巻も掛かっても、一体この二人の間が、どの辺まで進展したのか、今この二人がどの辺にいるのかさっぱり分からないというのは、それはこの話が、主人公二人の恋心を追う恋物語とは言えないからだろうなあ、しっちゃかめっちゃかに色んな横槍が入ってきて、とってもいい方悪いけどあんま笑えないギャグの連発で…いやたまに笑えるんですけど、とにかくギャーっわーっギャーっって、嵐のように押しかけてきて嵐のように過ぎ去っていく、とっても大騒動みたいなマンガなんですよね。
気がついたら始まって気がついたら終わっていて、えーとところで、吉田と佐藤の関係は今どの辺に…?というのをとっても見失っている。
私いつも、新しい巻読む前に、吉田と佐藤がエッチしたのかしてないのか忘れるんですけど…どうでしたっけ…。
調べればいいんですけど…これを探すのもかなりの労力ですよね。さっき自分の感想見てみたけど、肝心の事書いてないしあたしいっつも!

そんな訳なので、私の中の佐藤と吉田は毎回毎回新鮮な関係。関係に何等進展が見られなくて、二人ともちっとも恋人同士の顔をしていないので、まるでこの二人の間に色っぽいことがあろうなどとは想像できない。キス一個でもしようものならやけに、ドッキーっっとしてしまいます。吉田なんてそんな、キスのキの字もこの子にするなんて考えられないみたいな振る舞いじゃないですか。でも今回キスとかしてて、何だかやけに恋人っぽい雰囲気があって、よかったな〜。吉田はいつになく可愛かった。

それから佐藤の過去もはちゃめちゃでしたけど、でも佐藤カッコよくて、それから切なくて、泣いてしまった…。田中鈴木さんが切ないの書いたら相当泣かされる、という事をこれで私学びました。→ Like a dog,as a dog 

ところで、昨日お願いしたアンケート。横の上の方に張ってあるのですが、早速アンケートの答えが幾つか届いて…よかった〜…。一個も来なかったらどうしようかと…。どうもありがとうございました。引き続き、どうぞよろしくお願いいたします〜!

以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : た]田中鈴木 comments(0) trackbacks(0)

Like a dog,as a dog * 田中鈴木

こちらもオススメして頂いた本で、早速読んでみたわけなんですが。
面白かった〜〜〜!!!!え〜?そうだったの〜?
私、田中鈴木さんを勘違いしてた…。こんなの描く方だったとは…全然知らなかった。『幸福の王子』もこれ系だったんですけど、これすーっごい泣いた〜…。
凄い良かった、もう切ないというか暖かいというかで、現実の中に潜んでいるプチファンタジーな話なんですけど、動物が人間になるというのは雰囲気的にこの間読んだ、倫敦巴里子さんの『ネコいりませんか?』と『三村と片桐』(の中の同時収録)がそんな感じで、ちょっとそれを思い出しました。あっちも凄い切なくて号泣したんですよね私。

でも、こっちは猫〜を上回る号泣だった、やっぱ動物が人間になるという話は、どうにもこうにも切ないなあ…。種が違うっていう事は、根本的になんだかとても淋しい事だなあと思う、結局交われないからさ…。

この田中鈴木さんのは結構古いマンガなんですけど、…っても2002年発行らしいのですが、表紙だけは当時からよく見てましたよ。タイトルカッコよくて目を引く感じがあったし、当時ルチルから出てるマンガってなんか凄く独特で面白いってイメージがあったから。でも表紙見るとよく分からないでしょ、"恋愛マンガ"しか読もうとしなかった私は、やっぱ当時手には取らなかったんだと思うんですよね。
きっと今、このときに読んだというのが、自分にとってナイスタイミングだったんだと思う。
昨日感想書いた内田かおるさんもそうだし、最近知った探偵青猫もそうだけど、ずっと前から存在は知っていたけど読んでなかったという本は、きっとその時に読んだって、その時の自分には受け入れられなかったんじゃないかと思うんですよね、受け入れられる本の幅って、年々変わるし。
だから、今私がこれらを読んで感動しているのは、"今"だからだと思うんです。
凄くいいタイミングで読めているんだと思う。

