Archives by Month:
Archives by Category:

先生のクセに * 藤本ハルキ

藤本ハルキさんの本が麗人から出るっていうのが新鮮ですよね〜。
そんで今回、これ表紙がとてもいいですね!タイトルも先生のクセに…って、先生受臭がぷんぷんしております。

藤本さん圧倒的に短編が多いんですけども、今回の短編集、最近では一番好きだったかな。
いつもと何が違うのかと言われたら何が違うかさっぱり分からないのですが、何か違うとしたら私のコンディションが違うんだろうと思います、とても面白かったです〜!

しかし表題作の先生受、もうちょっと読みたかったなあ。
短いのが残念でした。…と言っちゃうと全て短いからもうちょっとこの先が読みたいって思うのばっかりなんだけど、でも真面目で不器用な受たちが地味に傷ついたりしている様が、続きがなくてもこれだけでも、やっぱり好きなんだよなあ。

以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : は]藤本ハルキ comments(0) -

享楽男に一途男 * 藤本ハルキ

藤本ハルキさんも気がついたら結構な数を出されてますね、私何気に全部読んでる。
今回のも短編集で、粒揃いで面白かったです。けど例によって強い印象を残すものがあんまりない…んですよね。前も同じ事書いたけど、何でだろうなあって毎回思っちゃいます。
でもこの地味な話の、地味なキャラが、しっかり恋愛している感じが私は好きなんです。この話の舞台になっている、とてもご近所な感じも好きです。
受と攻のタイプもとても私好みなのです。

表題作は真面目な年下の攻と、ちょっといい加減な年上の受との話で面白かったです。真面目で一途な年下の攻なんて、いいじゃないですか〜。
あと長いこと同居してるのに気持ちがうまい事重ならないっていうカップルの話もよかったし、大学の先輩後輩の話もよかった。受先輩がクールなふりして実は傷ついてる…とかいうの好きだな〜。


以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : は]藤本ハルキ comments(0) trackbacks(0)

僕だって恋愛がしたい * 藤本ハルキ

僕に恋愛は向いてない * 藤本ハルキ ←これの続編でした。
藤本さんも、いつも凄く粒揃いで一個一個の内容はいいんだけど、印象深いものがないんですよね、何でだろう?なんか凄くお話一個一個を覚えられない。やっぱり短すぎるのと、考えたんだけど…あまりに皆同じ顔だからじゃないだろうか?ただでさえとっても淡白な絵なんだけど、どの話のどのキャラもほっとんど同じ顔同じ髪形なんですよ。だから、いい話があっても、他のと混ざる…。
けどやっぱお話は好きなんです。キュンっとする感じとか、地味なストーリーとか凄い好き。受攻タイプも大抵私の好みなんですよね〜。あとコンスタントに描かれてて、コミックス出されているところも凄いなって思います。

ちなみに藤本さんで一番好きなのはコレ。→ 農家のムコ * 藤本ハルキ

で、この本は表題作が長めに入ってるんですが、同時収録が凄く好きでした。
オタクで人付き合いの下手な子と、その先輩社員との社内ラブが入ってて、これ凄い良かったです。

以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : は]藤本ハルキ comments(0) trackbacks(0)

農家のムコ * 藤本ハルキ

良かった…!お話が二つ入ってるんですが、これ二つとも雑誌で少しだけ読んだ事あったんです。ちょっとだけ読んでも凄く面白そうだったので期待してたんですが、期待通り面白かったです。

藤本さんも、とっても特別じゃない…って感じがいいですよね、身に覚えのある感情だったり行動だったりするのが地味で、また絵も凄く地味めで、そこが凄くいいです。立派に個性だと思う。
表題作は年上の人が可愛くて、同時収録は年下受だったけど、お話が面白くて可愛くて、凄くよかった。

以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : は]藤本ハルキ comments(0) trackbacks(0)

僕に恋愛は向いてない * 藤本ハルキ

いつものように短編集です。
一個一個は悪くないと思うんだけど、如何せんあまりに短すぎます。せっかくいいお話だと思ったものも、すぐに終わってしまうので、印象に残らなくて、なんだか設定が勿体無い気がする。
もうちょっとページ数貰えないのかなあ…。せめてもうちょっと長い話か、シリーズ連載でもいいからやらせて貰えないのだろうか。
この本の中では、表題作だけは書き下ろしがついているので、唯一ちょっと印象に残るんだけど、他の話は、今これ感想書こうと思っても、どんなんだったっけ…って、凄い覚えてない。
でも、その短すぎる話にしては、一個一個ちゃんと纏まりがあって、良いような気がするんですよねー…
やっぱつくづく勿体無い。

以下ネタばれます。



Read more...


拍手する
Catergory in [comics : は]藤本ハルキ comments(0) -

つよくよわくきつく * 藤本ハルキ

売ったものを買いなおす。
…という事をまたやってしまった。これは出た当時すぐ買って読んだんですが、これまたすぐにさようならした本です。よって内容等ほとんど覚えてないんだけど、ただ売った理由はただ一つ、短編集中、90%年下受だったからです。凄くガッカリしまして、手放してしまった。
が、この後に出た本から藤本さんは年上受が多いんです。二冊買って二冊とも売っているのにも関わらず、次に出た本も性懲りもなく買った私は、やはり何だかこの方の作風が嫌いではなかったんだと思う。その次に出た本というのは確かこれです。→ 僕は僕なりに * 藤本ハルキ この本が面白くて、次の本も買いました。これです。→ 愛があるから * 藤本ハルキ これがまた面白かった。
こうなってくるともう、藤本さんは作家買いの勢いです。もう年下受でも面白く読めるんじゃないかと、当時とは感じ方が違うんじゃないかと思って買いなおしました。

やっぱり、『僕は僕なりに』と『愛があるから』の方が好きだったけど、前読んだ時よりは面白く感じた気がします。表題作の事を割と覚えてたんだけど、これなんて前読んだ時より凄く面白く感じました。
あと最後に載っていた、引っ込み思案のゲイの子がノンケの先輩を好きになる話。これ凄い泣いてしまった。前は、とにかく受が年下だったので、気持ち入れて読めなかったんだと思うんですよね。
でも今回は、年下とか関係なく、受の子の、びくびく恋をするしかない切なさが胸に痛かったです。

以下ネタばれます。




Read more...


拍手する
Catergory in [comics : は]藤本ハルキ comments(0) -

ファイナル・インプレッション * 藤本ハルキ

面白かった〜。表題作が何話分か…一冊の半分くらいの割合で入ってて、後は短編が幾つか入ってるんですが、どれも面白かったです。でも表題作が一番面白かったな、高校生同士で、我侭強引横暴で自分勝手な酷い攻の子と、この子に振り回されてばかりの人の良すぎる受の子の話で…これがまた私のサディスティックな心がイヒヒ…と喜ぶような展開でしたよ…。あ〜あたしゃこういうのが好きでたまんないよ〜。これがまた、例えば一方的に攻の子が意地悪だったりして、受の子が女々しかったりするとちょっと違うのかなあとも思うんですが…いや、そういうのも場合によりアリだな、あんま法則ないなあ、その時の気分だ!
この話で良かったのは、受の子の芯が強いことかなー。


以下ネタばれます。




Read more...


拍手する
Catergory in [comics : は]藤本ハルキ comments(0) -
with Ajax Amazon