Archives by Month:
Archives by Category:

愛が待ってる * 阿部あかね

阿部あかねさんやっぱり面白かった〜!
相変わらずの男たちの質の悪さ…。なのに魅力的。なのに全然憎めない。
阿部あかねさんの描く男ってどうしてこんなに悪いのにこんなにかわいいんだろう。お話の中で悪い男がかわいくなってくのを読ませてもらってる感じ。それが何とも言えない面白さなんだろうなあ。

この話、私はじめ全然気づかなかったけど、レストランで働く由一の元カレの話だったよ。あの由一の話を、シリーズの中で比べればそんなに好きな方じゃなかったから話をあんまり覚えてなかった。
由一の元カレ、そういえばどうしようもない浮気男だったような…。その浮気男が初めて必死な恋をする話でした。とても面白かったです。


以下ネタバレます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : あ]阿部あかね comments(0) -

傷ついてロマンス * 阿部あかね

出たー!!!!待ってたんですこれ、ホストシリーズの蛍と蛍が惚れてる先輩の話。
雑誌で読んだ時からもう面白くてワクワクして、先がどうなるのかすっごく待ち遠しくって、やっと読んで、フンガー!!!ってなりました、なんだろこの久々の興奮…いや割合いつも興奮しとるけども、これまた違うこの血の滾り具合。
おーもーしーろーかったーーー!!!阿部あかねさん好きーーーー!!!!

雑誌時→ Dear+ (ディアプラス) 2013年 01月号
ホストシリーズっていうのはこれ→ 恋をするならこの街で * 阿部あかね

アホ可愛い蛍という源氏名のホストがいたんだけど、彼恋してる先輩がいるんですよね。
その話なんです。いやー…面白かった。詳しくは後で。

で、同時収録であの!あの!たまきが!たまきとあきらの話も載っててこっちがまたフンガー!!!って感じだったのーーー!!!
これも詳しくは後で。

ほんと阿部あかねさんって、なんでこんなマンガ全体的に漂う詐欺師的魅力。いつも同じこと言ってるけどマンガ読むたびに思うんだよね〜。遊び人の悪い男みたいなマンガじゃない?なんか凄くいやらしくて、遊ばれてるみたい…なんか誠実さが足りないっていうか…口から出まかせばかり出てきて信用できないんだけど、水が滴るみたいにいい男なの。悪い奴って分かってても溺れたいって思わせちゃうような、いやらしくて色気があって、悪い事知ってそうな…女タラシの悪い男みたい、阿部あかねさんのマンガ。
このテイスト、苦手な人も結構いるよね、だから私それも分かる気がするの、何となく。
ただ好きな人はもうずぶずぶに好きだろうなと思う。こういう詐欺師的魅力もさ、阿部あかねさん以外にやっぱり思いつかないもんな。この雰囲気…なんか一生懸命になってもどうせ遊ばれる…肩透かし食う…だから本気になりたくない!って雰囲気かもしてる、あかねさんは。
でも私は悪い男(あかねマンガ)に惚れてるのです。悪い男にも心はあるんだよ。悪そうに見えても、向き合ったら少しの真実が見えるかもしれない…よ…。
…なんのことやら。


では以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : あ]阿部あかね comments(2) -

恋をするならこの街で * 阿部あかね

阿部あかねさんの新刊!嬉しいなあ、今年は結構阿部あかねさんの新刊出てる気がします。一年に何冊も読めるってありがたい。

今回も阿部あかねさんは、どこまで本気なのか分からない作風で、終始なんというか…恋愛を茶化している雰囲気満載でして、くすくすくすくす笑いながら読んじゃったよ〜。
でも私はこの阿部あかねさんの、恋愛を茶化している雰囲気こそが好きなのです。シリアスでもギャグでも、どこかこう、何かこう、からかわれているような感じがするんです。でも嫌なからかわれ方じゃないというか…むしろもっとからかって欲しいというか、弄んで欲しいのです。弄ばれております。大変楽しいです。

今回は、しょぼくれた商店街にホストクラブができて、そこの店長と地元の青年のラブという話で、とっても嘘くさかった。いつまでたってもありえる雰囲気がやって来ない。どこまで行ってもコントみたい。
…最後までコントみたいな話でしたよ、だってこの二人どこまで本気なの?
いや本気なのだろうということは分かるんだけどさ、攻が胡散臭すぎる上に受の心ここにあらず感すげー…いや、可笑しかったんです、その二人のちぐはぐさが。
よくある地味で卑屈なダメ受とカッコイイ男の話かと思ったら、ちょっと違いましたよね、意外でした。

んで同時収録の短編が本編のスピンオフだったんですが、これはもうヨルコストライクど真ん中でめっっっっさ面白かった!!!!頭弱い残念で我侭なロン毛の年上受……ってどんだけ盛り込んだ?鼻の穴これ以上膨らまないよ!!ってくらいフンガー!!…な、お話でした、はー…面白かった。
この間の本→ 振り返ってみてみれば? * 阿部あかね の表題作といい、私はこの阿部あかねさんの残念な受、好きでたまんないわ…。

以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : あ]阿部あかね comments(2) -

振り返ってみてみれば? * 阿部あかね

キャー!!面白かったーーーー!!!面白かった!!面白かった!!ゴーっと面白かった!!ガツンと面白かったーーー!!!
ふわ〜…幸せ。面白いマンガ読めて幸せだった。阿部あかねさん…好きです!

