Archives by Month:
Archives by Category:

不思議の国のチーフ 1 * 大和名瀬

久しぶりに感想書きます!こないだ買ってすっごく可愛かった名瀬さんの新刊の感想を!
あまり内容確認せずにとにかく「あ、名瀬さん!」って速攻でレジに持って行ったので表紙もあんまりよく見てなかったんですが、中身開いてひっくり返るかと…か…か…か……かわいーーーーー!!!!!
何この小さい生き物?なに?生きてる!動いてる!一生懸命生きてる!汚れたりしてる!
もう私…延々見てられると思った…この生き物を…。
これだ…これだよ、名瀬さんの描くお尻と後ろ頭…口唇…う…涙が出そう、愛しい可愛い有難い。

なんかこの、とにかく小さな可愛いものが動いているというだけで本当に幸せでした。
一冊丸々ちーちゃん…今ぱらっと捲っても破壊力ハンパなかったよ。癒されたい方は見るがいいよ、本当に心が豊かになるよこんなに愛しい生き物が動いてたらさ…。

では以下ネタバレしつつ簡単に内容の感想を。


 


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : や]大和名瀬 comments(6) -

過去ログ倉庫として復活することにしました。

お久しぶりです!

閉鎖からほぼ一年経ちまして、この場所をどうするか考えていたのですが、せっかく書いた記事も勿体ないし数年前の名作の紹介になればなあという思いもありまして、需要があるかはわかりませんが、ログ倉庫として公開することにしました。

閉鎖にあたり、たくさんの温かいお言葉をくださった皆さん、本当にありがとうございました。
ご本人様のご希望により、非公開にしてあるコメントも幾つかありますが、それらのコメントも本当に本当に嬉しかったです。
ありがとうございます!!

今後、新しい記事を上げるかどうかはわかりませんが、とりあえず今年最近読んで胸掻き毟られるような思いナンバー1は羽生山へび子先生の『晴れときどき、わかば荘まあまあ 』です!!
きっとみなさん泣いたよね?泣いたに違いない!私は久しぶりに全身を引き裂かれる思いがしました。こんな苦しさとその後の幸せを味わわせてもらえるなんて、マンガとはすばらしい、へび子先生本当にありがとう!!としばらく涙が止まりませんでした。相変わらずわんわん泣いています。

最近では明日美子先生の『あの日、制服で 』を読みまして、ああああ〜〜〜いい……!やっぱBLいい!!っと改めて思った次第です。同時発売の方は購入しておりますがまだ読めていません。傷つけられそうな予感がしますが明日美子先生の新作を読まないわけにいかないので必ずや読みます。

あと京山あつきさんの『ヘブンリーホームシック 』これ!これ、めーっちゃよかったです!めーっちゃよかった!!

などなど思うところは色々あるので余裕があれば記事書けたらいいなと思っています。
しかし私は大体相変わらず0か100かなので、やるなら徹底的にやってしまい、やらないなら全然やらないのでどうなることやらわかりません……。

が、過去ログはちょびちょび公開していこうと思いますので、ぜひ参考にしてください。
いっぺんに公開するのはちょっとアレなので、(一応記事をチェックしたいのです)少しずつ公開していこうと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

 

拍手する
Catergory in [memo]NOTE comments(8) -

ありがとうございました。

お久しぶりです。
長い間更新もできず、ずっと放置していたこのブログですが、色々考えた末、閉鎖することに決めました。
これまで遊びに来てくださった皆さん、声を掛けてくださったり、コメントをくださったり、参考にしていると通ってくださった皆さん、本当にありがとうございました。
ここ1〜2年、更新できなくなってしまいましたが、とっても楽しかったです。とっても夢中でした。
BLを愛してきた数十年を、この数年間で、このブログにぶつけまくったと思います。
出会えた方々にも感謝です。
本当に愛着のある場所でした。
今後、また復活できるかはわかりませんが、今はとにかく潔く!スパッと!さようならしようと思います。

本当に本当に本当にありがとうございました!