そんな訳なので薦めて下さった方、本当にありがとうございました。
すーっごく面白かったです、ずっぷり胸に沈み込みました。

以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : た]田中鈴木 comments(0) trackbacks(0)

幸福の王子 * 田中鈴木

お、面白かった…。意外だった。
なんで意外かというと、私田中鈴木さんは『アイツの大本命』しか読んでなくて、それというのも、それ以前に読んだ事のある田中鈴木さんの本数冊が、正直言ってもっのすごく中途半端だったからです。
とにかく何が言いたいマンガなのかさっぱり分からない…と思って、面白いんだかなんなんだかよく分からない、結末もよく分からないという不思議なマンガでして…まあもしかして完結してなかったのかもですけど、数冊読んだ事あるけど全部そんな感じだったんです。それがタイトルすら覚えてないんですけど、まあ数冊読んだんですよ。
で、この人私、合わないんだな。と判断してずっと、『アイツの大本命』に出会うまで読んでなかったんですよね。
『アイツの大本命』は面白かったのでびっくりしました。こういう一応ラブストーリー描かれるんだなと思って。

で、今回のこの本。
良かった、面白かったです。
恋の幸せオーラというのを食って生きる小さい人間の形をした妖精と、彼らが取り付いた人間たちの話で、凄く新鮮でした。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : た]田中鈴木 comments(0) trackbacks(0)

アイツの大本命 2 * 田中鈴木

アイツの大本命の2巻です。1巻の時に続きがないと物足りないから続きが読みたい〜って書いた気がするんですが、やっぱり続きが出ても物足りなかった…。でも田中鈴木さんの作風だと思うこれが。何読んでもこんな感じだと思うし。それでこれは、まだ続くんでしょうか。私1巻の事を忘れちゃっていたんだけど、この二人もう出来上がってたんだっけ。すっかりあたしの頭の中ではまだくっついてないイメージで読んでしまっていた。
でも相変わらず、受の子が赤くなったり戸惑ったり傷ついたりするの可愛いですね。受の子の仕草とか、表情とかでちょいちょいキュンとしました。
でも、ストーリーはなんていうか…盛り上がりがないっていうか…。まあこういうものだと思えばいいんだろうな。
そして同時収録も突拍子のないギャグマンガで…っていうか、同時収録も表題作も何もかも、物凄く思ったんですけど…古くないですか…!!あたしもうこの古さにちょっと笑ってしまったよ、楽しかった。
とにかく展開から絵から台詞から、マンガの書き方というかセンスというか、全てにおいて物凄く昔の匂いがする…!!この間読んだ日の出ハイムさんの80年代をテーマにしたマンガより、よっぽど80年代臭がしたよ。いや、80年代すら超えている気がする。だって今時夜中に物騒なとこ行くのに頭にナベ被ってるって…!!そんなのあたし、小学校とか中学校の頃に読んだマンガ以来だよ…!!
だって今時、「ちぇすとおーっ」って、マンガで見ないよ…!!出てくる男の子の制服のズボンの裾広がってるし。今で言えばブーツカットだけど、敢えてラッパ…!?って言いたいよちょっと。あと不細工の子の顔の、片方だけ牙みたいなん出てるとかさ、女の子が逃げる時に両手広げてるとか、もういちいちいちいち古い…!!まさしく昔で言えば、ドタバタ学園ギャグ★コメディ とか紹介されそうな、まさしくそんな感じ、古い表現でドタバタドタバタしてんの。きっと走って逃げる時の足はぐるぐる巻きになってるに違いないね。
とにかくもう途中からそれが楽しくなっちゃって、古臭い匂いを感じ取る為だけに読んでいるような、間違った読み方になってしまった。

以下ネタばれます。



Read more...


拍手する
Catergory in [comics : た]田中鈴木 comments(0) -
with Ajax Amazon