これ主に二作品入ってるんですが、メインは表題作よりもも一個の『愛おしいってそれだけで』だと思うんですよね、分量的にも。でもね、両方面白かったけど、ゴオオオーーー!!と来たのは断然表題作でした。真ん中のほうに入ってて短いけど、とにかくこの話が面白かったです最高に。

ちなみに『愛おしいって〜』の方は、『奪われることまるごと全部』のリンク作でしたよ。
あの鷹緒っておバカな受に酷薄そうな友達がいましたよね、一緒にベッド運ばされた奴。あやつのお話でしたよ、意外だったなあ。なので鷹緒もちょろちょろ出て来ておりました。脇役になるとまた余計に頭弱そうな鷹緒…。
このお話も面白かったです、もう楽しくって。

以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : あ]阿部あかね comments(0) -

なりっぱなしの愛の鐘 * 阿部あかね

面白かったーーー!!!
帯とか全然見てなかったから気付かなかったんですけどもちゃんと"年下攻"って書いてあるんですね、なにやらもう全然見てなくて気付いてなくて、読みながらやたらとこれ先輩が攻だったらどうしよう…ってえっらいびくびくしながら読んじゃったよ。初めっから気付いてればあのハラハラ感はなかったな〜。でも気付いてなかったから先輩が受だと分かった時の喜びも大きかったのかも……。

ってえらい大袈裟に何を言いよんのかという話ですけども、いつもの事ながら、だって、どうしても、やっぱり、先輩は受がいいんです私!!!そこ大きな問題。とっても重要。そんな私をどうにもしようがない。

…という訳で年下攻なのでした。
凶暴な先輩と無邪気でおバカで一途な後輩とのラブなのですが、ラブを意識する間もなく可笑しかったなあ〜。
笑っちゃえるので、こんだけ笑っちゃえるとしばしば、ラブなんかどうでもいい境地に行ってしまいがちで…いやどうでもよくなんかないんだけども、それがなくても面白いという事です、本当に笑うところがいっぱいあった。
だけどあれですよね、ラブがどうでもいいくらい面白いのにセックスの時の受攻だけどうしてこんなに気になるのだろう?誰か私に私を教えて欲しい。

3カップル分リンク作が入っているのですが、どれも凄く面白かった!
どこも同じくらい面白かったけど、やっぱ好み的には真ん中の大クマさんかな〜。一番年上で一番好みの受でした。
阿部あかねさんの受で私がとてもとても好きなのは、彼なのです。
彼、まさよし。↓↓↓


↑この本のメインの話の受で、表紙の大人の方です。
この人がほんっとうにカッコよく色っぽく心優しい受で、それもほとんど自分が育てたような物凄い年下に、好かれて欲しがられて請われるままにやらしてやるんですよねえ…。なんてステキな受なのか!

今回の本の中のおおくまさんには、少しだけまさよしを感じた。
んで、今回ちょっと絵が乱れてるんですよねえ…。普段、ちょっとくらい絵が乱れていても私は別に構いやしないのですが、今回気になるというのは、阿部あかねさんの絵がとってもとってもタイプだからで、たぶん今一番自分好みの絵が阿部あかねさんだと思うのです。あんまりにも好きだとこのように、乱れが気になってしまうものだなあと思った。
一番好きなのもやっぱり、まさよしあたりです。まさよしあたりの阿部あかねさんの絵が本当に魅力的です。
……とは言っても、まあ変わってしまうのは寂しいけど…乱れているのか変わってしまったのか分からないんですけど、でもまあそれならそれでいいんですけどね、お話が面白いのであんまり問題でもないです。


以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : あ]阿部あかね comments(0) trackbacks(0)

好きというのになぜかしら * 阿部あかね

阿部あかねさんの新刊です、待ち遠しかった〜。
阿部あかねさんのマンガもホント面白いですよね、今回も凄く面白かったです。前も書いたのですが、阿部あかねさんの場合、とにかく出てくる男男男、男が全部ヨダレ出そうなほど好みです…!!!そうか、阿部あかねさんロン毛好きか…。それでだな。ロン毛も天パも三白眼も大好きな私は、阿部あかねさんの描くキャラが、もうそれだけで、そこにいるだけで満足です…!
この間、自分の好みの絵が分からない…みたいなことをどこかに書いたような気がしないでもないのですが、ここにいました。私の好みは阿部あかねさんの絵だった…!
今ここに判明したので覚えとかないと。忘れてまた自分がどんな絵が好きか分からない…とか書いてたら、こっそり阿部あかねさんが好きって言ってたよ。って教えて下さい。

