Archives by Month:
Archives by Category:

人間の一番無防備な部分 * 舟斎文子

舟斎さん面白いな〜!今回も面白かったです。
短編集で色々入ってるんですが、短すぎてもっとこの先が読みたい〜っていうのも多かったです。けど、物凄くキュンって来る話もあったしそれに、とにかくもうチビ絵がキューピーみたいで可愛くって可愛くって、私舟斎さんのこのチビ絵見るだけで泣きたいくらいきゅ〜〜ってなるんですよね。
なので、このチビ絵を延々見ているだけで相当満足できる…!
けどお話もちゃんとよかったですよ〜。結構古い絵のもあったんだけど、お話が凄く良かったし…この古い絵のお話、私一番好きだったかも。

んで一番最後に入ってるショート、もっともっと読みたい。
相当読みたい!!こんだけなんて勿体無いよ〜!可愛すぎてズキズキした…。ギャグなんだけどギャグになってなかった、もう可哀想で〜!
あんまりにもいたいけっていうのも本当に罪!

以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : さ]舟斎文子 comments(0) -

欲しがりません収穫までは 2 * 舟斎文子

ちょっと遅くなったけどやっと読みました〜。
一巻も凄く面白かったんだけど、2巻、もっともっと面白かったです〜!

ちなみに1巻はこちら→
欲しがりません収穫までは 1 * 舟斎文子

1巻はラブがこれから始まるってとこで終わってたので、2巻はきっちり、主役2人のラブが描かれていて、やっぱり牧田の可愛さハンパなかった……。
あの純粋さと素直さで、一生懸命恋する姿に、何度も何度も涙が出て…切ないというんじゃないんですけど、あまりに可愛くいじらしいので、泣いてしまうんです。一巻のところにも書いたけど、とにかく本当に可愛くてキュンキュンしました。

ちなみにこれまでの舟斎文子さん→
すぐに手が出る僕たちは * 舟斎文子
ポチとタマ * 舟斎文子


以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : さ]舟斎文子 comments(0) trackbacks(0)

欲しがりません収穫までは 1 * 舟斎文子

昔話が楽しすぎて、まだまだまだまだ延々昔読んでたマンガの話をしたいんですが、新刊も読んでいるのでそっちの感想も書いとかないと。

これは舟斎文子さんの新刊ですね。
ちなみにこれまでの舟斎さん。→

すぐに手が出る僕たちは * 舟斎文子
ポチとタマ * 舟斎文子

この方本当に可愛いマンガを描く方で、読んでてもうその可愛らしさのみに身もだえしてしまうんですよ。
一冊目は可愛いというよりキュンっとくる恋愛マンガで、二作目のポチとタマは原作つきだったんです。両方とも特筆すべきはチビ絵の可愛さだと思います。
ほんっとに可愛いですから!まん丸な目とか、ぽっかり開いた口とか、…表情?テンポも…とにかく何もかもが可愛い!もう可愛いとかしか言いようがない…。

で、今回のコレ。
私、この方の魅力がふんだんに詰まってたと思うんですけど!
ストーリーも凄く可愛くて、まだまだ恋愛まで行ってないような話なんですけども、そんなの気にならないくらい可愛くて面白かった。

内容は農業高校における泣いたり笑ったりのほのぼのラブと言ったところですが、今のところまだラブは始まったばかりで、大して色気のある話ではない。でも可愛い。人見知りで扱いづらい攻の子と、天真爛漫っつかちょっとトロくてズレているという受の子が寮の同室で、そこから始まる話です。

以下ネタばれます。


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : さ]舟斎文子 comments(0) trackbacks(0)

ポチとタマ * 舟斎文子

えええ〜〜〜か〜わ〜ぃぃぃ〜…
何これものすっごい可愛い、しかも面白かった、あ〜出遅れた〜っ!!
舟斎文子さんと言えば前作凄い面白かったんですよね、すぐに手が出る僕たちは * 舟斎文子 ←これです。で、次が出たら絶対買おうと思っていたんだけど、今回のこの本は原作つきだというので迷ってしまったんです。この人のオリジナルじゃないのか〜…という事と、なんかタイトルが、これはまた耳付きかと思いまして…。耳つきを毛嫌いしている訳じゃないんだけど、あんまり当たりがないので…って事もないか。でもちょっと躊躇してたんですよね、でも出た時には気になっていた。…そして例によって、忘れてました…。忘れんぼうだなあ…。
ところが今日、でかい本屋にて発見しました。え、全然耳ついてないじゃん!!しかも表紙の二人いい感じすぎる、と言うことで購入してみた。大当たり…!!!今日の出会いに感謝です。

原作つきとは言え、割と舟斎さんオリジナル部分もあるようだし、それに私、この方の魅力はかなりなところ、チビ絵にあると思うんですよ。前回も思ったの、チビ絵の可愛さとんでもない。チビ絵が出てくるたびに、ふにゃ〜って和みます。いちいち、あ、この絵かわいい。あ、この顔可愛い。プっなにこの顔。わ、この人また可愛い!って、ほんといっちいちチビ絵に感動するのよ、つぶらな目がほんと可愛いよね、ちょっと抜けた感じも可愛い。ほんとQPちゃんみたいだよな〜。

正直最後まで、ポチとタマって呼び名に慣れなかったんですけど…という私は本当に、心底自分にないものを受け入れようとしない奴だよな…。だってそんな呼び名、あまりに唐突すぎてさ、なんで!?って思っちゃうのよ、一回なんで!?って思っちゃうと、最後まで引っ掛かってしまうという、融通の利かない性格なんです。
しかもタマは何となく、この受の子ネコっぽいんで分かるけど、攻の方はどう考えてもポチってナリじゃないよなあ。全然ワンコっぽくない、と最後まで思っていた。

…が、とにかく可愛くて面白かったです。脇キャラ二人の続きが読みたい…!


以下ネタばれます。



Read more...


拍手する
Catergory in [comics : さ]舟斎文子 comments(0) -
with Ajax Amazon