Archives by Month:
Archives by Category:

SEX PISTOLS 8 * 寿たらこ

今月は待ち遠しい新刊が目白押しで、いくつか読んだし大興奮してずーっと手元から離せないものもあったりするんですけども、とりあえずこれから。
セクピスー!
面白かったー!
面白くってよかった〜…。もう7巻の時はあまりのSFチックな展開に、どこに向かっていくのだろうか…でも私はいつのまにか一押しになってしまっている志信さんの行く末を絶対に見届ける…!!!
という意気込みだったんだけども、いや〜…ノリ夫出てきましたね〜。ノリ夫と国政の話になると、ちゃんと従来のセクピス臭がするっていうのが、やっぱ主役のすごいところですね。
私の好きキャラ度で言えばノリ夫はずっとかなり下の方だったんだけども、やっぱりこう重い人間関係ばかり読んでると、ノリ夫の明るさ、凄く効きます。明るくてちょっといやらしくて、きゅんと切ない。それって最初のセクピスの雰囲気ですよね。
6巻以降ぐっと話が暗いから、ノリ夫が出てきてくれたおかげでお話がかなり明るいところに引き戻された気がして、ノリ夫の威力恐るべしって思いました。
うん、やっぱノリ夫はすごい。前よりも相当ノリ夫を好きになっちゃったな。かわいいしな!

私が今一押しの志信の方もかなりドキドキな展開だし、それにあのコミックス未収録のクリスマスの話も入ってるー!
これ、かなり楽しい一冊でした。
夢中になって読んじゃいました。楽しかった。

では以下ネタばれます。

 


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : か]寿たらこ comments(0) -

SEX PISTOLS 7 * 寿たらこ

セクピス7巻、出ましたね〜。
とりあえずこれ、言いたい事がいっぱいあるんだけど何から言っていいのか…。
まず感想書くには6巻を読まねば、と思って今読んだんですが、7巻を読んだ後なので、なるほどな、と思う事が増えていて、…一言で言うと6巻めっちゃ面白かった。

6巻出た時に、まともな感想書いてないんだけど、志信の出生の事実とか、凄く悲しいですよね。あの小さくて弱くて人型になれない塊みたいな生まれたばかりの志信が、父親を求めていて、愛される事を凄く求めていて、凄くなんだか…悲しい。改めて悲しい。
一度も自分の顔を見に来てくれない、志信にとっては一度も振り向いてくれない父親だよね。その父親が初めて自分に目を向けた。だからヴィビの元へ教育係としてやってきたんですよね。クールな表情の奥で、父親を求めていると思うと切ない。

…ってことが書かれてある6巻、今読み返すと色々頷いてしまったなあ。
あと、海から上がってきた人魚はまた別の奴で、あれは完璧に人魚なんだよねきっと。ヴィビは半分人魚だもんね。
国マサの言う結婚もきっと、階級とか色々な事をほのめかされて、家の為に先祖がえりを嫁にするとかそういう事だろうか。先祖がえりとの間だと凄いのが生まれるとか。

とにかく6巻、たくさん伏線張られていて、ちゃんと回収されて欲しいよね。
で、今回の7巻。
滅茶苦茶たらこさん的複雑さが発揮されていて、何がなんだか小難しかったけど、何となくは分かった、気がする。でも、ヴィビがどういうとこにいて、どういう問題を抱えているかっていうのは、そんなに理屈だてて分からなくてもいいような気がする。志信と、ヴィビの心さえ分かれば問題ない気がする。
とにかく、"恋愛"というところから離れて欲しくない私は、何を読んでも恋愛を中心に読む恋愛脳。
恋愛の問題が分かれば私にはあんまり問題ないです。
ただとにかく、凄く興奮しながら読んだんだよね。凄くワクワクハラハラして面白かったし、ヴィビも可哀想でたまならなかったし、志信も可哀想で、とにかく続きが気になるし、ヴィビと志信の現在が気がかりで、ハラハラしている最中です。
ヴィビも志信も愛しいよ…。