そんな風に絵においても何もかもが好みなのですが、なんともこの茶化しっぷりも面白くてたまりません。いい男が白目剥いたり情けな〜いことになっているのが、これまた楽しいところですよね。是のファンブックでも、阿部あかねさんは素晴らしいお仕事をされていました…。そんな発想一体どこから、という茶化しっぷりで大笑いしました。→ 是‐ZE‐ ファンブック * 志水ゆき

で、今回のこの本は、奪われることまるごと全部 * 阿部あかね これのスピンオフです。表題作の二人はこの本の脇役で出ていた二人なんですが、同時収録に、奪われることまるごと全部の続きが載っています。
私これ雑誌で後半だけ読んだんですけど、タイトルが、『奪われることまるごと全部R』なんですよ。んで、Rってついてたからもしやリバか、とうとうリバか!と思って凄いワクワクしていたら、RはリバのRではなく、リターンズのRでした…。ガックリだよ…チッッ。
いや、いいんですよ?リバらなくても面白いんですよ、十分楽しんでいるんですけどね、ただ美長の受が……見たいんだよ〜!!

そんで表題作なんですけども、これも長髪のオーナーが攻で、意地っ張りのシェフが受なんですけど…いやまあ、いいんですけど、面白かったです、間違いなく。凄く面白かったし満足しました。
……けど、阿部あかねさんがリバがしたかったというのなら……そりゃリバってくれたらどんだけ嬉しかろうか!!ぁぁぁああ〜…ディアプラスはどうして阿部あかねさんにリバを描かせないのか。いっそ"阿部あかねさんにリバを描いて貰おう会"でも発足しちゃいたい勢いです!
いや私は特別リバ好きというわけではありません。基本的には受と攻のポジションが動かないのが好きなんです。
ただ、阿部あかねさんの描くキャラの攻が、色っぽすぎるんですよ。色気をだらっだら垂れ流した性格破綻者だったりして、そんな男が受役しないなんて勿体無いじゃないですか…!!!特にこの、奪われること〜のシリーズは、全部攻の男がロン毛で色っぽいので、私の好み的に、受てくれたらいいなあというキャラで、しかも阿部あかねさんにリバる気があるなら、私は夢を掴んでいてもおかしくなかったわけで…。うう…せっかく作家さんと需要と供給が一致しているのにくやしい…。

以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : あ]阿部あかね comments(0) trackbacks(0)

奪われることまるごと全部 * 阿部あかね

あ〜おーもしろかった〜っ!!!ほんっとに面白かったです、笑った、楽しかった、エロ〜。
言いたい事が山ほどある…。どうしよう。
もうとにかく、絵が圧倒的です、前の、『愛の言葉をうらがえし 』 これでもそうだったんですけどね、もうとにかく"男"って感じなんですよ〜フェロモン垂れ流しの綺麗な男を描かれるんですよ、この方。あたしたぶん、この二人の男の裸を眺めているだけで、80%満足していると思う。手足の長さとか、肩のあたりの筋肉なんてもう…触りて〜…。乳首も色っぽいです。胸のあたりの薄い筋肉がいいんですよね、あと腰がくびれている。胴体長いのが凄く男っぽくて良い。口が大きいのも男っぽいよな〜。顎とか恐ろしく好みです。綺麗に痩せてて、なんかこう…何かが滴っていそうよ、何もしなくても裸だけでエロいです。裸だけで80%も満足なら、あと20%ストーリーが面白ければいいんだから、あたしなんかちょろいね…!

表紙の黒髪眼鏡が受で長髪が攻なんですけど、あたしはこの二人いつリバるんだろうと、リバを凄く期待していたのに…なんでリバがいけないのか担当は説明したらいいよ、あたしの納得行くように!!ギイィ〜っ
まあリバはなかったけど面白かったです。攻の男の色っぽさったら本当に、誰かに押し倒されるしかないと思うよ。まあ押し倒してんのもいいけどさ。
あと同時収録の話も面白かったんですよ、従兄弟同士で歳の離れた年下受だったんで好みではなかったんだけども、凄くきゅんとした、面白かった。後書き読んだらまた悔しくなってきた、あたしもそっちだともっと嬉しかったと思います。


以下ネタばれます。



Read more...


拍手する
Catergory in [comics : あ]阿部あかね comments(0) -
with Ajax Amazon