※11/28:追記※
たくさんのコメント本当にありがとうございます。
頂いたコメントを読ませて頂いていると、なんかもう物凄く寂しくなってきてしまいました。
一生懸命読んで、一生懸命感想を書いていたので、温かいお言葉たちが身に沁みます。
とても寂しいですが、いつかまた出会える日が来ることを私も祈っています。
本当にありがとうございました。



 

拍手する
Catergory in - comments(28) -

生徒会長に忠告 7 * 門地かおり

ご無沙汰です。ちょっと時間があるので何か書こうと思った中でこれ、生徒会長7巻を。読んでから随分時間が経ってしまいましたが…もういつ書いたかもほんと全然覚えてないくらいですが、感動と感激だけはとにかく強烈に覚えているのです。
え、凄くなかったですか?これ、この7巻。なんかもうすっごかったですよね?凄かったですよね?
本当に…エロかった…。
しかも究極の想像力エロ。マジ本当にこのシチュエーションこんなエロく描ける人いるのだろうか、凄すぎる、超絶技巧。マンガ描く力っていうのだろうか、魅せるっていうか、読者を乗せるっていうか、のめり込ませ度が凄い。妄想の世界の中に完全に入り込ませちゃうよね、は〜門地先生すごい〜。
しかもほんっと面白かったし。

以下簡単に内容について。ネタばれます。

 


Read more...


拍手する
Catergory in [comics : ま]門地かおり comments(0) -

不測ノ恋情(CD)* 富士山ひょうた

評価:
遊佐浩二,前野智昭,鳥海浩輔,成瀬誠,平川大輔

ちょっと短くしか書けないんだけどこれだけ~!
不測ノ恋情のCDやっと聞いたんだけど、すごくよかったんですよ~!

不測ノ恋情といえば純情のスピンオフ、宮田さん主役の名作です。
宮田さんを私がいかに好きになったかというのは散々主張してしつこいのでもういいって感じでしょうがとにかく大好きなんです。
しかしきっかけが遊佐さんなんですよね、遊佐さんの宮田さんがとにかくはまってた…ということから宮田さんキャー!
てなったので、遊佐さんの宮田さんは私のなかで特別。
しかもあの!宮田さんが!
受ーーーーーーー!!!
大事件じゃないすか。不測ノ恋情っつうのはほんと奇跡の一冊。もちろんCDになると信じて疑ってなかったし、待ってましたよ~。嬉しかったよ~。

んであの原作って、理屈っぽいセリフの応酬なんですよね。ひょうたさんって全体的にそういう作風なんだけど、宮田さんの恋愛は特に、趣味じゃない相手、タチから受へ性癖の壁みたいのがあって、それを超えるのにやっぱセリフメインになるんですよ、宮田さんが理屈っぽいキャラだし。
そこで、遊佐さんですよね。うまい、つかもう、はまってる!ぴったり!
遊佐さんの声勝負のCDなんですよね~。遊佐さんの魅力満載、マジすてきだった…。

終始テンション低いしゃべり方も凄い宮田さんって感じだし、疲れてる時とか、急いでる時とか、困ってるとき、慌ててるとき、寛いでるとき、色んな宮田さんが、そのままの宮田さんで凄く自然体で、かっこいい!かっこいいんだけど、どっか柔軟さがあって、その柔軟さはもちろん宮田さんが持ってるものなんですよ。
そんな宮田さんが、前野くんのけんとに口説かれて甘えられて強引に攻められて、ほだされていくんですよ~!
声の変化とか微妙で素晴らしかった!

何回かエッチシーンあるんだけど、宮田さんが凄く感じちゃうとことか、めちゃエロかったよ、よかったよ~!
宮田さんの気持ち、原作読んだときよりも感情が含めてある分、分かりやすかったと思う。
自然に、あ、宮田さんもけんとに惚れてるんだな…て、感じられたんですよ。

あ、前野くんのけんともよかったですよもちろん!
原作より甘えん坊の年下感が出ててわかりやすかった。原作だと曲者感もあったけど、CDのけんとは本当に年下でちょっと甘えたところのある可愛い奴で、こういうタイプ、年下で甘えてくる感じ、実は元々好きなんじゃないかなって、原作で気付かなかった部分にも気付けたりしてよかったです。

そんなわけでとにかく凄くよかったので、そのことを言いたくてスマホでうってんだけど結構長くなったな、遊佐さんほんとによかったです!宮田さんを演じてくれてありがとう!






拍手する
Catergory in [comics : は]富士山ひょうた comments(0) -
with Ajax Amazon