でもあれよね、これはもう、新しい物語として読んだ方がいいね、6巻からはステージが違いすぎて、スケールがでかすぎるから、SFと思ってセクピス2部的に私は思ってる。

まあ7巻について詳しくは以下に。
ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : か]寿たらこ comments(2) -

SEX PISTOLS 3,4 * 寿たらこ

新刊を読んでないのでこの隙に、SEX PISTOLSの3巻と4巻の感想を今頃今更。

ちなみにこの間やっと書いた1巻と2巻の感想はこちらです。→
SEX PISTOLS 1,2 * 寿たらこ

何回も書きますが、私はこの話が、大っっっっっ好きです。
が、5巻以降何年も続きが出ず、続刊を望む気持ちも大きく、好きすぎるあまりにそんな報われない待ちぼうけ状態がとても辛く、割とあっさり続刊されないことを諦めていました。いつまでもいつまでも出ない出ないと思っているのがしんどいので、諦めるか忘れるのが一番平和という事で。
そんな気持ちだったので、もう今更セクピスについて語るのも面倒くさい…という心境だったのですが、なんとご存知の通り、出ましたよね、6巻がね!!!!
諦めきっていただけに、物凄く棚からぼた餅降ってきたなあって感じでしたが、こりゃもう大騒ぎでしたよ、まあ私の場合自分ひとりで騒いでたんですけども…。

そんでテンション上がってしまった気持ちの迸りを、どうしたらいいかわからずに、やっぱ感想でも纏めとこうかな…と、いつもそれしかないんですけども、迸る情熱は、書くことで随分昇華されると思うので、とりあえず気持ちが盛り上がっている時は、"書く"に限る。

そして熱い感想を書こうと思ったはずなのに…。
なんかもう読み返しすぎてて、詳細にストーリーについて触れるのがえらい面倒くさい。
結局あんまり詳細なストーリーとか迸る情熱をぶつけるとか…ってまでは至らないなって事に1巻〜のとき気付いたな。
結局さらっと流して終わっちゃったっていう。
まあいいか、とにかく好き好き好きーーー!!って叫んでるだけでも自分的には満足だしな…。

そんでまあそんな事は置いといて、3巻は国政の従兄弟の渡嘉敷の家の双子の話が短編で入ってて、後はガッツリ国政とのりおの恋の話で勿論物凄い面白いです。

以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : か]寿たらこ comments(0) trackbacks(0)

SEX PISTOLS 6 * 寿たらこ

新刊をたくさん買ったのでどれから書こうかなとちょっと見渡してみたのですが、やっぱこれしかないヨ!!
『SEX PISTOLS』 6巻おめでとう!!!
こんなにめでたい事があろうか!!いやない!!……あるかも!!

ついこの間やっと1巻と2巻のまとめ感想を簡単に書いたのですが→SEX PISTOLS 1,2 * 寿たらこ
そこにも色々書きましたが、私本当にこの話大好きで、大好きで大好きで大好きだったんです!
私がこのブログを始めた頃はもう、続巻されなくて数年経っていて、続きを諦めていたところだったので、ここにはあんまり熱い感想を書いた事がないんですが、まあとにかく、BL本全ての中で選んだ『10冊残して全部捨てろ。』にも、他のBL全て捨てたとしても絶対に取っておきたいと挙げたくらい、このマンガは本当に好きでした。
パワー半端ないと思うんですよ、この〜読者を引きずるパワー。その証拠に、大人気じゃないですか?読めば瞬く間に大抵好きになるこの話、凄い吸引力だったと思います。かなりややこしい設定のファンタジーにも関わらず。いや、かなりややこしいファンタジーだからこその魅力もたくさんあったのか。

同じファンタジーでたくさんカップル出てきて大人気と言えば…『是』?しかし、是とこのセクピスでは、マンガの種類として対極にあると思うんですよ。
まさしくいろんなことが対極にある。
私の趣味で言えば、勿論、セクピスのが趣味なんです、何もかも!
がしかし、面白さで言えば両方面白いよな〜。是の良さはベタさだと思うんですけど、そのベタさを如何にドラマチックに描くかというところで、成功すればこんなにも万人の心を打つのか、という見本のようなマンガですよね、是。っていうか志水ゆきさん。凄いです。
そう考えると、セクピスは凄く、マニアックだと思うんですがこのマニアックがこんなにも万人に受け入れられたというのはやっぱり、この間も書いたんですが、恋心を描くということに掛けては、ちっとも逃げていない。とても正面から、真っ直ぐ描いているところ。ここだと思う。
あと基本的に明るかったんですよね、作風が。こう…巻数進むごとになんかどろどろして行って、4巻あたりからなんかSFチックになってきたなあと思ってたんですが、今回のなんかもう不気味っつうかおどろおどろしていて、えーらい暗いトーンで不安でしょうがない…んですがまああくまで、初めの方はこの明るい作風と最終的にハッピーな空気が、読む人を元気にしたんじゃないかと思います。
…6巻読んで元気になれというのは無理な話な気がするけど…凄い不安が残ったけど…。

まあそんな風にね、このセクピスには、とにかくたくさんの魅力が詰まっていたと思います。
そんでそのパワーは全然衰えていないとあくまで私は思っていて、お話はなんか更に複雑になっていってますが、私はもうワクワクワクワクワクワクワクワク…エンドレス。

私としては米国とシロの話読みたくって、前なんか雑誌で読んだキャラ勢ぞろいで米国とシロがいい感じになっている短編が入ってると思ったんだけどそれはこの6巻に入ってなくて!な、なんで〜〜??薄いし入りそうなものなのに…。7巻に入るのかなあ?あれ読んだので、ちょっとでも米国とシロの話が読めたらなあって思ってたんですよね〜。

でもまあいいか。あっさりいいか。
だってだってだって…今回の主人公は志信さんだったからです!!ヤッター。
私志信の話ちょう読みたかった!!
彼の話が読みたくて、気になってしょうがなくて、彼は受か攻か受か攻か…と、そればかり相変わらず気にしていました。

その志信の話が今回から始まりまして、しかしあれです、ようわからんのんです。とりあえずこの続きを読まないことには、今のトコ何が何やらさっぱりちんぷんかんぷんです。がしかし、とにかく何やら起こりそう…という期待感だけで大満足できるという私のセクピス好き度は大層なことになってます。

以下ネタバレます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : か]寿たらこ comments(6) trackbacks(0)

SEX PISTOLS 1,2 * 寿たらこ

明日(あ、もう今日だ!)待ちに待った6巻が出るので、ちゃんと書いてなかったこの本の感想を書いとこうと…思うんだけど、こんな時間から書き始めるってどうなんだろう…。

まあとにかく、この『SEX PISTOLS』面白かったですよね〜。
当時本当に私、夢中になってまして、この当時BLマンガあんまり買ってなかったんですよね、2004年。物凄く選んで選んで選んで一冊買って、だけど気に入らないものばっかりで、本当に面白いと思えるものは凄く少なかったです。
そんな中、この一冊は本当にピカーッと光って面白かったです。本当に面白かった。
自分のテンションの上がりようを考えたら、これ本当にBL人生で1位2位を争うのではないかという勢いで好きでした。特に2巻が出るの待ってたときの待ち遠しさ、ハンパじゃなかった。

私寿たらこさんは好きだったんですよね。その時点で買えるものは全部買って持ってたはずです。
なのでこれが出た時も、まあちょっとは迷ったんですけど、…だってこの表紙、得体が知れないし。でもたらこさんだったので買いました。
んで、まずこれ内容が凄いファンタジーです。凄く特殊な設定な上、1巻の一番初めに入っている、このシリーズのメインの二人の話っていうのが、元気な年下受っていう、一見私が凄く苦手そうな部類だったんですよね。
当時は今よりももっともっともっと絶賛年下受嫌いでして、普通だったら設定見ただけで萎えちゃいそうなんですけども、ところがこれ読んでみると、ほんっとうに面白かった。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : か]寿たらこ comments(2) -
with Ajax Amazon